« 「味処 勝家」「海鮮天丼」、そして「すぐにでも食べたい!丼メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」 »

2015年9月24日 (木)

「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」

 「キリンビール」より、メール。「“利き”一番搾りセット、プレゼント!」の案内♪
http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/kiki-ichiban/#utm_medium=mail&utm_source=mail_kc&utm_campaign=kc_news_20150924&utm_content=mail_text01
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。500円均一セールの案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/500all/?scid=rm_197493
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。半額セールの案内♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/c/0000000344/?scid=rm_206625

 斉藤一人さんの今日のカード。
 遠くを見すぎたり。
 自分を人と比較したり。
 そんなことをしては落ちこんだり、つまずいたり。
 それよりも、自分の足元を見て、少しでも前に進んでいくことです。
 そうすれば、確実に幸せになれるし、足元に咲いている花にも気づくんだ。
 「自分の足元に咲いている花は、本当に自分に必要な花」なんだって、当たり前のことに気がつくんです。

http://saitouhitori.jp/ass4/14.html

 昨日のテレビ「やりすぎ都市伝説」で「安岡正篤(やすおか まさひろ)」という人物を取り上げていた。陰で日本の政治に影響を与えた人らしい。
http://yarisugi.jp/
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E5%B2%A1%E6%AD%A3%E7%AF%A4

 「英国一家、日本を食べる」は、「Mad About Miso (発酵マニアがつくるミソ)」だった。
http://www.nhk.or.jp/anime/sushi/
・米味噌・・・大豆、米、塩
・麦味噌・・・大豆、麦、塩
・豆味噌・・・大豆、塩
<関西味噌製造所>
・超権藤
☆味噌汁(豆腐、ネギ、しいたけ)二日酔いの朝に最高の食べ物
≪朝日屋≫
・味噌煮込みうどん
・味噌カツ(豆味噌+砂糖+みりん)
<>
※やっとかめ・・・久しぶり
・みそパスタ
 炒めた挽肉とタマネギに味噌ダレ(豆味噌+みりん)を混ぜる。
・プリン
 カラメルのかわりに味噌ダレ
※しゃびしゃび・・・水っこいこと

 仕事をちょっと遅く終え帰宅。
 途中、クリーニングに寄る。ズボン270円也。
 ドラッグストアに寄る。売り出しの「石鹸」257円、それに「フライビンズ」100g108円を買い帰宅。

 帰宅して、豚汁で一杯♪
「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」

 コンニャクは「群馬のあく抜きこんにゃく」。
250g
100g当たり3kcal
株式会社エムエムフーズ MF
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
TEL 0274-70-4805

「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」

 豆腐は「にがり寄せ 木綿」。
100g当たり72kcal
浜松吉川屋
浜松市東区笠井新田町1482番地1
TEL 0120-73-5561

「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」

 そして、久しぶりに買った「緑豆もやし」。
根が少ない!
 根を極力取り除いております。(100%獲れているものではありません。)
200g
100g当たり14kcal
株式会社 丸一食品
静岡県焼津市高新田22番地の1
TEL 0120-08-8084

「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」

 そして、頂き物の「はません」も食べるよ♪

 えびうす焼

 新聞に連載の「土井善晴の料理は楽し」シリーズが一杯貯まっているよ・・・時季外れになったけど、急いでアップだね!!!
 2015年8月2日の朝刊の「土井善晴の料理は楽し」は、【かぼちゃの天ぷら】(472kcal)だった。
冷めてもOK 精進揚げ
 単品の野菜の天ぷらは、少ない油で揚げられて気楽です。それに野菜のうまみが強く感じられる。夏ですし、カボチャをほっくりと揚げてみませんか。
『材料』(3人分)
・カボチャ・・・1/4個(450g)
・薄力粉・・・適宜
<衣>
 薄力粉・・・100g
 卵1個+冷水・・・適量
・揚げ油・・・適量
・天つゆ、大根おろし・・・各適量
①カボチャを切る
 カボチャは種を取り、2cmほどの厚みに切る。
 「カボチャは分厚いほうが、揚げたときにおいしいと思います」
②衣を作る
 計量カップに卵を溶きほぐし、冷水を加えて160mlにする。薄力粉と合わせ、さっくりと混ぜて衣を作る。
③カボチャに粉をまぶす
 ①のカボチャに薄力粉を軽くまぶす。粉をまぶしたほうが、衣のつきがよい。
④揚げ油の中に入れる
 フライパンに揚げ油を1cmほどの深さに入れて、中火で温める。さい箸を差し入れたときに、箸の先から小さな泡が出るくらいの低い温度から、③のカボチャに②の衣をつけて揚げていく。
⑤しっかり揚げる
 衣が固まるまで、さわらずにしばらく揚げる。
 「1~2種類の野菜の天ぷらや少人数の揚げものは、フライパンで作るのが気軽です。小さいフライパンなら、1カップ程度の油ですみます。ただし、少ない油は温度が上がりやすいので、こまめに火加減をするようにします」
 パチッと大きな音がしたり、煙が立つようなら、温度が上がりすぎている証拠なので火を弱める。思っているよりも時間をかけて、低めの温度でゆっくりと揚げ、中までしっかり火を通す。
 「全体がおいしそうな色がついて、箸にあたる衣の感触がカリッとしていたら引き上げどきです」
 油をきり、たっぷりの大根おろしと天つゆを添えてすすめる。揚げたても、冷めても美味。
≪食のこころ≫
 おばあちゃんが揚げてくれたような、ゴロンと大きなカボチャの天ぷら。最近は家庭でも店でも、こんな料理は見かけなくなった。土井さんいわく「今はみなさん、天ぷらを難しく考えすぎているんです」・
 プロの技で作る”揚げたてのサクサク”ばかりが天ぷらの魅力とされ、家庭でもそれを目指そうとするから、天ぷらが難しい料理になってしまっている。
 「でも昔から法事など人の集まるときには、精進揚げが作られてきたでしょう。天ぷらは本来、冷めて、少ししっとりしてきても、おいしく食べられるものです」
 冷めてもおいしい天ぷらは小麦粉で作るべし。市販の天ぷら粉にはサクサク感を出すために重曹が入っている。それで油を含みやすく、カロリーも高くなり、冷めるとベタッとしてしまうのだ。「小麦粉で、少量のきれいな油で作った家庭の天ぷらはヘルシーです。野菜だけで満足のいくおかずとなり、経済的でもあります」

本日のカウント
本日の歩数10,348歩
(本日のしっかり歩数:1,001歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「味処 勝家」「海鮮天丼」、そして「すぐにでも食べたい!丼メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62345179

この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「かぼちゃの天ぷら」:

« 「味処 勝家」「海鮮天丼」、そして「すぐにでも食べたい!丼メニュー」 | トップページ | 「土井善晴の料理は楽し」(8-2)「春雨サラダ」 »