« 自分で造れる薪ストーブ「ロケットストーブ」 | トップページ | 「いただきます キノコを食べつくす」 »

2015年12月 8日 (火)

「土井善晴の料理は楽し」(12-1)「牛大根」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 先日逝った水木しげるさんが実体験をもとに描いた『総員玉砕せよ!』に、こんな場面がある。食糧はおろか明日の水のあてもない南洋の戦場で、兵隊が上官に、問い掛ける
▼「内地は毎日爆撃されてるって話じゃないですか かんじんの内地がめちゃくちゃにやられてたら 一体我々はなにしにこんなところで戦うのでしょうか」
▼七十四年前の今日、日本は米英に宣戦布告をした。圧倒的な国力を持つ米国と泥沼の戦争となり、やがて戦争遂行の大義の前に、「何のための戦争か、何を守るために戦うのか」という問いが抹殺されるようになった
▼その一つの象徴が沖縄だろう。戦中は本土防衛の捨て石にされた。戦後も主権回復の歩みから切り離され、基地の島となった。そして今、辺野古への新基地建設を拒む民意を選挙で重ねて示したが、政府は顧みず、ついに先週、新基地建設をめぐる裁判が始まった
▼政府は「国防上の問題を知事が判断できるはずがない」と言い、翁長雄志(おながたけし)知事は「歴史的にも現在においても沖縄県民の自由・平等・人権・自己決定権がないがしろにされてきたこと」が問題であり、問われるのは「日本に、本当の地方自治や民主主義が存在するか」だと語った
▼自由や民主主義がないがしろにされているとしたら、何を守るための基地、何を守るための安全保障か。そんな素朴な問い掛けである。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015120802000105.html

 昨日の「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/909634/
「神戸市 有馬温泉」
<おみやげ 駿河屋>
《misono》
☆海老天カレーうどん 980円
・かき揚げのせカレーライス
①丹波の黒豆、蒸したさつまいもの角切りをボウルに入れ、天ぷらの衣を入れる。油でかき揚げを作る、
②丼にご飯、カレーを入れ、①をトッピング。
《竹中商店》
☆牛串 1本 1,300円
・神戸牛のすき焼き
①鍋に割り下を入れ、牛肉を入れる。
②野菜(白菜、シイタケ、エノキ、白ネギ、タマネギ、焼き豆腐、しらたき)を入れる。
「群馬県 安中市」碓氷峠
☆おぎのや「峠の釜めし」 1,000円
<碓氷峠鉄道文化むら>
<磯部温泉>温泉マーク発祥の地
・けんちんうどん
①タケノコ芋、シイタケ、大根、ニンジンを切り、鍋に入れ炒める。
②水、ゴボウの煮汁、シイタケの戻し汁を入れる。
③スルメを入れる。ちくわ、さつまあげを入れる。
④味噌、醤油で味を調える。豆腐を入れ弱火で20分煮込む。
⑤ほうとうを茹で、鍋に入れる。
⑥刻んだネギをお椀に先に入れ、⑤を入れる。(コンニャクはいつ入れたの?)
・おはぎ
≪総作料理 お~る≫
・名物のでっかいチーズのチーズパスタ 900円(別)
・ホタテの浜焼き 530円(税別)
足立区竹の塚1-28-4
「おやじ飯」【カニあんかけチャーハン】
『材料』
 カニの缶詰、鮭フレーク、高菜、卵、ご飯、和風だしの粉末、酒、干し梅、白醤油、片栗粉
①鍋に水、和風だしの粉末、酒、白醤油を入れる。干し梅を刻んで加える。軽く煮込んだら、カニの缶詰を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
②卵を卵黄と卵白に分け、卵白だけを①に混ぜながら入れる。
③中華鍋に卵黄、ご飯、塩、コショウ、高菜、鮭フレークを入れて炒める。器に盛って②の餡をかける。

 「womo」より、メール。「オスピターレバイブルックリン」の「素材本来の旨味をたっぷり凝縮!ストウブ鍋を使ったプラン新登場」が美味しそうだ♪
http://hamamatsu.womo.jp/gourmet/shop/index/ID/121?ref=mailmagazine

「土井善晴の料理は楽し」(12-1)「牛大根」

 今朝のコーヒーは「UCC 職人のコーヒー」。
芳醇な味わい
苦味 ★★★☆☆
酸味 ★★★★☆
コク ★★★☆☆
 ブラジル産コーヒー豆を100%使用し、芳醇な味わいに仕上げました。毎日の満足と確かな味わいを、ぜひお楽しみください。
製造者:ユーシーシー上島珈琲(株)UCCOF
神戸市中央区多聞通5-1-6
神戸市中区港島中島7-7-7
TEL 0120-050-183

http://www.ucc.co.jp/

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 帰宅して「芋煮(味噌味)」で一杯♪
「土井善晴の料理は楽し」(12-1)「牛大根」

 里芋は、先日、無人販売で買ったもの。
「土井善晴の料理は楽し」(12-1)「牛大根」

 えのきも、先日買ったもの。
長野県産 えのき茸 ひと株
JA全農長野 JA中野市
中野市大字三好町1-2-8
TEL 0269-22-4195

http://www.ja-nakanoshi.iijan.or.jp/

 2015年12月6日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」は、【牛大根】(530kcal)だった。ぶり大根の牛肉版だね♪
肉エキスで だし要らず
 この時季の大根はおいしいですから、牛肉と一緒に煮て、主役のおかずに仕立てましょう。
『材料』(4人分)
・牛バラ肉(かたまり)・・・400g
<下味>
 しょうゆ・・・大さじ1
 コショウ・・・少々
・大根・・・500g
・ニンニク・・・2~3片
・赤唐辛子・・・3本
・水・・・4カップ
・酒・・・1カップ
・砂糖・・・大さじ6
・しょうゆ・・・大さじ3
①材料の下ごしらえをする
 牛バラ肉は1cmの厚さの一口大に切り、下味のしょうゆ、コショウをまぶして10分ほどおく。大根は皮つきのまま乱切りにする。ニンニクは皮つきのまま軽くつぶす。
②材料をすべて鍋に入れ、水分を加えて煮立てる
 鍋に大根、牛肉、ニンニク、赤唐辛子を入れて、分量の水と酒を加える。強火にかけて、煮立ったらアクをとる。
③少し火を落として10分煮る
 落としぶたをして、鍋中がザーッと沸く程度の火加減に落とし、10分煮る。
④砂糖を加えて10分煮る
 ③に砂糖を加え、落としぶたをして、さらに10分煮る。
⑤しょうゆを加えて、20分ほど煮る
 しょうゆ大さじ2を入れて、煮汁が1/3量になるまで20分煮る。
⑥仕上げのしょうゆを加えて、強火で煮て照りをつける
 大根が軟らかくなっていれば、落としぶたをとり、再び強火にする。しょうゆ大さじ1を加えて煮立て、照りよく仕上げる。
 「お玉で煮汁をまわしかけながら、煮汁がほとんどなくなるまで煮ます」
《食のこころ》
 一年中あるといえばあるけれど、旬を迎えた冬の大根はやっぱりみずみずしさが違う。煮ると、その違いは歴然。火の通りも早いし、箸でほっくりと崩れるほどに軟らかく煮上がる、食べなきゃソン、という感じだ。
 土井さんは皮つきのまま、大きめの乱切りにして、歯応えよく煮る。
 「大根は油揚げと煮るのが普通ですが、油揚げの代わりに牛バラ肉を入れました」
 牛肉のうまみを大根が吸って、いっそうリッチな味わいに。豚肉でないから冷めてもおいしく、肉と一緒に煮れば、だし汁要らずな点もうれしい。ちなみに牛バラ肉が手に入りにくければ、スネ肉などの煮込み用を使うとよい。
 皮ごとつぶしたニンニク、赤唐辛子を入れて煮るのは、「そのほうが味に厚みが出るからです。でも、入れたくなければ入れなくても作れます」。そのへんはお好みで。いずれにしても、新米の白いご飯との相性ばつぐん!

本日のカウント
本日の歩数9,022歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 自分で造れる薪ストーブ「ロケットストーブ」 | トップページ | 「いただきます キノコを食べつくす」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62831754

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(12-1)「牛大根」:

« 自分で造れる薪ストーブ「ロケットストーブ」 | トップページ | 「いただきます キノコを食べつくす」 »