« 「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」 | トップページ | 「いなんば」、そして「極めよ!ホットペッパー的「食べ放題」道」 »

2016年3月21日 (月)

「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ある国の首相が突然、大切な会議をすっぽかした。理由はよく分からぬが、家庭の事情が、絡んでいたようで、首相は記者会見でこう語った。「首相の仕事は大切だが、一時的な役割だ。でも父親としての仕事は一生続く」
▼日本の首相ならば世間はどう反応するか。擁護の声も上がるだろうが、批判の方が強いかもしれぬ。場合によっては退陣に追い込まれる可能性も否定できまい
▼この首相とは、デンマークのロッケ・ラスムセン首相。二〇一〇年の実話である。さて、どうなったか。家庭を大切にしていると、首相の好感度は上向いたそうだ。デンマークとはそういう国なのだろう
▼国連が世界で最も幸福な国に同国を選んだ。日本は遠く及ばぬ五十三位である。首相の逸話といい、われわれとは異なる価値観を持っているのだろう
▼同国出身のお方の本によると国民の傾向として富豪や他人の上に立つことにあまり関心がないそうだ。領土を奪われていった歴史とも関係があり、常に現実的で高望みしない精神性ができたという。現状への感謝。大切なのは自分らしい生き方や家族、信頼できる人間関係とある
▼カネ。成長。出世。勝利。戦後日本のキーワードだが、こだわりすぎたか。これだと幸せを感じられるのは勝者だけである。日本のランクが低いと文句をいう前に「幸せってなんだっけ」をもう一度考えてみたい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016032102000112.html

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「新潟県 村上市」
<岩船港 直売所>
・ハタハタ 1本50円
・ヤリイカ 1杯200円
・ヤナギ 1枚160円
・赤ガレイ 1枚130円
・タラ 4.5kg 2700円
☆「鱈の珍味」
・鱈の卵のしょう油漬け
(鱈の卵をしょう油と酒に一晩漬ける)
・タラの干物
①鱈を金のタワシでこすり、うろことぬめりをとり、三枚におろす。
②中骨を取ったら、干しやすい大きさに切り、味付け。
(塩水に1時間漬ける)
③2日干す。
・こいり(漁師町 岩船の郷土料理)
①豆もやしと糸こんにゃく、長ねぎを砂糖と醤油で煮込む。
②鱈の卵を入れ、ほぐしながら5分ほど煮込む。
・鱈の煮付け
①鱈の肝を醤油と酒で作った煮汁に入れる。鱈の身も入れる。(砂糖は入れない)
《㐂っ川》
・飯寿司(いずし)(村上の郷土料理:米麹と塩引き鮭の切り身で作る。)
①木桶に敷いた笹の上に、麹と合わせたご飯を入れ、刻んだ大根と人参を加える。
②スライスした塩引き鮭を一面に敷き、いくらを全体に散らし、ゆずとお酒を適量かける。
③その上に笹を敷き、同じように具材を詰め、5層かさねれば1つの桶が完成。
④蓋をして1ヵ月発酵させる。
「大分県 豊後高田市」中山仙境
・せりのおにぎり
①茹でたセリを冷水でしめ、1cmほどの大きさに刻む。
②塩と白だしで味をととのえ、油をひいたフライパンで炒める。
③ご飯とよく混ぜ合わせる。おにぎりに握る。
・石垣餅(大分県の郷土菓子)
①さつまいもを角切りにし、水につけ灰汁を抜く。
②ボウルに小麦粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを入れてみずでこねる。
③①のさつまいもを加えて、ダンゴ状にする。
④15分蒸し器で蒸す。
<馬場宅>
・豊後 米仕上牛のステーキ

 「ごちそうカントリー」は、「静岡市 アスパラガス」。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
《なかじま園 農園カフェ》
・贅沢ストロベリーパフェ…730円(税込み)
・苺畑のワッフル…630円(税込み)
・章姫(1パック)…530円(税込み)
静岡市葵区羽鳥本町11-21
TEL 054-277-2322
<三浦農園>
*おいしいアスパラガスとは?
 ・断面が円に近いもの
 ・鮮やかな緑色
 ・まっすぐで穂先の締まりが良いもの
・アスパラガスとエビのかき揚げ(2~3人分)
 アスパラガス…10本、小エビ…100g、天ぷら粉・水・サラダ油…適量
①アスパラガスの下のかたい部分はきり、ピューラーなどで皮をむく。皮をむくのは下の部分だけ、上の部分は柔らかいのでそのまま。
②火が通りやすく、味がしみ込みやすくするため、斜めに1cmくらいの長さに切る。
③斜めに切ったアスパラガス、小さく切った小エビを水で溶いた天ぷら粉に加え混ぜる。
④180度に熱した油で揚げ、カラっと揚がったら出来上がり。
・アスパラガスのゴマあえのレシピ(2~3人分)
 アスパラガス…10本、すりゴマ…大さじ3、砂糖…小さじ2、しょうゆ…大さじ1、だし汁…小さじ1
①細いアスパラガスを使用。細いアスパラガスは柔らかいので皮を剥かずに切る。下のかたい部分を切りおとしてから2cmくらいの長さに切る。
②沸騰したお湯に塩を少々入れ、30秒程茹でる。茹であがったら、水の中でしっかり冷まし、水気を切る。
③ボールで、冷ましたアスパラガス、すりごま、砂糖、だし汁、醤油を加え混ぜたら完成。時間に余裕があれば実際に白ごまを炒り、すり鉢ですったものを使うと香りが良い。

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=48171
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0046/

 お彼岸様に出掛ける。
 途中、ウグイスが鳴いている!
「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」

 出店が出ているね!!!
 お参りをして帰宅。

 一旦停止から、車が飛び出してきた・・・危なかった!

 スーパーに古紙を出しに行く。

 テレビの「なるほど!ランニング ~目指せ!夢のフルマラソン~」で、「体作りのための栄養補給」を取り上げていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/24056_201603211200.html
*BCAA
(バリン、ロイシン、イソロイシン)
 大豆、肉、魚に含まれる必須アミノ酸

http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=63627/episodeID=945119/
 BCAA、特にロイシンは筋肉のタンパク質合成を促進し破壊されるのを抑えてくれるので、タンパク質の代謝を一定のものにするのに役立ちます。
 先行研究で、BCAAサプリメントをトレーニング前に摂取すると、タンパク質の合成促進、筋肉の分解の抑制及びダメージの減少、後にやってくる筋肉痛を抑えられることがわかっています。
 トレーニング前に6~10gのBCAAを摂ると、筋肉痛が減少し回復も早くなります。言い換えれば、BCAAはそれ自体が筋肉を大きくしてくれるわけではなくとも、筋肉の成長を促すのに一定の強度と量でのウェイトトレーニングを行うエネルギーとしては役立つのです。
 加えて、BCAAはエクササイズ中に消費されるエネルギーとなります。BCAAの循環率が下がると脳内の“セロトニン濃度”が上がり、それはエクササイズ中の疲労に繋がるのではないかと考えられています。
 トレーニング中BCAAを摂ることでそれらの減少を防ぎ、疲労を遅らせ、精神的・肉体的動きを改善することができます。トレーニング中飲むドリンクに6gのBCAAを加えると、疲労を減らし、グリコーゲンが激減した状態でのエクササイズ中の体脂肪燃焼率が上がります。
 糖質制限ダイエットを行っている、あるいは事前に栄養を摂っていないエネルギーの少ない状態でトレーニングしているのなら、トレーニング中のBCAAは非常に効果的です。
まとめ:
 トレーニング前にBCAAを摂取すると、筋肉痛を軽減し、回復が早めることができます。トレーニング中に摂取すると、特に事前に栄養を摂っていない状態なら、疲労を抑え、精神的・肉体的状態の改善にも繋がるでしょう。

http://www.fitnessjunkie.jp/archives/4083
「ジョージア南大学助教授 クリッシー・ケンドール氏」
http://www.bodybuilding.com/

 また寒くなったね!こんな時は、おでんが食べたくなるよ!
 でもおでんはないので、「ナメコ煮奴」で一杯といきましょう♪もれって、うどんを入れても美味しいかも♪♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2016/03/post-6fb1.html

 ここで、2016年2月14日の「土井善晴の料理は楽し」より、「味噌おでん」(398kcal)の引用♪♪♪
火加減が命「煮込み田楽」
 食卓で温めながら食べる冬のお料理。種は全部揃えなくても、お好みで2~3種でもよいのです。
『材料』(4人分)
〈鶏ネギ〉
 鶏モモ肉・・・1枚
 長ネギ(白い部分)・・・1本
・コンニャク・・・1枚
 塩・・・適量
・焼き豆腐・・・1丁
・ウズラ卵
・キンナン・・・16個
・サトイモ・・・4個
<生姜味噌>
 赤みそ・・・100g
 砂糖・・・大さじ1
 酒・・・1/3カップ
 ショウガ・・・50~60g
・だし昆布・・・10g
・水・・・適量
①鶏ネギ、コンニャクの下ごしらえをする
 鶏肉は一口大に切り、長ネギは2cm長さの筒切りにして、交互に串を打つ。コンニャクは塩もみをして、塩を洗い、1cm厚さの角切りにして串を打つ。
②焼き豆腐、ウズラ卵の下ごしらえをする
 焼き豆腐は2cm厚さの角切りにして、豆腐がまわらないように串を2本打つ。ウズラ卵は水からゆでて、沸騰したら4分ゆでて固ゆでにする。水にとって殻をむき、2個ずつ串を打つ。
③ギンナン、サトイモの下ごしらえをする
 ギンナンは殻をむき、塩ゆでして水にとり、薄皮をむいて2~3個ずつ串に刺す。サトイモは水からゆでて、軟らかくなったらざるにあげ、熱いうちに皮をむく。半分に切って串に刺す。
④生姜味噌をつくる
 ショウガはすりおろし、鍋に赤みそ、砂糖、酒を入れ、弱火にかけて混ぜながら煮立てる。おろしショウガを加えて煮立て、なじんだら、みそを小さな器に入れる。
⑤煮て、鍋ごと食卓へ運ぶ
 土鍋に昆布を敷き、④の生姜味噌を入れた器と、①~③なでの種を入れる。鍋に水を入れて中火にかけ、種に火が通ったら、鍋ごと食卓へ運ぶ。食卓で温めながら、各人で取り皿にとり、みそをかけていただく。
《食のこころ》
 豆腐などを串に刺して焼くのは、”焼き田楽”。串に刺した種を煮て食べる料理は”煮込み田楽”といい、これは”味噌おでん”とも呼ばれるそうだ。
 関東ではなじみの薄い料理だが、幼少のみぎり、土井さんの家では寒い時期にしばしば、味噌おでんが食卓に登場したという。
 「温かい鍋から昆布の香りが立って、なんていうことはないけれど、いいお料理です」
 種がたくさん入ればにぎやかだが、2~3種類でもよい。鶏が入ればおかずになり、野菜やコンニャクのあっさりとした種を酒の肴にするのもオツなもの。ウズラ卵やギンナンを入れながら「自分でゆでると、おいしさが違います」。
 大事なのは火加減。アクが出ないように最初から中火で、静かに煮る。決して煮立てないこと。
 みその味も決め手。「非常に気に入っているんです」と考案者の言うショウガたっぷりのみそは、甘すぎず、シャープな味で、本当にあとをひくおいしさだ。

本日のカウント
本日の歩数:7,968歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○だけど×

|

« 「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」 | トップページ | 「いなんば」、そして「極めよ!ホットペッパー的「食べ放題」道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63375984

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(2-2)「味噌おでん」:

« 「出世城ものがたり」「鳥善 とりごぼう御膳」、そして「小あゆ木の芽煮」 | トップページ | 「いなんば」、そして「極めよ!ホットペッパー的「食べ放題」道」 »