« 「エデンの東」、そして「炙り〆秋刀魚寿司」 | トップページ | 「いただきます 夏ばてを吹き飛ばせ」 »

2015年9月 6日 (日)

「<食卓ものがたり> マスカット」、そして「川越芋バター&コンフィチュール」

 今日は9月6日。「黒の日」。「く」「ろ」の語呂合わせ。

 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「天然真ふぐの炙りてっさ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/mafugu-aburi-tessa-1/?scid=rm_193917

 また「ノートン」がおかしいよ・・・ウイルススキャンもアップデートもできない・・・なんなんだ!!!???
https://support.norton.com/sp/ja/jp/norton-internet-security/22.5.2.15/solutions/v74065430_EndUserProfile_ja_jp?abproduct=Norton+Internet+Security&abversion=22.5.2.15&bucketid=EDE0AE22&buildname=Retail&conntype=100000000&coreservice=Startup+Type%3Aauto+State%3ARunning&cpu=Intel64+Family+6+Model+55+Stepping+8&curdefs=20150905.002&datetime=09-06-2015+5%3A32%3A16+GMT&defbrowser=Internet+Explorer&dsfree=347.13&dstotal=384.90&entsrc=CED_Selfheal&env=prod&error=1&hbguid=31837E90-BDB4-4624-AADD-D3886E7A625C&hcmode=false&heartbeatID=31837E90-BDB4-4624-AADD-D3886E7A625C&ieversion=9.11.9600.17937&layout=Retail&layouttype=ESD&memload=43&memtotal=3383&module=3019&os=windows&oslang=iso%3AJPN&oslocale=iso%3AJPN&osvers=6.3&osversion=6.3+9600.17936.amd64fre.winblue_ltsb.150715-0840&partnername=&plang=sym%3AJP&plgid=2&plid=2&sessionid=%7B3A6C5045-3D14-40EC-9B3A-52F0015AF9DD%7D&spversion=0.0&utm_medium=product&utm_source=symc
https://support.norton.com/sp/ja/jp/norton-internet-security/22.5.2.15/contact?abproduct=Norton+Internet+Security&abversion=22.5.2.15&bucketid=EDE0AE22&buildname=Retail&conntype=100000000&coreservice=Startup+Type%3Aauto+State%3ARunning&cpu=Intel64+Family+6+Model+55+Stepping+8&curdefs=20150905.002&datetime=09-06-2015+5%3A32%3A16+GMT&defbrowser=Internet+Explorer&dsfree=347.13&dstotal=384.90&entsrc=CED_Selfheal&env=prod&error=1&hbguid=31837E90-BDB4-4624-AADD-D3886E7A625C&hcmode=false&heartbeatID=31837E90-BDB4-4624-AADD-D3886E7A625C&ieversion=9.11.9600.17937&layout=Retail&layouttype=ESD&memload=43&memtotal=3383&module=3019&os=windows&oslang=iso%3AJPN&oslocale=iso%3AJPN&osvers=6.3&osversion=6.3+9600.17936.amd64fre.winblue_ltsb.150715-0840&partnername=&plang=sym%3AJP&plgid=2&plid=2&sessionid=%7B3A6C5045-3D14-40EC-9B3A-52F0015AF9DD%7D&spversion=0.0&utm_medium=product&utm_source=symc

 久しぶりに「JRさわやかウォーキング」に参加しようと思っていたが、なんだか出掛けるのが面倒くさくなったのでやめた・・・認知症の始まりか!???
http://walking.jr-central.co.jp/

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「島根県 邑南町(おおなんちょう) 農業×料理人を目指す若いシェフたち」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《里山イタリアン AJIKURA》
・邑南町産3種類のトマトのテリーヌ
・石見ポークの自家製ベーコンを使ったアマトリチャーナ
・石見和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
☆石見和牛ロースのグリル 桃を添えて
①石見和牛に塩・こしょうし、オリーブオイルをかける。
②炭火で網焼きにする。金串を斜めに刺して、中心温度をみる。
③②を切って、パセリのソースをかける。桃を添える。
☆石見和牛のスパゲティ アルラグーラピド
≪イタリア料理 アルポルト≫
★石見和牛のカツレツサンド

 買い物に出掛ける。売り出しの「巨峰」100g98円を買うためだ。時間がちょっと早かったので、隣のホームセンターを覘く。「キャベツ」や「ブロッコリー」の苗が1株198円だった・・・自分で栽培するより、実ったものを買ったほうが安いんじゃないの!???
 やがてお店が開く・・・しかし、葡萄って、高いのね!1房500円じゃ買えないんだね!!!「ネオマスカット」が1房398円だったので、こちらにする。それに、売り出しの「オーストラリア産牛肉こま切れ」100g128円、328円のもの、さらに「豆腐」38円、「納豆」50円(今日は、58円ではなく50円だった!)、「もやし」17円を買い帰宅。

 庭の草取りをする。

 テレビの「前略、大徳さん」で、「楽天市場 うまいもの大会から生中継!」をやっていた。
http://www2.ctv.co.jp/daitoku/
第1位 おいもや〈静岡)
・二代目おいもやの干し芋 571円
第2位 エコール・クリオロ〈東京〉
・濃い!幻のチーズケーキ 1,890円
第3位 炭焼牛たん 東山〈宮城〉
・仙台名物厚切り牛たんと仙台牛赤身のダブル丼 2,160円
第4位 食福亭 味革〈兵庫〉
・国産牛 丸腸塩だれ 1,481円
第5位 築地料亭 竹若〈東京〉
・築地の王様 2,916円
※各日100食限り
第6位 神戸牛専門店 辰屋〈兵庫〉
・神戸牛特上カルビ焼肉重 2,808円
第7位 京菓子 笹屋昌園〈京都〉
・本わらび餅 和三盆 極み 黄金ver. 1,296円
※各日100個限り
第8位 VANILLABEANS〈神奈川〉
・バニラビーンズ フォンダンショコラ・アイスティーセット 1,350円
※各日200セット限り
第9位 恵那栗工房 良平堂〈岐阜〉
・栗きんとん水まんじゅう(3個入) 756円
第10位 王府井〈神奈川〉
・焼きショウロンポウ・正宗生煎包(4個入) 601円

 「スタイル プラス」では、「○○なのに行列ができる店」をやっていた。
http://tokai-tv.com/styleplus/index.php
①工場なのに行列ができる謎の場所
「鈴波 大口工場」
愛知県丹羽郡大口町高橋2-202
TEL 0587-95-5011
②早朝なのにお客さんが殺到するうどん屋さん
「新井こう平うどん」
岐阜県高山市岡本町3-105-8
TEL 0577-57-8383
③地味なのに大人気の水族館
「竹島水族館」
愛知県蒲郡市竹島町1-6
TEL 0533-68-2059

「<食卓ものがたり> マスカット」、そして「川越芋バター&コンフィチュール」

 今日買った「山梨県産(ネオマスカット)」を食べる。種があるから、安かったんだね。
 ここで、2015年5月30日の朝刊「 <食卓ものがたり> マスカット(岡山県倉敷市)」の引用♪
 クレオパトラも魅了したであろう丸々とした黄緑色の粒。上品な香り、爽やかな酸味と甘み。その気品は、“果物の女王”と呼ばれるにふさわしい。「マスカット・オブ・アレキサンドリア」はエジプト原産で、名は古代エジプトの首都で栽培されていたことにちなむ。
 国内産の大半を生産するのが岡山県。中でも倉敷市船穂(ふなお)町は全国シェアの約四割を占め、始まったばかりの出荷作業で活気づく。
 JA岡山西のぶどう部会副会長を務める同町の浅野真一さん(48)は、小さな山の上にハウスを構える。「岡山は日照に恵まれています。南向きの斜面は特に日当たりがいい」
 岡山県でマスカットの栽培が始まったのは明治時代。気候に適した果実を探し、当時、国内ではほとんど見かけることもなかった、この果実にめぐり合った。一八八六(明治十九)年に初めてガラス温室が建てられ、その二年後に初収穫。最初から高値で売れた。それ以降、農家などが地道に技術向上に努めてきた。
 浅野さんが収穫するのは夏場が中心。ハウスの温度管理に注意し、房の形を整えるため、花がまだつぼみのうちから間引きする。実が膨らみ始めると、不必要なものを摘んでいく。マスカットを食べる害虫の駆除には天敵となる虫を使い、農薬は極力使わない。
 最近は種なしや皮ごと食べるブドウが人気で、浅野さんも種なしの「シャインマスカット」や「瀬戸ジャイアンツ」という品種も手掛けるが、「香りはアレキが一番」と胸を張る。
 その香りが人気を集め、果物としてはかなり高値。今季の初競りでは、七百五十グラムほどの一房で三万円の値が付くものもあったという。
 今はぶどう部会の約百人中、マスカットを作っているのは半数ほど。比較的若い世代の人が後を継ぐケースもあり、後継者もしっかり育っている。
(文・写真、白井康彦)
◆味わう
 JR岡山駅構内の土産物店には、マスカットや桃を原料にした加工食品もずらり。
 マスカットでは、ワインやゼリー、チョコレート、ケーキ、クッキーなど。マスカットはそのままはもちろん、加工品でも香りや甘みが楽しめる。
 「珍しい商品」と浅野さんが教えてくれたのが、和菓子販売の宗家源吉兆庵(みなもときっちょうあん)(本社・東京都中央区)の「陸乃宝珠(りくのほうじゅ)」=写真。
 マスカットの粒がそのまま薄い求肥(ぎゅうひ)でくるまれ、砂糖がまぶされている。みずみずしさ、香り、甘み。すべてが上品に感じた。同社の各地の店舗のほか百貨店などで販売されている。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2015053002000002.html

 またまた雨だね・・・今年は、雨が多いな・・・。

「<食卓ものがたり> マスカット」、そして「川越芋バター&コンフィチュール」

 夕方は、先日100g98円で買った「台湾産太平洋刺身用びんちょうまぐろ」で一杯♪

 ここで、今朝の「全国旨いもん」より、「川越芋バター&コンフィチュール」(埼玉県)の引用♪
小江戸のとっておき
 蔵の家並みが続き”小江戸”と呼ばれる川越は、名産のサツマイモを使った料理や菓子なども有名。この町のイモの歴史は江戸時代前期に遡り、農地として開拓された川越藩内の三富み新田で栽培を始めたのが起源だ。現在の三芳町上富地区一帯で、今でも広大な畑を持つ30数軒がイモ作りを守る。甘みの強い紅東、紅赤など多彩な品種を育てており、地名をとって「富の川越いも」と呼ぶが、どの種も味に定評があある。
 近年は加工品開発も盛んで、特に人気は、はやし園が売り出した「川越芋バター」。「当園では13種類のサツマイモを作っていますが、なかでも収穫が少なく貴重な富の紅赤を原料に、地元の上富食品とコラボし誕生させたもの。添加物を一切使用していませんので、おいしくかつ健康的な商品です」と、同園の林千郷さん。
 ふんわりとイモの甘さが漂い、イモクリームのようなやさしい食感が特徴。どんなパンにも合うが、デザート作りの素材にも最適だ。同じくイモの甘みと柔らかい味わいを保ったジャム「川越芋コンフィチュール」も好評で、バターとのセット商品もある。
【取り寄せ先】
はやし園
埼玉県三芳町上富1003
TEL 049-259-2228
FAX 049-258-0968
川越芋バター 200g 770円、川越芋コンフィチュール 170g 650円、バターとコンフィチュールのセット 1420円(いずれも税込み、送料別途)
※商品は冷蔵便で発送
※イモの取り寄せも可能(9~11月)

http://www.kawagoe-imo.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「クウシンサイ」の引用♪
栄養価は生命力の証し
・和名:空芯菜 空心菜 蕹菜(ようさい) ヒルガオ科サツマイモ属
・英名:water spinach / kang kong
・食べられる部分:葉、茎
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンA、ビタミンK、カリウム、鉄
 残暑の頃は、葉物野菜がさえない時期。じりじり照りつける太陽に干からびてしまいそうだが、元気なのがクウシンサイだ。
 よく中国野菜として紹介されるが、東南アジアやインドでも食べられていて、エスニック料理でもおなじみ。日本では昔から沖縄で「ウンチェー」の名で親しまれてきたが、近年では都心のスーパーマーケットにも並ぶなじみの野菜になっている。
 漢字で書くと「空芯菜」。茎の芯が空洞になっていることに由来する。ただし日本でこの名を使うには少々面倒なことがある。名称が商標登録されているのだ。標準和名は「ヨウサイ」。食品成分表でもこちらが使われている。ほか「エンサイ」「エンツァイ」ともいう。
 「アサガオ菜」の呼び名もあり、これは花がアサガオに似ているから。はかなげな白い花が咲き、茎も葉も細く華奢に見えるが、実はとんでもなく丈夫な植物だ。
 炎天下でもぐんぐん伸び、収穫後も湿った新聞紙に包めばかなり日持ちする。すぐに茎の節のところから根が伸びてくるし、しなびてきても水につければシャキンと蘇る。生命力が強いだけに栄養値も高い。
 食べ方は油炒めが一番。ザクザク切って、強火で勢いよく炒めて味わいたい。ニンニクと合わせればよりパワーアップ。味にはクセがなく、中華のオイスターソースや、タイのナンプラー、ベトナムのニョクマムなど、調味料しだいで各国料理になるのも楽しい。

本日のカウント
本日の歩数6,101歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「エデンの東」、そして「炙り〆秋刀魚寿司」 | トップページ | 「いただきます 夏ばてを吹き飛ばせ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62229170

この記事へのトラックバック一覧です: 「<食卓ものがたり> マスカット」、そして「川越芋バター&コンフィチュール」:

« 「エデンの東」、そして「炙り〆秋刀魚寿司」 | トップページ | 「いただきます 夏ばてを吹き飛ばせ」 »