« JRさわやかウィーキング「〜家康公顕彰400年〜徳川家康公の天下取りと「家康楽市秋の陣」を訪ねて」 | トップページ | 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 »

2015年10月25日 (日)

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

 今日は10月25日、「十三夜」。
http://sk-imedia.com/jyusanya-2754.html
 十五夜のお月見で「お団子」を供えると思うが、うちの地方のお団子は、静岡県中部地区の「ヘソ餅」に似ている。小麦粉をこねて、丸め、平らにして中央をへこませて茹でるというもの。きな粉&砂糖を付けて食べたと思う。
 静岡県中部地区の十五夜では、平らに丸め、中央をへこませた「ヘソ餅」と呼ばれる、お月見団子を供える。お月見の日には子供たちが各家庭をまわり、お供え物をもらい歩くという風習も広く見られるという。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 アフリカの森の中で歌声が聞こえてきた。メロディーのしっかりしたハミング。英国民謡のように聞こえる。観光客が道に迷ったか。辺りを探したが、誰もいない。不思議に思うと、一頭の若いオスゴリラがいた
▼ゴリラ研究の第一人者、山極寿一(やまぎわじゅいち)さんが雑誌の対談で語っていた。ゴリラは歌う。少なくともハミングする。群れから離れたゴリラは誰にも相手にされない。その寂しさを紛らわせ、自分を勇気づけるために歌を口ずさむそうだ。人間と変わりはない
▼「惜別の歌」もそういう歌かもしれぬ。作曲者の藤江英輔さんが亡くなった。九十歳。<悲しむなかれ わが友よ 旅の衣をととのえよ>。元の歌詞は島崎藤村の「高楼(たかどの)」。中央大学予科生だった一九四四(昭和十九)年、同じ工場で働いていた戦地に赴く友らのために作曲したそうだ
▼藤江さんが口ずさんでいると教えてほしいとせがまれ、工場内に伝わった。戦後になってこの工場で働いていた学生たちが全国各地で教え、広まった。これがレコード会社の目に留まり、六一年に小林旭さんが歌ってヒットした
▼癒えることのない戦争の痛み、友との悲しい別れの記憶。歌声喫茶の人気曲だったが、悲しみをともに歌い、共有することで戦争という大きな傷を慰め合ったのだろう
▼戦中戦後という森を歩いた日本人が口ずさんだ一曲。その作曲者との惜別である。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015102502000110.html

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

 今朝の朝食は、昨日買った「納豆」。
金のつぶ 小粒
もっちり食感
 大豆本来のおいしさをお楽しみください。
株式会社 ミツカン
愛知県半田市中村町2-6
TEL 0120-271164

http://www.mizkan.co.jp/

 今日も、JRさわやかウォーキングに参加。
http://walking.jr-central.co.jp/

 7時25分ごろ、新居町駅に到着。トイカに1000円チャージ!
 マップは、昨日もらっているので、ウォーキングスタート!

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

新居関所史料館」(営業時間/9:00~16:30)通過。
 日本全国で唯一現存しているのが、新居関所跡です。この関所は徳川家康によって設けられ、今切関とも呼ばれていましたが、再々津波に流され、宝永5年(1708)現在の地に移されました。取締まりは厳重で、特に入鉄砲出女の詮議は厳しいものでした。併設している史料館には、女通行証文などの史料が展示されています。

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

旅籠紀伊国屋資料館」(開館時間/9:00~17:00)通過。
 元禄16年(1703)に開業した徳川御三家の一つ、紀州藩の御用宿となった旅籠です。現在は、当時の東海道や、旅籠屋文化の関連資料、新居宿の遺品などを集めた資料館となっています。

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

小松楼まちづくり交流館」(開館時間/9:00~17:00)通過。
 大正から昭和20年頃まで、芸者を抱える大きな置屋で、建物内には当時を思わせる様な、さまざまな道具類や写真などが展示されています。

 途中、「亀谷カウンセリング」なんていうのがあった。
TEL 053-594-7151
http://www.h4.dion.ne.jp/~kameya/

 ラジオで、『作ってあげたい彼ごはん』岡田 史織(宝島社)というのを紹介していた。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%82%E3%81%92%E3%81%9F%E3%81%84%E5%BD%BC%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93-MOOK-%E5%B2%A1%E7%94%B0-%E5%8F%B2%E7%B9%94/dp/4796660038
http://ameblo.jp/karegohan/
 ご飯のお供
1位 納豆
2位 明太子
3位 漬物

「ワンダービジョンジョッキー」(平井理央)
http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/listen/208.html
http://www.j-wave.co.jp/special/program/2nd/sunday01.html

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

海湖館」(開館時間/9:00~17:00)通過。
 浜名湖と太平洋が接する今切口西側に整備された、多目的公園(今切体験の里)にあり、浜名湖と太平洋でとれた新鮮な魚介類の販売や食を体験できる(きらく市食堂)があります。

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

 松の木の根元にキノコが生えている。「松茸」???そうじゃあなさそうだな。

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

新居文化公園」(あらいじゃん会場/開催時間9:00~16:00)到着。いろいろな出店がある。
 「りんご入り芋ようかん」と「さつまいもパウンドケーキ」の無料配布は10時からだった。今年も豚汁の無料配布はなかったね。
 新居町の住民たちによる手作り感満さいのまつりで地元の名産品の販売やステージでのパフォーマンスなどが行われてます。

 そして、ゴール!約8.9kmのコースでした。トイカの残額:920円。

 帰宅途中、スーパーに寄る。「もやし」17円、「里芋」298円、「納豆」50円、「コンニャク」48円、「ごぼう」98円を買う。

 T字路で、女性ドライバーが一旦停止をしてから、右しか見ずに左折してくる。運転手は左側は見ていない・・・危ない!!!!こちらが横断歩道の上で止まって「危ない!」と何度どなって、相手は左折だから、こちらに突っ込んできた!!!
 以前も一旦停止を左折する時、右側しか見ていない女性ドライバーがいた。キケンだ!!!女性は視野が狭いのだろうか???

 杏林堂に寄り、売り出しの「サッポロ 黒ラベル」1078円、20%引きの「遠州もめん豆腐」43円を買い帰宅。
JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

限定 ハロウィンパッケージ
 ハロウィンに乾杯!
「ハロウィンフォトコンテスト実施中!」

http://www.sapporobeer.jp/halloween/
JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

買って当たりがすぐにわかる!選べるジャンボステーキ 合計3,000名様に当たる!
・肉コース
 国産牛ジャンボリブロースステーキ 1kg
・魚コース
 ジャンボまぐろステーキ 3kg
みんなでシェアパーティー!

 柿の収穫。今年はたくさん実っているね。食べきれないよ!

 録画しておいたビデオを見る。まず、「ごはんジャパン」は、「秋田県 千北市」の「善兵衛栗」(ぜんべえ)。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
<赤倉栗園>
*肥料に、魚粉
*収穫してから冷蔵庫で4週間寝かせる
・焼きグリ(パチクリ号)
・善兵衛栗とマイタケの炊き込みご飯
《くら吉》「角館」
☆上生菓子 各 324円
☆栗かのこ 100g 1,566円
☆栗きんつば 378円
☆西明寺栗の生あんもろこし 4個 648円
・善兵衛栗の一粒大福 648円
①渋皮ごと煮て栗の甘味を閉じ込める。
②渋味を消すために蜜に漬ける。(4日間)
③10分ほど蒸す。
④柔らかい餅の皮で包む。
☆バニラアイスクリームを添えた新栗のお汁粉
①渋皮ごとむいて茹でる。
②ゆで汁ごとミキサーにかける。ココナッツミルクを加え、冷やしながら混ぜ合わせる。
③お皿に砕いたゆで栗、黒タピオカ、バニラアイスを盛り、②をかける。
★新栗のクレームブリュレ フォアグラのソテー添え 2,160円

 「ごちそうカントリー」は、「沼津市 西浦みかん」(由良みかん)。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
<OH!MOS>
☆ジャム、マーマレード 各1個 400円(税込み)
☆寿太郎みかん缶詰 250円(税込)
☆寿太郎 100%ジュース 小びん1本 300円(税込み)、大びん 1本 880円(税込み)
☆みかん酢 想酢 1本 650円(税込み)
☆飲める想酢プラス 1本 650円(税込み)

 「迷惑メール対策 迷惑ガード」が「迷惑メール対策 かんたん迷惑メール対策(Webmail)」に変わった。迷惑メールでもないのにひっかかるものがある。解除をしたいのに、どうやったらいいのか分からない!!!???
http://www.tnc.ne.jp/

 夕方は、「豚汁」で一杯♪
JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

 昨日20%引きで買った「豆腐」を入れたよ。
豆心 まめごころ
 昔ながらの生とうふ きぬ
創業明治30年 老舗の技
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」

 ごぼうは今日買った「青森県産 洗いごぼう」。
JAつがる西北
代表 小村 清光さん

 ここで、今朝の朝刊「全国k旨いもん」より、「海の生ハム」(和歌山県)の引用♪
ファーストクラスの逸品
 紀伊半島南東部の勝浦は延縄漁法による生鮮マグロの水揚げ日本一の漁港である。マグロとともに多く揚がるのが鋭く尖った口先をもつ大型魚のカジキ。
 身はマグロよりさっぱりしているが、刺し身、鮨ネタ、照り焼き、塩焼きなどでおいしく食べられる。なかでもクロカジキは体長4~5mにもなる大きな回遊魚だが、これを使って創業明治30(1897)年のヤマサ脇口水産が試行錯誤の末に発売した「海の生ハム」じゃ評判の逸品だ。
 厚さ2mmほどにスライスした艶のある透き通った黄金色で、そのまま食べても、ほのかなスモークの芳しさともちっとした食感から上品な旨味がじわりと口に広がる。
 「解凍後一枚一枚キッチンペーパーで上下に挟み、ラップせず冷蔵庫に20~30分おくともちもち感がアップしておいしい」とはスタッフの弁。一尾の中で三割しか採れない最高部位を使い、添加物は一切不使用という。
 サラダやパスタ、カルパッチョなど幅広く使え、ワインにもよく合う。
 今年は複数の航空会社で国際線ファーストクラスの機内食に採用された。
【取り寄せ先】
(株)ヤサマ脇口水産
和歌山県那智勝浦町築地6の6の9
TEL 0735(54)2001
FAX 0735(54)1516
(ネット販売あり)
土曜休、火曜不定休
3袋(50g×3)1セット税込み1620円
※冷凍で発送

http://www.maguro-yamasa.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「カボチャ」の引用♪
ハロウィーン 華やかに
・和名:南瓜 ウリ科カボチャ属
・英名:pumpkin
・食べられる部分:実
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カリウム
 10月といえばハロウィーン。街中にカボチャのお化けが飾られ、カボチャグッズが溢れだす。本来は10月31日の夜に行われる万聖節の前夜祭で、古代ケルトに端を発するキリスト教の年中行事。それが米国のお祭り騒ぎとして日本にも広まった。
 収穫に感謝し悪霊を祓うという季節行事だったはずが、今やカボチャと仮装の大イベントのようになっている。眉をひそめる人もいるけど、カボチャ興隆の観点からすると、ハロウィーンの功績は大きい。
 その昔、カボチャ料理といえば煮っころがしと天ぷらくらいで、どうも地味な存在だった。それがおしゃれな洋風料理がたくさん紹介され、すっかり華やかになった。お菓子も楽しい。パイやプリンといった定番のほか、ハロウィーンに合わせて登場するカボチャスイーツも多い。
 カボチャの品種も増え楽しくなってきた。昔からの日本カボチャは皮がゴツゴツして水分が多く甘みは弱い。今多く出回るのは、ほくほくして甘い西洋種で、栗カボチャが主流。色形も多彩になり、橙色や白っぽい色、長い形や小型、さらにはピーナッツ形の「バターナッツ」なども店頭を賑わせる。
 日本には、冬至にカボチャを食べると風邪をひかないという言い伝えがある。ならば旬はいつ?収穫期は夏から秋。だが、一、二カ月おいたほうが甘くなるという。保存性に優れ、夏から冬までいつでも食べられて、ビタミンもたっぷり。カボチャは偉い野菜なのだ。

本日のカウント
本日の歩数20,815歩
(本日のしっかり歩数:12,767歩)
本日:52.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« JRさわやかウィーキング「〜家康公顕彰400年〜徳川家康公の天下取りと「家康楽市秋の陣」を訪ねて」 | トップページ | 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「新居の史跡散策と産業まつり(あらいじゃん)」、そして「海の生ハム」:

« JRさわやかウィーキング「〜家康公顕彰400年〜徳川家康公の天下取りと「家康楽市秋の陣」を訪ねて」 | トップページ | 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 »