« 「新タマ」、そして「いただきます かんたんおつまみ」 | トップページ | 「玉ねぎときのこのオイル煮」「玉ねぎとソーセージのケチャップ炒め」「チキン竜田揚げと新たまねぎの甘酢だれ」 »

2016年2月23日 (火)

「生しらす丼」、そして「じゃこ菜めし」「アップルポテト」

 今日は2月23日、「富士山の日」ということだ。

 「アサヒビール」より、メール。「アサヒ ザ・ドリーム」というビールが、3月23日に発売されるらしい!!!どんな味なんだろう???
http://www.asahibeer.co.jp/the_dream/
 アンケートに答えると、もらえるらしい♪
http://www.asahibeer.co.jp/the_dream/cp/160223-160314/

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 今から三十三年前の春、英政府は第三次世界大戦の勃発を想定した危機対処訓練を秘密裏に実施した
▼全面核戦争の恐怖に国民はパニックに陥り、暴動や略奪騒ぎが起きるだろう。事態を沈静化させるための一策として、エリザベス女王による国民に向けた演説の草稿が用意された
▼三年前に機密が解除され公開された文書によれば、女王はこう呼び掛けることになっていた。「未知なる敵への最強の守りは家族の緊密な絆です。私たちが団結し、毅然(きぜん)として、弱く孤立したものたちを守ろうとするなら、私たちの生存の望みが砕かれることはないでしょう」
▼五年前の春、わが国では福島第一原発事故で首都圏でも大規模な避難が必要になる最悪の場合に備え、秘密裏に首相談話が準備されていたという。その草案に曰(いわ)く「いたわり合い、支え合う精神で、どうかこの難局を共に乗り切っていただきたいと願います」
▼本当に核の恐怖にさらされた時、政府が国民に言えることは、「絆」や「支え合い」ぐらい。そんな為政者の無力さを歴史は教えてくれているのに、核の力を手放そうとはせぬ、その不条理
▼「私たちの敵は、銃を持った兵でも、街の上を飛ぶ飛行士でもなく、使い方を誤った技術の恐ろしい力です」とは、三十三年前の女王演説草案の一節。演説は幸い「幻」となったが、「恐ろしい力」は今も現実の脅威だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016022302000106.html

 昨日のテレビ「おとな旅 あるき旅」より、「食べて!!飲んで!!おとなの姫路ぶらり旅」の紹介♪
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
<男山配水池公園>
*姫路城十景
<おみぞ筋商店街>
《赤心》
兵庫県姫路市駅前町301
TEL 079-222-3842
・とんかつ 600円
・豚汁 400円
・とんかつ定食(とん定) 1,200円
《播州酒場 姫ちゃん》
兵庫県姫路市駅前町301
TEL 079-282-3080
・姫路おでん(大根) 100円
・姫路名物 ひねポン 390円(親鶏)
《インデアン》
兵庫県姫路市安田3丁目116番地 ハッピーコート駅南大路1F
TEL 079-288-3488
*京都木屋町 インデアン(平成21年閉店)50年以上続いた老舗カレー店の味を受け継いでいる唯一の店
・牛すじと白菜のカレー 1,100円 ※2月末まで
・カレーヌードル 900円
<書写山ロープウェイ>往復900円
<書写山圓教寺>拝観料500円
・重要文化財 大講堂
・重要文化財 食堂(じきどう)ラストサムライ
<姫路市書写の里 美術工芸館>
・姫路いりこ
《壺坂酒造》
兵庫県姫路市夢前町前之庄1418-1
TEL 079-336-0010
・雪彦山
《夢前川温泉 夢乃井》
兵庫県姫路市夢前町前之庄187
TEL 079-336-1000
・夢乃井特別室 1名(1泊2食付)34,710円~
・冬の特別室限定会席
(前菜(雲子・川海老バイ貝など)、変わり鰤大根 友地餡かけ(ともじ)、姫路和牛炙り、ずわい蟹しゃぶ)
*伊勢海老の甲羅酒

http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1237094_6111.html

 出勤途中、「資源物」のゴミを出しに行く。自分が一番最初だと思っていたら、もう、ペットボトルとかアルミ缶が入っているコンテナが出ていた!なんて早く出す人がいるんだ!!!

 仕事をほぼ定時に終え帰宅。途中、スーパーに寄る。
 「明治ブルガリアヨーグルト」149円、「するめ足」324円、「くこの実」246円、「絹ごし豆腐」31円、それに売り出しの「かつお土佐造り」300円と286円のもの、「生しらす」100g239円のところ3割引きで167円を買い、帰宅。

 さらに「酒&FOOD かとう」に寄り、「瑞泉」43度3,240円、「きす天ぷら」254円のところ170円を買い帰宅。

「生しらす丼」、そして「じゃこ菜めし」「アップルポテト」

 帰宅して「きす天ぷら」で一杯♪
本ぎす、小麦粉、鶏卵、菜種油

「生しらす丼」、そして「じゃこ菜めし」「アップルポテト」

 そして「生しらす丼」♪
静岡県産 生しらす 生食用(解凍)
 薬味は、生姜と昨日頂いた新タマネギ♪新タマって美味しいねぇ~♪これからの季節は、しらすと新タマ、かつおと新タマだろうね↑↑↑

 シラスというと、じゃこだね・・・ここで、「じゃこ菜めし」と「アップルポテト」のレシピの引用♪
【じゃこ菜めし】
 浜松市はだいこんの生産地として有名です。普段は捨ててしまいがちな葉っぱの部分を使用します。遠州灘で多くとれるしらす干しも加えたカルシウムたっぷりの一品です。ごはんに混ぜておにぎりにしてもおいしいです。
『材料』(4人分)
・だいこんの葉・・・120g
・しらす干し・・・25g
・ごま油・・・小さじ1/2
・酒・・・小さじ1/2
・塩・・・少々
・しょうゆ・・・小さじ1/2
・ごま・・・小さじ1
『作り方』
①だいこんの葉は軽く茹でて、水を切り細かく刻む。
②フライパンにごま油を熱し、しらす干しを炒る。
③だいこんの葉を入れて炒める。
④酒、塩、しょうゆで調味する。
⑤ごまをふって、仕上げる。
【アップルポテト】
 浜松市のさつまいもは、7月の終わりから8月の中旬にかけて収穫されます。このさつまいもは、「早掘りさつまいも」として有名です。さつまいもは食物繊維が豊富で、子供のおやつにぴったりの一品です。
『材料』(4人分)
・さつまいも・・・250g(中2~3本)
・揚げ油・・・適量
・A
 アップルソース・・・大さじ1
 りんご果汁・・・大さじ1
 砂糖・・・小さじ1
 塩・・・少々
『作り方』
①さつまいもは一口大に切り、水にさらしてアク抜きをする。
②水切りしたさつまいもを素揚げする。
③アップルソース、りんご果汁、砂糖、塩を加熱してソースを作る。
④さつまいもとソースをからめる。

「生しらす丼」、そして「じゃこ菜めし」「アップルポテト」

 デザートは、頂いた「塩大福」♪
餅乃菓撰
 こしあん
 素材の風味

本日のカウント
本日の歩数:11,336歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.4g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「新タマ」、そして「いただきます かんたんおつまみ」 | トップページ | 「玉ねぎときのこのオイル煮」「玉ねぎとソーセージのケチャップ炒め」「チキン竜田揚げと新たまねぎの甘酢だれ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生しらす丼」、そして「じゃこ菜めし」「アップルポテト」:

« 「新タマ」、そして「いただきます かんたんおつまみ」 | トップページ | 「玉ねぎときのこのオイル煮」「玉ねぎとソーセージのケチャップ炒め」「チキン竜田揚げと新たまねぎの甘酢だれ」 »