« 「ふかひれ入りスープ餃子」、そして「2月の旬「菜の花」」 | トップページ | 「とり重弁当」「今治焼豚玉子飯」、そして「志ぐれ蛤」 »

2016年2月20日 (土)

「激安 ガリバー」、そして「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「たんシチューの白味噌仕立て」「しば漬けごはん」「菜の花のからし和え」」

 今日は、JRさわやかウォーキングに参加する予定だったが、雨が降るということなので断念・・・。
http://walking.jr-central.co.jp/

 昨日のテレビ「博多華丸のもらい酒 みなと旅」は、「神奈川県 間口漁港」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/minatotabi/
<鈴木邸>
・アジの天ぷら
・シメサバ(松輪サバ、黄金サバ)
・松葉サバの天ぷら
・京の春(ふるまい酒)
・炙りシメサバ
(華丸お薦めは、一味唐辛子醤油で食べる)
・鈴木家直伝サバの味噌煮

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/911616/
<しちりん会>
・葉山牛
・三浦大根の焼酎
・ホラ貝
(茹でて醤油をつけて食べる)
<髙梨邸>
・松輪サバの刺身
・松輪サバの煮付け

http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/59455/913655/

 「タモリ倶楽部」は、「集めに集めて5409枚! きのこ切手をコンプリートした男!」。
http://homepage1.nifty.com/rtybido/impre/tvetc/tamokura.htm
*きのこ切手コレクター 石川博己さん
「日本のきのこ切手はたった1種類」
・1974年 第9回国際食用きのこ会議記念
「今夜発表!きのこ切手 御三家」
・第3位 アンズタケ(アンズタケを図案にした切手 92種類)
(アンドラ 1993年、旧グルジア 2000年、ガーナ 1993年、ホンジュラス 1995年)
・第2位 ヤマドリタケ(ヤマドリタケを図案にした切手 132種類)
(ボツワナ 1982年、フィンランド 1974年、ニジェール 1985年)
・第1位 ベニテングタケ(ベニテングタケを図案にした切手184種類)
(ラオス 1985年、マリ 1999年、ベナン 2002年、ボスニア・ヘルツェゴビナ 2010年)
「すべてはルーアニアから始まった!」
・スラブ系民族はきのこを好んで食べる
(ルーマニア 1958年、旧チェコスロバキア 1958年、ポーランド 1959年)
・アフリカ
(ジブチ 1987年、ニジェール 1985年、マリ 1985年、チャド 1985年、ザンビア 1984年、シエラレオネ 1988年、トーゴ 1986年、コモロ 1985年、ケニア 1989年、スワジランド 1994年)
・サントメ・プリンシペ発行のきのこ切手
「毒きのこ切手にはおそろしいマークが!」
(旧チェコスロバキア 1989年、ベトナム 1991年、エストニア 2012年、エリトリア 2001年)
「あのきのこ実はこんな姿だった!」
・エノキタケ
(ジャージー代官管轄区(英国王室属領) 2009年、ベトナム 1983年、台湾 1974年)
・エリンギ
(アルジェリア 1983年、タジキスタン 1999年)
「石川さんがどうしても見せたい世界のきのこ切手コレクション Part1」
「ジンガタケの謎が解明」
(ガイアナ 1990年)
「こんなところにきのこが!アクセサリー切手」
(旧東ドイツ 1972年、モーリタニア 1979年、日本 2015年18円)
「ついにきのこ切手を自作
・フレーム切手
(2006年に開始されたオリジナル切手作成サービス)
「一番気に入っているもの」
・キヌガサタケ(サモア 1985年浜松市中区高丘東1-2-7

「激安 ガリバー」、そして「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「たんシチューの白味噌仕立て」「しば漬けごはん」「菜の花のからし和え」」

 「激安 ガリバー」に買い物に出掛ける。売り出しの「サッポロ黒ラベル」24缶4,216円、「サッポロ ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」226円、それに「さば水煮」「さば味付」各105円を買う。
 「サッポロ ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」は、「サッポロヱビス」と世界的なフレンチの巨匠「ジョエル・ロブション」が手を組み完成したビール
浜松市中区高丘東1-2-7
TEL 053-438-4433
営:AM9:00~PM8:00

http://yaho.hamazo.tv/e4194111.html

 夕方は、まずは、年末に漬けた「クコ酒」で、食前酒♪
 そして、豚汁で一杯♪
「激安 ガリバー」、そして「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「たんシチューの白味噌仕立て」「しば漬けごはん」「菜の花のからし和え」」

 さらに「個食美学 揚げ塩ピーナッツ」♪
Nice Smile
 カリッと、はじけるおいしさ!
Support ypur Life
 暮らし応援宣言!
理由(わけ)あって、人気です。
 落花生をフライして塩味を付けました。皮ごとおいしく召し上がっていただけます。
1袋(88g)当たり548kcal
株式会社 泉屋製菓総本舗
愛知県あま市七宝町遠島十坪90番地
TEL 0120-123857

 ここで、『ふれ愛交差点』2016年2月号の「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食」の引用。
基本を知れば、いつもの料理がワンランクアップ。格別の味わいに変わります。後藤先生の手ほどきで家庭料理をもっとおいしく!
 暦の上では立春を迎える2月ですが、まだまだ寒い日が続きます。そんな寒い日のおもてなしは、しっかりと温めてくれる「たんシチュー」がおすすめ。ボリュームがありながら、白味噌仕立てのやさしい味わいは、どなたにも喜ばれます。菜の花のからし和え、しば漬けごはんの、さっぱりとバランスのとれた献立をご紹介します。

http://kazuko-sansyo.com/
【たんシチューの白味噌仕立て】(399kcal)
『材料』(6人分)
・牛たん(皮をむいたもの)・・・1/2本
 ※1本の半分を使い、半分は冷凍保存しましょう
・かぶ・・・6個
・小たまねぎ・・・6個
・金時にんじん・・・1本
・えびいも(または里芋)・・・300g
・しいたけ・・・6枚
・よもぎ麩・・・1本
・A
 酒・・・1カップ
 昆布(12×12cm)・・・1枚
 香味野菜(長ねぎなど)・・・適量
・白味噌・・・150g
・薄口しょうゆ・・・小さじ1/2
『作り方』
①鍋にたっぷりの湯を沸かし、牛たんを入れて表面が白くなったら取り出す。鍋を洗って牛たんを戻し、かぶるくらいの水(材料外)とAを加えて、火にかける。沸騰直前に昆布を取り出し、弱火で2~3時間煮る。アクは取り、そのまま冷やして、脂と香味野菜を除き、煮汁をこす。牛たんは縦半分に切り、半分は冷凍保存し、残りの牛たんは大きめのひと口大に切る。
②かぶは皮をむいて4つ割りにする。小たまねぎは皮をむく。金時にんじんは皮をむき、1.5cmの輪切りにする。えびいもは皮を厚めにむき、縦1/6(半分に切って1/3に)に切る。
③大きめの鍋に①の煮汁を入れ、水を加えて1.2Lにする。牛たん、かぶ、小たまねぎ、金時にんじんを煮る。最初は強火で沸騰したら中火にし、野菜がやわらかくなったらえびいもを加え、白味噌の半量を入れて約10分煮る。
④しいたけは石づきを取り、食べやすい大きさに切って③に加え、残りの白味噌、味をみて薄口しょうゆを加える。よもぎ麩は7mmの厚さに切る。野菜がしんなりしたらよもぎ麩を加え、器に盛る。
※お好みで生クリームをかける。
POINT
 よもぎ麩がなければ、スナップエンドウのような緑の野菜を加えてもけっこうです。彩りよく仕上げましょう。
【しば漬けごはん】(278kcal)
彩りもよく、さっぱり味が魅力
『材料』(4人分)
・米・・・2合
・しば漬け・・・150g
『作り方』
①米はといでざるに上げ、約30分おく。炊飯器に入れて、2合の水加減で普通に炊く。
②しば漬けは細かく切る。
③ごはんが炊けたら②を加え、よく混ぜる。
POINT
 しば漬けは軽く汁をきってから使いましょう。
【菜の花のからし和え】(37kcal)
春の和え物の定番
『材料』(4人分)
・菜の花・・・1と1/2束
・A
 和がらし・・・小さじ1と1/2
 薄口しょうゆ・・・大さじ1
 砂糖・・・小さじ1弱
 だし汁・・・3/4カップ
『作り方』
①菜の花は調理をする30分ほど前に少し根元を切り、ボールに水を入れて菜の花を立てるようにして水を吸わせて元気にする。
②鍋に湯を沸かし、塩(材料外)を加えて①を入れ、再び沸騰したら約1分ゆでてざるに取る。うちわであおいで冷ます。
③水けをしぼり、3cmの長さに切る。
④食べる直前にボウルにAを入れて混ぜ合わせ、③を加えて15~20分おく。
POINT
 菜の花をゆでる時に塩を入れるのは菜の花の変色と、栄養成分が水に流れ出るのを防ぐためです。菜の花は根元を切って水を吸わせると、瑞々しく元気になります。

本日のカウント
本日の歩数:1,899歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.7g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「ふかひれ入りスープ餃子」、そして「2月の旬「菜の花」」 | トップページ | 「とり重弁当」「今治焼豚玉子飯」、そして「志ぐれ蛤」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63238744

この記事へのトラックバック一覧です: 「激安 ガリバー」、そして「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「たんシチューの白味噌仕立て」「しば漬けごはん」「菜の花のからし和え」」:

« 「ふかひれ入りスープ餃子」、そして「2月の旬「菜の花」」 | トップページ | 「とり重弁当」「今治焼豚玉子飯」、そして「志ぐれ蛤」 »