« CAFE COCO | トップページ | 秋の素材で、ちぎりパン 型を使って仕上がりよく »

2015年11月29日 (日)

「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「京都 水尾のゆず」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《エコール・クリオロ》
・ガイア
・ニルヴァナ
《京菓匠 鶴屋吉信》
☆柚子型柚子餅 648円(税込)
☆柚餅(ゆうもち) 1,188円(税込)
<村上農園>(ゆずの里)柑橘しぼり機
☆ゆず100%ジュース
*ゆず、すだち、かぼす
 酸味が強い柑橘類=香酸柑橘
 油胞 皮にある粒に香りのよい精油が含まれている
《直八》ゆず風呂
・ゆず菓子
・ゆず茶
・鶏すき焼き
(京赤地どり、タマネギ、しいたけ、白菜、シラタキ、えのき、焼き豆腐、春菊、ねぎ、三つ葉)
 味付けは、砂糖、しょうゆのみ(関西風)
 大根おろし+ゆず果汁につけていただく
(花山椒、ゆず味噌、ゆべし、白菜の一夜漬け、山蕗の佃煮、ゆず大根)
*ゆすのタネ+日本酒=化粧水
☆秋の柚子 Yuzu d'automne
①飴ランプでアメをのばし、金の輪を作る。
②クレームダマンドの上に柚子パルフェをのせ、柚子のコンフィをのせて、柚子クリームをかける。
③柚子の皮をちらす。もみじを飾り、金の輪をかける。アメの器に盛る。
★濃いチーズケーキ 柚子味 1本 2,000円

「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 今日は「協働センターまつり」のお手伝いなんだな。昨日買ったネギを刻む。
大分 味一ねぎ
 あなたの思いをカタチに
おいしい召し上がり方
・やくみ・・・納豆、みそ汁、冷や奴、麺類、鍋物など。
・ねぎ焼き・・・ねぎを使ってチヂミ風に干しエビもいれてお好みでお召し上がり下さい。
・そのた・・・サラダ、玉子とじ、焼肉。酢のもの、ぬた等に。
生産者No. 128 IVL

http://www.jaoita.net/ajiichinegi

 協働センターに出掛け、準備開始。
「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 開始からすぐに売れ始めた。
「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 「うどん」が、半人前50円、1人前100円なんだから安いものだよね。
 フランクフルト、焼き鳥、お汁粉の試食もしたよ♪おいしいねぇ~!

 ウォークラリーでスタンプを集めて、景品get!「ギンビス たべっ子どうぶつ」をもらった。

 釣銭をごまかそうとした「女子小学生」か「女子中学生」がいた。二人連れの児童か生徒。一人は50円を出した。もう一人は100円を出した。100円を出した子に50円のおつりを渡す。しばらくしてから50円を出した方が、「この子500円を出したのに50円のお釣りしかもらっていません」だって。お釣りが足りないなら、その子がすぐに言うでしょう!それに100円玉と500円玉を間違えるわけがないじゃないですか。
 普通は、三掛けで売っているのだろうが、「公民館まつり」なんだから、もうけを出すようにやっているんじゃないんだよ!原価スレスレでやっているんだ。400円もサギられたら赤字になるじゃないか!
 気分が悪かった・・・。

 12時前には、100人前売り切れ。片付け開始!焼き鳥をいつまでも売っていた。仕入れが多すぎるんじゃないのかな?
 片づけをして帰宅。

 夕方は「十勝豚丼」で一杯♪
 「HottoMotto」に行く。山椒が付いているね♪
「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 ソラチ監修の甘辛タレをからませた豚ロース肉が食欲をそそる十勝地方で愛される豚丼です。
北海道の対置が育てた十勝豚丼
 養豚が盛んだった北海道十勝地方では、大正末期には豚肉料理が広がりました。しかし今でこそポピュラーな食べ物であるとんかつでさえ、当時は高級料理。そこで、庶民にも食べられる料理として生み出されたのが豚丼です。鰻丼をヒントに甘辛のタレを豚肉に絡めて焼き、ごはんにのせた豚丼は、十勝の人々に愛されてきたふるさとの味。今やその素朴で芳醇な味わいは全国区の人気になっています。
本場の味をお届けするために
 ほっともっとの「十勝丼」は、本場の味にこだわりました。タレは「北海道のタレ屋」ソラチ監修の特製タレ。老舗「豚丼のタレ」ソラチが長い年月をかけて作り上げた味は北海道深く根ざしています。そのタレを豚ロース肉に絡め香ばしく焼き上げた、自信のメニューができました。ぜひご賞味ください。
ほっともっとの十勝豚丼 こだわりポイント
①十勝豚丼はタレが決め手。地元のメーカー「ソラチ」監修の特製タレ。
②しっかりとしたジューシーな豚ロース肉を使用。
価格 530円(税込)
594kcal

http://www.hottomotto.com/menu_list/view/22/883
http://www.hottomotto.com/gotouchi/hokkaido.html

「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」

 さらに、今日もらった「ギンビス たべっ子どうぶつ」♪
チョコビスケット
 カルシウム&DHA入り
 卵不使用
 体にやさしいね!
ふくろう
さい
ひつじ
ゴリラ
ねこ
ひよこ
コアラ
PENGUIN
OX
M. DUCK
「おすすめのポイント」
・長く愛されているロングセラーの食べっ子どうぶつにチョコをつけました。
・46種類のかわいらしい動物型ビスケットにチョコレートををつけました。
・卵不使用で体の元気を応援するカルシウムとDHAを加えました。
1袋(27g)当たり136kcal
・EAGLE わし
・DOG いぬ
・LEOPARD ひょう
・HORN-OWL みみずく
・PORCUPINE やまあらし
・GOAT やぎ
・ELEPHANT ぞう
・LION らいおん
・HIPPO かば
・HEN めんどり
・HAWK たか
・PENGUIN ぺんぎん
株式会社 ギンビスGB
東京都中央区日本橋浜町3-23-3
TEL 0280-98-2213

http://www.ginbis.co.jp

 ここで今朝の朝刊「全国うまいもん」より、「筋子粕漬」(新潟県)の引用。
銘酒・八海山とコラボ
 新潟市は江戸期に北前船の寄港地で栄え、現在もなお日本海側屈指の物流拠点として発展を続ける大都市だ。港には各地の良質な魚介も集まり、古くから鮮魚商いだけでなく、塩漬けや粕漬けなどに仕立てる水産加工業者が多彩な商品を製造してきた。
 なかでも明治26(1893)年創業の小川屋は、自然の恵みに感謝しながら「新潟の味を未来に伝える」の社是のもと、新鮮で極上のサケ、マス、魚卵などを素材に、次々と名品を発売してきたことで知られる老舗。新潟国体の際には、開会式に臨席された天皇陛下がいくつかの同社製品を買い上げられたほどの名店である。
 その人気商品の一つが「筋子粕漬」。スジコはサケの卵を塩で熟成させたもので、やわらかな食感が魅力だ。「品質のいい素材と、創業以来培ってきた技術で仕上げたのがこの粕漬け。県内を代表する清酒”八海山”の吟醸酒粕に漬けることでスジコの旨さを最大限に引き出しました」と、社長の小川加津晃さん。とろけるような舌ざわり、口中に広がる濃厚な香り、ほんのり漂う甘さが相まって、まさに格別の味わいといいたい。
【取り寄せ先】
(有)小川屋
新潟市中央区吉町通り5の611
TEL 0120-229001
FAX 025(222)6831
 筋子粕漬(260g・木箱入り)、税込み4320円ほか(送料別途)
※商品は冷蔵便で発送
※このほか鮭焼漬、さけ茶漬などの単品商品や、各種セット商品も多彩

http://www.niigata-ogawaya.co.jp/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「ブロッコリー」の引用。
独身男性に緑の花束を
・和名:緑花椰菜(みどりはなやさい) アブラナ科アブラナ属
・英名:broccoli
・食べられる部分:花蕾、茎
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、スルフォラファン
 緑の蕾の房をいっぱいつけたブロッコリーは、まるでブーケのよう。と思っていたら、本当に結婚式でブーケトスに使われるのだという。といってもブロッコリー・ブーケを投げるのは花婿さん。キャッチした独身男性が、次の花婿になれるのだとか。
 緑黄色野菜の王様と称えられるブロッコリーだから、野菜不足になりがちな独身男性の健康を慮りってのことかも?ビタミン類やミネラル類が豊富な上、抗酸化作用や解毒作用を促すというスルフォラファンを含み、健康効果は大きい。
 何より、色がきれいでボリュームがあって、食べやすいというのがうれしい。どんな食材と合わせてもOK。ジャコや塩昆布と合わせて和風に、ホタテやエビと炒めて中華風に、オリーブオイルやチーズをからめて洋風に。サラダはもちろんパスタやシチューにも。守備範囲はものすごく広い。
 さっとゆでてから使うと料理がきれいに仕上がるが、加熱し過ぎには要注意。色が悪くなり、食感ももそもそになってしまう。もっとも、軟らかいブロッコリーも、それはそれでおいしいと思う。赤ちゃんやお年寄りも食べやすい、優しい料理になる。
 年中出回る野菜だが、おいしくなるのは寒い季節。キャベツに似た葉が広がる真ん中に育つ花蕾は、大きく盛り上がって勢いを増す。霜に当たると紫がかった暗緑色になり、より甘くなるという。収穫したてのブロッコリーは輝いて見え、花束にも劣らず美しい。

本日のカウント
本日の歩数10,129歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:2本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« CAFE COCO | トップページ | 秋の素材で、ちぎりパン 型を使って仕上がりよく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62772479

この記事へのトラックバック一覧です: 「協働センターまつり」「十勝豚丼」、そして「筋子粕漬」:

« CAFE COCO | トップページ | 秋の素材で、ちぎりパン 型を使って仕上がりよく »