« 「土井善晴の料理は楽し」(11-1)「サーモンのムニエル」 | トップページ | 「おいしい魚とこだわりの酒 とっちゃば」、そして「濱松 大王」 »

2015年11月 5日 (木)

この秋冬はあっさり風味鍋

    ☆
    ┻ 
   ┛┗
   ┛ ┗ 
  ┛☆ ┗
  ┛  ☆┗
 ┛━┳┳━┗
  ┏┻┻┓
  ┗━━┛
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「クリスマスグルメ」の案内♪
http://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/xmas-top.htm?scid=rm_197493
 「ゆで落花生「郷の香」」もおいしそうだ♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/rakka/?scid=rm_197493
 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「北海道をお試し(海鮮漬 or 昆布だしいくら)」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/shos01/?scid=rm_198862#shos01
 「アサヒパーク」より、メール。「ブラックニッカ クリア」1本が毎日当たるチャンス! ☆*-NEW-*☆
http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_761375_--_40948_--_7

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 白象は、普賢菩薩(ふげんぼさつ)をその背に乗せる霊獣だ。しかし英語でホワイト・エレファントといえば「始末に困るもの、金のかかる厄介物」という意味になる
▼その昔、タイでは王様が気に入らぬ家来に白い象を与えたという。神聖な生き物でしかも王からの贈り物となれば、いくらエサ代がかさもうが手放すこともできずに、家来は破産に追い込まれる。使い道がないのに維持費がやたらかかるもの。それがホワイト・エレファントである
▼普賢菩薩にあやかって命名された日本原子力研究開発機構の新型転換炉「ふげん」は、「開栄丸」という白い象をお持ちだ。この炉から出た使用済みの核燃料を運ぶ船なのだが、ここ六年近く一度も運んでいないのに、五十九億円が維持などに費やされたという
▼さらに大きな白い象は、文殊菩薩から名をいただいた高速増殖原型炉「もんじゅ」だ。こちらは二十年前に深刻な事故を起こして以来、ほとんど動いていないのに、年に百数十億円もの維持費がかかる
▼しかも、それほどの費用を使いながら、原子力機構はまともに点検すらできない。さすがに原子力規制委員会は、もう機構には任せられないと断を下した
▼そもそも十兆円を投じても先が見えぬ核燃料サイクルという事業自体、飛び切り大きなホワイト・エレファントだろう。私たちはいつまで、エサ代を払い続けなくてはならぬのか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015110502000130.html

 昨日のテレビ「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/900253/
「東京練馬 石神井公園」
<>
・お弁当(三色のり巻き、ナスの素揚げ、カボチャの素揚げ、メヒカリのフライ)
<>
・キヌアのジャーサラダ(キヌア、クルミ、コーン、キュウリ、トマト、インゲン、エンドウマメ)
・白ゴーヤチャンプルー
・鶏南蛮の酢漬け
《魚市場 旬》
☆サンマ大 280円(税込)※時価
☆タイ 100g 145円(税込)
☆真タラ 580円(税込)
☆ホウボウ 589円(税込)
☆マグロぶつ切り 480円(税込)
☆ヘダイ(刺身用) 580円(税込)
・まかない弁当 305円(税込)
(クロムツの煮付け、エビと長ネギのかき揚げ、エビチリ、タコのナムル、サンマフライなど6種類入っている)
・まかない寿司 285円(税込)
「静岡県伊東市」
<鈴木園>スイートスプリング(1月~2月)
☆みかん狩り 400円
・おにぎり(鮭、梅干し)
・しそご飯
・煮物
・ジャーマンポテト
・お豆の煮物
《喰い道楽 福寿丸》
☆伊勢海老とアワビの踊り焼き御膳 4,750円(税込)
☆日替わり丼 1,580円(税込)
☆伊勢海老天丼 3,300円
・まかない飯 海鮮丼
(マグロの中落ち、メダイ、アオヤギ、コハダ、生くらげ、かまぼこ、玉子)
≪エル ヌエーボ≫
・赤エビのアヒージョ 950円(税別)
・エスケイシャーダ 700円(税別)
新宿区神楽坂5-1 神楽坂テラスB1
「おやじ飯」【イワシのパエリア】
『材料』
 イワシ、しめじ、パプリカ、お米、マヨネーズ、タマネギ、ニンニク、コンソメ、ホールトマト、オリーブオイル、レモン、お酢
①イワシを3枚におろし、両面に塩、コショウをする。お酢をかけて10分ほどおく。
②フライパンにオリーブオイルをあたため、刻んだニンニクを炒める。タマネギ、パプリカ、しめじ、コンソメスープ、お米、ホールトマトを入れ、5分ほど煮込む。
③①のイワシを入れる。中火で水分を飛ばす。
④オーブン190℃で約17分焼く。
⑤ボウルにマヨネーズ、おろしニンニクを加えたら、レモンを絞ってよく混ぜる。
⑥④に⑤をのせる。

 今日の仕事・・・「赤ちゃんせんべい」。
 おおきな からだ に
 おおきな おみみ。
 のっしのっし と
 あるく ぞうさん。
 ながい はな を
 じょうずに つかい
 まるい りんご も
 ペロリと たべます。
岩塚製菓株式会社

http://www.iwatsukaseika.co.jp/index.shtml

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 途中、「LOTO 7」と「TOTO BIG」を買い帰宅。

 帰宅して、「すき焼き風芋煮」で一杯♪いい日本酒を使うと美味しいねぇ~♪♪♪
この秋冬はあっさり風味鍋

 「ニンジン」は、先日安く買ったもの「。
この秋冬はあっさり風味鍋

 「タマネギ」は先日、売り出しのもの。
この秋冬はあっさり風味鍋

 キノコは、先日おつとめ品で買った、「まるごと一株 ぶなしめじ」。
【ぶなしめじのホイル焼き】
 ぶなしめじ、えのきたけ、バター、マヨネーズ、醤油
『作り方』
『作り方』
①しめじは石突をとり適当な大きさにほぐす。えのきたけは石突をとり3等分程度に切る
②アルミホイルに①を入れ、バター、マヨネーズを適量加え包む
③②をフライパンに入れ、ふたをし中火で約10分焼く
④10分たったら醤油を適量加え味を調えて出来あがり
JA全農長野
TEL 026-236-2248

http://www.nn.zennoh.or.jp
JAみなみ信州
長野県飯田市名古熊2154番地-1

http://www.ja-mis.iijian.or.jp
ぶなしめじ栽培発祥の地、長野県飯田
生産者番号 950

この秋冬はあっさり風味鍋

 デザートは、頂いた「SWEET BEN」。

 寒くなってくると、鍋が美味しい季節になりますねぇ~!
 ここで、2015年9月23日の朝刊より、「この秋冬はあっさり風味鍋」の引用↑↑↑
 秋の気配が濃くなるにつれ恋しくなる鍋料理。近年は塩味などの「あっさり風味」が流行の兆しを見せている。そんな流行を取り入れつつ、手軽で手ごろなおすすめメニューを、ミツカンメニュー開発課の前田理紗さん(30)に聞いた。
(諏訪慧)
 あっさり風味の一押しは「鶏肉の塩ちゃんこ鍋」。野菜との相性が良く、レシピ例にこだわらず好きな野菜を使ってみて。最近は天候不順で野菜が高値なので、シメジなど価格が安定しているキノコ類を多用するのも手だ。シメはうどんよりも中華麺で。前田さんは「バターを入れた塩バターラーメンはやみつきになります」。
 手軽な上、お値打ちにできる鍋として勧めるのは「しゃぶしゃぶ」。高値が続く牛肉でなく、比較的手ごろな豚肉を使えば費用を抑えられる。「ギョーザの皮でもちっと豚しゃぶ」は、ボリュームたっぷりのギョーザの皮でおなかも満足。「すきしゃぶ」は豚肉に火を通しすぎないのがポイント。加熱しすぎると、硬くなるからだ。
 前田さんは「『ごちそう感』が楽しめるのも、しゃぶしゃぶの魅力です」と話す。
 なお、材料はいずれも四人分で、同社の袋入り鍋つゆを用いた。
【一押しは…鶏肉の塩ちゃんこ鍋】
・鶏もも肉1枚(約300グラム)
・鶏だんご 10個
・ハクサイ 1/4個
・ニンジン 1/3本
・長ネギ 2本
・ミズナ 1/2袋
・シイタケ 4個
・絹ごし豆腐 1/2丁
・油揚げ 2枚
・くずきり 30グラム
・中華麺(生) 1玉
・バター 10グラム
・塩ちゃんこ用鍋つゆ 1袋
<1>具材を食べやすい大きさに切る。
<2>鍋つゆを沸騰させ、鶏肉やハクサイの芯など煮えにくい具材から入れる。
<3>シメに中華麺とバターを入れ、塩バターラーメンに。

【手軽に…ギョーザの皮でもちっと豚しゃぶ】
・豚肉しゃぶしゃぶ用 400グラム
・ハクサイ 1/4個
・ニラ 1束
・ギョーザの皮 1袋
・ぽん酢しょうゆ 適量
<1>ハクサイは芯の部分を幅1センチの細切り、葉の部分は一口大に。ニラは長さ5センチに切る。
<2>鍋に湯を沸かし、ハクサイの葉、ニラ、豚肉、ギョーザの皮を重ねて箸で持ち、湯に通す。火の通りにくいハクサイの芯は、先に浸してから他の具材と重ねる。ギョーザの皮は30秒ほどで食べごろに。
<3>火が通ったら、ぽん酢しょうゆにつけて食べる。ごまだれでもおいしい。

【ごちそう感が楽しめる…すきしゃぶ】
・豚肉しゃぶしゃぶ用 400グラム
・ハクサイ 1/8個
・タマネギ 1個
・ニンジン 1/3本
・エノキダケ 1/2パック
・コマツナ 1束
・シイタケ 4個
・水 3カップ
・卵 4個
・うどん 1玉
・すきしゃぶ用つゆ 1袋
<1>ハクサイは芯を短冊切り、葉の部分は食べやすい大きさに切る。ニンジンは皮むき器で薄切りに。タマネギはくし形切りにする。他の具材は食べやすい大きさに。
<2>鍋つゆに水を加えて煮立て、具材を入れて火を通し、溶き卵につけて食べる。うどんはシメ用。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2015092302000005.html

本日のカウント
本日の歩数8,087歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(11-1)「サーモンのムニエル」 | トップページ | 「おいしい魚とこだわりの酒 とっちゃば」、そして「濱松 大王」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62619569

この記事へのトラックバック一覧です: この秋冬はあっさり風味鍋:

« 「土井善晴の料理は楽し」(11-1)「サーモンのムニエル」 | トップページ | 「おいしい魚とこだわりの酒 とっちゃば」、そして「濱松 大王」 »