« 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 | トップページ | 山形県 いもこ汁 »

2015年10月27日 (火)

「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「味噌レバーペースト」

 「アサヒビール」より、メール。「夢かなう!ジャパニーズううスキー誕生 ~竹鶴政孝とリタ 国産ウイスキーへの夢Ⅱ~」の案内♪
http://www.asahibeer.co.jp/brewery/event/taketsuru2/?area=kanagawa
 「地鶏広場8010のとりやさん」より、楽天メール。「地鶏・銘柄鶏焼き鳥25本入り味比べセット」が2,980円♪しかも送料無料↑↑↑
http://item.rakuten.co.jp/e8010/10000001/?scid=rm_191968

 昨日の「昼めし旅」。
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/897387/
「下関 開聞海峡 角島」
<中野水産>
・アワビの刺身
・ヤリイカの刺身
<>
・サザエのかき揚げ
①サザエを大きめに切り、しいたけと青のりを合わせて溶いた小麦粉に入れかき揚げにする。(180℃で約5分)
・豆腐のシソチーズ焼き
①一口大に切った木綿豆腐をシソの葉でくるみ、軽く小麦粉をまぶし、フライパンで焼く。
②チーズをのせて、程よく溶けたら完成。
・瓦そば
①錦糸卵を作る。豚肉を細切りにして炒める。
②ホットプレートで茶そばを炒める。
③錦糸卵、豚国、刻んだ海苔をのせる。
④お好みで一味を加え、麺つゆでいただく。
「北九州市」
《味処 矢野》
☆活ヒラメの海鮮丼 950円
☆手羽元のぬか炊き定食 680円
・ぬか炊き入り ライスピザ
①天ぷら粉を水で溶き、ご飯を入れる。
②①をオリーブオイルを熱したフライパンで焼く。裏返す。
③トマトソースをかける。玉ねぎ、ソーセージ、ピーマンをトッピングし、チーズをのせる。イワシのぬか炊き、ニンニクをのせる。チーズが溶けたら完成。
<護聖寺>梅の里工房
☆梅酢味噌 540円
☆梅ジャム 540円
☆梅ドレッシング 540円
・ナスのみぞれ煮
①ナスを大きめに切り、フライパンで炒める。醤油、鰹出汁を加える。
②大根おろしを入れ、三ツ葉を入れる。
・茶碗蒸し丼
①ボウルに卵を割り入れ、中華出汁を入れかき混ぜる。
②一度濾して、しめじ、合馬産タケノコ、豚肉を入れ、セイロで10分蒸す。
③丼にご飯を盛り、②をのせる。ごま油とタマネギを加えた特製ダレをかける。
・生ハムサラダ
・温野菜(酢味噌につけていただく)
・イチジクの甘露煮
≪はながこい 渋谷本店≫
・松坂ポークのしゃぶしゃぶ 2人前 2960円(税別)
・赤海老と生うにの美味しい関係 1380円(税別)
渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビルB1
「おやじ飯」【秋サバの味噌煮】
『材料』
 サバ、柿、味噌、ショウガ、ミックスチーズ、酒、みりん、醤油
①フライパンでサバの皮目を焼き、焼き色をつける。酒、すりおろしたショウガを入れる。水、味噌、みりんをいれ溶かしながら軽く煮詰める。サバに火が通ったら取り出す。
②柿をすりおろして①のフライ-パンに入れる。醤油を足す。
③①をお皿に盛り、ミックスチーズをのせる。②のソースをかけ、ネギを添える。

 今日の仕事・・・。
 POP(ポップ) SMTP(エスエムティーピー) 共に メール・サーバーと呼ばれるコンピュータです。インターネットのメール(イー・メールと呼ばれています)をサービスする重要なコンピューターです。
 POP サーバーと呼ばれる コンピュータは、主に受信の為に必要な物です。その一方SMTP サーバーは送信に使います。
「コンピュータ(インターネット、メール)用語解説」

http://www.hypersys.ne.jp/contact/jserver/newpage21.html

「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「味噌レバーペースト」

 帰宅して、このあいだ20%引きで買った「チルド薄皮 ニラ餃子」で一杯♪
浜名湖もちぶた使用
 多めの油で焼くだけ水いらず
 フレッシュ生肉を100%使用し肉のジューシーさを追求した本格味!
焼き方:小さじ2杯の油をしき、餃子を並べ、中火で約3分焼いてください。底面がキツネ色になればでき上がりです。(水は不要です)
株式会社 マルマツ
浜松市西区雄踏町宇布見1703-1
TEL 053-592-1432

「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「味噌レバーペースト」

 今日のデザートはいただいた「横浜ラングドシャー」。
ヨコハマノオモイデ

 2015年10月25日の「土井善晴の料理は楽し」は、「味噌レバーペースト」(209kcal)。
クセなし 意外に簡単
 味噌を入れると、レバーペーストがとても食べやすくなります。貧血の人にもよいお料理。思ったよりも簡単に作れるのです。
『材料』(12×8×4.5cmの流し缶ひとつ分)
・鶏レバー・・・220g
 牛乳・・・適量
・バター(常温にもどす)・・・40g
・白ワイン・・・1/4カップ
・白みそ・・・50g
・生クリーム・・・大さじ2~3
・コショウ・・・適宜
・トースト、ピクルス・・・各適宜
①鶏レバーの血抜きをする
 鶏レバーは牛乳に浸して血抜きをする。しばらくおいて牛乳が赤くにじんだら、レバーを取り出して水気を拭き取る。
②レバーをソテーする
 フライパンにバターの半量を入れて熱する。バターが溶けたらレバーを入れて炒め、全体に焼き色をつける。
③白ワインを入れて煮る
 ②に白ワインを加え、強火で煮詰める。鍋の中がトロッとしてきたら火を止めるタイミング。
④フードプロセッサーにかける
 ③の粗熱がとれたら、煮汁ごとフードプロセッサーに入れる。白みそ、生クリーム、残りのバターを入れ、フードプロセッサーで攪拌してなめらかなペースト状にする。ボウルに移し、粗熱をとる。
⑤冷やし固める
 流し缶に流し入れる。
 「容器はなんでもかまいません。普通の器に流し込んでもよいのです。ゴムべらなどで表面をトントンとならしてやると、仕上がりに縞目をつけることができます」
 冷蔵庫に一晩入れて、冷やし固める。好みの厚さに切り、コショウをふっていただく。トースト、ピクルスなどと相性よし。
《食のこころ》
 みそが入っても和風味ではなく。みそがレバーのくせを和らげると同時に、よりリッチなおいしさを生み出している。
 それにしても、レバーペーストなんていうハイカラ(死語でしょうか)なものが家庭で作れるなんて。「何も難しいものではありません。レバーが苦手な人でも食べやすいように、、レシピに血抜きの工程を入れていますが、レバーがお好きなら血抜きの必要もないのです。昔と違って、今は鮮度のよいレバーが手に入りますから」
 皮つきのまま調理してもよい。香ばしく焼いたら、みそやバターと一緒にフードプロセッサーにかけるだけ。一晩冷蔵庫におく。すると「バターの固まる力で、レバーペーストが自然に固まります」。
 熱湯にかけて温めた包丁で切ると、きれいにスライスできる。カリッと焼いた薄切りトーストにのせて食べるのが格別。朝食に、休日のブランチに、秋の夜長のワインのお供に、作っておくと豊かな気持ちになれる一品だ。

本日のカウント
本日の歩数10,997歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:16個
(火)×

|

« 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 | トップページ | 山形県 いもこ汁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62560463

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「味噌レバーペースト」:

« 「いづつワイン シャルドネ」、そして「オシャレとワインのいい関係 vol.5」 | トップページ | 山形県 いもこ汁 »