« 食欲の秋のカロリー過多をケア 食べ方・習慣を変えてみよう! | トップページ | 酒&FOOD かとう「お惣菜」「ひと手間かける、アナログレコードの贅沢な魅力。」、そして「かつ天」 »

2015年10月17日 (土)

「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 今日の朝刊のコラム欄より、引用。
 <手に負へぬ萩(はぎ)の乱れとなりしかな>は、俳人・安住敦さんの句だが、今の季節、手に負えぬのは萩は萩でも、ヌスビトハギだろう
▼草取りを終えたわが身を見れば、ズボンから軍手まで三角形の実がびっしり。この草を「ばか」「ばかぐさ」と呼ぶ地方があるが、一仕事終えたその後に一つ一つ実をつまみ取る手間は何とも業腹で、しかし、小さな草の実に腹を立てる自分こそがいかにも愚かに思えてくるのが、情けない
▼ヌスビトハギの名の由来は、その実の形が盗人が物音を立てずに歩くときの足跡の形に似ているからとも、こっそり忍び寄るようにくっつくからとも言われる
▼静岡大学教授で、みちくさ研究家を自称する稲垣栄洋(ひでひろ)さんの『散歩が楽しくなる雑草手帳』によると、花言葉は「略奪愛」。花はかわいらしいのに、旺盛な繁殖意欲のために悪者呼ばわりされるのだから、気の毒だ
▼だが、人や動物の動きを利用し勢力を広げてきたこのしたたか者も、近年はうかうかしてはおられぬらしい。北米原産のアレチヌスビトハギなど外来種に、生息地を次々奪われているというのだ
▼なるほど、あらためてよく見てみれば、わが家の近くに生えているのは、実の数が二つのヌスビトハギではなく、五個前後のアレチヌスビトハギばかり。盗人が縄張りを新参者にこっそり盗み取られるとは、少しもの哀しい秋草の物語だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015101702000127.html

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「むきえび」などいろいろと美味しそうだな♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/mukiebi7l-bt/?scid=rm_206625

 録画しておいたビデオを見る。まず、「英国一家、日本を食べる。「Samurai Shoyu-Down(サムライの醤油)」。
http://www9.nhk.or.jp/anime/sushi/

 次に「孤独のグルメ Season5」は、「第三話 東京都杉並区西荻窪のラム肉のハンバーグと野菜のクスクス」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume5/
《やきとり 戎》
《モロッコ料理 tam tam》
杉並区松庵3-18-15
・ミントティー
・ハリラスープ(ハーフ) 450円
・ブリック 700円
・ラム肉のハンバーグ 980円
・焼きたてパンの盛り合わせ 450円
・フムス(小) 200円
・野菜のクスクス 1300円
・ハリッサ
☆モロッカンサラダ(ハーフ) 450円
☆ハリラスープ(ハーフ) 450円
☆ラム肉のモロッコカレー 1400円
☆カサブランカビール 790円

 「探Q!Aトリップ」は、「岐阜県 関ヶ原町」。
http://www.tv-aichi.co.jp/tanq/
《ココカフェ》
・三成コーヒー 390円
関ヶ原町関ヶ原
TEL 0584-51-7665
《やまびこ路》
・かけうどん(いねり2個付) 東・西 各700円
関ヶ原町野上
TEL 0584-43-2893
<不破関>
関ヶ原松尾
※壬申の乱後
《魚しげ》
・うな丼(竹) 2,727円
関ヶ原町関ヶ原
TEL 0584-43-0019
《レストラン伊吹》
・かつ丼(赤だし付) 850円
・ハンバーグ・サラダ 1,250円
・あんかけ焼きそば 900円
☆関ヶ原合戦弁当(要予約 5個以上から) 1,200円
☆合戦カフェ巻き(要予約 5個以上から) 750円
★関ヶ原焼き牛丼 飛騨牛(75g)、和牛(90g) 各1,200円
関ヶ原町関ヶ原
TEL 0584-43-1180

 デパートの「秋の大北海道展」に行く。
 開店前から、行列だった。空いている横の入り口に着く。やがて開店。エスカレーターに乗る。どんどん、混んでくる。8階の催事場に着いた時には、人気店にはすでに行列ができていた!
「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 ぐるっと、一回りしてみた。出店は前回の「北海道展」と同じようだ。「カボチャスープ・ジャガイモスープ」、「じゃが豚」を頂いた。
 「佃善」(札幌市手稲区)は、前回と同じで、愛想が悪いね。(昔は、もっと愛想がよかったけどね!)

「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 「ソラモ」で「ザ・山フェス」をやっていた。「やまめの塩焼き」とか「栃餅」、「コンニャク」など美味しそうな山のものを売っていた。
 水窪営業所に勤めていた頃が懐かしいね・・・。
http://www.soramo-hamamatsu.jp/

「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 松屋に向かう。
http://www.matsuyafoods.co.jp/
 松屋が「プレミアム牛めし50円引きキャンペーン開催!」なんだよね♪
 んっ?「プレミアム牛めし」なんて、メニューにないぞ???
 主に関東1都6県の松屋にて「プレミアム牛めし」を販売しております。「プレミアム牛めし」と「牛めし」は併売しておりません。
http://www.matsuyafoods.co.jp/2015/09/25/3017/
「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 普通の「牛めし」290円を食べることにした。ここは、味噌汁付きなのがいいよね↑↑
 「牛焼肉定食」500円というのをやっていた。
http://www.matsuyafoods.co.jp/2015/09/25/3020/

 そういえば、2014年7月18日の朝刊に「「究極の牛めし」松屋、380円」という記事が出ていたね。
 牛丼チェーン「松屋」を運営する松屋フーズは17日、「プレミアム牛めし」を22日発売すると発表した。並盛りの価格はこれまでの「牛めし」より90円高い380円。東京都内で記者会見した緑川源治社長は「究極の牛めしだ」と強調した。
 松屋フーズは今後、定食などでもプレミアム商品を投入する方針だ。緑川社長は「牛丼業界はデフレの象徴と呼ばれてきたが、これが値上げと捉えられるのか、違う商品だと分かってもらえるのか、社運を懸けている」と語った。
 プレミアム牛めしは、これまでの牛めしで使っていた冷凍牛肉を冷蔵に切り替え「別次元のうまさ」(緑川社長)を実現。景気の回復傾向で高い品質を求める人が増えたことを受け、約1年かけて開発してきた。7月末までに、首都圏を中心に621店舗で発売し販売店舗を拡大する予定。

 帰宅して、柿の収穫。もう熟しすぎているものもある。青いのも多い。ちょうどいいのがないな・・・。

 夕方は「丹波の黒豆」のエダマメで一杯♪

「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」

 それに先日100g98円で買った「太平洋暖刺身用かつおたたき(解凍)」322円のもの。

本日のカウント
本日の歩数8,947歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 食欲の秋のカロリー過多をケア 食べ方・習慣を変えてみよう! | トップページ | 酒&FOOD かとう「お惣菜」「ひと手間かける、アナログレコードの贅沢な魅力。」、そして「かつ天」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大北海道展」「ザ・YAMAフェス」、そして「松屋 プレミアム牛めし」:

« 食欲の秋のカロリー過多をケア 食べ方・習慣を変えてみよう! | トップページ | 酒&FOOD かとう「お惣菜」「ひと手間かける、アナログレコードの贅沢な魅力。」、そして「かつ天」 »