« 「吉野家 豚丼」、そして「春を味わう タケノコづくし」 | トップページ | 「ブラックニッカ ディープブレンド」、そして「理想の〈生〉と楽しむご馳走ギフト「特製ローストビーフ」」 »

2016年4月10日 (日)

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 今日は4月10日「駅弁の日」。
 算用数字の「4」と漢数字の「十」を合成するとお弁当の「弁」の字に見えることに由来します。全国各地に特徴がある有名駅弁がありますが、山形県産米「どまんなか」の上に、米沢牛の牛そぼろと牛肉煮をのせたJR米沢駅の「牛肉どまん中」も常に人気上位の駅弁。今回は「牛肉どまん中」をヒントにカレー味、しょうゆ味の牛めし弁当にアレンジしました。
【2色の牛めし弁当】(688kcal)
『材料』(2人分)
・牛肉(こま切れ)・・・250g
・ごはん・・・400g
・グリーンピース・・・適量
・いりごま(白)・・・小さじ1
・A
 砂糖、酒、しょうゆ・・・各大さじ1
・B
 カレー粉・・・小さじ1/2~1
 すき焼きのたれ(市販)・・・大さじ1と1/2
・サラダ油・・・大さじ1
『作り方』
①熱したフライパンに油を入れ、しょうが、牛肉を強めの中火で炒める。半量を取り出してAを加え、強火でからめて取り出す。
②①で取り分けた牛肉をフライパンに戻し、Bを加えて強火でからめる。
③器に盛ったごはんに①、②をのせる。②の方にゆでたグリーンピースをのせ、①の方にごまをふる。

 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「天然とらふぐ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/c/0000000195/?scid=rm_193917

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「大分県佐伯市 花どんこ(肉厚しいたけ)」だった。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《つきぢ 田村》
・馬肉ローストと若さぎ南蛮漬けなどの前菜(コース料理の1品/4月中旬まで)
・花見田楽(コース料理の1品/4月中旬まで)
<磯見農園>
*「おいしいしいたけ」表面のヒビ割れ
*凍結栽培
・煮しめのから揚げ
・しいたけドリア
☆花どんこのタレカツ丼
(柴漬け:桜、黄身(冷凍して自然解凍→チーズのような食感):月)
①しいたけを揚げるとき、となりでタレを沸かしておく。
(しょうゆ1:酒1:みりん1:砂糖1.3:ウスターソース0.1強)
②揚げたてをそのままタレの鍋に入れる。
③丼にご飯をよそい、キャベツを敷き、その上に盛る。
★大福椎茸甘酢あんかけ 鮑添え(コース料理の1品/要予約)

 「孤独のグルメ」は、「第二話 豊島区駒込の煮魚定食」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
《家庭料理 和食亭》
東京都北区中里
・煮魚定食(鱈)(前菜:シチュー、なめこのみそ汁) 750円
・ひじきの煮物
・ほうれん草のごま和え
☆あん肝 400円
☆刺身の2点盛り(平目、しまあじ) 1,000円~
☆真鯛のかぶと煮 600円
※ランチ時の定食は、ごはん、みそ汁、小鉢が3~5つ付いてなんと700円!

http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/10202.html
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0048/

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 タケノコ掘りに出掛ける。たくさん出過ぎていて、まだまだ掘りきれない・・・。みんな、掘りに来てよ!!!
 掘ったものを加藤フーズに配達!

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 昼食は「カロリーメイト」。
BALANCED FOOD
Calorie MAte
Long Life 3 years
2本(40g)当たり 200kcal
TEL 0120-550708

http://www.otsuka.co.jp/cmt/
「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 コーヒーも飲む
Cafe Qrquidea
CAFE DRIP ドリップコーヒー
 駿河総合高校 オリジナルドリップ フェアトレードコーヒー
 「アマゾンのジャングルに面したウアヤバンバ渓谷という秘境の無農薬栽培コーヒーです。」
販売者:株式会社豆乃木MI
浜松市西区入野町9860-1

 それに「チョコ」。
Amani
 商品価格の68%がケニア・ナロクの人々の自立支援のために使われます。
 チョコレートプロジェクトのメンバーが主体となってパッケージデザインやパッキングを行っています。
製造者:千鳥屋総本家 株式会社CA
東京都豊島区駒込3-3-19
TEL 03-3915-0865
販売者:認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
東京都世田谷区南烏山6-6-5
TEL 03-6321-8948
 ドリップコーヒーは、静岡県立駿河総合高校の生徒達が商品化した、フェアトレードコーヒーです。ペルー・ウアヤバンバ渓谷で無農薬栽培された豆を、入野町の株式会社「豆乃木」が輸入しています。
 チョコレートは、児童労働をなくすために行動する子どもたちの組織「フリー・ザ・チルドレン」の中高生が企画・デザイン・パッキング作業などを行っているものです。ケニアの職業訓練など自立支援の費用にあてられます。
Plein de bonheur pour vous
 TEMPS POUR BONHEUR
Petit Bonheur
 Les petits plaisirs d'aujourd'hui font des grands lendemains.
Bonheur pour tous
 une belle journee

 「酒&FOOD かとう」に1升瓶を返しに行く。ついでに「味噌」961円を伝票にて買う。
 「大山」の封印酒を頂いた。(ありがとうございます。)

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 夕食の前に、お正月に加藤フーズで当たった「琉球もろみ酢 むるさん スイート(黒糖入り)」を飲む。これが、健康そうでいいね♪♪♪
元祖
1973年 沖縄生まれ
 黒麹菌がつくったクエン酸飲料
元祖もろみ酢 むるん酸
もろみ酢ってな~に?
 もろみ酢とは、泡盛を造る過程で発生するもろみ粕を絞ってつくる清涼飲料水です。このもろみ粕には、泡盛特有の黒麹菌の働きでつくられたクエン酸やアミノ酸が含まれており、もろみ酢は健康飲料として注目され、人気があります。
元祖とは?
 もろみ酢は、1973年に世界で初めて石川酒造場が開発・商品化しました。泡盛のもろみ粕は、昔は豚のえさなどに利用されていましたが、これを食べた豚が非常に元気で、肉質も良かったことから、開発に取り組みました。
 むるんさんとは沖縄の方言でもろみ酢のこと。
 むるんさんは(株)石川酒造場の登録商標です。
「お召し上がり方」
・毎日の栄養補給として、付属のコップ(約30ml)で1日1~3杯そのままお飲みください。酸味が強いと感じる場合は薄めてお飲みください。
・オンザロックや冷水で薄めるとお飲み物として美味しくいただけます。
・寒い冬にはお湯で割ると体が温まります。
・調味料としてお料理やドレッシングなどにもご利用ください。
・「琉球もろみ酢 むるんさん」には飲みやすいスイートタイプと甘さひかえめのドライタイプがあります。
「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

沖縄唯一甕仕込みの蔵
「もろみ酢」を最初に開発した石川酒造場
 琉球王朝のお膝元、那覇首里にて1949年に創業。今や沖縄県内で唯一、伝統的な「かめ仕込み・かめ貯蔵」を守る泡盛の酒造場です。その昔、もろみは養豚の餌として使っていましたが、その豚が非常に元気で肉質も良いことに着目。そこで泡盛の製造で使用する黒麹菌が生成するクエン酸に注目し、1973年、蒸留後のもろみ粕(かしじぇー:沖縄方言)を使った「もろみ酢」が開発されました。石川酒造場は、「もろみ酢」の母でおあるのです。
100ml当たり93kcal
内容量 720ml
製造者 株式会社 石川酒造場
沖縄県中頭郡西原町字小那覇1438-1
TEL 0120-03-3515

http://www.kamejikomi.com
沖縄唯一甕仕込みの蔵
(株)石川酒造場
沖縄県西原町字小那覇1438-1
TEL 098-945-3515

 夕方は、昨日灰汁抜きした筍を使って「タケノコ汁」で一杯♪
「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 お味噌は今日買った「信州味噌」♪
山吹
極醸
1kg
信州味噌 株式会社
長野県小諸市荒町1-7-11

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 「さば水煮」は、以前買ったもの♪
マルハ
内容量:190g
1缶分 322kcal
マルハニチロ株式会社
東京都江東区豊洲3-2-20
TEL 0120-040826

http://www.maruha-nichiro.co.jp/

「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」

 さらに「全粒粉クラッカー」↑↑↑
CRACKERS
サクッとした軽い食感とプレーン・テースト
 小麦粉は100%国内産使用
おいしさは自然のやさしさ
内容量 100g
100g当たり499kcal
株式会社 サンコー SO2
愛知県豊橋市神野新田町字ルノ割24
TEL 0532-32-0891

http://www.sanko-ty.co.jp

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「佃善のじゃが豚」(北海道)の引用♪
どさんこ版 小籠包
 北海道は全国一のジャガイモ王国。おいしさでも日本一だが、その北海道産のジャガイモと北海道産の豚国を主原料に17年前に発売したのが「佃善のじゃが豚」。
 デパートの物産展などで大人気のようだが、取り寄せもできるようになった逸品だ。
 品名どおり、ジャガイモを原料にした皮で豚肉のミンチにキャベツ、玉ネギ、ニラなどを包み込んだ、いわばまん丸の小籠包である。
 冷凍のまま沸騰したお湯の中に入れて7~8分、浮き上がったら火を弱めると3~4分で出来上がる。小袋の濃縮スープを熱湯に溶かした中に入れて食べると、もちもち、つるんぷるんの心地よい食感のあとに、肉と野菜の旨味がじゅわーっと広がる。添付のスープの味がまたいい。
 「残りのスープを使って、ご家庭にある長ネギやエノキ、シイタケなどを入れてスープ仕立てにしてにして召し上がれます。キムチ鍋やカレー、ラーメンに入れても」とは広報担当の水木純さんからのヒント。クセがなくてやさしい味わいなので、小さな子どもからお年寄りまで好まれること請け合いだ。原材料は北海道産にこだわっている。
【取り寄せ先】
株式会社 佃善
札幌市手稲区西宮の沢4の2の1の38
TEL 0120-875-075
FAX 011(802)6017
9時~17時、土・日曜、祝日休み
佃善のじゃが豚 1箱 税込み1024円
※冷凍で宅送

http://www.jagabuta.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「タラの芽」の引用♪
芽が出た農家の栽培努力
・和名:芽 ウコギ科タラノキ属
・英名:fatsia sprouts (Japanese An gelica - tree)
・食べられる部分:若芽
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンE、葉酸、カリウム
 タラの芽採りは競争だ。桜が咲く頃、勇んで野山に出かける。あの辺りにあったはず、と陽当たりのよい斜面を登っていくと、ああ、残念。背丈より少し高いトゲトゲ木の先には手折られた跡が。誰かがタラの芽を採った後だ。二番芽も出るが、採ったら木が死んでしまう。次を探しに行こう。
 ああ、またしても残念。遅すぎた。もう葉を広げている。こうなっては食べられない。タラの芽の旬は、ほんの一瞬なのだ。
 -というものと思っていたタラの芽が、続々と都心の店頭に並び始めて驚いた。なんでも栽培してしまう農家の人たちってすごい。まず畑でタラノキを育て、枝を短く切りそろえて株をたくさn作り、ビニールハウスで一斉に発芽させるのだという。
 タラの芽は「山菜の王様」と呼ばれる。ふっくらした姿は小さな緑の王冠のごとし。その味の妙なること比類なく、特に天ぷらのおいしさは格別だ。少し葉が開きかけならおひたしもいい。こちらはややクセが強く、いかにも山菜らしい風味が楽しめる。
 栽培物のタラの芽もおいしい。が、天然物と比べてみると、やっぱり何かが違う。天然物のほうが、勢いがある。山育ちと畑育ちの違いともいえようか。
 ちなみに、タラの芽には雌雄がある。丸みがあってトゲのないほうが雌で、トゲトゲしているのが雄。栽培物は主として雌だ。ふっくらしているもののほうがおいしそうに見えるのは、人間の性といえようか。

本日のカウント
本日の歩数:4,337歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「吉野家 豚丼」、そして「春を味わう タケノコづくし」 | トップページ | 「ブラックニッカ ディープブレンド」、そして「理想の〈生〉と楽しむご馳走ギフト「特製ローストビーフ」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「琉球もろみ酢 むるんだん」、そして「佃善のじゃが豚」:

« 「吉野家 豚丼」、そして「春を味わう タケノコづくし」 | トップページ | 「ブラックニッカ ディープブレンド」、そして「理想の〈生〉と楽しむご馳走ギフト「特製ローストビーフ」」 »