« 「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」 | トップページ | 卒入学の式典に役立つフォーマル着物の選び方 »

2016年3月16日 (水)

自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で

 「キリンビール」より、メール。「今年も登場!一番搾りから、小麦のビールできました。
 昨年ご好評いただいた『一番搾り 小麦のうまみ』が、今年も期間限定で登場!明るい気持ちを運んでくれる、小麦を感じるやさしい春の一番搾りです。ぜひお試しください!
http://m.kirin.co.jp/pg/cl.php?qIds=7VofCjmfkDd7ECzOxtNifTnrDd&V

 「サッポロビール」より、メール。「100年プレミアムブランド「ヱビスビール」がクオリティアップ!
 1890年の誕生以来、日本のビール史を牽引してきたヱビスビール。原料の麦芽、ホップ、酵母にこだわり、香味バランスを追求することで、コクをより深く、より上質にクオリティアップしました。新しいヱビス、本日発売です。どうぞよろしくお願いします。
http://d.sapporobeer.jp/c/acg9aiaJfe5pkDab
ヱビスの最高峰、「YEBISU MEISTER 匠の逸品」誕生!
 ヱビスを知り尽くした技術者が造り上げる「YEBISU MEISTER 匠の逸品」、5月17日(火)発売!旨みと薫りが豊潤なロイヤルリーフホップを使用することで上質でふくよかな薫りを実現、研ぎ澄まされたコクも楽しめます。深いくつろぎを与える格別なヱビスで、どうぞ至福の時間をお過ごしください。
http://d.sapporobeer.jp/c/acg9aiaJfe5pkDac
「ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間」が登場!
 フレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏とヱビスが手を組んだ「ヱビス with ジョエル・ロブション」シリーズ。「華やぎの時間」に続いて、「余韻の時間」を発売しました。果実を思わせる薫りの希少なホップ、Mosaic(モザイク)を使用。麦芽の豊熟なコクと、ふくよかな薫りがまろやかな余韻を生み出します。まだ味わっていない方は、ぜひお早めに。
http://d.sapporobeer.jp/c/acg9aiaJfe5pkDad

 「四万十住人の簡単料理ブログ!」というのあるのですね!!!
http://shimanto-miyachan.blog.jp/

 「極上!旅のススメ」の続き。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*グルメ雑誌『dancyu』おススメ「日曜日でも食べられる 絶品和食ランチ」
「和食 1500円以下で食べられる日曜ランチ」
《蕎麦や「もりいろ」》
TEL:03-3761-6055
営業時間:11時30分~14時30分(L,O)、17時30分~20時30分(L,O)
※日曜日は昼のみ
定休日:月曜日
・二種もり 1,295円(茨城 笠間産(細麺)、長野 南相木産(太麺))
《牛かつ「あおな」御徒町本店》
TEL:03-6240-1979
営業時間:平日11時~23時
定休日:なし
・小さめセット「な」(霜降り黒毛和牛) 1,458円
(十六穀米、季節のサラダ、牛脂のスープ。タレ:牛脂の脂塩・醤油・岩塩)
《歌舞伎町 つるかめ食堂》
TEL:03-3200-2846
営業時間:11時30分~23時30分
定休日:第1・第3水曜日
・明太とろろ丼 850円
・さばの味噌煮定食 750円
・さばコロ定食 880円
《銀座 佐藤養助》稲庭干饂飩
TEL:03-6215-6211
営業時間:平日 ランチ11時30分~15時、ディナー 17時~2時
    土日・祝日 ランチ11時30分~15時、ディナー 17時~22時
・“せいろ醤油つゆ” 1,000円
《正ちゃん》
TEL:03-3841-3673
営業時間:平日 12時~22時、土日 9時~21時
定休日:火曜日(月曜日不定休)
・牛めし 500円

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0011/

 今日の仕事・・・
 何ですか???勤務時間が終わっているのに、「打ち合わせで集まってくれ」なんて・・・管理職は、サービス残業なんて当たり前と思っているんじゃないの!!!???
 嫌がらせかよ???陥れかよ???

 そんなわけで、仕事をちょっと終え帰宅。
自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で

 帰宅して、「YEBISU 華やぎの時間」で一杯♪
自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で

Premium YEBISU Joel Robuchon
ヱビス with ジョエル・ロブション
華やぎの時間
【限定醸造】
ALC 5% 麦芽100% 生ビール 非熱処理
 厳選された3種のホップの個性をひきだした、口にふくんだ瞬間に広がる華やなか薫りとコク、清々しい味わい。
 乾杯や食前酒として、料理を華やかにひきたてる、フレンチの巨匠も認めた、限定醸造のヱビスです。
100g当たり44kal
「サッポロビール株式会社」
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
TEL 0120-207800

http://www.sapporobeer.co.jp

自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で

 おつまみは「かつお土佐造り」♪薬味は新タマだよ♪♪♪
炭焼き たたき
 美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり。

 ここで、2016年3月14日の朝刊より、「自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で」の引用♪
 昔、家で自家製みそを作っていた頃、お味噌って、2月3月に仕込んだと思うな。お餅をつく臼で作っていたよね↑↑↑
 茹でた大豆と麹、塩がポイントだよね。茹で落花生を入れるという手もあるな!
 みそを手作りする「手前みそ」が静かな人気を呼んでいる。素材選びから仕込み、完成まで一年近く自宅で楽しめる。全国各地で手作りみそ教室を開く「マルカワみそ」(福井県越前市)専務の河崎紘一郎さん(32)に、おいしく作るこつを聞いた。
 「みその手作りで大切なのは、材料選びと大豆の炊き方。いい物で作ると勝手においしくなります」と河崎さん。大豆は粒が大きく、軟らかく煮えておいしい「トヨマサリ」「トヨホマレ」「トヨムスメ」などの品種がお勧め。塩は、精製塩ではなく、ミネラル分が残る自然塩を。麹(こうじ)は、乾燥麹よりも生麹の方が発酵がよく進む。購入してすぐに仕込まない場合は、麹と塩を混ぜ合わせ、塩切り麹にしておくと、日持ちする。同社でも、塩切り麹にして販売している。
 大豆は、こすり合わせるようにして水でごしごし洗い、汚れを落とす。最初は、大豆に含まれる成分が泡になって出るが、三~五回洗うと、水が澄んできれいになる。十分に水を吸わせることが大事なので、たっぷりの水に漬けた後、大豆を一、二粒割って芯が残っていないか確認してから炊く。
 手前みその表面にはカビが生えやすいが、ラップを敷き詰める時に空気をしっかり抜くと防げる。カビが生えた場合は、食べるときに取り除く。中ぶたがなければ、塩を詰めたビニール袋で代用できる。
 仕込んでから十カ月ほど(地域によって違う)たつと、風味や香りがよくなり、食べごろに。熟成が進むと、色が濃くなり、酸味が強くなっていく。河崎さんは「目安はくり色。味見をしながら、好みの時期を見計らって」と話す。
 (稲熊美樹)
【材料】(みそ約3キログラム分)
・大豆  650グラム
・生麹  1キログラム
・塩   400グラム
【作り方】
<1>大豆をボウルなどに入れ、よく洗う。
(A)泡が出なくなるまで繰り返し水洗いする
<2>(1)を、3倍量の水(分量外)に18時間以上漬ける。
<3>(2)の水を切って大鍋に移し、ひたひたの水(分量外)を加える。最初は強火で、噴きこぼれそうになったら弱火にして、3時間ほど煮る。親指と小指でつぶれるくらいの軟らかさが目安。
<4>(3)をびんなどでつぶす。
<5>生麹と塩をよく混ぜ合わせる。
<6>(5)に(4)を入れてよく混ぜる。
<7>空気を抜くため(6)を適当な大きさに丸め(みそ玉)=同B、保存容器に拳で押し当てるようにして詰める。
(B)手で丸めて空気を抜く
<8>(7)の表面を平らにして、空気に触れないようにラップを敷き詰める。重しの重量がみそ全体に掛かるように中ぶたを載せ、600グラム程度(みその2~3割の重さ)の重しをして、直射日光の当たらない場所で10カ月間保存する。重しは水を入れたペットボトルや本でも代用できる。
(C)重しをして保存する

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016031402000006.html

本日のカウント
本日の歩数:8,803歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.1g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」 | トップページ | 卒入学の式典に役立つフォーマル着物の選び方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63354242

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で:

« 「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」 | トップページ | 卒入学の式典に役立つフォーマル着物の選び方 »