« HotMotto「すきやき丼」 | トップページ | 「牛もつ鍋」、そして「Bio Bio」 »

2015年11月24日 (火)

「長沼ジンギスカン」

 昨日の「昼めし旅」は、「ごちそう島の田舎めしグランプリ3」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/900898/
「大分県 保戸島」
・ハゲの肝吸い
①ハゲ(ハギ)をさばく。
②鍋でお湯を沸かし、肝を入れ、醤油で味付け。
・ひゅうが
①ツバス(ツバス→ハマチ→ブリ)をさばく。
②すり鉢で白ゴマをすり、卵を入れする。砂糖を入れ混ぜる。醤油で味付け。
③②にツバスのぶつ切りを入れる。(その時獲れた魚でよい)
④ご飯の上に乗せる。
・ツバスの刺身(かぼす醤油で)
・ニーナの酢の物
①ニーナ(貝)をキュウリ、ニンジン、ダイコンと和え、酢の物にする。
・サザエ
・ひじきご飯
「東京都 三宅島」
・島アサリの釜めし
①醤油、ダシで米を炊く
②島アサリを入れる。
・里芋の煮物
・ムツゴの灰干し焼き
①開いたムツゴを布で挟み、火山灰をかける。
※水分がぬける
②フライパンで焼く。
・明日葉のピーナッツ和え
・カメノテの味噌汁
「長崎県 対馬」
・アナゴ天ぷら(藻塩(もじお)を付けて食べる)
①対馬アナゴを開き、カットし、衣をつけ、油で揚げる。
・アナゴの煮付け
・クエ鍋
①クエをさばき、ぶつ切りにする。
②沸騰した鍋に入れる。対馬の醤油・塩で味付け。
③野菜(タマネギ、白菜、えのき、ネギ)を入れる。
・筋カツオのたたき
・ちまき(よもぎ・さつまいも)
・栗と豆のおこわ
・ろくべえ
①ろくべえの麺(サツマイモの粉で作る)に鶏肉スープ(鶏肉、シイタケ、エノキをにこんだ)をかける。
「島根県 隠岐の島」
・サヨリの天ぷら
①サヨリを3枚に下ろす。
②袋にメリケン粉と塩を入れ、その中に①を入れ振る。
③油で揚げる。
・イカ団子のオリーブオイル揚げ
①白イカのミンチに卵白を入れ混ぜる。
②スプーンですくって、オリーブオイルで揚げる
・サヨリの刺身
・イカつみれ(茹でただけ。ポン酢をつけて。)
・茹でワタリガニ
「北海道 焼尻島」
・ソイの水炊き
・ヤリイカのちゃんちゃん焼き(白みそ)
・ラム肉のロースト
①ラム肉(サフォーク)を塩、コショウし、フライパンで表面に焦げ目をつける。
②①を密封できるビニル袋に入れ、お湯の入った炊飯器に入れ、蓋をして70℃の温度で約20分保温する。
③スライスして出来上がり。お好みでポン酢をつけていただく。
・ラム焼肉

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「ローストターキーとローストチキンの違いについて」。
・ローストターキーは七面鳥を焼いたもの。
・ローストチキンはニワトリを焼いたもの。
 でも、七面鳥とニワトリでは、味や肉質が、どう違うのかというところは、あまり知らない方が多いようです。そこで、自分の好みを見つけるために、ターキーとチキンの違いを、3つの項目に分けて、まとめてみました!
 まずは【肉質】
 水郷どりがしっとりとしていてジューシーなのに対し、ターキーは水分が少なく、引き締まった感じです。水郷どりと食べ比べてしまうと、ターキーは多少パサつくような感じがあるかもしれません。
 次は、【肉の硬さ】
 水郷どりが柔らかくて弾力があるのに対し、 ターキーは歯ごたえがあって硬めです。 ターキーは、歯ごたえがある分、噛めば噛むほど、肉の味が口の中に広がり、それがクセになってしまう方もいらっしゃいます。ターキーは味の濃いソースなどにもよく合います!
 最後は、【味】
 水郷どりはクセがなく甘みがあるのに対し、ターキーは濃厚でどこか野性味があります。鶏肉とは一味違った美味しさがあり、違いを食べ比べてみるのも面白いですよ。

http://m3.rakuten.co.jp/gold/suigodori/xmas-top.htm%253fscid%3drm_197493/-/4/48dx/anr7p/2/76mi0/

 仕事が忙しい・・・何から手を付けていいのか・・・・!!!
 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。途中、TOTO 7を買う。

「長沼ジンギスカン」

 帰宅して「長沼じんぎすかん」で一杯♪
ラム味付
長沼LAMB
350g
登録商標「長沼じんぎすかん」
社団法人 北海道観光土産品協会 推奨品
100g当たり
143kcal
加工者:株式会社 長沼成吉思汗
北海道夕張郡長沼町字馬追2022番地
TEL (0123)88-2564
「お召し上がり方」
・ジンギスカン鍋
・ホットプレート
・網焼き
 ジンギスカン鍋、ホットプレート、フライパン、網等で焼いてお召し上がり下さい。玉ねぎやピーマン、もやし、なす等の季節の野菜を一緒に焼くといっそうおいしく召し上がれます。

 「もやし」「ニンジン」、「長野県産 まるごと一株 ぶなしめじ」を入れたよ。
「長沼ジンギスカン」

【ぶなしめじのまぜご飯】
 ぶなしめじ、お米2合、味醤油、サラダ油
『作り方』
①しめじは石突をとり適当な大きさにほぐし軽く炒めた後、味醤油を入れ煮る
②しめじと煮汁を別にして、といだお米に煮汁を適量加えながら炊飯器で炊く
③炊きあがったところは、煮たしめじを入れ蒸らして出来上がり
 生ものですのでお早めに加熱調理してお召し上がり下さい
JA全農長野
TEL 012-236-2248

http://www.nn.zennoh.or.jp
JAみなみ信州
長野県飯田市名古熊2154番地-1

http://www.ja-mis.iijian.or.jp
ぶなしめじ栽培発祥の地、長野県飯田
生産者番号 857

 〆は、ジンギスカン鍋にうどんを入れて、「ジンギスうどん」↑↑↑うどんがスープを吸って、美味しいよ♪「

 長沼町というと、10年位前の修学旅行を思い出すね♪♪♪
 長沼町に成吉思汗は3店あるんだな!
・「かねひろ成吉思汗」
・「さとうジンギスカン」
・「長沼成吉思汗(タンネトウ)」

http://asaken1970.jugem.jp/?eid=43
「長沼成吉思汗」
北海道夕張郡長沼町字馬追2022
TEL 01238-8-2564

http://naganumajingisukan.co.jp/
「かねひろ」
夕張郡長沼町錦町南1丁目1番19号
TEL 0123-88-2628

http://www.jingisukan.org/
「佐藤精肉店」
北海道長沼町東町北1丁目1-52
TEL 0123-88-2452

http://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010704/1034773/

 ここで、「フルーツだれの焼肉」「夏野菜たっぷりガーリックBBQ」「秋野菜たっぷり焼肉」のレシピの紹介♪
【フルーツだれの焼肉】
『材料』(2人分)
・牛肉(焼肉用)・・・200g
・なし・・・1/2個
・たまねぎ・・・1/2個
・にら・・・50g
・なす・・・1本
・かぼちゃ・・・80g
・ゴーヤー・・・1/2本
・しいたけ・・・4枚
・A
 にんにく、しょうが(各すりおろし)・・・各小さじ1/2
 しょうゆ・・・大さじ2
 レモン汁・・・1/2個分
 みりん・・・大さじ3
 いりごま(白)・・・小さじ1
『作り方』
①なし、たまねぎはすりおろし、Aと耐熱ボウルで混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジで5分加熱する。
②ホットプレートで牛肉、食べやすい大きさに切った野菜を焼き、①につけていただく。

【夏野菜たっぷりガーリックBBQ】(583kcal)
『材料』(2人分)
・牛肉(焼肉用)・・・200g
・パプリカ(赤)・・・1/2個
・とうもろこし・・・1本
・オクラ・・・6本
・塩、こしょう・・・各少々
・A
 ローズマリー(粗みじん切り)・・・ひとつまみ
 にんにく(みじん切り)・・・1片分
 塩・・・小さじ1/2
 こしょう・・・少々
 白ワイン・・・大さじ3
 オリーブ油・・・大さじ1
・オリーブ油・・・適量
『作り方』
①保存袋に牛肉、Aを入れてよくもみ込み、30分以上おく。
②パプリカは2cm四方に切り、とうもろこしは4等分の輪切りにする。オクラは塩適量(材料外)をまぶして板ずりにし、サッと洗う。
③熱したホットプレートにオリーブ油を入れ、①、②を焼く。野菜は焼けたら塩、こしょうをふる。

【秋野菜たっぷり焼肉】(488kcal)
『材料』(2人分)
・牛肉(焼肉用)・・・200g
・えのきだけ・・・1袋(100g)
・しめじ・・・1/2パック(50g)
・さつまいも、れんこん、かぼちゃ・・・各100g
・A
 味噌・・・小さじ2
 砂糖・・・小さじ1/2
 マヨネーズ・・・大さじ1
・ポン酢しょうう・・・適量
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①えのき、じめじはバラバラにならないようにほぐし、さつまいもは半月切りに、れんこんは輪切りに、かぼちゃは薄いくし形切りにする。
②Aは混ぜて器に入れる。
③熱したホットプレートに油を入れ、牛肉と①を焼き、火が通ったものからポン酢しょうゆ、②につけていただく。

本日のカウント
本日の歩数10,925歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« HotMotto「すきやき丼」 | トップページ | 「牛もつ鍋」、そして「Bio Bio」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「長沼ジンギスカン」:

« HotMotto「すきやき丼」 | トップページ | 「牛もつ鍋」、そして「Bio Bio」 »