« 「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる」vol.15「認知症になりやす生活編」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「春を告げる400本のうめまつりとあったか〜い「豊橋カレーうどん」」 »

2016年3月 4日 (金)

「プリ丸」「ちび丸」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 市役所や町村役場に入って、まずあるのは戸籍や保険などを扱う住民課の窓口だろう。福島県の浪江町役場も、かつてはそうだった。しかし今、住民生活課の窓口だった場所には、こんな表示が出ている。「除染及び災害廃棄物等に関する相談窓口」
▼浪江町の町民はおよそ二万。だが原発事故のため町内に住むことはできず、全員が避難を強いられている。一万四千人は県内にいるが、残る六千人は北海道から沖縄まで全国各地で暮らす
▼そんな町民をつなぐのが、町の広報紙「なみえ」だ。その最新号が、七十代の男性の今を伝えている。この人は昨年、一時帰郷したとき、故郷の川に身を投げたい衝動に駆られた。「家族に負担がかかる」と踏みとどまったが、それから体調を崩してしまったそうだ
▼「イライラして、気を揉(も)んでだめなんだ。今は、なんぼか良くなったけど、薬で生活してるようなもんだ。楽しみなんて考えない。早く浪江に帰りたい」。今はそういう思いで、仮設住宅での暮らしを続けているという
▼関西電力の高浜原発4号機は、再稼働四日目に緊急停止した。北陸電力の志賀原発1号機は、真下に活断層があると断じられた
▼それでも原発にこだわり続ける電力会社の経営者らは、故郷を奪われた人々の声に耳を傾けたことがあるのだろうか。「住民課」の窓口のない役場を見たことがあるのだろうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016030402000112.html

 2016年2月24日の朝刊「くらしの作文」に「シジミびな」(武内 啓子(80))が載っていた。
 今年も桃の節句が近づいた。私のおひなさまは「シジミびな」。
 初孫だった私に、祖父母は大きな七段飾りのにな人形を贈ってくれていた。ものごころがついたころ、母がやっと組み立てた段飾りに、毛せんを敷き、飾るのを手伝うのがうれしかった。
 九歳下の妹が生まれて、姉妹並んでひな壇の前で写真を撮った年の夏、戦争が終わった。
 朝鮮半島の南端の町に住んでいた私たちに、ある日突然、引き揚げる船に乗る順番が回ってきた。家族六人、一人一個のリュックサックと決められ、朝食を食べ残したまま家を出た。
 帰国後は住む家もなく、転々とした暮らしの中で、どこでどう覚えたのか、母がシジミの殻でおひなさまを作ってくれた。
 宍道湖にいるヤマトシジミの殻を布で包んで、白い布に顔を描いて貼り付けるだけのもの。「シジミびな」と名付けた。
 昨秋、百歳で逝った母の一周忌に帰郷したとき、飾り棚の奥の方にあった小箱からひょっこり出てきた一対の貝びな。あの「シジミびな」だった。
 今年は、赤い色紙の上に飾ろう。何十年ぶりかの私のひな祭りである。

http://www.tokai-tv.com/announcer/ondoku/index.html?day=20160224

 オマケの新聞に「やどや あみ住」の広告が出ていた!
55歳以上の方がいれば、みんな1泊2食付き5500円(税込)~
 浜名湖弁天島の「やどや あみ住」では、「低料金お泊りプラン」を好評承り中です。55歳以上の方が一人でもおれば、グループ全員が1泊2食付5500円(税込)~。
 同館は家族でのんびり営んでいる小さな”やどや”。目の前には浜名湖が広がります。ゆったりとした時間が流れる中、のんびり過ごす・・・ご夫婦で、お友達同士でいかがですか。
 ゆかた、フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシの用意もあります。
「やどや あみ住」
浜松市西区舞阪町弁天島2669-139
TEL 053(592)0165
 JR弁天島駅より東へ徒歩4分
TEL 090(1273)5053

 「セブンイレブン」より、メール「セブンカフェキャンペーン延長決定!」の案内♪
 ご好評につき延長決定!セブンネットで商品をご注文いただき、セブン-イレブンで受取るだけで、1つの梱包につき無料引換券を1枚プレゼント。
【キャンペーン期間】2016年3月1日(火)~3月31日(木)注文分まで
※4月4日(月)店頭お届け分まで
【引換有効期間】2016年4月20日(水)まで

http://pmail.omni7.jp/?4_--_820030_--_47154_--_1_--_201603040589H_--_PC
 「アサヒビール」より、メール。「アサヒ ザ・ドリーム」が3月6日(日)発売だね!
http://www.asahibeer.co.jp/the_dream/

 仕事をちょっと遅く終え帰宅。
 帰宅途中、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「赤穂塩」108円、それに「フライビンズ」108円を買い帰路に就く。
 それにしても、道が混んでいたね・・・なぜだろう???
 「酒&FOOD かとう」に寄り、「壱岐」40度3,240円を伝票にて買い、帰宅。

「プリ丸」「ちび丸」

 帰宅して、昨日3割引きで買った「かつお土佐造り」で一杯♪薬味の「新たま」が美味しいね♪♪♪
炭焼き たたき
 美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり

 さらに「ブロッコリーの醤油炒め」♪これが、美味しいんだな♪♪
 フライパンに油を敷き、ブロッコリーを炒める。醤油をかけ、鰹節をかけて、出来上がり!♪

 昨日の「カキフライ弁当」で思い出したんだけど、2016年2月28日の朝刊に「湖西の新鮮なカキ どうぞ」という記事が出ていたね↑↑↑
「ちび丸」詰め放題
<新居・海湖館>
 カキ小屋を目当てに連日多くの人でにぎわう湖西市新居町の体験施設「海湖館」では、カキの詰め放題も大盛況だ。土、日曜、祝日限定で、27日も、朝から行列ができる人気ぶり。1分半の制限時間で、手早くバケツに詰め込み、一人30個前後を持ち帰った。
 浜名湖の養殖カキ「プリ丸」の小サイズ「ちび丸」を指定のプラスチック製バケツに詰め放題で、料金は千円。殻の大きさは8cmほどで、中にはプリプリの身が入っている。施設の担当者は「小さくても身はボリュームがあり、かなりお得」と話す。
 毎週訪れている常連の村田篤之さん(59)=湖西市新居町=は、慣れた手つきで詰め込み65個を獲得。「フライパンで蒸して食べると絶品。どれだけ食べても飽きない」と笑顔を見せた。
 平日は「ちび丸」を30個千円で販売する。カキ小屋では、その場で焼いて楽しめる。営業は4月3日まで。
(山野舞子)
「浜名湖焼き」具材に
<道の駅 潮見坂>

 湖西市白須賀の「道の駅潮見坂」の名物「浜名湖焼き」に、カキ入りが登場した。
 「浜名湖焼き」は、道の駅のテナント「浜名湖屋」の人気メニュー。しょうゆベースの生地に舞阪で水揚げされたシラスと地元産のキャベツをたっぷり入れ、お好み焼き風に仕上げている。食べやすい大きさで、ドライブ客らの人気を集める。
 しょうゆで味付けした浜名湖の養殖カキ「プリ丸」の小サイズが4つ入り、500円。
 店主の森谷義之さんは「カルシウムがたっぷりで栄養満点。地元の味を楽しんでほしい」と話している。カキが収穫できる4月上旬ごろまで販売する。

 2016年2月23日の朝刊には「浜名湖カキで おにぎらず」という記事が出ていた。
湖西の落語会 28日限定発売
 浜名湖産のブランド牡蠣「プリ丸」を使った「おにぎらず」を、湖西市新居町の本果寺(ほんが)で定期公演を開いている「寺道DE落語会」が考案した。28日の公演で限定販売する。
 おにぎらずは、ご飯と具材、海苔を使った「おにぎり」のような食べ物。文字通り「握らず」にふっくら仕上げるのがおにぎりとの違いで、一年ほど前から話題になっている。
 「プリ丸のおにぎらず」は、牡蠣のしょうゆ煮と天ぷらを具材に使用。その煮汁で炊いたご飯、浜名湖産の青ノリに黒ノリを混ぜ合わせた「混ぜノリ」も使う。落語会のアイデアに基づき、新居町の飲食店「割烹紅葉(もみじ)」を営む竹内清隆さん(41)が試行錯誤を重ね、レシピを完成させた。
 作り方は、混ぜノリ一帖を広げ、牡蠣の味付けご飯を敷くことから始まる。その上に、しょうゆ煮と天ぷらを1つずつ並べた後、再び味付けご飯を重ねる。これをノリで包み込み、半分に切って出来上がり。1人前2個で、2種の具材が楽しめる。
 落語会は年3回の定期公演を開き、演目の間に地元の名物を紹介している。プリ丸を使った食べ物は、1年前に発表した「牡蠣チャウダー」に続いて2作目。28日の公演では、1人前を500円(税込み)で販売する。
 今回の公演は、真打ち16年目を迎えた春風亭柳好さんの独演会。鏡味味千代さんの曲芸「太神楽(だいかぐら)」もある。午後2時半開演。前売り2500円、当日3000円(中学生以下は無料)。問い合わせは寺道DE落語会の矢頭さん=電090(993)6558=へ。
「割烹 紅葉」
静岡県湖西市新居町新居1271
TEL:053-594-8522

http://momiji.ikidane.com/

本日のカウント
本日の歩数:9,310歩
(本日のしっかり歩数0歩)
本日:54.0g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる」vol.15「認知症になりやす生活編」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「春を告げる400本のうめまつりとあったか〜い「豊橋カレーうどん」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プリ丸」「ちび丸」:

« 「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる」vol.15「認知症になりやす生活編」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「春を告げる400本のうめまつりとあったか〜い「豊橋カレーうどん」」 »