« 「土井善晴の料理は楽し」(1-2)「スペアリブの酢煮」 | トップページ | 若竹 立春朝搾り »

2016年2月 3日 (水)

「恵方巻き」、そして「節分汁」

 先週のテレビ「タモリ倶楽部」は、「タモリ電車クラブ ついに西日本進出!! 大阪環状線一周ツアー(前編)」。
http://homepage1.nifty.com/rtybido/impre/tvetc/tamokura.htm
*三島~新富士(南田のオススメ車窓)
・岳南鉄道 岳南江尾駅
・トヨタ・ロングパス・エクスプレス(トヨタ自動車の部品を運ぶ専用貨物列車)
*掛川~浜松
・天竜川
・キハ40形
・キハ48形
*三河安城~名古屋(松井玲奈のオススメ車窓)
・名古屋駅直前の様々な鉄道
 名鉄6500系
 JR東海313系
 近鉄22000系 ACE
 名鉄1200系 パノラマ super
*京都~新大阪(あいあいのオススメ車窓)
・鳥飼車両基地
 ひかりレールスター(JR西日本)
「大阪環状線」
 駅は19、40分
*森ノ宮駅
 大阪環状線 オレンジバーミリオン、阪和線スカイブルー 103系スペシャル編成
*玉造駅
 ビエラ玉造(保育園、フィットネスクラブなどが入る駅ビル)
*鶴橋
 数多くの焼き肉店が立ち並ぶことで有名
*寺田町駅
 旧駅名標

 「うなぎ屋かわすい 川口水産」より、楽天メール。「国産うなぎ蒲焼き」が美味しそうだ♪
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/c/0000000278/?scid=rm_206971

 今日は、2月3日、節分。
 節分は文字通り、季節の変わり目。節分には邪気が生じると考えられていて、豆をまいて邪気を払い、最近では恵方(2016年の恵方は南南東)を向いて恵方巻きを丸かぶりします。

 今日の仕事・・・「5 stock issues」。
「ディベート用語集」
http://www.burningmind.jp/debate/debateword.html
「The Entertainment Debate BURNIG MIND」
http://d.hatena.ne.jp/BurningMind_News/?of=5

 ふう~ん、仕事のできる方々って、気軽に有休が取れるのですね・・・。こっちは、どうコマを埋めるかあたふたしているのに・・・・・!!!!!

 仕事を定時に終え帰宅。オバチャンが20km/hでトロトロ走っているよ・・・迷惑だな。
 帰宅途中、スーパーに寄る。頼んでおいた「恵方巻き」540円を買うためだ。ついでに、「白ねぎ」54円、「丸守 豆心 きぬ豆腐」62円、それに売り出しの「豚モモ切り落とし肉」100g95円372円を買い帰宅。
 スーパーは、異様に混んでいた!!!

「恵方巻き」、そして「節分汁」

 帰宅して「恵方巻き」で一杯♪
「恵方巻き」、そして「節分汁」

4種 海鮮太巻 1本500円
(まぐろ、いか、サーモン、海老、シシャモ卵、きゅうり、玉子の7種類の具材入り)
長さ約18cm、直径約5cm
 節分の夜にその恵方に向かって目を閉じて願いごとを思い浮かべながら丸かじりすると願いが叶うと言われています。
浜名湖混ぜ海苔
 国産黒海苔と浜名湖産海苔(ヒトエグサ)を混ぜ合わせて原料とした海苔です。黒海苔の甘みと、青海苔の磯の風味が特長です。

「恵方巻き」、そして「節分汁」

 今年の恵方は、南南東!!!!!
 節分汁・・・豚汁も添えてね♪
「恵方巻き」、そして「節分汁」

 豚肉は、今日買った「豚モモ切り落とし肉」。
「恵方巻き」、そして「節分汁」

 「糸こんにゃく」も入れてみた!

「節分」
 春夏秋冬の各季節が始まる「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを言います。
「節分に恵方巻」
 恵方巻は、昔からその年の健康を祈る縁起物として食べられていました。
 「縁を切らない」という理由から、恵方(えほう)を向いて切らずに食べる風習は関西で生まれたといわれています。
「今年の恵方は南南東」
 恵方とは、その年の幸運を招く方向のこと。恵方は毎年変わり、2016年は南南東の方向になります。
「節分といわし」
 鬼は、いわしを焼くときの煙とにおいが苦手といういわれがあるため、いわしを玄関に飾ることで健康や無病を願う風習があるそうです。
「節分と蕎麦」
 風水では立春から新年という考え方があり、その前日である節分に「年越し蕎麦」を食べたといわれています。
 2月3日の節分の日に無病息災を願い、おそばを食べる由来があります。
「なた餅」
 節分の厄落としに年の数だけ使われるお餅。節分の晩に街路の四つ角、橋の袂などに落としてくるというもの。この時、他人に見られてはならない、後ろを振り返ってはならないなどと言われています。

・節分汁
 無病息災を願い、恵方巻きとご一緒にどうぞ。
・節分そば
 節分の日には、一年の無病息災を願い、そばをいただく慣わしがあります。
・節分いわし
 柊の針で鬼の目を刺し、イワシを焼く激しい煙と臭いで邪気を追い払います。

 ここで、節分のレシピを2つ紹介↑↑↑
【七福海鮮恵方巻き】(517kcal)
『材料』(2本分)
・寿司めし・・・250g
・まぐろ(刺身用さく)・・・80g
・サーモン(刺身用さく)・・・80g
・いか(刺身用)・・・60g
・甘えび(刺身用)・・・8尾
・とびこ・・・大さじ2
・きゅうり・・・1/2本
・厚焼き玉子(市販)・・・60g
・甘酢しょうが・・・20g
・のり(全形)・・・1枚
『作り方』
①まぐろ、サーモン、いか、きゅうり、厚焼き玉子は棒状に切る。甘えびは殻と尾を取る。
②甘酢しょうがはみじん切りにし、寿司めしに混ぜる。
③のりは半分に切り、巻きすにのせて②の寿司めしの半量を広げ、①、とびこの半量をのせてくるりと巻く。同様にもう1本を巻く。
【節分豆の具だくさん味噌汁】(124kcal)
『材料』(2人分)
・節分豆(炒り大豆)・・・30g
・大根、にんじん・・・各40g
・わけぎ・・・1/2本
・油揚げ・・・1/3枚
・味噌・・・大さじ1と1/2
・だし汁・・・2カップ
『作り方』
①大根、にんじんはひと口大の乱切りに、油揚げは短冊に切る。
②鍋にだし汁、①、節分豆を入れて煮立たせ、弱火にして野菜がやわらかくなるまで煮る。
③味噌を溶き入れ、ざく切りにしたわけぎを加えてサッと煮て器に盛る。

 『We:la』2016年2月号に、「意外と知らない節分のヒミツ」が載っていた。
恵方巻き 厄除けをして運気上昇!!
Q 節分の由来は?

 節分とは本来「季節を分ける」、つまり季節が移り変わる節日を指し、一年に4回(立春・立夏・立秋・立冬のぞれぞれの前日)ありました。ところが、日本では立春は一年のはじまりとしてとくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったといわれ、現在の2月3日が節分として定着したようです。
Q 豆まきの由来は?
 節分の豆まきは、中国の風習が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に通じるそうです。
 豆まきは一般的に、一家の主人がるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が、「鬼は外。福は内」と声を出しながらまき、家族は自分の数え年の数だけ(もしくはひとつ多く)豆を食べると、病気にならず健康でいられるといわれています。
 ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。なぜなら、拾い忘れた生の豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。「炒る」は「射る」にも通じ、「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。
恵方巻きの特徴は何と言ってもその食べ方!まずはルールをご説明します。
①太巻きをひとりにつき1本準備する
 福を巻き込むという意味を持つ巻き寿司は、「縁を切らないように」包丁で切らず、丸ごと1本用意します。七福神にあやかり7種類の具を入れるのが良いとされています。巻き寿司の鬼の金棒に見立て、それを退治する意味をもつという諸説もあります。
②恵方を向く
 恵方とは、その年の幸運を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角です。2016年の恵方は、南南東(正しくは南微東で、南南東やや右)です。
③願いごとをしながら、無言で最後まで食べる
 しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまでは絶対に口をきいてはいけません。目を閉じて願い事を思い浮かべながら、太巻きを無言でまるかじりしましょう。

 ここで、2016年2月2日の朝刊より、引用。
2種類を食べ比べ 紅白にかけうどん 豊橋で販売
 豊橋市内でかつて食べられていたいという「節分うどん」を復活させようと、豊橋麺類組合が、二種類のしょうゆの味を食べ比べることができセット「紅白にかけうどん」を売り出している。10日まで。
 江戸時代の年越しそばは、立春前日の節分のころに食べられていたとされる。小麦を作っていた豊橋市周辺では、収穫期とも重なり、節分にうどんがよく食べられていたと伝わる。
 にかけうどんは、カマボコ、揚げ、青菜などが載った豊橋うどんの定番。濃い口しょうゆを使った通常の「赤つゆ」のほか、三河特産の白しょうゆと使った「白つゆ」を用意してある店も多い。
 組合の戸倉一郎青年会長(43)は「つゆが二種類あると知らない人も多い。豊橋うどん文化を知ってほしい」と話す。店名は、組合ホームページで掲載している。

http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160126/CK2016012602000056.html
http://toyohashi-udon.com/

本日のカウント
本日の歩数:6,912歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(1-2)「スペアリブの酢煮」 | トップページ | 若竹 立春朝搾り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63160453

この記事へのトラックバック一覧です: 「恵方巻き」、そして「節分汁」:

« 「土井善晴の料理は楽し」(1-2)「スペアリブの酢煮」 | トップページ | 若竹 立春朝搾り »