« 「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「冬瓜の海老あんかけ」 | トップページ | 美味珍膳 学校・職場でご当地めし(中) »

2015年10月 7日 (水)

美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上)

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 二〇〇八年のノーベル物理学賞を益川敏英さんらと受賞した小林誠さんは、ストックホルムでの記念講演で、ある人物の写真をスクリーンに映し出しながら、聴衆に語り掛けた
▼「この偉大な発見は戸塚洋二さんに導かれたものです。悲しいことに、彼は今年七月、世を去りました」。ここで言う偉大な発見とは、素粒子論の常識を覆したニュートリノの質量の発見であり、偉業を成し遂げながら病に倒れた科学者を、小林さんは晴れの舞台に遺影を掲げる形で悼んだのだ
▼ニュートリノは不思議な物質だ。太陽から出たニュートリノは私たちの体を毎秒十兆個以上もすりぬけているというし、海藻などに含まれるカリウムもニュートリノを出すため、それを食べる私たちの体からも毎秒三千個ほどが放出されているそうだ
▼それほど身近にあるのに、つかまえがたい謎の物質の正体を追い、世界を驚かせた戸塚さんは、がんに侵され六十六歳での死を目前にしながら、こう語っていたという。「死ぬ間際になって、もう一度勉強したいと思っているんだ」「まだまだやることがある」(『戸塚教授の「科学入門」』)
▼それから七年。今年のノーベル物理学賞が、戸塚さんとともに世紀の発見をした梶田隆章さんらに贈られると発表された
▼亡き人には贈られぬのがノーベル賞ではあるが、戸塚さんにも捧げられた栄誉であろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015100702000117.html

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「沖捕れ本ししゃも」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/ssm_sale/?scid=rm_198862
 同じく「本マグロ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/mjm_sale?scid=rm_198862#mjm_sale
 「キリンシティ」より、メール。「10月の「季節素材のおすすめ料理/東北6県秋の味覚」」♪
 10月の「季節素材のおすすめ料理」は、東北6県からこの時期おいしい食材を集めました!メニューの一部をご紹介します☆
・「岩手小岩井農場『北あかり』の揚げたてポテトチップス」450円
 小岩井農場の大地で育ったじゃがいも「北あかり」を、さくさく厚切りチップスに!
・「活〆穴子のふっくら煮」780円
 活〆で届く宮城県産穴子を、みりんや醤油でふっくらと煮上げました。穴子の煮汁をつめたソースで。
・「鴨もも肉と長ネギ、白神あわび茸のロースト」1080円
 じっくりとオーブンで火を通した青森県産鴨もも肉と秋田県産あわび茸を、旨味がしみこんだ長ネギと一緒に
・「水だこのカルパッチョ」880円
 宮城県産水だこのプリプリの歯ざわりを活かした、彩り豊かなカルパッチョ。にんにくのきいたソースで。
・「秋の東北全部盛りパエリア」1380円
 ひと皿で東北の秋の味覚を満喫できる、2~3名様サイズの具だくさんパエリア

http://www.kirincity.com/wp/info/kisetu20151007/?utm_medium=mail&utm_source=mail_cty&utm_campaign=cty_info_20151007&utm_content=mail_text01

美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上)

 今朝のモーニングコーヒーは、「UCC 職人の珈琲 ほろ苦い味わい」。
苦味 ★★★★☆
酸味 ★★☆☆☆
コク ★★★☆☆
 深炒りのコーヒー豆をブレンドし、濃厚な香りとほろ苦い味わいに仕上げました。毎日の満足と確かな味わいを、ぜひお楽しみください。
ユーシーシー上島珈琲(株)UCCOF
神戸市中央区多聞通5-1-6
TEL0120-050-183

http://www.ucc.co.jp

 「変形労働時間」で1時間早く帰れるはずが、帰れない・・・名目上、労働時間を減らしても労働内容が減っていないんだから、解決にならないよ!!!
 会議で「どうしますかか~?」なんて提案やめてよ!!!それが、仕事のできる方々のの仕事ですかか~???原案を示してよ!!!

 仕事を終え、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」138円、それに「ガードハローつぶ塩」267円を買う。
 さらに、スーパーに寄る。「オーストラリア産牛肉モモうす切り」250g498円が半額で249円、「かつおたたき」322円のものと350円のもの、「納豆」50円、「ぶなしめじ」98円、「うどん」20円、「蒟蒻」48円、「刺身用いなだ」300円を買い帰宅。

美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上)

 帰宅して「北海道産 刺身用いなだ」で一杯♪
 付いていた「おろし「わさび」」。
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上)

 デザートは、母上様にもらった「梨(豊水)」(^^♪・・・梨は美味しいよね・・・大きいのは、美味しいよね♪♪♪

 ここで、2015年9月22日の朝刊より、「美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上)」の引用♪B級グルメって美味しそうですね↑↑↑
 食欲の秋も本番です。各地で愛される食材や料理を求めて出掛けるのも楽しいですね。でも、レストランに並ばない「関係者限定」の味もあります。学校給食や大学の学食、企業の社食などで提供される「ご当地めし」を取材しました。中にはデビュー前の試作品も。簡単なレシピを添え、3回に分けて紹介します。ご家庭の献立に加えてみてはいかがでしょう。
「給食」【シラスとアーモンドの甘辛煮】浜松(静岡)
成長期にうってつけ
 浜松市西区舞阪町の特産シラスに軽くいったアーモンドを加え、甘辛く味付けする。かりかりしたアーモンドと新鮮なシラスの食感は絶妙で、甘辛い味付けは炊きたての白いご飯によく合う。
 舞阪町の隣、西区雄踏町宇布見の「雄踏学校給食センター」が月一回、市が定める「ふるさと給食の日」に地域の小中学校と、幼稚園に出しているメニューの一つ。約5年前から登場し、もはや定番だ。
 舞阪漁港では遠州灘でのシラス漁が盛んで、漁獲量は日本有数。シラスはカルシウムが豊富で、成長期の小中学生にはうってつけ。おかずしか食べない子も、このメニューの日にはごはんをしっかり食べると、担任の教諭からの評判もいい。
 一回に20キロ近くのシラスを二つの釜に分けて調理する。一度に1800人分を調理師二人で作る。大変な作業だが、同センターの学校栄養職員田中友香さん(27)は「子どものためなら苦にならない」と笑顔で話す。
 田中さんは「身近な食材を食べることを楽しんで、故郷の食文化や伝統知ってほしい」と願う。(小沢慧一)
①しらす干し100gを湯通しし、アーモンド50gはいっておく
②砂糖大さじ2弱、みりん小さじ1杯、しょうゆ大さじ1杯、酒小さじ1杯を火にかけ、しらす干しを加えて煮る
③煮汁が少なくなったらアーモンドを加え、煮汁がなくなるまで炒める。

「"社"食」【ソースかつ丼】県伊那合同庁舎(長野)
辛めソース ご飯も進む
 昼休み。長野県伊那市の県伊那合同庁舎の食堂は大忙しだ。この地域の特産料理「ソースかつ丼」が次々運ばれ、テーブルには香ばしい匂いが漂っている。
 料理暦51年目の大ベテラン吉原忠男さん(65)が厨房に立つ。記者が食べたのは、日替わり定食(490円)のソースチキンかつ丼。
 厚さ約1cm、手のひら大のカツが三枚も。「サクッ、サクッ」。揚げたての衣が口の中ではじける。ソースの香りが口いっぱいに広がった。こだわりの辛めのソースは、ご飯が進む。一緒に盛られたキャベツの千切りも、食感がアクセントになっておいしい。
 脂身が少なく、からっと揚がった肉はさっぱりして、食の細い女子や子どももぺろりとたべられそう。
 他に豚肉のソースかつ丼(570円)は通常メニューにあり、いつでも味わえる。こちらも常連たちの間で評判の一品。一般の人も利用できるので、お試しあれ。(鈴鹿雄大)
①肉を程よい大きさに切り、卵に小麦粉を溶いたものに浸す
②肉にパン粉をまぶして揚げる
③ご飯とキャベツの千切りを盛った丼を用意、揚げたてのカツをソースに漬けて盛りつける

「学食」【欧風ジビエカレー】三重大(三重)
シカ肉 うま味じわり
 津市の三重大学生協の食堂「ぱせお」で「三重大学『欧風』ジビエカレー」を注文した。ぱっと見はごく普通のカレーライスだが、中には1.5cm角の肉がゴロゴロ。口に入れると思いのほか脂身が少ない。奥歯でかみしめると、じんわりとうま味が染み出してくる。
 肉の正体は、三重県産のシカ肉。伊賀市の食肉業者が死後1~2時間で手早く解体するおかげで、臭みは全く感じない。カレーにはデミグラスソースも入った複雑な味わいで、肉の味をしっかり受け止める。ご飯と相性もばっちりだ。
 害獣対策の一環で、三重大教育学部の学生が県獣害対策課、食品メーカー「ヤマモリ」(同県桑名市)と共同開発したジビエカレー。使用するシカ肉は全て野生だ。安全性に万全を期すため、ヤマモリが一頭ずつ、有害物質が肉に残っていないか検査してから調理している。
 一皿680円。学生や教職員はもちろん、大学を訪れた人も食べることができる。レトルトも一箱600円で販売中。(大山弘)
①タマネギやニンジン、セロリなどの香味野菜に、カレールーとデミグラスソースを2対1程度の割合で混ぜる
②熟成させた野生のシカ肉は1.5cm角程度に切って、軟らかくなるまでしっかり煮込む。

本日のカウント
本日の歩9,726歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「冬瓜の海老あんかけ」 | トップページ | 美味珍膳 学校・職場でご当地めし(中) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味珍膳 学校・職場でご当地めし(上):

« 「土井善晴の料理は楽し」(9-3)「冬瓜の海老あんかけ」 | トップページ | 美味珍膳 学校・職場でご当地めし(中) »