« おいしいもの探索!ご当地グルメ 長野県伊那市「ローメン」 | トップページ | 「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」 »

2015年11月13日 (金)

「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」

 昨日のテレビ「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/902603/
「広島県 熊野町」
仿古堂>
☆開心 25,000円(税込)
☆純白開心 70,000円
☆極純開心 230,000円(税込)
☆リスのチークブラシ 6,000円(税込)
☆ヤギのフェイスブラシ 5,000円(税込)
・揚げ茄子、ロースハム、おにぎり(梅干し)、煮物、ほうれん草の白和え、ベーコンとかぼちゃ
<泰山堂>「夢あるかぎり 努力は無限」
・はっすん(ブリのあら、大根、里芋、人参、れんこん、ごぼう、厚揚げ)
・さんま焼き
・きゅうりの漬け物
<ホウコ堂>
・フルーツ入りサラダ(ぶどう、いちじく、梨)
・鯛めし
・湯豆腐(木綿豆腐、鯛の切り身)
・ハマチの刺身
・はっすん
「東京都 中央区佃島」
《佃源 田中屋》
☆はぜ 100g 570円(税込)
☆かつお佃煮 100g 620円(税込)
・コウイカとホールトマトのパスタ
<>
・キノコのお味噌汁
①鍋に出し汁を入れ、キノコ(4種類)を入れる。
②酒粕を入れ、お味噌を入れる。
・鮭と白子のムニエル
①鮭の白子を食べやすい大きさに切る。
②フライパンで白子と鮭の身を焼く。
③器に盛り、いくらをのせて完成。
・焼きおにぎり(味噌 醤油)
≪和洋ダイニング 酒らふ≫
・お刺身盛り合わせ 1200円~(税別)
・牛すじの赤ワイン煮 600円(税別)
板橋区志村2-2-5
「おやじ飯」【牛肉とまいたけのしぐれ煮】
『材料』
 牛バラ肉、まいたけ、ショウガ、干しぶどう、酒、みりん、醤油、ガムシロップ
①牛バラ肉を軽く茹で、水を入れたボウルに入れ粗熱を取る。水を切る。
②鍋に酒、水、おろしショウガ、醤油、みりんを入れる。干しぶどうを加え軽く煮詰める。
③②に①を加え、しっかり火を通す。火が通ったら味がつきすぎないよういったん取り出す。
④残ったタレを強火で煮詰める。
⑤まいたけを電子レンジにかける。
⑥④に③⑤を入れてガムシロップを加える。お皿に盛り、ショウガの千切りをのせる。

 「サッポロビール」より、メール。「深み味わうヱビス」の案内♪
http://d.sapporobeer.jp/c/aboqaluT2ccoxPab
 「クラブツーリズム」より、メール。「WEB限定掲載ツアー」の案内♪
http://www.club-t.com/special/japan/webgentei/nagoya.htm?waad=TT7oIQC7
 「アサヒパーク」より、メール。「-英国王室御用達ブランドの逸品- シャンパン「ランソン・ブラックラベル・ブリュット」の案内♪
https://www.asahibeer.co.jp/park/campaign/
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「とり鍋」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/kotinnabe/?scid=rm_197493

 床屋さんに予約の電話を入れる。

 今日の仕事・・・・。
 なんで、打ち合わせにそんなに時間がかかるの???「しゃんべえ」ばっかりだね。日報で済むようなことも話しているよ!何のために日報を発行しているの!!・・・手短にしないと、後の活動にしわ寄せがいくよ!!仕事のできる方々がなぜそんなこと分からないのですか???

 午後の仕事は、気を使ったね・・・あんまり働いていないけど、疲れちゃったな・・・。

 帰宅して、『ふれ愛交差点』の何年か分からないが9月号に載っていた「秋鮭の味噌バター鍋」で一杯♪石狩鍋に似ているよね!
http://www.geocities.jp/je2fmv2011/salmon-miso-butter.html
「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」

 鮭は、先日100g105円で買った「北海道産 秋サケ」♪
「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」

 キノコは「三島のひらたけ」を使う。
ふるさとの味
 すき焼、水たき、ちり鍋、みそ汁、きのこ飯、みそ和え、佃煮、きのこ炒め、八宝菜、よせ鍋、二杯酢、特に、赤だし、天ぷら吸物等には風味があります。
JA三島函南
静岡県三島市谷田141-1
TEL 055-971-8211

「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」

 ダシは「柳谷本店 だしの素」。
株式会社 柳屋本店 YO
静岡県焼津市東小川2丁目1番10号

 ここで、『ふれ愛交差点』2015年11月号の「おうちで楽しむ!ご当地鍋」の引用♪
 全国各地のご当地鍋から4品をご紹介します。いつものお鍋とはひと味違う、ご当地ならではの味わいをご家族でにぎやかにお楽しみ下さい。
【北海道 石狩鍋】(624kcal)
鮭の名産地、石狩川にちなんだ鮭をメインにした魚介たっぷりのお鍋
『材料』(2人分)
・生鮭(切身)・・・2切れ
・ベビーほたて・・・12個
・かに(足)・・・6本
・じゃがいも・・・1個
・キャベツ・・・3枚
・コーン(粒)・・・大さじ5
・A
 味噌・・・大さじ3
 みりん・・・大さじ1
 昆布だし汁・・・4カップ
・バター・・・25g
・ごはん・・・200g
・ミックスチーズ・・・40g
『作り方』
①鮭は1切れを半分に切る。かには殻に切り込みを入れる。じゃがいもは1cmの厚さの輪切りにして、キャベツはざく切りにする。
②鍋にAを合わせて煮立たせ、①、ほたてを入れて煮る。火が通ったらコーンとバターを加え、取り分けていただく。
「締め」リゾットで
 残った煮汁を煮立たせてごはんを入れ、チーズをちらしてふたをし、蒸らしていただく。

【秋田 だまこ鍋】(520kcal)
米どころ 秋田で愛される家庭の味。自家製「だまこ」を楽しむ
『材料』(2人分)
・ごはん・・・240g
・鶏もも肉・・・1枚
・ごぼう・・・1/2本
・しめじ、まいたけ・・・各1パック(100g)
・せり・・・1/2束
・しらたき・・・1パック
・A
 塩・・・小さじ1/2
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
 だし汁・・・4カップ
『作り方』
①温かいごはんをボウルに入れ、濡らしたすりこぎ棒でよくつき、6等分にして濡らした手で煮崩れないようにしっかり丸める。
②鶏肉は食べやすい大きさに切り、ごぼうは太めのささがきにし、しめじ、まいたけはほぐす。せりはざく切りにし、したらきはざく切りにして湯通しする。
③鍋にAを合わせて煮立たせ、せり以外の①、②を入れて火が通るまで煮る。最後にせりを入れ、サッと煮ていただく。
「だまこ」とは
 つぶしたごはんを丸めたもので、家庭によっては焼くことも。きりたんぽのように真ん中に穴がないため、だまこの方が煮崩れしにくいようです。

【東京 塩ちゃんこ鍋】(537kcal)
「ちゃんこ」とはお相撲さんの食事のこと。そのメインがちゃんこ鍋です
『材料』(2人分)
・鶏ひき肉・・・100g
・豚ひき肉・・・50g
・いわしのつみれ(市販)・・・4個
・木綿豆腐・・・1/2丁
・白菜・・・300g
・小松菜・・・1/3束
・長ねぎ・・・1/2本
・にんじん・・・40g
・A
 溶き卵、片栗粉・・・各大さじ1
 塩・・・少々
 しょうが(すりおろし)・・・小さじ1
・B
 鶏がらスープ(顆粒)・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
 酒・・・大さじ1
 水・・・4カップ
・ごはん・・・200g
・溶き卵・・・1個分
『作り方』
①鶏ひき肉、豚ひき肉にAを加えて練り混ぜ、4等分にして団子に丸める。
②豆腐は8つに切り、白菜、小松菜はざく切りに、長ねぎは斜め切りに、にんじんは薄切りにする。
③鍋にBを合わせて煮立たせ、①を入れてサッと煮る。つみれ、②を加えて煮て、火が通ったものからいただく。
「締め」雑炊で
 残った煮汁を煮立たせてごはんを入れ、再び煮立ったら溶き卵を回し入れ、ふたをして蒸らしていただく。

【大阪 海鮮うどん鍋】(318kcal)
素材のうまみ豊かなだし汁でうどんを煮込んで
『材料』(2人分)
・えび(殻付き)・・・4尾
・はまぐり・・・4個
・うどん(冷凍食品)・・・2玉
・水菜・・・1/2束
・長ねぎ・・・1/2本
・かまぼこ(薄切り)・・・4枚
・A
 塩・・・小さじ1/2
 薄口しょうゆ、みりん・・・各小さじ2
 だし汁・・・4カップ
『作り方』
①えびは背わたを抜き、はまぐりは砂出しをして、殻を洗う。水菜はざく切りに、長ねぎは斜め切りにする。
②うどんは電子レンジで1玉につき約3分30秒加熱する。
③鍋にAを合わせて煮立たせ、①、②、かまぼこを入れて煮る。火が通ったものから煮汁と一緒にいただく。
※お好みで半分に切ったすだちを絞り、七味唐辛子をかける。

本日のカウント
本日の歩数14,300歩
(本日のしっかり歩数:2,188歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« おいしいもの探索!ご当地グルメ 長野県伊那市「ローメン」 | トップページ | 「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」:

« おいしいもの探索!ご当地グルメ 長野県伊那市「ローメン」 | トップページ | 「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」 »