« 少し肌寒くなるこの時期 体を温める食事を心がけましょう! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」 »

2015年12月 3日 (木)

「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <昨日咲いた花と/おんなじだけ生きて/命ちいさく/のびをするなり>。俵万智さんの歌集『生まれてバンザイ』に、そんな歌がある
▼生まれたばかりのわが子の命へのいとしさが、生きとし生けるものへの思いにつながる。この人も、そういう思いに突き動かされたのか。フェイスブック(FB)の創業者である米国の富豪ザッカーバーグ氏が、誕生したばかりの娘さんに宛てた手紙を公表した
▼「君の世代が人間の可能性を広げ、より平等であるように」「君とすべての子どもたちのために、よりよき世界を残す大きな責任を感じる」。彼は手紙にそうしたため、自分が持つFB株の99%を寄付していくと宣言したのだが、その時価五兆円以上。何ともスケールの大きな親心である
▼そんな豪気な話に比べ、わびしい話もある。経済協力開発機構(OECD)の最新の調査によると、わが国は「国内総生産に占める教育機関への公的支出の割合が最低の国」という不名誉な地位に甘んじ続けている。要するに、経済の規模に比べ、政府は教育に税金を使っていないのだ
▼幼稚園など就学前教育での公費負担の割合は最低水準で、大学の授業料は極めて高いのに、奨学金制度などはお粗末…というから、お寒い限りだ
▼「君の世代が人間の可能性を広げ、より平等であるように」。そんな思いで、納税している人も多いはずだが。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015120302000117.html

 昨日の「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/908475/
「福島県 大王村」
・だんご汁
①鍋に長ネギ、白菜、ニンジン、しめじ、コンニャクなどを煮込む。
②大豆味噌で味付け。小麦粉を練って、スプーンですくって入れる。
・なすの素揚げ(からし味噌付)
・チキンのハーブ焼き
・菊の花の酢漬け
・大根の酢漬け
「長野県 南木曽町」妻籠宿
<あぶらや?
☆めんぱ レンジOK 1合 2,950円
・レンコンとごぼうと人参のきんぴら、ぜんまいの煮物、しょうがの佃煮、きゅうりと白菜の浅漬け
・富士柿
「馬篭宿」
《川上屋 手賀野店》中津川
☆栗おこわ 800円(税込)
<ヤマダ 大蔵>
☆こね鉢 27,000円(税込)
☆センのお皿 10,800円(税込)
☆ケヤキのお皿 6,480円(税込)
<>
・ピーピーいも(煮ころいも)
・コロッケ
・大根のしょうゆ漬け
①大根4kg、しょうゆ6合、酢1カップ、砂糖1kg~800gをすべて鍋に入れ沸騰させる。
②大根を漬けこむ。
・赤たつ漬、大根の塩漬け
・瓜の奈良漬
*南木曽ねこ
(南木曽町に昔から伝わる袖のない防寒着)
≪銀座 茶良ら 3丁目店≫
・雲丹の炊き込み土鍋御飯 1500円(税込)
・有機キャベツのステーキ ~蟹とえのきの餡かけ~ 730円(税込)
中央区銀座3-9-4
「おやじ飯」【旨みたっぷり シイタケコロッケ】
①フライパンでタマネギのみじん切り、牛ひき肉、刻んだシイタケを塩・コショウで炒める。
②ふかしたジャガイモをつぶして、①を混ぜ合わせる。味噌を加える。
③一口大にして、小麦粉、卵・牛乳、パン粉の衣をつける。5分ほど油で揚げる。
④干しシイタケをミキサーにかけ、塩を入れる。特製塩の出来上がり。
⑤③に④をかけて食べる。

 一昨日からの風邪・・・こりゃ、気管支炎だな・・・呼吸が苦しいよ・・・。
 仕事を定時に終え、帰宅したかったが、ムリだった・・・。
 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。途中、TOTO BIGとLOTO 7を買う。

 帰宅して「すき焼き風芋煮鍋」で一杯♪体の中から温めねば!!!
 芋煮は、里芋が美味しいねぇ~♪うどん、ぶなしめじ、豆腐も入れたよ。豆腐やうどんがタレを吸って美味しくなっているぞ↑↑↑
「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」

 「ぶなしめじ」は美味しいねぇ~♪
長野県産
 しめじっちゃんと孫のにこちゃん
旨み成分がぎゅっ!
【かんたん!塩しめじ】
『材料』
・ぶなしめじ・・・200g
・えのきたけ・・・300g
・赤とうがらし・・・1本
・塩昆布・・・大さじ2
・酒・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
『作り方』
①しめじはほぐし、えのき茸は長さを3等分する。赤とうがらしは種を除く。
②鍋に水、酒、みりん、赤とうがらしを入れて火にかけ、煮立ったらしめじを加えて、塩をふる。
③混ぜながら煮て、しめじがしんなりしたら、えのき茸を加え、時々混ぜながら4~5分煮る。
④塩昆布を加えてひと煮立させる。
「JA中野市」
長野県中野市三好町1-2-8
TEL 0269-22-4195

 ここで、この時期のレシピをいくつか引用しましょう!!!
【きのこたっぷりいも煮】
『材料』(2人分)
・牛肉(薄切り)・・・100g
・しめじ、まいたけ、エリンギ・・・各30g
・さといも・・・150g
・たまねぎ・・・30g
・A
 みりん、しょうゆ・・・各大さじ2
・だし汁・・・1カップ
・サラダ油・・・大さじ1
『作り方』
①牛肉はひと口大に切る。きのこは石づきを取る。しめじ、まいたけはほぐし、エリンギは縦半分に切る。さといもはひと口大に、たまねぎはくし形切りにする。
②熱したフライパンに油を入れ、①の牛肉を色が変わるまで炒め、残りの①を加えてサッと炒める。だし汁を入れて2分ほど煮たら合わせたAを加え、8分ほど煮る。

【しょうが味噌おでん】
『材料』(2人分)
・さつま揚げ・・・2枚
・ちくわ・・・1本
・こんにゃく(アク抜き不要のもの)・・・1枚
・大根・・・200g
・ベビーほたて・・・100g
・ゆで卵・・・2個
・だし汁・・・3カップ
・しょうゆ・・・大さじ2
・A
 味噌・・・30g
 しょうが(すりおろし)・・・15g
 砂糖・・・大さじ1
 だし汁・・・大さじ2
『作り方』
①さつま揚げは半分に、ちくわは斜め切りに、こんにゃくは三角に切る。
②鍋にだし汁、輪切りにした大根を入れて10分煮る。しょうゆ、①、ベビーほたて、ゆで卵を加えてさらに10分ほど煮る。
③器に②を盛り、合わせたAをかけていだだく。

【きのこ汁】
『材料』(4人分)
・しめじ・・・1袋
・まいたけ・・・200g
・しいたけ・・・4枚
・エリンギ・・・1本
・卵・・・2個
・水・・・4カップ
・白だし・・・大さじ3
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・少々
・三つ葉・・・1/2束
『作り方』
①しめじ、まいたけは根元を落とし、小房に分ける。しいたけ、エリンギは石づきを除き、厚めのせん切りにする。
②鍋に水、白だし、しょうゆを煮立て、①を加えてひと煮立ちする。
③卵を溶きほぐして回し入れ、卵がふんわりと浮き上がったら火を止め、三つ葉を入れ、塩で味を調える。

【いも煮うどん】(374kcal)
うどんは手打ちで
『材料』(4人分)
・強力粉、薄力粉・・・100g
・さといも・・・小16個
・牛肉(切り落とし)・・・150g
・ごぼう・・・1/2本
・長ねぎ・・・1本
・A
 塩・・・小さじ1と1/2
 水・・・100~120ml
・B
 塩・・・小さじ1/2
 砂糖・・・小さじ2
 しょうゆ・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ3
 だし汁・・・6カップ
『作り方』
①強力粉、薄力粉を合わせてAを加え、菜ばしで混ぜ、混ざってきたら手でこねる(必要なら水を少し加える)。なめらかにまとまったらポリ袋に入れ、約1時間寝かせる。打ち粉(強力粉、材料外)をして麺棒で2mmの厚さにのばし、生地を折りたたんで3~4mm幅に切る。たっぷりの熱湯で約12分ゆで、冷水で洗って水けをきる。
②さといもは大きければ半分に切り、ごぼうは粗いささがきにし、牛肉は食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め切りにする。
③鍋にBを煮立たせ、中火にして②を加え、さといもがわやらかくなるまで煮る。①を加えて温める。
※ここがポイント!
 のばした生地は打ち粉をたっぷりふって折りたたむと、くっつかずにきれいに切れます。

【味噌煮込みおでん】(286kcal)
『材料』(2人分)
・大根(3cmの厚さ)・・・2枚
・さといも・・・2個
・こんにゃく・・・1/2枚
・お好みの練り物・・・適量
・ゆで卵・・・2個
・A
 味噌・・・50~70g
 砂糖・・・大さじ1~2
 だし汁・・・2と1/2カップ
・塩・・・適量
『作り方』
①大根はやわらかくなるまで下ゆでする。さといもは皮をむき、塩もみをしてから水洗いし、こんにゃくは食べやすく切り、サッとゆでて串に刺す。練り物は熱湯をかけて油抜きをする。
②鍋にAを入れて煮立たせ、①、ゆで卵を加えて約15分煮て一度冷まし、再び温めていただく。

【鶏だんごとさといもの煮込み】(224kcal)
『材料』(4人分)
・鶏だんご(市販)・・・1パック(20個)
・さといも(冷凍食品)・・・200g
・A
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ3/4
 酒・・・大さじ1と1/2
 だし汁・・・2と1/4カップ
・ごま油・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①熱した鍋にごま油を入れ、鶏だんごを中火でころがしながら焼いて全面に焼き色をつける。
②①にA、凍ったままのさといもを加えて煮立たせ、アクを取ったら落としぶたをして弱火で10分煮る。
※お好みでざく切りにした三つ葉をちらす。

本日のカウント
本日の歩数8,161歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 少し肌寒くなるこの時期 体を温める食事を心がけましょう! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62800297

この記事へのトラックバック一覧です: 「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」:

« 少し肌寒くなるこの時期 体を温める食事を心がけましょう! | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」 »