« 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(9-1)「ピーマンのカレーそぼろ」 »

2015年9月30日 (水)

「土井善晴の料理は楽し」(8-5)「たこ飯」

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「厚岸産大粒あさり」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/asr_t5/?scid=rm_198862#asr_t5
 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「広島産牡蠣」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/kaki-1kg/?scid=rm_193917

 今朝の朝刊のコラム欄より引用。
 <かの星に人の棲(す)むとはまことにや晴れたる空の寂し暮れゆく>。若山牧水が、そんな歌を収めた歌集『路上』を世に問うたのは、一九一一年秋のことであった
▼この歌集には<白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり>という名高い歌も収められているから、牧水は杯を傾けつつ、澄んだ空に一つ二つと瞬きだす星を見、異星人に思いをはせていたのかもしれぬ
▼それは、詩人の酔眼が生んだ幻想ではなかった。天文学者の海部宣男さんの『宇宙をうたう』によれば、牧水が<かの星に…>と詠んだ時代、運河を築くほど高い文明が火星に存在するというのは、広く流布した考えだったそうだ
▼火星探査で運河の存在は否定されたものの、最新の観測成果を知れば、泉下の牧水なら、<かの星に水流るるとはまことにや…>と詠むかもしれぬ
▼火星にはかつて大量の水があったことは分かっていたが、今なお「流れる水」がある証拠をつかんだと、米航空宇宙局(NASA)が発表した。火星の平均気温は氷点下五五度だが、比較的暖かくなる季節に、濃い塩分を含むため凍りにくい水が流れているというのだ
▼そうなると期待が高まるのは、生命の発見。NASAは二〇二〇年にも新たな火星探査車を打ち上げる計画だ。秋の澄んだ夜空を見上げつつ<かの星に生命(いのち)あるとは…>と詠ずる日も、遠くないのか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015093002000104.html

 昨日のテレビ「昼めし旅」。
http://newskeimatomedouga.blog.fc2.com/blog-category-146.html
「長野県 下伊那郡」
《農家民宿 ひがし》
☆1泊2食付き 6,200円~(7名以上)
・白ナスの蒸し焼き
①白ナスを切り、ゴマ油をひいたフライパンで揚げ焼きにする。フタをして3分ほど蒸したら出来上がり。
②ネギポン酢をかける。
・オクラとワラビのおひたし
①オクラ、エノキ、ワラビをおひたしにして、梅肉を乗せる。
・イノシシ鍋
・筍とキュウリの酢の物
「和歌山県 南紀白浜」
<フィッシャーマンズワーフ白浜>
☆天然紀州本クエのうす造り 1,296円
・さばめし 378円
・千鯛の干物 626円
・かま天(8個入り) 432円
・紀州イサギの造り 626円
<鎌倉商店>
☆いでゆ反対タマゴ 1個 90円
<>
・ツメバイの塩茹で
①ツメバイ(マガキガイ)は、海水と同じくらいの濃度で塩茹でする。沸騰してから7分茹でる。
②ネギを添えた酢味噌で食べる。
・磯部揚げ風 うるめいわしの天ぷら
①あおさを混ぜた天ぷら粉で開いたイワシを揚げる。
・カイワレとタマネギのツナサラダ
・茶粥(おかいさん)
≪小料理バル kanade≫
・カキのみそ焼き 850円~(税別)
・和風スペアリブ 950円(税別)
港区新新橋1-11-5
「おやじ飯」【ごろごろ野菜の炊き込みご飯】
『材料』
 大根、ニンジン、スイートコーン缶、鶏むね肉、お米、バター、醤油、酒、お漬物、和風だしの粉末、塩昆布
①大根、ニンジンを角切りにし、フライパンで炒める。軽く火が通ったらスイートコーン、醤油、バターを加え、刻んだお漬物を入れる。
②お米を研ぎ、醤油、和風だしの粉末、①を入れて炊く。
③鍋に鶏むね肉を酒と水で茹でる。中まで火が通ったらほぐす。
④②が炊き上がったら③、バター、刻んだ塩昆布を入れ、しっかり混ぜ合わせる。

 今日の仕事・・・
 プリントアウトしようとしたら「スプール中」で止まった・・・何なんだ!!!・・・と思ったら、自分がイケませんでした・・・スミマセン!
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=002195

 「イベント予定」なんてHPがあるのですね♪
http://www.walkerplus.com/event_list/20151010/ar0622130/hamamatsu/
 総務省の「電波利用ホームページ」に「無線局等情報検索」というのがある。コールサインを入れると、免許の有効期限などがわかる。便利になったものですね♪
http://www.info.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=1
http://www.info.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SK=2&DC=100&SC=1&pageID=3&CONFIRM=0&SelectID=1&SelectOW=01#result

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 途中、クリーニングに寄り、出しておいたものを受け取る。

 カーブで、黄色いラインを越えてくる車あり・・・危ない!!!こちらが急ブレーキ!!!対向車は、速度も落とさず、そのまま行ってしまった・・・他人の迷惑を考えない車だった・・・↓

 スーパーに寄る。売り出しの「ぶなしめし」84円、「しろねぎ」62円、それに「明治ブルガリアヨーグルト」159円、さらに40%引きの「村上ホルモン」200円を買い帰宅。
 フリーマガジンをもらい帰宅。

「土井善晴の料理は楽し」(8-5)「たこ飯」

 帰宅して、「北海道 ロースジンギスカン」で一杯!
 もやし、ニンジン、キャベツ、タマネギ、ジャガイモを入れる。ジンギスカンって、もやしとタマネギが必須かと思っていたら、ジャガイモって合うよね♪♪♪
 それにしても、ジンギスって美味しいよね~!!!
北海道 ロースジンギスカン
 赤ワイン入りタレ使用
200g
 隠し味に国産赤ワインを加え、風味豊かなジンギスカンに仕上げました。
加工者:IHミートソリューション(株)札幌パックセンター
札幌市白石区本通21丁目北2番1号
販売者:伊藤ハム株式会社
神戸市灘区備後町3-2-1
TEL0120-01-1186

http://www.itoham.co.jp

 2015年8月30日の「土井善晴の料理は楽し」は、「たこ飯」(359kcal)だった。
おかず不要 大盛りで
 辛みのマイルドな新ショウガは、炊き込みご飯にすると、とてもおいしいものです。香りが素晴らしく、ほのかな辛みで、お酒をのむ方にも喜ばれます。ショウガと相性のよいタコを加えれば、いっそう豊かなおいしさになります。
『材料』(4人分)
・ゆでタコ・・・180g
・新ショウガ・・・大1片(50g)
・米・・・2カップ(400cc)
・洗い米と同量の水加減
・しょうゆ・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ1
・昆布・・・10cm1枚
①米を洗う
 米は洗い、ザルにあげて水気をきる。そのまま40分ほどおいて、米の芯までしっかり浸水した洗い米にする。
②タコを薄切りにする
 ゆでタコは水けを拭き取り、細いところはそのままで、太いところは縦に二つに切ってから、幅3mmくらいに薄切りにする。
 「タコは火を通すと硬くなりますので、大きく切ってしまうと食べにくいのです。薄く小さめに切ったほうが、ご飯とのなじみもいいです」
③ショウガを千六本に切る
 新ショウガは皮も軟らかいのでタワシでよく洗って、皮つきのまま使う。2cmほどの長さの千六本(マッチ棒くらいの太さ)に切りそろえる。
 「ショウガは火が通ると身がやせるので、せん切りよりも太めの千六本に切ります」
④水加減をする
 炊飯器に洗い米を入れ、同量の水を加える。洗い米は水を吸った分だけ体積が増える。計ってみて、洗い米が2カップ半であれば、水も2カップ半加える。米によって浸水具合が違うので、必ず測り直すことが大事。
⑤炊飯器で炊く
 炊飯器にしょうゆ、みりん、昆布、新ショウガ、タコを入れて普通に炊き上げる。蒸らし終わったら、昆布を取り除いてそこからさっくりと混ぜ、飯わんによそう。
 「底の方におこげができますがこれがまたショウガとよく合う」
 タコの旨みにだし昆布の旨みを補うことで味わい深い一品に。
≪食のこころ≫
 かじれるほどに軟らかくてみずみずしい新ショウガ。薬味というよりも野菜の風情だ。
 これを刻んで加えたショウガご飯を、土井さんは夏によく作る。香りとほのかな辛みが涼を呼ぶショウガご飯は「それだけでもおいしいものです。そこにタコを入れればタコ飯です。タンパク質のタコが入ることで、おかずの不要なご飯となり、漬物と汁物を添えれば立派な一食です」。
 「関西人にとって、タコは夏に欠かせないもの。ゆで加減を吟味して買ってくるぐらい、タコにはうるさいのです。ゆでタコは酢ダコにして食べることが多いですが、残った脚でたこ飯を作れば、また違うおいしさを味わえます」
 具のうまみを吸って、ほんのりピンク色にふくらんだ米粒。タコの甘みをショウガが引き締める相性の良さで、食慾の落ちる時期によくぞあってくれた、と思うほど。”おかずいらすのご飯”だから、お上品な盛りではなく、たっぷりとよそってすすめたい。

本日のカウント
本日の歩数8,708歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(9-1)「ピーマンのカレーそぼろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62383859

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(8-5)「たこ飯」:

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(9-1)「ピーマンのカレーそぼろ」 »