« 「いただきます サンマを食べ尽くす【焼きサンマのネギソース】」、そして「望洋楼特製 焼鯖寿し」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 »

2015年9月28日 (月)

「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「香味トンカツ」

 「アサヒ飲料」より、メール。「★WONDA×ウルトラマン オリジナル フリースブランケットが必ずもらえる!★」案内♪
http://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/campaign/wonda_150817/?sc_cid=aica_own_ht_07266

 昨日のテレビ「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
「飯島町」
・栗おこわ
①栗の皮をむく。くちなしの実と一緒に茹でる。
②もち米、①、茹でた小豆を混ぜ、蒸し上げる。
③酒、塩で味付けした小豆の茹で汁を加え混ぜ、もう一度蒸す。
・栗おはぎ
①栗を皮ごと茹で上げたら、中身を取り出す。たっぷりの砂糖を加えて煮る。
②もち米を①で包み込む。
・くるみおはぎ
①くるみをすり鉢ですりつぶす。砂糖、塩で味付けし、クルミのソースを作る。
②きな粉のおはぎに付けて食べる。
「鳥取県 岩美町」
《Beach Cafe & Outdoor "ALOHA"》
☆ベーコンステーキの定食 780円
☆生クリームのクレープ 480円
・鳥取牛、お刺身、白いか、岩牡蠣(夏輝)

 今日は、「スーパームーン」なんですね!
 28日の満月が見かけ上、いつもより一回り大きくなる「スーパームーン」で、前夜の空に浮かぶ月も大きく見えるという。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20150926-OYT1T50069.html

 今日の午後の仕事・・・。
 分かっていることをぐどぐどと長く説明する必要はないでしょう!!!これじゃあ「会議のための会議」だよ・・・。
 間違えやすいところだけとか、初心者が分かりにくい所の説明でいいんでないかい???時間のムダ!!!
https://www.hellowork.go.jp/

「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「香味トンカツ」

 仕事を終え、帰宅して「生餃子」で一杯♪今日は、ちょっと暑かったからビールが美味しいね・・・こんな時は餃子だね↑↑↑
本格派の味
 更に美味しくなりました
株式会社 二幸
群馬県伊伊勢崎市柴町1132
TEL 0120-25-0022

「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「香味トンカツ」

 さらに「個食美学 フライビンズ」♪この個食美学シリーズを税込98円ぐらいで買える所を探そうか・・・。
カリッと、はじけるおいしさ!
Nice Sile

 Support you Life 暮らし宣言!
 そら豆をカリッとした食感に仕上げました。塩味があとひくおいしさです。
100g当たり457kcal
有限会社 田口製菓
岡山県笠岡市園井2160
TEL 0865-63-1020

 2015年8月16日の「土井善晴の料理は楽し」は、【香味トンカツ】(752kcal)だった。
ガッツリ 暑気払い
 中国料理の油淋鶏(ユーリンチー)のように、香味野菜を効かせたソースでトンカツを食べたら間違いなくおいしい、とひらめいたレシピです。伏見唐辛子など辛くない青唐辛子で作ります。
『材料』(2人分)
・豚ロース(トンカツ用)・・・2枚
・小麦粉、溶き卵、パン粉・・・適量
・揚げ油・・・適量
<香味ソース>
 甘長唐辛子・・・約10本(90g)
 長ネギ・・・1本(120g)
 サラダ油・・・大さじ2
 豆板醤・・・小さじ1
 米酢、老酒、薄口しょうゆ、砂糖・・・各大さじ2
 ごま油・・・大さじ1
①肉の下ごしらえをする
 豚ロースは筋切りをして、薄く塩をふる。
②香味ソースの材料を用意する
 甘長唐辛子は小口切りにし、洗って種を大まかに取り除く。長ネギは両面から縦に細かく切り目を入れて、小口から刻む。調味料をそろえておく。
③トンカツを揚げる
 豚肉に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。小さなフライパンに揚げ油を1cm弱入れ、油がまだ冷たいところへ、衣をつけた肉を入れて揚げ始める。
 「冷たい油から入れて、ゆっくり揚げていきます」
 少量の油は温度の上昇が速いので注意が必要。パチッと音がするぐらいの高温になれば、必ず火を弱める。表面にお玉で油をかけながら揚げ、色づいたら返して、トータルで7分ほど揚げる。油から引き上げたら、すぐに切らずに少しおいて余熱を効かせる。
④香味ソースを作る
 中華鍋にサラダ油を温め、甘長唐辛子を強火で炒める。油がまわったら豆板醤を加えて炒りつけ、長ネギも加えて軽くなじませる。ごま油以外の調味料をすべて入れて、全体を熱く炒め上げる。仕上げにごま油を回し入れて香りを立て、すぐに火を止める。
⑤仕上げ
 トンカツを食べやすく切って皿に盛り、④の香味ソースをたっぷりかける。
≪食のこころ≫
 さっぱりとしたものを求める一方で、ガツンとした揚げ物もおいしく感じる夏。そこで登場、愛しのトンカツである。
 「フライパンなら少量の油ですみますよ」と話す土井さんに、揚げ方のコツを訪ねようとした、まさにそのとき。まだ油が冷たいのに、土井さんが衣をつけた肉をいれてしまうのではないか。えっ、もう入れちゃうんですか!?と驚いて聞くと「温度が低いところから、ゆっくり揚げます。そのほうが肉にやさしく火が通り、ジューシーに仕上がるのです」。
 思わず試してみたくなる、この技、肉にじっくりと火を通すことになるので「中まで火が通っている?」という揚げ物につきももの不安がない点もうれしい。そして本当にふっくらと揚がるのだ。
 サクッ、サクッとおいしそうな音で、カツを食べやすく切って皿に盛る。清涼感のある青い唐辛子のソースをたっぷりかけた”夏のトンカツ”はご飯がすすむ。暑気払いにうってつけです。

本日のカウント
本日の歩数11,441歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:10個
(月)×

|

« 「いただきます サンマを食べ尽くす【焼きサンマのネギソース】」、そして「望洋楼特製 焼鯖寿し」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(8-3)「香味トンカツ」:

« 「いただきます サンマを食べ尽くす【焼きサンマのネギソース】」、そして「望洋楼特製 焼鯖寿し」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-4)「野菜スープ」 »