« <食卓ものがたり> キャンディキャベツ(静岡県西部) | トップページ | 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 »

2016年2月27日 (土)

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「子持ち甘えび」が美味しそうだ♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/amaebi-dai500g-1/?scid=rm_193917

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 十歳の少女インナさんは、好奇心旺盛なおてんば娘だった。だから、戦争が始まった時も、爆弾が落ちるというのはどんなだろうかと、頭から被(かぶ)ったオーバーのボタンの穴から見ていた。初めて死人を目にするまでは…
▼七十五年前の六月、ドイツがソ連に侵攻した時に十歳だったワーシャさんは、こう振り返る。「初めて爆弾が落ちるのを見たとき僕はもう僕ではなくて、別の人になってしまった。少なくとも、僕の中で『子供』は消えてしまった」
▼昨年、ノーベル文学賞を贈られたベラルーシの作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチさんの『ボタン穴から見た戦争』(岩波書店)は、子供時代に第二次世界大戦を経験した百一人の証言集だ
▼それが過去完了形の物語だったらどんなにいいか、と思う。始まって五年になるシリア内戦では、一万を超す子どもの命が消えたという。学校や病院までもが空爆の的とされているというのだ
▼現地の様子を伝えるユニセフの報告に、タガリードちゃんという五歳の女の子が登場する。一家の住む家に砲弾が直撃して、大好きなパパは死んだ。パパが最後に買ってくれたのは、胸に白い猫の絵がある、かわいらしいピンクのパジャマ。彼女は、それを脱ごうとしないそうだ
▼停戦が実現し、和平への道が開かれなければ、タガリードちゃんたちの中の「子供」も消えてしまうだろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016022702000123.html

 久しぶりに「JRさわやかウォーキング」に参加。
http://walking.jr-central.co.jp/

 8:13に掛川駅に到着。トイカに2,000円チャージ。
 駅のラックからマップをもらって、ウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「地球一周の船旅」99万円というポスターが貼ってあった・・・気になるな・・・行ってみたいな・・・。「ピースボート ステーション」というところがやっているのですか?
TEL 0120ー95-3740
http://www.pbcruise.jp/cruiseList/95th/
http://www.pbcruise.jp/setsumeikai/

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「永江院(ようこういん)」到着。いつ来てもここは、戸が閉まっているとおもっていたら、自分で開けては入れるんだね・・・初めてお参りしました!!!
 延徳元年(1489)以翼長佑禅師に依って開創されました。文禄2年(1593)の棟札に記されている内容によると総門と龍の彫刻は掛川城主、山内一豊が寄進されたそうです。また、「龍」にまつわる逸話として、当時この龍が門前の池に水を呑みに出るので近所の人々は恐れて周囲に金網を張り、出られないようにしたと言われています。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 もう桜が咲いているのですね!

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「龍尾神社」到着。
 鎌倉時代の和歌にも詠われている古社であり、掛川城の北東(鬼門)に位置するため、その守護神として、山内一豊を初めとする歴代城主から崇敬を受けました。また、隣接の花庭園(有料)に咲き誇る約300本の「しだれ梅」が有名で毎年全国から多くの参拝客が訪れます。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「葛川一里塚・馬喰橋(ばくろうばし)」到着。橋のたもとの和菓子屋のおいしい匂いがたまらなかったね!!!
JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 江戸日本橋から58里目の一里塚です。横に流れる逆川に架かる馬喰橋は、かつて長さ23間(約41.8m)の土橋だったようです。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「仁藤町大獅子保存小屋」到着。10時前だったので、見られなかった↓
 日本一の大きさを誇る「仁藤の大獅子」が保存されています。耳の長さ1.2m、目玉の大きさ60cm、総重量300kgの大獅子です。3年に一度の掛川祭り大祭に登場します。次回大祭は平成30年です。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「ゲイスベルト・ヘンミィ墓」到着。
 戦国時代、長崎出島のオランダ商館長だったヘンミィは寛政10年(1798)6月、11代将軍徳川家斉に謁見後、長崎への帰り途中、掛川にて没。この地に葬られました。※隣の天然寺には立ち入らないようご協力をお願い致します。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「大手門」到着。
 大手門は、掛川城の表玄関にふさわしい桜門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦葺き入母屋づくりになっています。白壁で板ひさしが配され、棟上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。江戸時代末期に建てられた大手門番所は、城内に出入りする物を監視する役人の詰め所でした。城内に出入りする者は全てここで調べられました。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「掛川城」到着。
 室町時代、駿河の守護大名今川氏が遠江進出を狙い、家臣の朝比奈氏に命じて築城。戦国時代には、山内一豊が城主として10年間在城し大規模な城郭修築を行うとともに城下町の整備や大井川の治水工事などに力を注ぎました。現在の掛川城は、平成6年(1994)に、日本初の「本格木造天守閣」として復元されました。

 今回、何人かの人に話しかけられた。こんなに話しかけられたのは初めてだな。何故なんだろう??

 そして、ゴール。約7.5kmのコースでした。
 電車に乗り、帰路に就く。
トイカの残額:1,190円

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「遠鉄百貨店」に寄り、「EASY MADE SUIT 春・夏もの 紳士・婦人イージーメード特別販売」で、限定の29,160円のスーツを頼む。
 体の寸法を測ってもらったら、前回よりもだいぶ違っているようだ。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「ソラモ」で「マルシェ・ド・ソラモ」をやっていた。
JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 「長ねぎ」40円は安いよね・・・買ってしまった!!!

 帰宅して、スーパーに行く。「天津閣ふかひれ入りスープ餃子」311円、それに「一株ぶなしめじ」105円を買い帰宅。

JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」

 夕方は、「天津閣ふかひれ入りスープ餃子」で一杯♪これが美味しいんですよ♪
Nipponham
 濃縮しょう油スープ・四川風つけだれ付
白菜があればすぐにできる!
1パック608kcal
日本ハム株式会社 桑名プラント
三重県桑名郡木曽岬町大字三崎601-1
TEL 0120-029588

本日のカウント
本日の歩数:21,517歩
(本日のしっかり歩数:12,031歩)
本日:54.2g
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:14個
(土)○だけど、×

|

« <食卓ものがたり> キャンディキャベツ(静岡県西部) | トップページ | 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「早春の掛川を巡る歴史散策」:

« <食卓ものがたり> キャンディキャベツ(静岡県西部) | トップページ | 「せいだのたまじ(新じゃがの味噌からめ)」、そして「スモークベーコン」 »