« 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 | トップページ | 「極みガツオのやまかけ霜降りたたき」「まぐろとおくらの鉄火丼」「新たまねぎとスモークサーモンのオイルマリネ」「白身魚の和風カルパッチョ」「かつおのたたき おろしポン酢」「あじのたたき 梅みそ風味」 »

2016年2月29日 (月)

「あんこう鍋」・・・「どぶ汁」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 パンや印度式カリーの老舗、新宿中村屋の創業は、一九〇一(明治三十四)年。創業者は相馬愛蔵さんとおっしゃる。店の名を相馬屋とするのなら不思議はないが、なぜか、中村屋である
▼一つの知恵。パン屋を開きたいと考えた相馬は万朝報に広告を打つ。「パン店譲り受けたし」。応じたのが、当時、東京の本郷にあった中村屋。相馬はそのまま使った
▼理由がある。店を新たに開けば屋号も変えたくなるが、それは「素人のうぶなところ」。中村屋の屋号は地元で既に知られていた。新しい名を広めるには多大な広告費と時間がかかる。「旧屋号を踏襲し得意(顧客)を散逸せしめず」。使い続けた方が利があると考えた
▼カリーを食べてよくお考えになった方がよかろう。民主党と維新の党の合流に伴う党名の問題である。民主党の名は消えるのか、残るのか。政権運営の失敗などその名の印象は良くない。正直、最悪かもしれぬ。されど、軽々に名を変え「得意を散逸」させることも心配である
▼民主。これ以上に政治理念を明快に表現する党名はなかろう。悪いのは名ではなく中身である。名を変えイメージチェンジ。事情は分かるが、どこか猪口才(ちょこざい)で腰の定まらぬ党の体質を世間は鼻白んで見てはいまいか
▼重く、傷ついた看板だが、苦しみながら背負い続けて、高き山に挑む。そういう「辛口」を好む得意客もいる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016022902000116.html

 今朝の朝刊の「くらし歳時記」に「高菜漬け」が載っていた。
 高菜が旬を迎えておいしいころ。さっと煮て水にさらしキュッと絞ったおひたしは甘みも強くておいしいのですが、やっぱり高菜といえば漬物です。
 高菜漬けの簡単な作り方は、半日から一日、天日に干ししんなりさせたら高菜の重さの2~4%ぐらいの塩を葉に塗りつけならがら重ねていきます。
 重しをして水が上がってきたら絞り、上下をひっくり返しさらに半日から一日ほど漬けてできあがり。
 容器がなければビニール袋でも大丈夫です。今日はできた高菜漬けを絞り一枚を半分に切り着物を着せるようにおむすびに巻いてみました。
 白飯には刻んだ茎の部分を混ぜ込み、菜の花を添えて。ひな祭りの前祝いのようなおむすびになりました。

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「新潟県 村上市」
・打ち豆と大根煮
①大根、塩引き鮭のアラ(尾の部分)をカツオだし、打ち豆、酒、しょうゆで40分煮る。
※打ち豆
 水に浸した大豆を潰し、乾燥させた雪国の保存食
・鮭の炊き込みご飯
①酒につけて生臭さをとった塩引き鮭の尾の部分をオーブンで焼く(210℃で15分)。
②骨を取って食べやすい大きさにし、炊飯器にセットしたお米の売れに入れ、刻んだ昆布、刻み生姜を加えて、塩、酒、しょうゆで味を調えて炊き上げる。
③たらこ?いくら?の醤油漬けをトッピング。
・鮭のネギ味噌オーブン焼き
①骨と皮をとった生ザケに味噌とネギを加えて、細かく叩く。
②①をオーブンのトレイの上に広げ、焼く。
《味匠 㐂っ川》
・甘酒
①お湯を沸かした鍋にもち米を入れ、焦げ付かないようゆっくりかき混ぜる。(30分くらい)
②70~71度まで下げ、米麹を投入。かき混ぜる。8時間寝かせて発酵させる。
「大分県 豊後高田市」
《ラーメン専門店 一色亭》そば麺(細麺、平麺)
・ネギチャーシューめん(細麺) 1030円
・替え玉そば麺(平麺) 200円

http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/backnumber/0043/
http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/55564/462694/

 仕事をちょっと遅く終え帰宅・・・。
 仕事の手筈が悪いよ・・・それが仕事のできる方々のする仕事ですか!!!???

 帰宅途中、スーパーに寄る。
 「あんこう 鍋物用」861円のところ半額で430円、「北海道産わかさぎ」320円のところ半額の160円、それに「木綿豆腐」41円、売り出しの「かつお土佐造り」333円と314円のものを買い帰宅。
 「明治ブルガリアヨーグルト」が売り切れだよ・・・!!!

 「SAGAWA」のトラックが遅いな・・・後ろの迷惑も考えてほしいな!

アンコウ鍋

 帰宅して「あんこう鍋」で一杯♪「アンコウ鍋」って、一度食べてみたかったんだよね♪♪♪〆は雑炊♪♪♪
 付属のタレはしょうゆ味だね・・・アンコウ鍋って、味噌味じゃないのか???「どぶ汁」との関係は?
あんこう鍋
おいしさワンポイント
 あんこうを熱湯にサッとくぐらせ冷水で軽く冷やします。その後、鍋に入れてお召し上がりください。
 あんこうの独特な魚臭を取り除くとともに旨味を封じ込めることができ、さらにおいしくお召し上がりいただけます。
鍋だしつゆ
 かつおと昆布のだしを生かしたスープです。
【お召し上がり方】
 本品1袋に水800ml(約4カップ)を加え、火にかけます。沸騰したら、あんこう・白菜・しいたけ・白ねぎ・豆腐等、お好みの材料を入れて再び沸騰したら出来上がりです。
【あんこう雑炊の作り方】
 あんこう鍋を食べ終えましたら、スープを火にかけ、スープに煮立ったら、ご飯を水洗いしてからスープの中へ入れ、少量のしょうゆで味を整え、とき卵をまわし入れ、火を止めます。
販売者:株式会社 ヤマモ水産 YM
 山口県下関市彦島西山町4丁目15番33号

アンコウ鍋

 今日買った「にがり寄せ 木綿」豆腐を入れる。
350g
72kcal
有限会社 浜松吉川屋
浜松市東区笠井新田町1482番地1
TEL 0120-73-5561

アンコウ鍋

 先日買った「まるごと一株 しめじ」も入れる。
長野県産
【ぶなじめしのホイル焼き】
 ぶなしめじ、えのきたけ、バター、マヨネーズ、醤油
『作り方』
①しめじは石突をとり適当な大きさにほぐす。えのきたけは石突をとり3等分程度に切る。
②アルミホイルに①を入れ、バター、マヨネーズを適量加え包む。
③②をフライパンに入れふたをし中火で約10分焼く。
④10分たったら醤油を適量加え味を調えて出来上がり。
※生ものですのでお早めに加熱調理してお召し上がり下さい。
JA全農長野
TEL 026-236-2248

http://www.zennoh.nagano.or.jp/
JAみなみ信州
長野県飯田市名古熊2154番地-1

http://www/ja-mis.iijan.or.jp/
ぶなしめじ栽培発祥の地、長野
生産者番号 857

 ここで、「あんこう鍋」のレシピの引用♪
『材料』
・あんこう:600g
・白菜:1/4カット
・にんじん:1本
・ネギ:1本
・焼き豆腐:1丁
・春菊:100g
・エリンギ:100g
・ごはん:適量
※おじや用にご飯・うどん・卵など
<調味料>
・水:4カップ
・酒:1カップ
・醤油:大さじ5
・みりん:大サジ2
・ショウガ:10g
・昆布:1枚(10cm×20cm)
※昆布の代わりに味の素でも可。
・ポン酢:適量
・薬味(紅葉おろし、ポン酢等)
『作り方』
①下ごしらえ(1)
 切り分けたアンコウに軽く塩を振り15~20分後、流水で塩を洗い流す。湯引きのためにお湯を沸かします。
②下ごしらえ(2)
 身は10秒~20秒程湯引きし流水で冷ましザルへ上げます。ヒレ・皮・胃袋は1分程湯引きし、流水でヌメリ等を入念に洗い流します。
③下ごしらえ(3)
 野菜類を切っておきます。※火の通りにくい野菜(人参など)は3mm程度に薄く。※ショウガは適量を摩り下ろして置きます。
④叩いたキモを空炒りします。
 キモを包丁で叩き、空炒りします。※肝の空炒りにより香ばしくコクも出ます。
⑤調味料を投入。
 酒、味醂、醤油、醤油、昆布を入れ沸騰後に昆布を取り除きます。※昆布の代わりに味の素などでもOKです。
⑥具材を入れます。
 アンコウ、野菜、下ろしショウガを加えます。※アクは軽くすくいます。※素手は火傷の危険有!(苦笑)。
⑦フタをして煮込みます。
 グツグツと8~10分煮込んでいきます。
⑧完成!
人参などの堅い野菜に火が通った事を確認し頂きましょう。
⑨出来上がり。
 酒やビールと一緒に食べると最高です!体が温まりますよ。

http://sea.everyone-shopping.com/cooking_method/frogfish_hotpot.html
http://www.ibarakiguide.jp/seasons/anko.html

 ここで「ドブ汁」のレシピの引用♪
『材料』
・アンコウ(1パック:あん肝付き)
・白菜(4分の1)
・酒(3分の1カップ)
・味噌(適量)
・鍋を見続ける辛抱強さと時間
以上。具材はアンコウと白菜だけというシンプルさ! 潔い! しかし具材よりも重要なのは鍋を見守り続ける時間! 水を一滴も入れず、具材から出る水分のみで汁を作るので、蒸発しないように! 焦げないように! 気をつけなければいけませぬ。辛抱!
『調理方法』
①鍋を熱し、あん肝を乾煎り。
②あん肝が溶けたら酒と味噌を加えます。
③白菜とアンコウを入れ、焦げないように時折混ぜながら煮詰めます。
 以上! これまたシンプル! しかし最初はごくわずかな水分しかないため、焦がさないように全身全霊で鍋に集中しなければなりません。火加減ですが、水分が蒸発しないよう弱火から中火で調理がオススメです。
「完成! ハフハフしてグビグビでござる!」
 鍋を開けた瞬間に磯の香りがふわぁあ~ん。具材の水分だけで出来上がった汁はウワサ通りの濁りっぷり。あん肝が溶け出し、赤色の肝油がスープの表面にぷかぷか浮いていておる……ここをねらってレンゲですくい、ぐいっと一口! ウゥウ旨ァアア!! こってりまったりと濃厚なのに野菜と魚の味を優しく感じられるスープ! こんなの、今までにあっただろうか!! 
 アンコウの身は……ふっくら! 骨からするりと身がほどけていく。意外にも素晴らしかったのが白菜。アンコウの旨味と白菜自体の旨味が重なって濃厚鮮烈な旨味のカタマリに! 美味しすぎて箸が止まらない。白菜もっと入れればよかったと後悔するほどでした。

http://youpouch.com/2014/11/25/238867/

本日のカウント
本日の歩数:9,690歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.2g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○だけど、×

|

« 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 | トップページ | 「極みガツオのやまかけ霜降りたたき」「まぐろとおくらの鉄火丼」「新たまねぎとスモークサーモンのオイルマリネ」「白身魚の和風カルパッチョ」「かつおのたたき おろしポン酢」「あじのたたき 梅みそ風味」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63280744

この記事へのトラックバック一覧です: 「あんこう鍋」・・・「どぶ汁」:

« 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 | トップページ | 「極みガツオのやまかけ霜降りたたき」「まぐろとおくらの鉄火丼」「新たまねぎとスモークサーモンのオイルマリネ」「白身魚の和風カルパッチョ」「かつおのたたき おろしポン酢」「あじのたたき 梅みそ風味」 »