« 「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」 | トップページ | 「杉原千畝(SUGHIHARA CHIUNE)」、そして「ひやおろし 浦霞」 »

2015年12月 4日 (金)

「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」

  昨日の「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/908767/
「新潟県 佐渡島」
<たらい舟の里>
☆大人 500円、子供 300円
・イナダの照り焼き(青大根)
・イナダの唐揚げ
・ながもの味噌汁
<町並みモデル施設 清九郎>
☆見学料金 400円
・おでん(大根、にんじん、こんにゃく、昆布、じゃがいも、エリンギ、さつま揚げ)
・ひじきの煮物
・チンゲンサイのおひたし
・ピーナッツの塩ゆで
<蓮華峰寺>
・煮しめ
(大根、こんにゃく、にんじん、昆布、焼き豆腐、かぼちゃ)
・ブリの照り焼き
・タイ、ヒラメ、アオリイカのお刺身
・いごねり
「鳥取県 境港市」
<手作りの店 ゲゲゲ>
☆妖怪フィギュア 2,200円(税込)
☆ネズミ男 6,000円(税込)
☆目玉親父 2,500円(税込)
☆ののこめし 4,32円
(油揚げの中に生米、生野菜を詰め、だし汁で炊き上げた料理)
<くぎたに>
☆下駄 女性用(大) 3,500円(税込)
☆下駄 一本歯 6,800円(税込)
・サンマの塩焼き
・炊き込みご飯
・揚げ出し豆腐
・唐揚げ
・ハンバーグ
・ニーニャ(ニナ貝)
・ニナ貝の味噌汁
≪ビストロ Ebitei≫
・森林鶏のコンフィ― 1500円(税別)
・ブラックカレー温野菜のせ 1200円(税別)
渋谷区恵比寿1-24-10
「おやじ飯」【鶏のさっぱり煮込み】
①鍋にタマネギ、鶏もも肉、白ワインを入れ、沸騰させてアルコールを飛ばす。ハチミツを入れる。ふたをして弱火で15分ほど煮込む。鶏肉に火が通ったら鶏肉を取り出す。
②①の鍋にすだちを絞り、大葉とゆずの皮、マヨネースを加え良く混ぜソースが完成。
③①を切ってお皿に盛り、②をかける。

 今日の仕事・・・。
 話がながいよ~!!!ふう~ん、結局、責任は外にするのですかぁ~!
 今日の午後の仕事は、疲れたよ・・・。
 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。途中、ドラッグストアに寄り、売り出しの「信州八ヶ岳生乳100%ヨーグルト」128円、それに「遠州もめん豆腐」62円、「琥珀ヱビス」235円を買う。
 さらに、「酒&FOOD かとう」に寄り、「麦焼酎 壱岐」40度3,240円、「生かきフライ」429円のところ321円を伝票で買い帰宅。「ゆず」をget!!!(感謝します)
http://slowkato.hamazo.tv/

「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」

 帰宅して、「琥珀ヱビス」で一杯♪今日は、たくさん話したから、疲れたんだよね!
Premium YEBISU 琥珀ヱビス
CRYSTAL AMBER クリスタルアンバー
限定醸造
YEBISU TRADITIONAL BREW
麦芽100%生ビール
 美しく澄んだ琥珀色(アンアー)の液色が特徴の琥珀ヱビス。
 クリスタル麦芽を増量し、深いコクとまろやかな味わいに、より一層磨きをかけました。
100ml当たり44kcal
サッポロビール株式会社
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
TEL 0120-207800

http://www.sapporobeer.jp/

「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」

 おつまみは、今日買った「生かきフライ」。
生かき(広島県産)、国産小麦粉、パン粉、鶏卵、圧搾一番菜種油、食塩(海の精)

 さらに「もやしの味噌汁」♪
「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」

 ダシは先日買った「にぼし」!
beisia NIBOSHI
国内産にぼし
 うま味が濃く、だしに最適
 カルシウムたっぷり
400g
「だしのとり方」
①約20gのにぼしの頭と腹わたをとりのぞき、800ccの水の中に入れ、強火にかけます。
②沸騰したら弱火にして4~5分煮出し、火を止め3分程度そのままにしておきます。
③布などでこしてできあがり。
 いろいろな料理にご利用ください。
※一晩水に浸すとさらにおいしく!
※急ぎの時は水から入れて、沸騰してから4~5分間ほど静かに煮出します。
※煮干しの頭と腹わたをとって、小さくさいて使うとより良い「だし」がとれ生臭みがなくなります。
※水800ccに20gの煮干しを使うのが標準です。
・そのままおやつに
・から煎りして、おつまみに
・天ぷら、唐揚げ、バター炒めなどに
・湯通しをして大根おろし、三杯酢で味付けをしてもう一品に
100g当たり313kcal
株式会社 サカモト
名古屋市守山区喜多山二丁目28番6号
TEL 052-794-4141

 2015年11月29日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」は、【りんごベニエ】(378kcal)だった。
香り高き 西欧の宝玉
 リンゴが最高においしい時期。リンゴの香りがすごくする、ふわっと軟らかいお菓子は、思わずもうひとつ手の出るおいしさです。
『材料』(2人分)
・リンゴ・・・1個
 砂糖・・・大さじ1
 レモン汁1/2個分
<衣>
・A
 小麦粉・・・90g
 塩・・・ひとつまみ
 砂糖・・・大さじ1/2
 卵黄・・・1個分
 ビール・・・1/2カップ
・B
 卵白・・・1個分
 砂糖・・・大さじ1/2
・小麦粉、揚げ油、粉砂糖・・・各適量
①リンゴに下味をつける
 リンゴは芯を抜き、7mm厚さの輪切りにする。下味の砂糖、レモン汁をふりかける。
 「芯抜き器がなければ、輪切りにしてから、包丁で芯をくりぬけばよいのです」
②衣作り。まずはAの材料を混ぜ合わせる
 Aの小麦粉、塩、砂糖を合わせてふるう。ボウルに卵黄を入れ、ふるった小麦粉を加えて、泡立て器で混ぜる。ビールを少しずつ加えていき、しっかりと混ぜる。
③衣作り。AにBを加える
 きれいなボウルに卵白を入れて六文立てにし、Bの砂糖を加えて角が立つまでしっかりと泡立てる。これを②の生地に2回に分けて加え、ゴムベらでさっくりと混ぜ合わせる。
④揚げる
 ①のリンゴに小麦粉を薄くまぶし、③の衣にくぐらせて、170℃の揚げ油でこんがりと揚げる。
 「衣がある程度固まったら菜箸で返して、裏表を返しながら、色よく揚げます」
 揚げたての熱いうちに、粉砂糖をふっていただく。
《食のこころ》
 揚げたてのアツアツを試食したら、夢のようなおいしさだった。リンゴはこんなに香り高い果物だったのか。サクッとした衣の中から軟らかい果肉が現れて、酸っぱさと甘さの混ざったジュースが口中にあふれ出る。
 「ベニエはヨーロッパのお菓子です。子どもが5人いても、リンゴ1個で五つできるから、お母さんはみんなに1切れずつ食べさせられる」と土井さん。温かみのある家庭のおやつなのだ。
 リンゴはどんな品種でもよい。衣にビールを入れるのも、このお菓子の特徴で、ビールのほのかな苦みがリンゴの風味を引き立ているようだ。
 作ってわかったのは、揚げ色がついても、中のリンゴが半生だとうまみが半減すること。火を弱めて、ゆっくり時間をかけて揚げることが大事。「中まで火が入ってくると、リンゴの水分でパチパチいい始めるのでわかります。水分がある程度抜けると、自ら火が入り、揚げ色もつきます」

本日のカウント
本日の歩数10,409歩
(本日のしっかり歩数:1,868歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」 | トップページ | 「杉原千畝(SUGHIHARA CHIUNE)」、そして「ひやおろし 浦霞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62806410

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(11-5)「りんごベニエ」:

« 「きのこたっぷりいも煮」「しょうが味噌おでん」「きのこ汁」「いも煮うどん」「味噌煮込みおでん」「鶏だんごとさといもの煮込み」 | トップページ | 「杉原千畝(SUGHIHARA CHIUNE)」、そして「ひやおろし 浦霞」 »