« 12月の旬「ねぎ」 | トップページ | 「蓬莱 肉まん」、そして「真空保温調理器「どんぶりジャー」」 »

2015年12月16日 (水)

「土井善晴の料理は楽し」(12-2)「牡蠣のお好み焼き」

 「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/912268/
「富山県 射水市」新湊
<孫七川田水産>
・ベニズワイガニ
(足をねじって取る。ひじの部分(関節のやや横)を折る。ちょっとひねるようにしてすっと取り出す。)
《我楽堂 川内店》
・川内ご当地グルメ かけ中華
①中華麺をゆでる。うどん出汁をかける。
②スライスした赤巻かまぼこ、とろろこんぶ、ネギをのせる。
・カレー中華
①かけ中華の上にカレーをかけ、刻んだネギをのせる。
・ふわふわ卵とじうどん
①うどんをゆでる。
②和風だしにとき卵を入れ、卵とじスープを作る。①にかける。
③とろろ昆布、刻んだ海苔、ネギ、赤巻かまぼこをのせる。
<>
・手林家特製 黒とろろ昆布のおにぎり
①富山産の新米こしひかりに自家製梅干しを入れておにぎりを作る。
②黒ととと昆布をまぶす。
・シロエビの天ぷら、サツマイモの天ぷら
・すり身の味噌汁(カマス、イワシなど)
・カタクチイワシの丸干し(七味とマヨネーズをつけて)
「茨城県 北茨城市」
《あんこうの宿 まるみつ旅館》
☆1泊2食付 15,000円 ※2~5名
(あんこうのどぶ汁、大名刺し身盛り)
・イカ肝海鮮焼き飯
①中華鍋で溶いた卵を炒める。いったん取り出す。
②中華鍋にみじん切りにしたしょうが、にんにくを炒め油に香りを移す。ボイルしたエビ、タイ・ホウボウの刺身を入れ炒める。
③冷ご飯を入れよく混ぜる。
④アンコウスープを入れる。
(アンコウの骨を2時間半煮込み、コラーゲンを抽出)
⑤イカ肝ソースを加える。
(イカの肝と味噌、オリーブオイルを合えた特製ソース)
⑥①の卵をもどし、塩、コショウで味を調え、刻んだネギを入れる。
・鯛のあら汁
①鍋でタイのあらを水から煮る。塩と醤油で味をつけ、ネギを入れて臭みを消す。アクを取りながら煮込む。
②お椀に盛り、ネギを散らす。
「茨城県 日立市」
<ひたち南ドライブイン>
☆真ダラ 1本 500円
☆ぼたん海老 100g 450円
☆ミズダコ 1杯 1,000円
☆海鮮バーベキュー 2時間 500円 ※お一人様
(買った物持ち込み)
☆さくらタコちま 1,000円
・サワラの炙り
・厚焼き玉子
・地魚の刺身(イサキ、クロムツ、アカムツ、ホウボウ、ヒラメ)
・タラの白子天ぷら
・山盛りご飯
・メヒカリの天ぷら
・タコちまご飯
≪海栗屋 下北沢店≫
・雲丹しゃぶしゃぶ 1680円(税別)
・雲丹の濃厚コロッケ 480円(税別)
「おやじ飯」【ふわふわ玉子のお寿司】
『材料』
 卵、はんぺん、ホタテ、薄口醤油、酒、砂糖、のり、ご飯、すし酢、ゆずの皮
①フードプロセッサーに卵4ヶ、薄口醤油、酒、砂糖、ホタテ、はんぺんを入れ、フードプロセッサーにかける。
②①をクッキングシートをひいたフライパンに入れて焼く。表面に気泡が出てきたら、シートごとお皿に乗せフライパンをかぶせて裏返す。弱火で5分焼く。
③ボウルにご飯、すし酢、ゆずの皮を加えて混ぜ合わせる。
④③を②の玉子とあわせる。

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「クリスマスグルメ」の案内♪
http://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/xmas-top.htm?scid=rm_197493

 今日の仕事・・・。
平成24年度高等学校入学者選抜学力検査 作文問題
1 私がめざしていること
2 豊かさについて
3 身近な人に学んだこと
4 私の長所
5 中学校時代に感動したこと
平成25年度高等学校入学者選抜学力検査 作文問題
1 中学校時代に努力したこと
2 私の将来
3 私の個性
4 親しい友人について
5 言葉づかいについて
平成26年度高等学校入学者選抜学力検査 作文問題
1 私が夢中になれること
2 思いやりについて
3 中学校時代をふりかえって
4 心に残る言葉
5 これから取り組みたいこと
平成27年度高等学校入学者選抜学力検査 作文問題
1 これから挑戦したいこと
2 中学校時代の経験から学んだこと
3 友人との思い出
4 休日の過ごし方
5 あいさつについて

 仕事を定時に終え、帰宅途中、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」138円、「おでん袋」213円、「おでんセット」213円、それに「フライビンズ」108円を買い帰宅。
 優先道路の車が動いてくれない・・・こちらは一旦停止からなかなか出られないよ・・・。

 帰宅して「焼うどん」で一杯♪
「土井善晴の料理は楽し」(12-2)「牡蠣のお好み焼き」

 先日買った「北海道産玉ねぎ」も入れたよ♪

 2015年12月13日の「土井善晴の料理は楽し」は、【牡蠣のお好み焼き】(313kcal)だった。これは美味しそうだね↑↑↑
ふっくら 憧れの一品
 旬の牡蠣をたっぷり入れて、アツアツをいただきます。
『材料』(2枚分)
・生地
 キャベツ・・・340g
 チクワ・・・90
 青ネギ・・・1本
 紅ショウガ・・・20g
 ヤマトイモ・・・50g
 だし汁・・・1カップ
 小麦粉・・・90g
・カキ・・・300g
・しょうゆ・・・大さじ1
・小麦粉・・・適量
・卵・・・2個
・サラダ油・・・大さじ2
・レモン汁、お好み焼きソース・青海苔・削りガツオ・マヨネーズ・ケチャップ・練り辛子・・・各適量
①生地の材料の下ごしらえ
 キャベツ、チクワ、紅ショウガはみじん切り、青ネギは小口切りにする。ヤマトイモは皮をむかず、ひげ根をガス火であぶって焼く。
②生地を作る
 ボウルの中でヤマトイモを皮ごとすりおろし、だし汁を加えて混ぜる。ここに①の材料を混ぜ、最後に小麦粉を入れて、玉じゃくしでさっくり混ぜる。
③半量の生地に卵を混ぜる
 1枚分ずつ焼くので、②の生地の半量を別のボウルに取り分ける。ここに卵1個を加えて、軽く混ぜる。カキは洗って水気を取り、半量(1枚分)にしょうゆで下味をつける。
④焼き始める
 フライパンにサラダ油大さじ2/3を熱し、③の生地を少しだけボウルに残して、生地を広げる。③のカキに小麦粉をまぶして生地の上にのせ、残しておいた生地を上からかぶせる。
⑤じっくり焼く
 ふたをして、中火でじっくり焼く。焼き色がつけば返して、サラダ油大さじ1/3をまわりにひき、ふたをして中火で焼く。
⑥トッピングをする
 両面に焼き色がついたら取り出す。レモン汁をハケで塗り、お好み焼きソースを塗り、青海苔、削りガツオをのせて、マヨネーズ、ケチャップ、練り辛子を添えてすすめる。3~6を繰り返して、もう[1枚も同様に焼く。
《食のこころ》
 初めて存在を知った人も、そういうものがあると噂を聞いて、憧れていた人もいるだろう。カキのお好み焼きである。
 「野菜がたくさん入った生地でカキをはさむようにして私は焼きます。こうすると、カキが蒸し焼き状態になり、ふっくらとしておいしいんです」
 と、こんな説明を聞けば、なおさら作らずにはいられない。大阪出身の土井さんに、お好み焼き作りのコツを聞くと「生地をいいかげんに混ぜること。ムラがあっていいのです」という答え。しっかり混ぜると小麦粉のグルテンが出て、粘り気が出てしまうのだという。
 「急がずに、ゆっくり焼くことも大事です。お好み焼きに限らず粉物は時間をかけて火を通したほうが、粉の風味が生きます」
 ふわっと焼けたら、これでもか、とばかりにソース類をトッピングする。過剰に感じるけれど、味の混ざりあったのが不思議とおいしく、「また食べたくなる」秘訣はここにもありそう。

本日のカウント
本日の歩数7,354歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.4kg
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 12月の旬「ねぎ」 | トップページ | 「蓬莱 肉まん」、そして「真空保温調理器「どんぶりジャー」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62881164

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(12-2)「牡蠣のお好み焼き」:

« 12月の旬「ねぎ」 | トップページ | 「蓬莱 肉まん」、そして「真空保温調理器「どんぶりジャー」」 »