« いま、日本中が「スター・ウォーズ」に夢中! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」 »

2016年3月20日 (日)

「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ある首相が部下から書類を示される。「この報告からも状況はお分かりかと」。首相は「こんなもの、四歳児だって分かるさ」。首相、秘書にそっと告げる。「四歳児を一人連れて来い。わしにはさっぱり分からん」。幸い、実在する首相ではない。マルクス兄弟による喜劇映画「我輩はカモである」(一九三三年)の一場面
▼およそ政治家の資格などないデタラメな男が一国の宰相に任命される。国の混乱とそれによる笑い。男装した女性が登場するシェークスピアの喜劇「十二夜」もそうだが、なりすましや「無資格者」は喜劇や笑いの種になりやすいのだろう
▼テレビのコメンテーターとして活躍していた人の学歴詐称疑惑である。この話も実は喜劇かもしれぬ。マルクス兄弟並みの社会批評も含む
▼二枚目。魅惑の低音声。そこに「ハーバード」「MBA」。横文字最強の「呪文」が加われば、われわれは幻惑され信用する傾向がどうも否定できぬ。それを裏付ける出来事だった
▼こっちは実在する首相の話。安倍首相は消費税率上げの再延期を検討しているそうだ。ノーベル賞受賞のコロンビア大の教授が最近、増税に反対したのも財政規律派の慎重論を封じる上で首相には好都合だそうだ。世論もなるほどというだろう
▼ノーベル賞、コロンビア大ねえ。例の人と首相の名を借りて「ショーヒA」作戦と呼んでもいいか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016032002000112.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「お花見シーズン限定やきとりセット」が【送料無料】2980円(税別)!
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/hanami/?scid=rm_197493

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「千葉県 房総半島」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《アルポルト》東京 西麻布
「勝浦朝市」
「浜行川漁港」(はめなめがわ)
*金目鯛
・金目鯛のお刺身
・金目鯛の味噌汁
・金目鯛の煮付け
☆金目鯛のイタリアンしゃぶしゃぶ
 長ネギのつけダレ(オリーブオイル・ニンニク・アンチョビなど)
《モンサンクレール》東京 自由が丘
「一宮町」
<近藤いちご園>
*おいCベリー
*淡雪(白イチゴ)
*真紅の美鈴(黒イチゴ)
☆イチゴのミルフィーユ ピスタチオアイス添え
「いすみ市」
*チーズ
<髙秀牧場>TAKAHIDE DAIRY FARM チーズ工房
・草原の青空(ブルーチーズ)
・牛乳
☆大地の力 チーズフォンデュと自然の恵み
☆金目鯛のブルーチーズソース ~菜の花とイチゴ添え~
☆さんの5種チーズペンネ カリカリベーコン添え
☆ソレイユ フロマージュ

http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0046/

 今日は「春分の日」だね。お彼岸のお中日だ!
【簡単ぼたもち】2個分347kcal
『材料』(8個分)
・米・・・1合
・角もち(8等分に切る)・・・1個分
・粒あん・・・240g
・きな粉、砂糖・・・各大さじ2
・塩・・・・少々
『作り方』
①米は洗って水けをきり、炊飯器に入れて通常量の水を加え、しばらくおく。
②①にもちを加えて炊く。
③粒あんはA(1/3量)と、B(2/3量)に分け、それぞれ4個に丸める。
④②をボウルに入れ、すりこ木などでつぶす。手に砂糖水(分量外)をつけながらC(1/3量)とD(2/3量)に分け、それぞれ4個に丸める。
⑤ラップにBを広げ、Cを包んで丸くととのえる。きな粉もちはDをAのあんを包み、混ぜ合わせたきな粉、砂糖、塩をまぶす。

 ということで、今日はお墓参りに行きましょう。
「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

 まず「梅月」に箱菓子を買いに行く。「出世城ものがたり」1,404円を買う。これは、「黒びすけ 出世街道」と「布𣘺の雪」の詰め合わせ。
「黒びすけ 出世街道」
 静岡県産 小麦粉使用。風味豊かな黒糖ビスケットに黒糖蜜ときな粉をたっぷりまぶしました。
「御用菓子 布橋の雪」
 昭和天皇献上の代表銘菓。錦玉羹・淡雪・浮島という異なる素材を重ね、小豆香る上品なお菓子に仕上げました。
(株)田町 梅月
浜松市西区坪井町4095-1
TEL 053-447-8866
営 9:00~18:30
休 年中無休

http://www.tamachi-baigestu.co.jp/

 2014年10月9日の朝刊に「家康公400年記念の菓子」という記事が載っていたっけね!
田町梅月 あす浜松駅で発売
 和菓子製造の田町梅月(浜松市西区)は「出世の街・浜松」と徳川家康公にちなんだ和風ビスケット「黒びすけ 出世街道」を開発した。15本入りで864円。10日からJR浜松駅構内のギフトステーションで販売する。
 創業82年の老舗。来年の「徳川家康公顕彰400年記念事業」に向け、新しい土産物を作り出したいと、浜松商工会議所が取り組む商品開発プロジェクトに参加した。新製品は、風味豊かな掛川、袋井両市産の小麦粉を生地に使用。黒糖をかけてきな粉をまぶし、素朴な味わいに仕上げた。
 3代目の富田直満社長(51)は「試行錯誤の末、表面はかりんとうのように硬く、歯触りはボーロのようと全く新しい食感になった。甘さ控えめで、お茶にもコーヒーにも合います」と話している。
 パッケージは重厚感ある漆塗りの文箱をイメージ。家康を紹介するホームページのQRコードが印刷してあり、出世街道を歩んだ足跡のほか、ゆかりのある岡崎、浜松、駿府、江戸の4つの城に関する情報が閲覧できる。

 「四十九餅の積み方」というプリントがあった。
①黒い丸いお盆(30cmくらいのもの)を用意して、青べり(かえし)を敷きます。
②下段から16・16・9・4・3個と積んでいき、一番上に大きなお餅をのせます。
(饅頭の場合も同様です)
※基本的な積み方となります。必ずこう!というわけではありません。丸盆がなければ四角いお盆で代用する、などその状況に応じて対応します。
※四十九餅は地域・宗派によって扱いが異なります(不要な場合もあり)。菩提寺に確認していただくようお願いします。
 四十九餅については地方・宗派によっては存在しない場合があります。また法要後の扱いは親族で食べたり(食い別れ)、参列者に配ったりと様々なのでやはり菩提寺に確認していただく方が確実です。

 「公式 浜松・浜名湖観光情報サイト」の案内があったよ♪
・かんざんじ温泉
・浜松城
・はままつフラワーパーク
・うなぎ
・はままつフルーツパーク
・弁天島の夕日
「浜松だいすきネット」

http://hamamatsu-daisuki.net/

 スーパーに寄る。「キリン 一番搾り 小麦のうまみ」1,057円、「明治ブルガリアヨーグルト」159円、「もめん豆腐」62円のところ49円を買い帰宅。
「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

限定醸造
小麦のうまみ 一番搾り
KIRIN'S PRIME BREW
BREWED FOR GOOD TIMES
 The Limited ICHIBAN brewing process: The fist press method to carefully extract the rich flavor of wheat.
一番搾りの、春がきた。
 小麦のやわらかな味わいと、華やかな香り。

 お墓参りに出掛ける。

 夕方は、ムラの「部会 部農会 春期総会」に出掛ける。
「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

 お茶菓子を頂いた♪
 NPO法人が、来賓挨拶でやたらに長々と話をしている・・・こちらは、聞きたくもない話なのに・・・時間泥棒だ!!!
 無駄話をしている人がいて、肝心な話が聞こえない・・・↓
「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

庚申礼拝
(二礼二拍手一礼)
 なあむぼんてん
 たいしゃくしょうめい
 こんごうどう
(十回繰り返す)

「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

 この後、会食なのだが、お弁当をもらって帰宅。
「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」

 帰宅して、頂いた「とりごぼう御膳」で一杯♪♪♪
 米(国産)、鶏肉、海老、ごぼう、玉子、こんにゃく、蓮根、竹の子、南瓜、スパゲティ、トマト、がんも揚げ、牛乳、高野豆腐、えんどう
(株)鳥善 一水庵
浜松市中区高丘西2-15-14
TEL (053)436-0080

 「赤穂のにがり塩」が付いている。天ぷら用だね!
マルニ株式会社N
大阪市北区中崎西2丁目3番1号

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「小あゆ木の芽煮」(滋賀県)の引用♪
湖と山のハーモニー
 滋賀県北東部、琵琶湖に面した長浜は、戦国期に秀吉の城下町、江戸時代には商家町で栄えたところ。歴史的な見どころの多い地だが、湖の魚や伊吹山系で採れる山菜などを使った食にも、人々を魅了するものが少なくない。そんな素材を駆使し郷土色あふれる製品を60余年、作り続けてきたのが伊吹食品。淡水魚や山菜の佃煮、昆布巻、えび豆など商品は多彩だが、なかでも同社の看板といわれるのが、全国水産加工たべもの展で水産庁長官賞を受賞した「小あゆ木の芽煮」だ。
 琵琶湖産の小アユを炊き、その煮汁で味付けした木の芽(葉山椒)を合わせた佃煮。「着色料、保存料は一切使用せず、土地に伝わる料理をアレンジしたものですが、同じ時期にとれる湖と山の幸を組み合わせた先人の知恵に感謝したい商品。さらにその相性のよさに自然の不思議さを感じますね」と、社長の高橋年彦さん。
 アユは独特の香りと若干の苦みが魅力だが、サンショウが加わることで香ばしさを高め、苦みをまろやかに包み込むのがこの佃煮のよさ。高橋さんの「相性に不思議さを感じる」の一言も納得の味わいだ。
【取り寄せ先】
伊吹食品(株)
滋賀県長浜市一の宮町3の7
TEL 0749(62)0672
FAX 0749(63)6772
 小あゆ木の芽煮袋入り70g648円、袋入り110g972円、箱入り110g1080円(いずれも税込み、送料別途)
※各種佃煮との詰め合わせ商品も多数

http://www.tsukudani-ibuki.co.jp/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「ウド」の引用♪
温室育ちは大木じゃない
・和名:独活 ウコキ科タラノキ属
・英名:udo
・食べられる部分:若茎、若芽
・注目の栄養素・機能性成分:葉酸、カリウム、リン、食物繊維
 野菜として栽培されるようになった山菜は幾つもあるが、ウドほど栽培種と野生種が異なるものは珍しいのではないか。
 山野に自生する山ウドは、いかにも野性的で生命感に満ち満ちている。積もる枯れ葉の間から顔を出す、ずんぐり太い茎と緊張感をはらんだ若芽。くすんだ薄緑の茎や葉裏にはびっしりとうぶ毛が生え、地中の白い茎は紅を帯び、薫りも鮮烈だ。
 山菜として食べられるのは、晩春のほんの一時期だけ。幾日も経たないうちに、若芽は青々と葉を開き、少し大きくなってしまえば、もう歯がたたない。茎はすくすく伸び、やがて丈2~3mにもなる。
 翻って、野菜としてのウド。暗く暖かい室で大切に育てられ、2~3月ごろに出荷される。白く長く楚々とした姿は、まさに温室育ちの令嬢といったところだ。
 食するのはやわらかい茎。軽やかな歯応えながらシャクッと歯切れよく、味も香りも上品だ。それでも、薫りはやっぱりウド。気持ちを生き生きとさせてくれるような、独特な清涼感がある。
 香りが強いわりには、アクは少なめ。栽培種のウドは、生を薄切りで味わいたい。ただし、空気に触れると色が悪くなるので、切ったらすぐに酢水にさらして。天然物の場合は、さっと下茹でしたほうがいい。
 ちなみに、軟化栽培したウドを、出荷前に日に当て緑色にしたものも、山ウドの名で販売されている。天然の山ウドとはやっぱり違う。

本日のカウント
本日の歩数:7,151歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« いま、日本中が「スター・ウォーズ」に夢中! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」:

« いま、日本中が「スター・ウォーズ」に夢中! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」 »