« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」 | トップページ | 「らーめん専門店 まいど」 »

2015年9月25日 (金)

「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」

 斎藤一人さんの今日のカード。
 地球上の動物で「ありがとう」って言えるのは、人間だけです。
 他の動物は、たとえ物をもらっても親切にされても、「ありがとう」って言いません。人間だけが、「ありがとう」って言える。
 本当にきれいな言葉ですね。
 「ありがとう」って言葉は。
 「ありがとう」をたくさん言っている人の顔は、なぜか、神々しいほどきれいです。

http://saitouhitori.jp/ass4/65.html

 昨日の「昼めし旅」。
http://newskeimatomedouga.blog.fc2.com/blog-category-146.html
「山梨県 南アルプス市」
《松の屋》
☆竹炭どら焼き 170円(税込)
☆巨峰どら焼き 170円(税込)
☆珈琲どら焼き 170円(税込)
☆御勅使川のしらべ 130円(税込)
・巨峰餃子
・ヤゴメ(地元産のあけぼの大豆を入れた混ぜご飯)
・じゃこのサラダ
《芦安温泉 岩園館》
☆1泊2食 9.000円~
・馬刺しの焼肉
①タマネギと馬刺しを醤油漬けにしてフライパンで炒める。
・野菜オムレツ
①ニンジン、タマネギ、肉などを炒め、卵焼きで巻く。
・マグロのたたき
「長野県 佐久市」
<>
・五目おこわ
①もち米を蒸し、酒と水をかける。
②ごぼう、ニンジン、シイタケ、切り昆布、チクワを煮込んだものを混ぜる。
・ほたて、焼き鳥の網焼き
・ヤマメ、ハヤの塩焼き
・ローストビーフ
・ふかし芋
<>
・イノシシの炒め物
・ブロッコリーとパプリカのピクルス
・巻き寿司
≪和酒バール AGI≫
・牛筋の煮込み 700円(税込)
・和風ポテトフライ ~里芋の煮揚げ~ 580円(税込)
品川区西五反田1-25-1 KANOビル1F
「おやじ飯」【さっぱりから揚丼】
①ボウルに鶏もも肉、しょうゆ、みりん、酒、ニンニク、ショウガ、パイナップルを細かく刻んだものを入れ混ぜ合わせ、10分ほど漬けておく。
②①に片栗粉をまぶして油で揚げる。
③タマネギを刻み、塩、コショウ、お酢、ごま油を加えて混ぜ、タレを作る。
④ボウルにご飯、すし酢、刻んだガリを加え、よく混ぜる。
⑤器に④を盛って、②を乗せ③をかける。刻んだネギを添える。

 「サッポロビール」より、メール。「【ウメカク】果実仕立ての梅酒カクテル ピンクグレープフルーツ ゲームに挑戦してキャンペーンに応募しよう!」の案内♪
http://www.sapporobeer.jp/umekaku/index.html#umekakugame
 同じく、「クエン酸でいきいき「白梅酒」が新発売 アンケートで抽選で12名様にプレゼント」の案内♪
http://www.sapporobeer.jp/umeshu/campaign/shiroumeshu/index.html

「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」

 今日のお茶は「カテキン一杯」。
茶葉まるごと粉末茶
 アイスでもホットでも
HARADA
無添加 国産100%
約50杯分 20g入り
ハラダ製茶株式会社
静岡県島田市岸町194

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 仕事のできる方々が、なんで勤務時間を過ぎても活動するような計画を立てるのですか???

 スーパーに寄る。売り出しの「キャベツ」105円は売り切れだった!
 「するめ足」324円、「中国産落花生」108円、「こんにゃく」47円、「木綿豆腐」37円、「お買い得寿司」518円のところ2割引きで「414円、「エビフリッターと茄子のチリソース」321円のところ半額の160円を買う・・・箸はつけてくれないんだね・・・。帰路に就く・・・。
 ここは、お箸をつけてくれなんですね・・。

 雨のせいか、道が混んでいる・・・「雨だから迎えに来て」ですかぁ~?甘えているね・・・厳しさとか辛さも教えた方がいいんじゃないの!???

「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」

 帰宅して「エビフリッターと茄子のチリソース」で一杯♪
(株)ビッグ富士 エブリデー 入野店
浜松市西区入野町303-1

「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」

 それに「お買得寿司」。
 ついていたワサビは「おろし わさび 生」。
万城のおろしわさび
(株)万城食品株式会社 B2
静岡県三島市八反田町103-2
 醤油。
株式会社 旭創業 AP

 2015年8月9日の「土井善晴の料理は楽し」は、【春雨サラダ】(234kcal)。
具だくさん「夏の麺」
 つるんと口あたりのよい春雨に、具をたくさん混ぜて、冷たいサラダに仕立てます。4人分としましたが、麺として食べるなら、この分量で2人分でもよいでしょう。
『材料』(4人分)
・春雨・・・50g
・キュウリ・・・1本
・ハム・・・70g
・チクワ・・・1本(100g)
・モヤシ・・・1袋(150g)
・塩・・・少々
<薄焼き卵>
 卵・・・1個
 塩、サラダ油・・・各少々
<しょうゆだれ>
 薄口しょうゆ・・・大さじ2
 米酢・・・大さじ4
 砂糖、ごま油・・・各大さじ2
 煎りごま(白)・・・大さじ1
①春雨をもどす
 春雨は熱湯で3分ゆでて、水にとって熱を取り、ざるに上げて水気をきる。
 「春雨の水分はしっかりきってください。そのほうが気持ちがいい。味のからみもよく、具と混ぜたときにおいしいんです」
②具は同じ長さにそろえる
 キュウリは斜め薄切りにしてから、せん切りにする。ハムもせん切りに。チクワは薄切りに。モヤシはひげ根を取り、サッとゆでてざるに上げ、塩を軽くふって冷まします。
 「具の下ごしらえがしっかりされていることが、おいしさにつながります」
③薄焼き卵を作る
 卵を溶きほぐして塩を加えて混ぜ、サラダ油をひいたフライパンで薄焼き卵を作る。4cmほどの長さのせん切りにする。
④たれを作る
 しょうゆだれの材料を混ぜ合わせる。
⑤あえて冷やす
 春雨と具を合わせて、④のたれをまわしかけ、よくあえて冷蔵庫でひんやりと冷やす。
≪食のこころ≫
 「サラダであるけれども、麺料理のつもりで作っています。春雨を麺として、具のほうが肥大しているというか・・・」
 野菜もたっぷり、ハムや卵もたっぷりの歓迎すべき”肥大”である。主役の春雨はつるりとのごしがよく、冷やし中華(中華麺)よりも軽くて、食慾の落ちる夏にぴったり。主食にしても、おかずにもよしで、バランスよく栄養が取れるうれしい一品だ。
 春雨はアジアの広い範囲で食べられ、パクチー(香菜)などを使ってエスニック料理にもまる。しかし、「家では普通にあるもので作れたほうがいいかな」と土井さん。夏が来るたびに作りたくなる、親しみのあるおいしさとなった。
 たれは甘酢じょうゆにごまの香りの、お年寄りも子どもも好きな味。「具も身近なものを」ということで。冷蔵庫に残っていたチクワもアリなのだ。「でもチクワではなく、カニ肉でもいいんですよ。それならいっぺんで上等になる。お客さまにも出せます。

本日のカウント
本日の歩数8,761歩
(本日のしっかり歩数:2,137歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」 | トップページ | 「らーめん専門店 まいど」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」:

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」 | トップページ | 「らーめん専門店 まいど」 »