« 「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」 | トップページ | 「ふかひれ入り スープ餃子」「この冬食べたい!店鍋6選」、そして「ごまどうふ」 »

2015年11月14日 (土)

「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」

 昨日のテレビ「探Q!Aトリップ」は、「愛知県津島市」。
http://www.tv-aichi.co.jp/tanq/
「津島の3大名物グルメ」
《手打ちめん処 今吉》
・重箱うどん
津島市神尾町蓮池
TEL 0567-32-1233
《末廣寿司》
・もろこ寿司
(タモロコを生きたまましょうゆ・ざらめ・ショウガのタレの鍋に入れて煮る。生きたままでないと生臭さが残る。緑茶を入れる。1時間煮て、すし飯の上に並べてのせる。押し寿司の木枠にはめて3時間。)
津島市本町
TEL 0567-26-2790
《あかだ屋 清七》
・あかだ 540円
(米粉をお湯でこねて、ごまを入れたものを団子状にする。菜種油で約50分、混ぜながら揚げる。)
・くつわ 540円
(ご神馬の「くつわ」に似せて作った説とちの輪くぐりの「ちの輪」に似せて作った説)
津島市祢宜町
TEL 0567-26-2754
《伊勢屋茶舗》
・抹茶
津島市横町
TEL 0567-26-2879

 「孤独のグルメ Season5」は、「東京都世田谷区千歳船橋の ラム肩ロースとラムチョップ」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/
《ジンギスバル まーさん》
・ウーロン茶
・ライス(並)
・おすすめAセット(ラム肩ロース・ランプ・野菜盛り合わせ) 1200円
(ラム肩肉、タマネギはタレ、お好みでニンニク・一味。ランプはクミン塩)
・ラムせせり味付 760円
・旨くちロースタレ 880円
・羊の薬膳スープ 380円
・ラムチョップ 780円
(焼いてからお皿の上で休ませてから、レモンを絞って。)
☆ラムタン原木 790円
☆MASSA酎(マッサチュー) 400円
(レモン酎ハイ)
☆ラムチョップ
☆もやし(焼き野菜) 200円
世田谷区桜丘2-24-20
TEL 03-5450-4030

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「真たらの白子(たち)」の案内♪
・真鱈のたち鍋
・たちポン酢
・たちの天ぷら
・真鱈の白子(お醤油)

http://item.rakuten.co.jp/rebun/madachi/?scid=rm_198862#madachi

 今日は、雨なんですね・・・。
 「床屋」に行く。2,730円なり。缶コーヒーをもらう。

 終日なのに仕事に向かう。でも、無休・・・サービス出勤なんです。忙しくて、仕事が回っていないんです!!!

 仕事を終え、帰宅・・・。一旦停止を出ようと止まっていると、優先道路のオバチャンが交差点で停まる・・・あなたが早く行ってくれた、こちらは出られるですよ!!!・・・どうして女性ドライバーは視野が狭いのだろう!迷惑だ!!!!!

 スーパーに寄る。「納豆」48円、「もやし」17円、「うどん」20円、それに売り出しの「ラ・フランス」98円、「若鶏のもも唐揚げ」498円を買う。

 もうひとつのスーパーに寄る。駐車場が混んでいた・・・。「長沼ジンギスカン」842円、「丸守 もめん豆腐」62円、「白ねぎ」69円、「石川県産 天然はまち(ぶりの若魚)のかま」194円のところ20%引きで155円、それに売り出しの「一株ぶなしめじ」84円を買い帰宅。

 「酒&FOOD かとう」に、1升瓶を返しに行きながら、「一ノ蔵 ひやおろし」2786円を伝票にて買う。
 最近、日本酒を飲みたい雰囲気なんです。
http://slowkato.hamazo.tv/
 「JOAロゲイニンウ 大御所シリーズ」の案内をもらう。
主催 日本オリエンテーリング協会
 2015年は大御所こと徳川家康公没後400年
 それにちなんで家康公ゆかりの地、五都市にてロゲイニングを開催します。
 ナビゲーションにチャレンジしながら。町づくりや戦にも地形を活用した家康公の功績や足跡をめぐりましょう。

http://www.orienteering.or.jp/ng/ogosho/

「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」

 夕方は、「一ノ蔵 ひやおろし」で一杯♪
特別純米酒
伝統と技と心 手づくりの酒

 昔、清酒は適度に熟成された酒質が良いとされ、なかでも適温でひと夏を越し、火入れをぜずに生詰めのまま出荷する”ひやおろし”が最上とされていました。
 一ノ蔵ひやおろしは、春先に搾った特別純米酒を熟成に適した品温でひと夏越させ、最も味乗りしたお酒を選抜しました。
 熟成により酒にまるみやなめらかさを増した本品は、食を引き立たせる食中酒として最適です。この季節ならではの旬の味をお楽しみください。
お召し上がり方
 本品は生詰酒のため、軽く冷やして(10℃前後)お飲み下さい。秋ナスの天ぷらや秋刀魚の塩焼きなど季節の料理と合わせてお召し上がり下さい。
株式会社 一ノ蔵
宮城県大崎市松山千石字大欅十四
TEL 0229-55-3322

http://www.ichinokura.co.jp/

「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」

 おつまみは、今日買った「石川県産 天然はまち(ぶりの若魚)のかま」を使って「寄せ鍋風ブリ鍋」♪

「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」

 今日買った「長野県産 まるごとしめじ」も入れる。鍋にはやっぱりキノコですよね♪
MA包装 P-プラス 鮮度保持フィルム
【ぶなしめじの浅漬け】
 ぶなしめじ・きゅうり・浅漬けの素
『作り方』
①しめじは石突きを落としてほぐしサッと茹でる。
②容器に材料を移し浅漬けの素を浸し冷蔵庫で冷やす。
③えのきたけ、なめこを入れてもOK。
※生ものですのでお早めに加熱処理してお召し上がり下さい。
JA全農長野
TEL 012-236-2248

http://www.nn.zennoh.or.jp
JAみなみ信州
長野県飯田市名古熊2154番地-1

http://www.ja-mis.iijian.or.jp
ぶなしめじ栽培発祥の地、長野県飯田
生産者番号 277

「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」

 「もめん豆腐」も入れる。丸守のとうふは、「生」だから美味しいね♪
創業明治30年 老舗の技
昔ながらの生とうふ
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

 タレは、大根おろしにポン酢だね。

 ここで、『ふれ愛交差点』2015年11月号の「11月の旬「大根」」の引用。
 お鍋や煮物、漬け物など、これからの季節、食卓に登場する機会が多くなるのが冬野菜の大根。寒くなるにしたがって甘さが増し、みずみずしさもアップします。
☆選び方と保存法
 ハリとツヤがあって、まっすぐでひげ根が少ないものを選びましょう。ずっしりと重みがるものが新鮮です。
 葉は切り落とし、根と別に保存すると、どちらも長持ちします。冷凍保存も可能で、葉はゆでたのち、根は薄切りにすれば生のまま冷凍でき、凍ったまま調理すれば味のしみ込みも良くなります。厚切りを冷凍するのは、解凍すると筋っぽくなるので避けましょう。
☆豆知識・栄養
・大根は、別名「清白(すずしろ)」とも呼ばれ、春の七草の一つとしても知られています。原産地は地中海沿岸といわれ、日本への伝来は奈良時代の文献に「おほね(大根)」の記述があることから、1300年以上前に伝わったと考えられています。
・現在、一般に市場に出回っているのは「青首大根」ですが、大根は地方ごとの品種が多く、東京・練馬産の「練馬大根」、京都の伝統野菜「聖護院大根」、鹿児島・桜島の特産品である世界一大きくて重い「桜島大根」、愛知や岐阜で栽培される世界一長い「守口大根」などが有名です。
・根にはジアスターゼ(でんぷん消化酵素)が含まれ、胃腸の働きを助け、消化を助けるといわれています。大根おろしにするとジアスターゼが効率よく摂れるため、料理の薬味に使うと消化を助けてくれます。葉にはカルシウム、鉄分、β-カロテン、ビタミンC・Eが豊富に含まれています。
・大根の根は、葉に近い上の方は甘みがあり、真ん中はやわらかく味がしみ込みやすく、下の方は辛みがあります。
・大根を用いた言葉に「大根役者」という言葉がありますが、大根は消化が良く、食当たりをしないということから、「どんな役をしても当たらない役者」という意味で使われるようになったそうです。
「旬の野菜まるごと使いきり」
 大根は、普段捨ててしまいがちな皮や葉の部分にも大切な栄養が含まれています。大根を丸ごと一本、ムダなく使いきるメニューをご紹介します。
【ほろふき大根】(114kcal)
大根の根で
『材料』(作りやすい分量)
・大根・・・1本(約800g)
・鶏ひき肉・・・150g
・ゆずの皮・・・少々
・昆布(10×10cm)・・・1枚
・A
 味噌・・・大さじ3と1/2
 酒・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ4
 だし汁・・・大さじ2
『作り方』
①大根は4cmの厚さの輪切りにして、皮を厚めにむいて面取りをし、鍋に入れて昆布、たっぷりかぶるくらいの水(材料外)を加えて強火にかける。煮立ったら弱火にして、芯までやわらかくなるまで煮る。
②別の鍋にひき肉、Aを入れて弱めの中火にかけ、かき混ぜながらひき肉に火を通し、ぽってりするまで煮る。
③①を温めて器に盛り、②をかけ、せん切りにしたゆずの皮をのせる。
【大根の皮のポン酢漬け】(9kcal)
大根の皮で
『材料』(作りやすい分量)
・大根の皮・・・100g
・ポン酢しょうゆ・・・適量
・赤唐辛子・・・1本
『作り方』
①大根の皮(ほろふき大根などで余ったもの)は、2~3mmの太さの細切りにし、密閉容器に入れる。
②①にポン酢しょうゆをひたひたより少なめに加え、種を取った赤唐辛子をのせてラップで落としぶたをし、ふたをして冷蔵庫で1日漬ける。
【大根の葉とたらこのふりかけ】(52kcal)
大根の葉で
『材料』(作りやすい分量)
・大根の葉・・・1本分(約100g)
・たらこ・・・2本
・いりごま(白)・・・大さじ1
・A
 酒、みりん・・・各小さじ1
 しょうゆ・・・小さじ1/2
・サラダ油・・・大さじ1
『作り方』
①大根の葉は細かく刻み、たらこは薄皮を除いてほぐす。
②熱したフライパンに油を入れ、①を加えて中火で炒める。しんなりしたらAを加え、強火にして炒め合わせ、火を通す。
③火を止めてごまを混ぜる。

本日のカウント
本日の歩数5,234歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」 | トップページ | 「ふかひれ入り スープ餃子」「この冬食べたい!店鍋6選」、そして「ごまどうふ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62675890

この記事へのトラックバック一覧です: 「一ノ蔵 ひやおろし」、そして、「11月の旬「大根」」:

« 「秋鮭の味噌バター鍋」、そして「おうちで楽しむ!ご当地鍋」 | トップページ | 「ふかひれ入り スープ餃子」「この冬食べたい!店鍋6選」、そして「ごまどうふ」 »