« ほっともっと風 名古屋めし | トップページ | 「shotgun wedding」、そして「来々軒」 »

2015年11月20日 (金)

「浜納豆煮」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「最も恐ろしい貧困は、孤独です。自分は誰からも愛されていないと感じることです」と言ったのは、マザー・テレサである
▼だからこそ、貧困にさいなまれる子どもたちに、「あなたへ想いを寄せている人が、ここにいるよ」と伝えたい。そういう思いで募金を始めた学生らがいる。今年六月に発足した「子どもの貧困対策センター・あすのば」に集う若者たちだ
▼目標は来春までに六百万円を集め、全国百六十人に三万~五万円ずつ贈ること。子どもの六人に一人が貧困に苦しむとされるこの国の現状では小さな試みだが、とにかく一人でも多くの人の想いを集め、伝えようというのだ
▼もっと大々的にお金を募っているのは、政府である。「子供の未来応援基金」をつくり、寄付や募金で、貧困対策に取り組むという。だがそもそも、子どもたちのためにこそ税金を使ったらどうなのか
▼たとえば経済的に苦しい高校生を援助する奨学給付金という制度があるが、条件によっては月三千円弱にとどまる。文部科学省が増額しようとしているものの、財政難で難しいと聞く
▼給付金増額のため必要な財源は、百十億円。新国立競技場の計画が工費高騰で白紙化された時、「国がたった二千五百億円も出せなかったのかね」と嘆いた元首相がいたが、そういうせりふは、ハコモノではなく、子どもたちのために言ってほしいものだ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015112002000121.html

 サッポロビールより、メール。「今週のおすすめ~お酒にピッタリ★アレンジも楽しめるレシピ」。
・タパス風 パンの炒めもの
http://d.sapporobeer.jp/c/abqcae2Iayc4nqac
・みそ串カツ
http://d.sapporobeer.jp/c/abqcae2Iayc4nqad
 「キリンビール大学」より、メール。
 鍋のおいしい季節がやってきました。
 もつ鍋、寄せ鍋、あんこう鍋、石狩鍋、ちゃんこ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ、豆乳鍋、きりたんぽ鍋、湯豆腐、かき鍋、カレー鍋、チゲ鍋・・・。タイプの違った鍋、いろいろ楽しみたいですね。
 あたたかい鍋とよく冷えたビール。たまらなくうまい!

http://www.kirin.co.jp/entertainment/daigaku/

 昨日の「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/904648/
「青森県 鰺ヶ沢」
<焼きイカ通り>
☆焼きイカ(マイカ) 300円(税込)
《七里長浜きくや商店》わさおの家
☆焼きイカ(マイカ) 350円(税込)
・ツブ貝
・イカのすし(もち米、ニンジン、キャベツ、イカゲソ、生しょうが)
・ワタリガニの味噌汁
《食事処 地魚屋 たきわ》
☆平目のヅケ丼 1000円(税込) 鰺ヶ沢産ヒラメ
☆マグロのカマの炭火焼 小 650円(税込)
・とろろの簡単グラタン
①昆布と焼いたヒラメの骨でダシをとる。
②①にとろろをちょっとずつ入れる。市販のシチュー素を入れる。牛乳を少々。火が軽く通ったろころでホワイトソースの完成。
③フライパンにオリーブオイルを温めヒラメの切れ端を焼く。
④③を耐熱容器に入れ、②を入れる。チーズをのせる。青のりを振りかける。魚のグリルで1分焼く。
・焼き魚(メバル)
・イクラ
「津軽鉄道」
 キュウリの辛子漬け、ニンジンのピーナッツ和え、煮りんご
<津軽スコップ三味線快館>
・たまご味噌(貝みそ)
①煮干しでダシを取る。煮干しは入れたままで、豆腐を入れる。味噌を入れる。
②溶いた卵を入れ、さっと火が通れば完成。ご飯に乗せて食べる。
・納豆と大根の葉の和え物(塩で味付け)
・大根と手羽先の煮物
≪カスミストア≫
・塩カスレ 850円(税別)
・ツブガイとマッシュルームのエスカルゴバター 1200円(税別)
新宿区新宿1-19-2 平ビル1F
「おやじ飯」【肉団子のオーブン焼き】
『材料』
 豚ひき肉、タマネギ、セロリの葉、卵、ミックスチーズ、白ワイン、ホールトマト缶、片栗粉、オリーブオイル、ハチミツ
①ボウルに豚ひき肉、塩を加えて粘り気が出るまで混ぜる。刻んだセロリの葉、ハチミツを加え混ぜ合わせる。卵と白ワインを加え混ぜる。
②タマネギをみじん切りにし、片栗粉をまぶす。
③①に②を加え、混ぜる。
④③をスプーンですくって形を整え、油で揚げ、中まで火を通す。
⑤耐熱容器にホールトマトを入れ、④を入れる。ミックスチーズをのせ、オーブンで焼く。

 今日の昼食は、「浜納豆煮」。まあ、味噌煮&醤油煮といったところか・・・。
 ここで「浜納豆煮」のレシピの紹介♪
 浜納豆は、昔から浜松で作られている食べ物です。糸を引く納豆とは製造方法がちがい、「塩納豆」とも呼ばれ、そのまま食べることもできます。煮物やマーボー豆腐の中に入れると、味に深みを出すことができるので、学校給食に取り入れています。
『材料』(2人分)1人分129kcal
・鶏もも肉・・・65g
・たけのこ水煮・・・40g
・こんにゃく・・・25g
・さやいんげん・・・10g
・ごぼう・・・40g
・にんじん・・・50g
・干ししいたけ・・・1g
・浜納豆・・・6g
・A
 赤みそ・・・8g(大さじ1/2弱)
 砂糖・・・8g(大さじ1弱)
 酒・・・10g(小さじ2)
 水・・・30g(大さじ2)
『作り方』
①鶏もも肉をひと口大に切る。
②ごぼう、たけのこ、にんじんは乱切りにする。ごぼうは、酢水につけてアク抜きをする。
③こんにゃくは下ゆでをして、干ししいたけは水で戻し、ひと口大に切る。
④鍋にAと浜納豆を入れ、火にかけ、鶏肉、ごぼう、こんにゃく、しいたけ、たけのこ、にんじんの順に煮ていく。
⑤材料がやらわかくなるまで、よく煮込む。
⑥さやいんげんを加えて、仕上げる。
※浜納豆は粗みじんにすると早く煮溶けます。

 今日の午後は、外での仕事・・・。
 「SEINO」のトラックが追い越し車線をゆっくり走っている・・・。遅い車は、走行車線を走ってよ!!!
 外回りの仕事をちょっと遅く終え、帰宅。仕事の時間が限られているんだから、話はまとめてよ!
 追い越し車線に「マーリス」のトラックが・・・このトラック、遅いくせにいつも追い越し車線にいるんだよね!!!迷惑だな!!!
 信号を無視して交差点に入り込んで来たマイクロバス・・・遅いのに、追い越し車線にいるよ・・・。

「浜納豆煮」

 帰宅して、「浜納豆」で一杯♪浜納豆には、日本酒が合うよね♪
浜松名産
伝統の味 鈴木醸造

 手造り 自然食品
健康自然食品
「召し上がり方」

 お茶漬けにお酒にビールにそのままお召し上がりください
 又中華、その他の料理にも最適です
80g
株式会社 鈴木醸造
浜松市東区材木町30番地
TEL 053-421-9751

「浜納豆煮」

 さらに「かつお土佐造り」256g243円のもので一杯♪ビック富士のって、塩辛いな・・・。
炭火焼 戻り鰹

本日のカウント
本日の歩数9,773歩
(本日のしっかり歩数:1,209歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« ほっともっと風 名古屋めし | トップページ | 「shotgun wedding」、そして「来々軒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62716902

この記事へのトラックバック一覧です: 「浜納豆煮」:

« ほっともっと風 名古屋めし | トップページ | 「shotgun wedding」、そして「来々軒」 »