« スター・ウォーズ(デイジー・リドリー) | トップページ | Uターンみやげ BEST3 »

2015年12月30日 (水)

「勝家 豚天丼」、そして「いただきます 1人分のおかず【照り焼きチキン】」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 仕事納めも過ぎると町ではぐっと年末の匂いが濃くなる
▼門松を飾ったお宅も増えてきた。なるほど。苦につながる、「九立て」の二十九日を避けて、その前日に飾ったか。こういうことが今もきちんと守られているのが微笑(ほほえ)ましい。ちょっと落ち着きもする
▼通勤電車はすいているが、駅には大きな荷物を携えた方が大勢いらっしゃる。帰省ラッシュが始まった。「家族が一人増えたので、実家の家族に見せたい」。テレビのインタビューで若いお母さんが答えていた。それだけのニュースにホッとする。正直にいえば、ちょっと目を潤ませたりもする
▼超少子化や独居世帯という言葉がもはや大きな話題にさえならぬ時代にあってもちゃんと帰省ラッシュが起きている。故郷へ帰りたい、親に会いたいという心のラッシュが起きている
▼この時期に思い出す、古い広告がある。「思い立った日が、父の日、母の日になる。」(JR九州)。コピーライターの赤石正人さんの作品で、続きがある。年に一回、四、五日帰省するとして、十年で四、五十日。<十年で一緒に過ごす時間がたった二カ月…>。旅行鞄(かばん)を探したくなる
▼帰る場所がある。会える人がいる。限られた幸せを堪能していただきたい。<叱らるゝ人うらやましとしの暮>一茶。思い立っても、父の日、母の日とはならない人もいる。お気をつけて、帰省の旅を。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015123002000097.html

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「新春 グルメ福袋」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/c/0000001568/?scid=rm_198862
 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「越前せいこがに」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/c/0000000408/?scid=rm_193917

 昨日のテレビ「昼めし旅」SPは、「ビックリ師走めしグランプリ4」。プレゼントもあったようだが、応募方法はビデオに録画されていなかった・・・コマーシャルと判断され、カットされたようだ・・・。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/921997/
http://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
第5位「北海道 広尾町」
<広尾毛がにまつり>
☆毛ガニ 1,200円
<亀田のお母さん>
・毛ガニのチーズ焼き
(毛ガニの身をほぐし、甲羅の中でカニ味噌と混ぜ、粉チーズをたっぷりかけ、オーブンで焼く。)
・毛ガニの刺身
(毛ガニ(活ガニ)をさばいて、氷水でしめる)
・毛ガニ汁
(毛ガニを日高昆布でとったダシで煮込み、味噌で味付け)
・刺身(マグロ、ホッキ貝、タコ)
・タラの天ぷら
第4位「京都府 京丹後市」間人(たいざ)ガニ
<平七水産>
・茹でガニ
(身と蟹味噌を甲羅の中で混ぜる)
《地産食堂 味工房 ひさみ》
・セコガニの甲羅盛り
①セコガニ(間人ガニのメス)の外子(セコガニの卵)をはずす。
②甲羅を押さえながら足をはずす。
③内子(甲羅の中にある卵)
④カニの足に、すりこぎ棒を転がして押し出して、身を出す。
⑤取り出した身と卵を甲羅に盛り付ける
・ブリのしゃぶしゃぶ
①ブリを薄切りにする
②カツオ節でとっただし汁に酒、薄口醤油、みりんを加え、塩で味を調える。
③野菜も用意する。
・セコガニの酢のもの
①バイ貝を軽く茹でて食べやすい大きさに切る。輪切りにしたキュウリとあわせ。セコガニの身を混ぜる。
②合わせ酢を加える。
・へしこの炙り
(へしこ(サバのぬか漬け)を網で炙る)
第3位「青森県 大間町」
<番屋>
・マグロの心臓の周りの白い部分の刺身
・マグロの心臓のバター焼き
・マグロの皮ぎし焼き
(マグロの皮ぎしの両面を焼き、塩、コショウで味付け)
・大間牛(陸(おか)マグロ)の焼肉
第2位「香川県 仁尾町」
<小山美容院>
・おでん(里芋、焼き豆腐)
 しょうが味噌(味噌にショウガとゴマが入っている)をつけて食べる。
<>
・白味噌あんもち雑煮
①鍋に水、にんじん、大根の千切り、里芋、豆腐を入れ煮る。いりこの粉末を入れる。
②あんこもちを入れる。白味噌を溶く。
・じゃこ天
・白菜の塩漬け
第1位「鹿児島県 錦江(きんこう)町」
<宿利原農園>
・紅白なます(大根、ニンジン、タコ)
・地鶏のタタキ(刺身)
・大根と地鶏の煮しめ
①地鶏の肉を骨付きで鍋で煮込み、だしを抽出。大根、にんじん、タケノコ、こんにゃくを煮る。
②椎茸、油揚げを加えてひと煮立ち。酒、醤油で味付け。ザラメを入れる。
③ショウガを加え、味がしみ込むまで煮る。
・砂肝の刺身
・地鶏レバーの刺身(ごま油と塩でいただく)

 テレビで「中谷堂」を取り上げていた。超高速餅つきで有名な「奈良県橋本町」のお店です。行ってみたいものだ。
・よもぎ餅
奈良市橋本町29
TEL0742-23-0141

http://www.nakatanidou.jp/

 今日は3の付く日だから「勝家」にランチを食べに行く。今日は「勝丼」or「豚天丼」がサラダ、味噌汁、漬物付きで300円也。
 まず、「古紙のえき」に行き、段ボールを出す。そのまま「LOTO 7」を買いに行く。
「勝家 豚天丼」、そして「いただきます 1人分のおかず【照り焼きチキン】」

 「勝家」に11:30頃到着。まだやっていないので、待つ。11:43頃開店。入店し、自販機で券を買い、注文。
 サービスのコーヒーを飲んで待つ。
「勝家 豚天丼」、そして「いただきます 1人分のおかず【照り焼きチキン】」 

すぐに配膳された。豚天串が1本130円だから、2本入っているとすると、それで260円分だね。
 ご飯があまり美味しくないな・・・前日に残った冷や飯を電子レンジでチンしたものじゃあないのかな???まあ、300円と安いからいいか。
 勝丼の方が良かったな。
浜松市西区舞阪町長十新田300番地2
TEL 053-596-3331

 スーパーに寄る。売り出しの「台湾産 うなぎ白焼」777円+TAXを買う。しめじは半株で98円+TAXだったので高いね。年末だと高いな!!!

 帰宅して、神棚のお札などを新しいものに替える。

 夕方は2105年11月6日の朝刊「いただきます 1人分のおかず」に載っていた【照り焼きチキン】で一杯♪
 「1人分のおかす」という名の通り、簡単レシピだね。
 ちょっと前にやすく買ったタマネギの芽が出始めたようだ・・・早めに食べてしまわねば・・・。材料だと1/2だが、1個使う。

 ついでに、ほかのレシピも載せておきましょう!!!
 2015年11月1日の「いただきます 1人分のおかず」は、【中華丼】(419kcal)。
『主な材料』(1人分)
・冷凍シーフードミックス・・・80g
・チンゲンサイ・・・1株
・長ネギ・・・1/2本
・ニンジン・・・20g
・ショウガ・・・小1かけ(5g)
・ごはん・・・150g
『作り方』
①チンゲンサイは4~5cmの長さに切る。長ネギは斜め薄切り、ニンジンは薄い半月切りにする
②ショウガはすりおろし、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、中華顆粒スープのもと小さじ1/2、かたくり粉小さじ1、水50mlを合わせる
③フライパンにごま油大さじ1/2を温め、冷凍のままのシーフードミックスと①を入れて強めの中火で炒める
④②をよく混ぜてから加え、とろみがつくまで混ぜる
⑤丼にごはんと④を盛る。

 2015年11月2日の「いただきます 1人分のおかず」は、【鶏のトマト煮】(324kcal)。
『主な材料』(1人分)
・鶏もも肉・・・100g
・タマネギ・・・1/2個
・キャベツ・・・100g
・エリンギ・・・1本
・トマト水煮缶詰(カットタイプ)・・・1/4缶(100g)
・バター・・・5g
『作り方』
①鶏肉は四つに切り、塩・こしょう少々をもみ込む
②タマネギは1cm幅のくし形、キャベツはざく切り、エリンギは長さを半分に切り、薄切りにする
③フライパンにバターを温め、強めの中火で肉を炒める。薄い焼き色がついたら②を加え、しんなりするまで1分ほど炒める
④トマト水煮、顆粒スープのもと小さじ1を加えて混ぜる。ふたをして中火で5分ほど煮る。こしょう少々で味を調える。

 2015年11月3日「のいただきます 1人分のおかず」は、【ピリ辛肉豆腐】(282kcal)。
『主な材料』(1人分)
・牛肩ロース薄切り肉・・・50g
・もめん豆腐・・・1/2丁(150g)
・長ネギ・・・1/2本
・エノキダケ・・・1/2袋(50g)
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
・豆板醤・・・小さじ1/2
『作り方』
①長ネギは斜め薄切りにする。エノキダケは根元を落とし、ほぐしておく。豆腐は四つに切る
②牛肉は4~5cm幅に切る
③鍋にめんつゆ。水大さじ1と1/2、豆板醤を入れて温め、牛肉を入れる。中火にかけ、肉をほぐす。ふたをして1分ほど煮る。あくが出たらとり、肉を鍋の端に寄せる。長ネギをエノキダケを加え、ふたをして2~3分煮る
④豆腐を加え、煮汁をかけながら1~2分煮る。

 2015年11月4日の「いただきます 1人分のおかず」は、【タラのワイン蒸し】(161kcal)。
『主な材料(1人分)
・生タラ・・・1切れ(80g)』
・タマネギ・・・1/4個
・シメジ・・・1/2パック(50g)
・ミニトマト・・・3個
・白ワイン・・・大さじ1
・レモン汁・・・小さじ1
・イタリアンパセリ・・・1枝
『作り方』
①タラの両面に塩小さじ1/6、こしょう少々をふり、5分おく
②タマネギは薄切り、シメジは石づきをとり、2つか3つに分ける。ミニトマトは横半分に切る
③タラの水気をふいて耐熱容器に入れ、②をのせる。塩・こしょう各少々、白ワイン、オリーブ油大さじ1/2をかける
④ラップをして、500Wの電子レンジで5分加熱する
⑤レモン汁をかけ、パセリの葉をちぎって散らす。
※魚は他の白身魚でも。

 2015年11月5日の「いただきます 1人分のおかず」は、【回鍋肉】(292kcal)。
『主な材料』(1人分)
・豚しょうが焼き用肩ロース肉・・・80g
・キャベツ・・・100g
・長ネギ・・・1/2本
・ニンニク・・・小1片(5g)
・甜麺醤・・・小さじ1
・豆板醤・・・小さじ1/4
『作り方』
①キャベツは4~5cm角に切る。長ネギは斜め薄切りにする。ニンニクはみじん切りにする
②豚肉は4~5cmの長さに切る
③甜麺醤、豆板醤、酒・しょうゆ各小さじ1/2を合わせる
④深めのフライパンに油小さじ1とニンニクを入れ、中火にかける。香りが出てきたら、肉を広げて入れる。肉の色が変わったらキャベツと長ネギを加えて1分ほど炒め、③を加えて混ぜる。

 2105年11月6日の「いただきます 1人分のおかず」は、【照り焼きチキン】(310kcal)。
『主な材料』(1人分)
・鶏空揚げ用もも肉・・・100g
・タマネギ・・・1/2個
・ピーマン・・・1個
・シイタケ・・・2個
・めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
・すりごま(白)・・・小さじ1/2
『作り方』
①タマネギは2cm幅のくし形、ピーマンはひと口大に切り、シイタケは軸をとる
②フライパンに油小さじ1を温め、①を入れて強めの中火で焼く。しんなりしたら器に取り出す
③フライパンに鶏肉を入れ、中火でフライ返しで軽く押しながら焼き色がつくまで両面焼く。酒・水各大さじ2、めんつゆを加えて汁が少し残るまで、2~3分煮からめる。器に鶏肉を盛りつけ、煮汁を全体にかける。鶏肉にごまをふる。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数6,853歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« スター・ウォーズ(デイジー・リドリー) | トップページ | Uターンみやげ BEST3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「勝家 豚天丼」、そして「いただきます 1人分のおかず【照り焼きチキン】」:

« スター・ウォーズ(デイジー・リドリー) | トップページ | Uターンみやげ BEST3 »