« 「豚キムチ鍋焼きうどん」「あさりのキムチチゲ」「あさりとキムチの冷たいスープ仕立て」「豚玉キムチ丼」「いわしのキムチ煮」 | トップページ | 「ハムカツ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(12-3)「豆腐とひき肉の煮物」 »

2016年1月26日 (火)

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛とはまぐりの雪間鍋」「トマトのオーブン焼き」「黒豆と干し柿のゼリー寄せ」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ローマ神話のヤヌス(Janus)は、門の守護神。前後二つの顔を持ち、物事の終わりと始まりを司(つかさど)る。だから、一月はヤヌスに捧げられた月。英語のジャニュアリー(January)は、この神の名にちなむ
▼終わりがあってこそ、始まりがある。なのに、わが家では葉が枯れて冬を越すはずの宿根アサガオがまだ頑張っている。えび茶色の冬芽を防寒具にして春を待つはずのアジサイをよく見れば、緑の芽をのぞかせたあわて者がいる
▼らしからぬ「ヤヌスの月」に草木も戸惑い、このまま妙な歩調で春に向かうのかと案じていたら、大寒波。各地にどっかり雪を降らせ、ヒカンザクラが咲き始めたばかりの奄美大島でも百十五年ぶりに雪が観測されたというから、列島が一気に白く塗り上げられたようだ
▼ベルギーの作家マリ・ゲヴェルスさんの『フランドルの四季暦』に、雪の夜を描いた一節がある。<眠りについた田園に、間断なく雪が降り続け、横方向の動きが完全に消えた世界では、天と地が言葉を交わしています>
▼そんな静寂に包まれた夜、作家は枯れた野の草花の再生に思いをはせる。<ノボロギクの死から、新たな誕生までの隔たりは、決して大きくないのです。老人の死と子供の誕生が大きく隔たってはいないのと同じように>
▼寒さや雪こそ、草木の終わりと始まりを司る「ヤヌス」。一月が一月らしくなって、春が待ち遠しくなる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016012602000114.html

 そう言えば、年賀はがきの当選番号が発表されていたね♪
http://yubin-nenga.jp/otoshidama/

 「焼豚煮豚・小豆島 お肉の山下屋」より、楽天メール。「くるくる煮豚」の案内♪お中元やお歳暮にいいかも!
http://item.rakuten.co.jp/yamashitaya/0682-1-2/?scid=rm_201838
 「womo」より、メール。「プレミアムグルメ×合コン」の案内♪
http://womo.jp/column/detail/8086/?ref=mailmagazine
 「クラブツーリズム」より、メール。「ウォーキング・ハイキング・登山の旅」の案内♪
http://www.club-t.com/theme/sports/aruku/tokai3.htm?waad=4voau1TM
 「サッポロビール」より、メール、「本日発売!「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」」♪
 フレンチの巨匠、ジョエル・ロブション氏とヱビスが手を組んだビールが新シリーズとして登場。第1弾の「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」を本日より数量限定で販売します。フランス・シャンパーニュ地方産の麦芽、厳選された3種のホップを使用し、華やかな薫りとヱビスらしい上質なコクを表現し、清々しい味わいに仕上げています。食前酒として、乾杯用として、ぜひ味わってください。
http://d.sapporobeer.jp/c/ab4Aaluih8qjnCab

 昨日のテレビ「おとな旅 あるき旅」は、「播州赤穂」だった。
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/
《かましま水産》
・坂越(さこし)の生ガキ
《くいどうらく》カキ小屋
・焼きガキ 10個 1,950円
①平らな面(ふた)を下にし、約2分焼く。
②ひっくり返して4~5分焼く。
③透明感がなくなり、貝柱が白くなればOK。
・カキグラタン 975円
・カキに合うわいん
《奥藤酒造》坂越大道(さこしだいどう)
・大吟醸 忠臣蔵 720ml 3,154円
・忠臣蔵純米 生酛 720ml 1,264円
(生酛)
 山卸と呼ばれる米を擦りつぶす工程を加えた製造法。昔ながらの製法で本来のコクのある日本酒が楽しめる。
・よっちゃん 甘酢 大物くん
<赤穂城跡>
<赤穂情報物産館>
・赤穂忠義漬 600円
・志ば万 塩味まんじゅう 982円
・牡蠣醤 150ml 955円
《あこうぱん》
・幸福パン 70円
・るパン 105円
・春巻きの皮で包んだ焼カレーパン 155円
・ビー玉 あんぱん 80円
・あとひくちだけ 80円
・7代目アコウバーガー 330円
《潮彩きらら 祥吉》
*露天風呂付客室1名(1泊2食付)29,310円~
・アンディッシュ・シャルドネ(白ワイン) 3,672円
・牡蠣会席
(牡蠣フライ、牡蠣佃煮、飯蒸餡、焼き牡蠣、牡蠣釜飯、牡蠣の塩釜焼きバター味、朝来(あさご)産岩津ネギと牡蠣すき焼き)
①オリーブオイルで牡蠣を野菜(タマネギ、長ネギ)と炒めた後に、割り下を入れる。
②豆腐、麩、水菜?を入れる。
③温泉卵を絡めて食べる。
☆カキのすき焼き丼
「日本伝統文化スタイル」

http://j-tradition.com/sake/shurui/yamahai.html

 今日の仕事・・・。
 仕事のできる方々が、デマを飛ばさないでよ!・・・仕事のできる方々が、デマに流されないでよ・・・!!!

 「訴訟保険」の継続の申し込み・・・。こんな時代になったんだね・・・生きにくい世の中になったよね・・・!

 今日の昼食は、「あつめ汁」。
 さまざまな食材を集め煮込んだ汁もの。徳川家康が好んだ八丁味噌味。

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 途中、スーパーに寄り、売り出しの「カゴメソース 中濃」300ml100円を買い帰宅。

 帰宅して、「マルシンハンバーグ 焼うどん」で一杯♪

食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛とはまぐりの雪間鍋」「トマトのオーブン焼き」「黒豆と干し柿のゼリー寄せ」

 デザートは、頂いた「アンリ・シャルパンエイエ マドレーヌ」↑↑↑
(株)シュゼット SHH
兵庫県芦屋市公光町7-10-101
TEL 0120-917-215

 ここで、『ふれ愛交差点』2016年1月号の「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食」よりの引用。
基本を知れば、いつもの料理がワンランクアップ。格別の味わいに変わります。後藤先生の手ほどきで家庭料理をもっとおいしく!
 ごちそう続きだったお正月の後には、大根おろしをたっぷり使った「鯛とはまぐりの雪間鍋」はいかがでしょう。
 そして、お正月食材の残りもアレンジすれば、前菜やデザートなど新しいメニューに生まれ変わります。
【鯛とはまぐりの雪間鍋】(309kcal)
大根おろしを雪に見立てて
『材料』(2人分)
・鯛(切身)・・・3切れ
・はまぐり・・・6個
・大根・・・1/2本
・せり・・・1/2束
・A
 昆布(15×15cm)・・・1枚
 水・・・3カップ
・B
 酒・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ1弱
 薄口しょうゆ・・・大さじ1弱
<ゆずしょうゆ>
・C
 ゆずの果汁・・・大さじ2と1/2
 しょうゆ・・・大さじ2
『作り方』
①土鍋にAを入れて、4~5時間おく。
②鯛は食べやすい大きさに切る。はまぐりは砂出しをして、殻をよくこすって洗う。
③大根は皮をむき、鬼おろしでおろし、ざるに上げてほどよく水をきる。せりは5cmの長さに切る。
④①にはまぐりを入れて火にかけ、弱火で10分くらいかけてゆっくり加熱する。途中でアクを取り、はまぐりの口が開いたら昆布とともに取り出し、そのまま沸騰させる。
⑤④にBを加え、鯛を入れる。鯛に火が通ったらはまぐりを戻し、大根おろし、せりを加え、再び沸騰させる。
⑥Cを合わせる。⑤を小鉢に取り、ゆずしょうゆでいただく。
POINT
 はまぐりは弱火でじっくりと加熱すると、よりうまみが出ます。鯛はサッと火を通すぐらいがおいしいです。大根は「鬼おろし」で粗めにおろして、しっかり味わいましょう。

【トマトのオーブン焼き】(90kcal)
いくらをのせておしゃれな前菜に
『材料』(2人分)
・トマト・・・適量(中3個、小2個)
・いくら(しょうゆ漬け)・・・適量
・ゆずの皮・・・適量
・ブロッコリースプラウト・・・適量
『作り方』
①トマトはヘタを取り、とがっている方を1/3ほど切り落とす。あらかじめ温めたオーブンに入れ、220℃で約15分焼く。フルーツトマトの場合は、10分弱焼く。
②①のトマトの上に、いくらをのせる。
③ゆずの皮をおろし金でおろして、全体にふりかける。
④ブロッコリースプラウトは洗い、葉の部分を彩りに添える。
POINT
 トマトは焼くとさらに甘みが増します。お正月に余ったいくらをのせれば、おしゃれな前菜になります。

【黒豆と干し柿のゼリー寄せ】(132kcal)
お正月食材が素敵なデザートに変身
『材料』(4人分)
・黒豆(甘煮)・・・80g
・干し柿・・・60g
<ゼリー>
・A
 粉ゼラチン・・・5g
 グラニュー糖・・・40g
 オレンジリキュール・・・大さじ1/2
 水・・・250ml
『作り方』
①まず、ゼリーを作る。小鍋にAの水200mlとグラニュー糖を入れ、火にかける。グラニュー糖が溶ければよい。
②耐熱ボウルに水50mlと粉ゼラチンを加え、よく混ぜる。電子レンジで(500Wなら約40秒、600Wなら約30秒)加熱して溶かす。
③①に②を加えてよく混ぜ、あら熱がとれたらオレンジリキュールを加えて混ぜ、バットに入れて冷し固める。固まったら、フォークの背で崩す。
④干し柿は食べやすい大きさに切る。黒豆と合わせておく。
⑤器に③を入れ、その上に④をのせる。
POINT
 ゼリーにしっかり甘みをつけると、それぞれの甘さが合わさり、おいしいデザートになります。

本日のカウント
本日の歩数:9,525歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「豚キムチ鍋焼きうどん」「あさりのキムチチゲ」「あさりとキムチの冷たいスープ仕立て」「豚玉キムチ丼」「いわしのキムチ煮」 | トップページ | 「ハムカツ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(12-3)「豆腐とひき肉の煮物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食「鯛とはまぐりの雪間鍋」「トマトのオーブン焼き」「黒豆と干し柿のゼリー寄せ」:

« 「豚キムチ鍋焼きうどん」「あさりのキムチチゲ」「あさりとキムチの冷たいスープ仕立て」「豚玉キムチ丼」「いわしのキムチ煮」 | トップページ | 「ハムカツ」、そして「土井善晴の料理は楽し」(12-3)「豆腐とひき肉の煮物」 »