« 楽しておいしく!奥園壽子のスピードごはん「豆腐料理」【ナメコ煮奴】 | トップページ | 自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で »

2016年3月15日 (火)

「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」

 今日は、3月15日。
 ここで、2016年3月14日の朝刊「くらしの歳時記」より、「お釈迦様の団子」の引用♪
 3月15日は涅槃絵です。お釈迦様がクシナガラで入滅した旧暦の2月15日にちなむ追悼の日です。
 場所により2月15日に行われるところ、一定の期間を設けるところなど日程はさまざまですが、米粉を蒸して五色の団子や、犬の子の形などにつくり、仏前にお供えします。無病息災などのお守りにして身に着けるところも、
 今年はわが家では犬の子の形に挑戦しました。米粉にお湯を少しずつ足して練り、耳たぶほどの固さになったら適当にちぎり、15分ほど蒸します。やけどしないように取り出し、手ぬぐいに包み水につけてから、包んだまま練り、取り出してかたちづくります。
 慌てず空気を抜くように練るのがポイントです。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「目」の字の中には、何が潜んでいるか。<目の中に、日と月がいて、明るい。/口もいくつかあって、うるさい>と、愉快にうたったのは、詩人の吉野弘さんだ
▼<目はもともと陽気でおしゃべりなのに/民の目は眠くて/罠(わな)の中…>と詩は続く。なるほど、民の目が眠気に負けて横たわれば、「罠」となってしまうのだから、漢字はおもしろい
▼選挙を前に、「無党派層は寝ていてくれればいい」と言い放った首相がいたが、民が眠ると、どうなるか。七十年前の春にあった戦後初の衆院選の投票率は、72%。それが一昨年の総選挙では、52%にまで落ち込んだ
▼そうして、全有権者の四分の一の支持しか得ていない与党が、衆院で三分の二以上の議席を占め、世論を二分する法案をも数の力で一気に押し切ることのできる強大な体制が生まれた。民意がこれほど歪んで増幅されるのは、今の選挙制度のあやうい「罠」だろう
▼さて、そんな政治状況に目が覚めるような新風を吹き込めるのか、どうか。民主、維新の両党が合流し、「民進党」として再出発することが決まったという
▼白川静博士の『常用字解』などによると、「進」の中の隹(すい)は鳥の形で、その昔は鳥を使った占いで軍をすすめたから、「進」なのだという。日本の政治が進む先で羽ばたくのは、果たしてタカかハトか。決めるのは、鳥占(とりうら)ではなく「民の目」だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016031502000115.html

 日曜日のテレビ「極上!旅のススメ」は、「横浜・中華街を1万円で楽しむ旅」♪
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/
*旅行誌『ブルーガイド』おススメ「横浜・中華街の旅プラン」
「お出かけ旅中継」浅草・浅草寺
《王府井 横浜中華街2号店》
TEL:045-641-1595
・焼小龍包 4個入り 500円(正宗、フカヒレ入り、野菜入り)
・ビール 400円
《中国貿易公司 中華街1号店》
TEL:045-641-5915
・パンダ帽子 1,515円
《頂好食品》
TEL:045-651-0633
・咸水角(せんすいかく) 120円
・ココナッツとカスタードのパイセット 300円
・台湾腸詰め 250円/100g
《泰和商事》
TEL:045-641-8147
・愛玉子ドリンク 200円
《清香園》
TEL:045-222-3786
・古越龍山(こえずりゅうざん)カメ出し紹興酒 一合 700円(税別)
・タレ掛けワンタン 800円(税別)
・ピータン 800円(税別)
「関内」
《Bar Bar Bar》
TEL:045-662-0493
《PIANO・BAR・APPLE》
TEL:045-641-3396
《Sally's Bar》
TEL:045-663-7037
・ジャック・ダニエル
「お出かけ旅中継」浅草・まるごとにっぽん
《越前 若狭丸》浜焼き
・ホンビノス
・カキ
・岩手黒毛和牛ステーキ
・生ビール 500円

http://www.tv-asahi.co.jp/tabinosusume/backnumber/0011/

 「womo」より、メール。「梨乃庵-RINOAN-和空間イタリアンDINING/リノアン」。
 『シェフのこだわりメニューでランチタイムがパワーアップ』。ランチタイムが16時迄となり、時間を気にせず遅めのランチやカフェとして利用できるように。「週替わり生パスタランチ」ではモチモチ生パスタを3種のソースから選べる。
「梨乃庵-RINOAN-和空間イタリアンDINING」
浜松市中区曳馬6-13-25
TEL 053-472-7789

http://italian-rinoan.com/

 今日の仕事・・・。やっと一段落だね!
 googleのサービスに「Googleサイト」というのがあるのですね。
ウェブサイトやグループ専用Wikiページを作成
https://www.google.co.jp/about/products/
https://accounts.google.com/ServiceLogin?continue=https%3A%2F%2Fsites.google.com%2F&followup=https%3A%2F%2Fsites.google.com%2F&service=jotspot&passive=true&ul=1

「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」

 今日の昼食は、昨日買った「ジンギスカン丼」♪
北海道 どんぶり屋
あぶり焼き ジンギスカン丼
 やわらかな羊肉をあぶり焼き、北海道の定番の味ベル成吉思汗たれをからめて仕上げました。
 ごはんの上にたれごとのせて召し上がりください。
ベル 成吉思汗たれ 使用
120g
198kcal
製造者:ベル食品株式会社A
札幌市西区二十四軒3条7丁目3番35号

 仕事を終え、帰宅。
 途中、スーパーに寄り、「しろねぎ」85円、「もやし」20円、それに売り出しの「真あじ刺身」300円を買い帰宅。

 ジロー・・・。
 もう少しで暖かくなったのに・・・。
 もうちょっと、もつと思ったのに・・・。
 あまりにも急だった・・・朝は、鳴いていたのに・・・。お釈迦様と同じ日なんだな・・・。

「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」

 仕事がひと段落ついたので、「サッポロCLASSIC」で一杯♪
北海道限定
サッポロ クラッシック
SINCE 1985
SAPPORO ONLY HOKKAIDO
 北海道だけのうまみと爽やかな味わい
 BRACING AROMA AND SMOOTH 100% MALT FINISH.
 THE GRAT TASTE OF SAPPORO CLASSIC IS ONLY FROM HOKKAIDO.
ホッホクルツ製法でうまい。
 高温短時間仕込により麦芽本来の旨味を生かしたドイツ古来の醸造法です。
100g当たり40kcal
サッポロビール株式会社
TEL 0120-207800

http://www.sapporobeer.jp

「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」

 おつまみは、今日買った「島根県産 真あじ刺身」♪

 もうすぐ春だね。ここで、2016年2月28日の「土井善晴の料理は楽し」より、【蕗のとうの天ぷら・蕗味噌】(441kcal、170kcal)の引用。
春を先取り フルコース
 春の訪れを教えてくれる、蕗のとう。まずは天ぷらで、やわらかさとほろ苦さを味わいましょう。簡単に作れる蕗味噌は、白いご飯の格好の友です。
『材料』(4人分)
●蕗のとうの天ぷら
・フキノトウ・・・100g(約10個)
<衣>
 小麦粉・・・50g
 卵水(卵1個+冷水)・・・80cc
・小麦粉、揚げ油、塩・・・各適量
●蕗味噌
・フキノトウ・・・50g
・みぞ・・・50g
・砂糖・・・大さじ1と1/2
【蕗のとうの天ぷら】
①フキノトウを洗う
 フキノトウは洗って、水気を拭き取る。
②衣を作る
 計量カップに卵を割り入れて冷水を加え、合わせて80ccにする。これをボウルに移して卵を溶きほぐし、小麦粉を加えて、さっくりと混ぜる。
③揚げる
 フライパンの底から1cmほどの深さに揚げ油を入れ、火にかける。菜箸を入れてみて、先から泡が出てきたら温度が上がっている証拠。フキノトウに小麦粉を軽くまぶしてから、②の衣をつけて油の中に入れる。
 「ときおり返しながら揚げて、まわりがカリッとして、おいしそうな色がつけば引き上げどきです」
 好みで塩をつけていただく。
【蕗味噌】
①フキノトウをきざむ
 フキノトウは洗って水気を拭き取り、根元を切り落として、細かくきざむ。
②調味料を混ぜる
 ①に味噌と砂糖を加え、さらに包丁で叩いて、全体を混ぜ合わせる。
《食のこころ》
 栽培もされるが、フキノトウは日本の広範囲に自生する野草。雪の残る地面から顔を出す、若草色のつぼみはなんとも愛らしい。
 そのままの姿で衣をつけて揚げる天ぷらは、早春の今だけのごちそうだ。土井さんはフキノトウの葉を少しだけやさしく開いて、見栄えをよくしてから、粉と衣をつけて油の中に入れる。
 「揚げていると、途中で音がスッと変わる瞬間があります。そこから色がつきやすくなる」
 パチパチと油に素材の水分が出る音が、チリチリと小さな音に変われば、水分が抜けて火が通った合図。おいしそうな揚げ色も、引き上げどきを教えてくれる。
 もう一品の蕗味噌は、生のフキノトウと調味料をまな板の上で叩いて混ぜるだけ。
 「一番簡単な方法です。アクが気になれば、フキノトウを油で炒めてお作りください」
 食卓に添える風情。ちなみに苦みには解毒の作用も。

本日のカウント
本日の歩数:9,165歩
(本日のしっかり歩数0歩)
本日:54.0g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 楽しておいしく!奥園壽子のスピードごはん「豆腐料理」【ナメコ煮奴】 | トップページ | 自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63349482

この記事へのトラックバック一覧です: 「サッポロ CLASSIC」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「蕗のとうの天ぷら・蕗味噌」:

« 楽しておいしく!奥園壽子のスピードごはん「豆腐料理」【ナメコ煮奴】 | トップページ | 自宅で手作り「手前みそ」 大粒大豆と自然塩で »