« 「ひきずり」、そして「不眠 疲れ 肩こり 腰痛 倦怠感・・・あなたの、どの不調 もしかしたら”冷え”が原因?」 | トップページ | 「一番搾り 横浜づくり」「キリン 47都道府県の一番搾り」、そして「信州 こがね造り 味噌」 »

2016年1月13日 (水)

オシャレに楽しく おうちワイン

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 三歳の子が、お母さんにこう尋ねたとする。「隣の○○ちゃんを殺しに行っていい?」。母親は何と答えるか。「いいよ」と言い切れる人は、いるのだろうか
▼昨年夏に逝った思想家の鶴見俊輔さんは、そんな母子の対話を、憲法九条を考える時の「根」にしていたという。いや、国際政治や安全保障は、そんな単純な論理で割り切れるものではないという人もいるだろう
▼戦中、鶴見さんは「殺せ」と命じられたら、自ら命を絶とうと思い詰めていた。だから「人を殺さないですむような社会に生きられれば」というのが、戦後の出発点だった
▼そんな「思想の根」ともいえる体験を持つからだろう。九条をめぐる改憲論議を、「母子の論理」で考えようと語った。三歳の子にも分かるように、はっきり説明できるか。それを見定めることが大切だと
▼安倍首相は夏の参院選で改憲を争点にする構えだ。改憲に向けて「改憲に前向きな、未来への責任感の強い人たち」との連携を目指すと語っている。では、どういう改憲を目指すのかとなると、曖昧になる。「どの条項をどのように改正するかは、国会や国民的な議論と理解の深まりの中でおのずと決まる」と、わざと焦点をぼかしたような弁になる
▼「未来への責任感が強い」と自負するのであれば、まず未来を担う世代に分かりやすい議論をすることが、責任の第一歩だろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2016011302000105.html

 「womo」より、メール。
「オスピターレ バイ ブルックリン」
 『こだわり冬野菜×海鮮の絶妙コラボ 激ウマ「ブイヤベース鍋」が新登場!』
 具材には健康をサポートしてくれる旬野菜や魚介、美容効果バッチリの大豆を使用。素材の味が凝縮された鍋は、内側からの美を引出し身体も温まる女性の味方!
〒430-0929 浜松市中区中央1-4-15
TEL 0120-00-7488

http://www.ospitare-brooklyn.co.jp/
http://ospitare.hamazo.tv/
http://hamamatsu.womo.jp/gourmet/shop/index/ID/121

オシャレに楽しく おうちワイン

 今朝のモーニングコーヒーは「NESCAFE GOLD BLEND」。
レギュラーソリュブル コーヒー
 ”淹れたての香りと味わい”ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー
 微粉砕したコーヒー豆の粒を包み込むネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」が、コーヒー豆を酸化の原因となる空気に触れにくくし、いつでも1杯ずつ淹れたての上品な香りとマイルドな味わいをお届け。
製造者:ネスレ日本株式会社
神戸市中央区御幸通7-1-15
TEL 0120-00-5916

http://nestle.jp/

 仕事を若干遅く終え帰宅・・・一旦停止からなかなか出られない・・・!
 帰宅して先日おつとめ品で買った「エリンギ」の天ぷらで一杯♪エリンギの天ぷらって美味しいジャン♪はまっちゃうよね↑↑↑
オシャレに楽しく おうちワイン

HOKUTO エリンギ
長野県産 100g
 歯ごたえコリコリ きのこで菌活

http://kinokolabo.jp/
 ホクトはきのこの販売を通し、がん征圧活動を応援しています。
PソラD
ホクト株式会社
長野市南堀138-1
TEL 026-254-5333

 ちょっとout of dateになっちゃったけど、ここでえ、『ここ住も!』2015年12月号Vol.  49より、「オシャレに楽しく おうちワイン」の引用♪
 赤、白、ロゼ、スパークリングワイン・・・ぶどうの品種や産地によってさまざまな味わいを楽しめるワイン。手ごろなワインをよりおいしく飲むための最小限の知識をもって1人飲みもよし、ホームパーティーもよし、おうちで楽しんでみませんか?
「ワインについて教えてもらいました」
 ワインセラーが店の半分を占め、手軽な値段のワインから愛好家が好む高級ワインまで、個性を大切にセレクトした約2000種のワインが揃う。シャンパンの品ぞろえが豊富。ワインアドバイザーの店長が最適な一本を選んでくれます。
《ワインブティックパニエ 佐鳴台店》
浜松市中区佐鳴台4-38-28
TEL 053-543-7711
営 11:00~21:00
休 月

http://www.eb-panier.com/

「知って楽しい、ワインの基本」
 ワインブームやワインバブルというような時代を過ぎ、ワインは特別なお酒ではなく、他のアルコール、ビール・日本酒・焼酎と同じように親しまれるようになりました。レストランもフレンチ、イタリアンだけでなく、最近では和食の店にも置かれ、客の好みに対応しています。では、他のアルコールとは違い、ワインの特性とはどんなところにあるのでしょうか?まずひとつは自然食品であるということ。ワインはg原料のぶどうそのものに糖分が含まれ、直接発酵させて作るため、同じ醸造酒に比べ、よりナチュラルであるといえます。また、世界中で作られていて種類が多く、産地・品種・作り手の思いによりバリエーション豊かな味わいが楽しめるのも特徴のひとつです。一部の人の嗜好品だったものが、家庭でも幅広く飲まれるようになり、どんなものを選んだらいいのか迷っている人もいるはず。今回は、おうちで楽しむためのミニ知識やワインに合う簡単なおつまみなどをご紹介します。
・ワインの種類
 ワイン造りは、収穫したぶどうの果汁を絞り、果皮、種子とともにタンクに入れて発酵させます。白ワインは発酵前に果皮や種子を取り除きます。赤ワインには動脈硬化やガン予防になるといわれているポリフェノール効果、白ワインは腸内殺菌効果が期待されています。
・グラスの形
 赤ワインは大ぶり、白ワインは小ぶりのグラスがいいのですが、家での日常飲みであればこだわらなくてもいいでしょう。その中間はどのグラスがあれば、赤・白・ロゼ全般に使えます。スパークリングワインは泡を楽しむものなので、細長いシャンパングラスを用意しておけば完璧です。
・自宅での保存方法
 白ワインはすっきり飲みたいときは冷たく冷やし、まろやかに飲みたいときは冷やしすぎないのがポイント。赤ワインは室温で飲むと言われていますが、適温が15~18℃のため、日本の夏は冷蔵庫で少し冷やすとおいしく飲めます。冷やしすぎると渋みが出るので気をつけて。熟成タイプのワインでなければ、購入したら冷蔵庫の野菜室で冷やし、すぐに飲んでしまうのが一番です。
「ワインの選び方」
 ワイン用のぶどう品種はたくさんありますが、世界中で栽培されているものあれば、地域独特のものもあります。同じ品種でも産地(土壌)が違うと味わいも変わります。代表的な品種の味わいを知っておくと好みのワインを選びやすくなるので、ちょっとだけ覚えておくと楽しみが増えます。気に入ったワインはラベルを写真に撮っておくだけでも次回のワイン選びの良い参考になるでしょう。
・赤ワイン用代表品種
 〔カルベネ・ソーヴィニヨン〕色が濃く、重厚で酸味と渋みのバランスがいい。
・白ワイン用代表品種
 〔ソーヴィニヨン・ブラン〕爽やかな酸味、フルーティーな味わいが特徴。

「ワインとおつまみで 気分は自宅ワインバル!」クリスマスのホームパーティにもおすすめ!
 おいしいものを食べることが何より好き!という人にワインはとってもおすすめ。普段の食事に合わせて楽しむのもステキですが、簡単なおつまみを用意してお友だちを呼んでパーティーを開けばいろいろな種類のワインを楽しむことができますよ。
・ワインのスマートな開け方・注ぎ方
 さぁ、いよいよお友だちを招いてワインパーティー!
 こんな時、ホストがワインを注ぎますが、ご夫婦同士の集まりならぜひご主人に任せましょう。合コンでも同じ。男性がリードする方がスマートです。
 最近はスクリューキャップが主流ですが、コルク栓の場合はワインオープナーを使用します。スクリューを垂直に刺して真っ直ぐ静かに上げるのがポイント。スパークリングワインはコルクのまわりのワイヤーを緩め、コルクを押さえながらボトルの底をゆっくり回し、ガス圧を利用して引き抜いていきます。
 注ぐときはグラスのほんの少し上からゆっくり音をたてないように注ぎます。量はグラスの半分を目安に。そして雫がたれないように静かにボトルの口元を上げます。心配な方は液だれ防止のラップワインサーバーなどグッズを活用しましょう。
・ワインと料理のおいしい関係
 パーティーに用意するワインは、ゲストの好みや酒豪具合にもよりますが、スパークリングワイン→白ワイン→赤ワインの順で3種類あればほぼ完璧。
 主役はワインに起きつつ、やはり、料理やおつまみも重要なポイントです。かつては「肉料理には赤、魚料理には白」と言われていましたが、食材の色と合わせると間違いがないようです。赤身の魚、豚・鶏肉には白、脂肪の多い肉には濃い赤、のような具合に。調理法でいうと、さっぱりした味付けには軽いワイン、濃厚なソースを使ったようなものには重いワインが合うとしています。
 和食とワインは合わないという概念もなくなりました。最近の和食はバラエティに富んでいるため、ワインと合わせるスタイルも人気。また、パーティーだからと気負わず、いつもの家庭料理を大皿で出したり、お惣菜に旬の果物を添えたりするだけで、それらしく見えるものです。品数は欲しい時は、チーズ、ドライフルーツ、ナッツを用意しておくといいでしょう。
【柿とイチジクの生ハム巻き】
果物の甘味と生ハムの塩味がぴったりマッチ!
①柿は8等分、イチジクは6等分に切ります。
②半分に切った生ハムを1つずつ巻き、イタリアンパセリ、黒オリーブ、ミントなどを飾れば完成です。
〈相性のいいワイン〉白・スパークリング
【レンコンのアンチョビ炒め】
パスタにしてもgood!
①レンコンは半分に輪切りに、もう半分は角切りにして水にさらします。
②フライパンにオリーブオイルをしき、刻みニンニクを入れて香りが立ったらレンコンを入れ炒めます。
③②にアンチョビペースト、鷹の爪(適宜)を加え馴染ませるように炒めたら完成です。
〈相性のいいワイン〉白・軽めの赤
【自家製サングリア】
フルーツを漬けるだけで安ワインも大変身!
 フルーツは好みの大きさにカットし、デキャンタなどに入れます。砂糖を溶かした赤ワインを加え、冷蔵庫で1時間ほど冷やしたら飲み頃です(味や香りをしっかり移すなら1日置くのがベター)。お酒が弱い方は炭酸やオレンジジュースと割って召し上がれ!白ワインで作るサングリア・ブランカもお試しあれ。
『材料』(4~5人分)
・赤ワイン・・・720ml
・グラニュー糖・・・大さじ2
・リンゴ、オレンジ、レモン、バナナ・・・各1個
「飲み残したワインは?」
 ボトルにワインが残ったら栓をして冷蔵庫に入れるだけでOK。1週間くらいであれば十分楽しめます。保存用ストッパーや空気抜きのワインポンプなどがあれば便利です。もしも、味が落ちたと感じたら料理に使いましょう。煮詰めて赤ワインソースにしたり、白ワインならアサリの酒蒸しもグッド。料理に使用したワインを飲みながら一緒にいただくという合わせ方もおすすめです。赤ワインの香りが抜けてしまったらホットワインも美味!

本日のカウント
本日の歩数11,017歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「ひきずり」、そして「不眠 疲れ 肩こり 腰痛 倦怠感・・・あなたの、どの不調 もしかしたら”冷え”が原因?」 | トップページ | 「一番搾り 横浜づくり」「キリン 47都道府県の一番搾り」、そして「信州 こがね造り 味噌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/63061439

この記事へのトラックバック一覧です: オシャレに楽しく おうちワイン:

« 「ひきずり」、そして「不眠 疲れ 肩こり 腰痛 倦怠感・・・あなたの、どの不調 もしかしたら”冷え”が原因?」 | トップページ | 「一番搾り 横浜づくり」「キリン 47都道府県の一番搾り」、そして「信州 こがね造り 味噌」 »