« 「チキンと夏野菜のスープカレー」「焼肉のっけカレー」「サラダカレー丼」「ベジタブルカレー(夏)」「豚肉とトマトの夏カレー豆腐」 | トップページ | 「古本と珈琲 八月の鯨」、「無農薬三方原じゃがいもコロッケ」、そして「サバタケ」 »

2015年8月 1日 (土)

「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】

 今日は、8月1日。「パインの日」。
 パソコンの壁紙を替える・・・んですが・・・。
 2015年8月の壁紙カレンダーは、ひまわりの里(北竜町)
 撮影は、北海道の写真家 青木功さんです。

http://item.rakuten.co.jp/snowland/kagebami-kitaguni/

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 枝豆が安く出回る時期になると、作りたくなる肴(さかな)がある。ゆでた枝豆を、瓶詰の練りうにと和(あ)えるだけ。作る、とも言いかねるほど手間がかからず、錦絵のごとく彩り鮮やかで、口にしたならば、冷酒が止まらなくなる
▼そんな小粋な料理を教えてくれたのは、江戸風俗研究家で文筆家の杉浦日向子さん。味わい深い文と絵で江戸の昔を案内する『一日江戸人』に収められたレシピだ
▼仕事やら何やらに追われ、何か息苦しいような心持ちになった時、杉浦さんの作品は効く。「間」が抜け落ちてしまった生活に「間」を与えてくれる。「間ぬけ」の特効薬である
▼作家の赤瀬川原平さんは、『東のエデン』『百日紅(さるすべり)』など杉浦さんの漫画を<活字的権威とは無縁のふつうの話しことばみたいに、楽ーに空気を吸い込ませてくれる>と評しつつ、タイムマシンにたとえていたが、彼女が書いたこんな「時空旅行江戸見聞記」を読めば、ゆるりとした時が流れ始めよう
▼<長さ二間半ほどの小さい橋に、三、四人が立ち止って、ぼうっとしている。ひと固まりの騒音が話し声や足音や水の音に、それぞれ分れて耳に入り出す。町が見、聞える場所が、橋だ>(『江戸アルキ帖』)
▼杉浦さんが四十六歳の若さで逝って、この夏で十年。彼女がのこした作品を「橋」にして、江戸の昔にふらっと旅をする。そういう夏の一日も、悪くない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015080102000110.html

 昨日のテレビ「探Q!Aトリップ」は、「愛知県一色町 極上ウナギ アオ」。
http://www.tv-aichi.co.jp/tanq/
http://www.tv-aichi.co.jp/tanq/back_number/
<一色うなぎ漁業協同組合直営店>
西尾市一色町
TEL 0563-72-9247
 もののよいウナギのことを「アオテ」「アオクチ」と呼ばれている。
《うなぎ割烹 みかわ 山水亭》
・うな丼 1,700円
・上丼 2,300円
・特丼 2,850円
・うな重 2,550円
西尾市一色町坂田新田西江
TEL 0663-72-8817
《炭焼 うな富士》
〔青ウナギ〕
・肝入りひつまぶし 5,450円
名古屋市昭和区白金
TEL 052-881-0067
《民宿 市兵衛》
・ムール貝のあんかけ
・ムール貝の山椒煮
西尾市一色佐久島東屋敷
TEL 0563-79-1103

 今日は休みなのに奉仕作業と名の付いた仕事・・・無休・・・代休なし・・・。

 仕事をダッシュで終え、パソコンショップに向かう。
 5月30日に買ったパソコンがおかしいのに、ソフトだと保証は効かないと言われた。補償の範囲は、ハードのみだと・・・なんてこった!!!しかも、8,400円くらいかかり、日数も4,5日かかるという・・・。
 とりあえず、お願いした。
http://www.zoa.co.jp/
「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】

 ついでに、CPRM対応の「DVD」950円を買う。
That's
デジタル放送録画用 CPRM対応
ハイビジョン録画対応
AVCRECmHD Rec対応機器が必要です。
ワイドタイプ白
プリントエリアが広くなりました
 外径117mm 内径22mm
1-16倍速記録対応 Single Sided〔1回のみ〕
色あざやかで水に強い写真画質プリンタブル
企画・販売元:株式会社スタート・ラボ
東京都千代田区神田神保町2-38 稲岡九段ビル
TEL 03-3288-4323
製造委託先:太陽誘電株式会社

http://startlab/co/jp

 散歩に出かける。スーパーで「えだまめ」159円、「茶まめ」159円、「丸守豆心 きぬ豆腐」62円、「きのこ」62円を買い帰宅。

 帰宅して、ハードディスクに録画しておいたビデオをDVDにダビングをする。
 DVDといってもいろいろな方式があってよく分かんないな。等速ダビングしかできなってどういうこと???高速ダビングってどうやるの???ダビング中は、テレビが見られない???

 道路に打ち水。ホースが抜けるのは、ホース側の問題ではなく、畑灌(はたかん)側の問題でした!

「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】

 「いただきます 夏野菜を味わう」より、「枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ」で一杯♪冷奴って、ビールが合うよね♪♪♪このメニュー美味いね♪この新聞の「いただきます」シリーズって、ときどき当たりがあるよね↑↑↑
「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】

 豆腐は、今日買った「豆心」。
創業明治30年 老舗の技
 昔ながらの生とうふ
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

 ここで、オマケの新聞に載っていた記事の引用♪
地元で広げたい生豆富の魅力
 「創業当時から非加熱製法にこだわった生豆富(なまどうふ)をぜひ地元の皆さまに味わっていただきたい」と話すのは豆富製造・卸の「(株)丸守」(浜松市東区有玉西町)の堀川一裕さん。明治30年創業で堀川さんは五代目。量販店向けに豆富や湯葉、油揚げなど約40種類の大豆製品を製造。静岡県西部地域で販売されています。
 加熱による殺菌処理された”豆腐”が多い中、同社がこだわるのが大豆と水、にがりだけで作る非加熱工法の手作りの味。「加熱処理は消費期限が長いが大豆のうま味や甘味を逃してしまう。地元企業として地域の方においしい生豆富を提供したい、初代守太郎の豆富作りへの意思いを守りたいという思いから。衛生管理を徹底し、伝統製法を守り続けています」
 平成7年には区画整理により中区菅原町から工場を移転。豆富作りに欠かせない良質な水を求め、複数の移転候補地でボーリング調査を実施。天然水が使える現在の場所へ移りました。「自社地下約300mから南アルプス最南端の水脈の雪解け水をみく上げ、全行程でこの水を使っています。工場の入り口横でも地域の皆さまにお分けしています」
 日常使いの木綿や絹ごし、冷やっこに人気の枝豆粒入り豆富、浜名湖のりが入った寄せ豆富に加え、この夏は厳選した国産大豆だけを使った濃厚でプレミア感あふれる「濵松豆富」も発売。土日だけ営業する工場直売店でも数量限定で販売しているそう。
問 053(438)3700

http://tofu-marumori.co.jp/company.html

「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】

 「枝豆」も今日買った物。
塩味付き えだまめ
契約栽培 原料使用
SHOPPER'S PRICE
CGCグループの商品です
 おつまみにピッタリ
 流水解凍OK!
400g
・種~栽培~収穫まで管理を徹底した契約栽培原料を使用しています。
・栽培履歴がわかる体制をつくっています。
・収穫後すぐに加工。新鮮な風味をご賞味いただけます。
原産国:タイ
輸入者:株式会社シジシージャパン
東京都新宿区大久保2-1-1
TEL 03-3207-0704

http://www.cgcjapan.co.jp

 それから「野菜炒め」!

 ここで「いただきます 夏野菜を味わう」の引用♪
 2015年7月26日の「いただきます 夏野菜を味わう」は【野菜と鶏肉のトマト煮】(314kcal)。
『主な材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚(200g)
・ズッキーニ・・・1本
・ナス・・・1個
・パプリカ(赤)・・・1/3個
・トマト・・・大1個
・ニンニクみじん切り・・・小1片
・白ワイン・・・大さじ1
『作り方』
①鶏肉はひと口大に切り、塩・こしょう各少々をふる
②ズッキーニ、ナスは1cm幅の輪切り、パプリカは2cm角に切る。トマトは八つのくし形に切る
③鍋にオリーブ油大さじ1、ニンニクを弱火にかけ、香りが出たら鶏肉を加えて中火で炒める。肉の色が変わったら、②を入れて炒める
④酢大さじ2、白ワイン、塩小さじ1/6、こしょう少々を加え、ふたをして中火で10分煮る
⑤ふたをとり、強火で汁気をとばす。

 2015年7月27日の「いただきます 夏野菜を味わう」は、【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】(209kcal)。
『主な材料』(2人分)
・絹ごし豆腐・・・1丁
・ミョウガ・・・2個
・枝豆(さやつき)・・・80g
・赤みそ・・・大さじ1
『作り方』
①鍋にごま油大さじ1を弱火で温め、みそを軽く炒める。砂糖大さじ1、水大さじ2、しょうゆ小さじ1を加えて練り混ぜ、少しとろみがついてきたら火を止めて、冷ます
②豆腐はトレーにのせて軽く斜めにしておき、自然に水気をきる
③ミョウガは小口切りにし、水にさらして水気をきる。枝豆は熱湯で5分ゆでる。冷めたら豆を取り出す
④豆腐を大きめにくずして器にのせ、①のみそだれをかけて、枝豆、ミョウガをのせる。ざっくり混ぜながら食べる。

 2015年7月28日の「いただきます 夏野菜を味わう」は、【野菜の蒸し煮バルサミコソースがけ】(142kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ズッキーニ・・・1本
・エリンギ・・・1本
・パプリカ(黄)・・・1/2個
・ウインナーソーセージ・・・4本
・白ワイン・・・大さじ1
・バルサミコ酢・・・大さじ1/2
『作り方』
①ズッキーニ、エリンギは4~5cmの長さに切り、縦に四~六つに切る。パプリカはひと口大、ソーセージは斜め半分に切る
②フライパンにオリーブ油小さじ1を温め、①を中火で炒める。全体に油が回ったら、ワインと塩少々を加え、ふたをして中火で2~3分蒸し煮にする
③バルサミコ酢、しょうゆ小さじ1/2を耐熱容器に入れ、ラップをせずに500Wの電子レンジで30秒加熱する
④器に②を盛り、③をかける。

 2015年7月29日の「いただきます 夏野菜を味わう」は、【トウモロコシの黒こしょう炒め】(109kcal)。
『主な材料』(2人分)
・トウモロコシ・・・小1本(200g)
・サヤインゲン・・・4本
・ベーコン・・・1枚
・バター・・・5g
『作り方』
①トウモロコシは皮を1~2枚残してむく。500Wの電子レンジで3~4分加熱する。粗熱が取れたら、皮をむく。まな板に立てて置き、包丁を上から下へ滑らせるようにして粒をそぎ落とす
②サヤインゲンはへたを落とし、ラップに包んで、500Wの電子レンジで20~30秒加熱し、1cmの長さに切る。ベーコンは1cm幅に切る
③フライパンにバターを温め、トウモロコシとインゲン、ベーコンを加えて中火で2分ほど炒める。塩少々で味を調え、黒こしょう少々をふる。

 2015年7月30日の「いただきます 夏野菜を味わう」は【4種の野菜の焼きびたし】(133kcal)。
『主な材料』(2人分)
・カボチャ・・・70g
・ズッキーニ・・・1/2本
・ナス・・・1個
・パプリカ(赤)・・・1/2個
・赤トウララシ・・・1/2本
『作り方』
①カボチャは種とわたをとり、5mm厚さの薄切りにする。ズッキーニは1cm厚さの輪切り、ナスは1cm厚さの斜め切り、パプリカは種をとり二つに切る。
②赤トウガラシは小口切りにする。酢・しょうゆ・酒各大さじ1、水大さじ3、赤トウガラシを合わせる。
③ボウルに野菜を入れて油大さじ1をかけ、野菜に油をまぶす。グリルで野菜の両面を焼く。パプリカは皮をむき、乱切りにする
④野菜が熱いうちに②に漬け込み、時々混ぜて味をなじませる。

 7月31日の「いただきます 夏野菜を味わう」は【トマトとバジルの冷たいスパゲティ】(448kcal)。
『主な材料』(2人分)
・スパゲティ・・・120g
・トマト・・・2個(400g)
・バジルの葉(生)・・・10枚
・おろしニンニク・・・小1片分(5g)
『作り方』
①トマトは半量は2cm角、残りは粗みじんにしてボウルに入れる
②バジルは飾り用に5枚とりおき、残りは小さくちぎる
③粗みじんにしたトマトに、ニンニク、塩小さじ1弱、こしょう・砂糖各少々、オリーブ油大さじ3を加えてよく混ぜる
④③に2cm角のトマトとちぎったバジルを混ぜて冷蔵庫で冷やす
⑤スパゲティは半分の長さに折り、表示通りにゆでる。ざるにとり、流水で手早く冷やす。水気をきって④をあえる。器に盛り、バジルを飾る。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数13,707歩
(本日のしっかり歩数:5,025歩)
本日:51.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「チキンと夏野菜のスープカレー」「焼肉のっけカレー」「サラダカレー丼」「ベジタブルカレー(夏)」「豚肉とトマトの夏カレー豆腐」 | トップページ | 「古本と珈琲 八月の鯨」、「無農薬三方原じゃがいもコロッケ」、そして「サバタケ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62008925

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 夏野菜を味わう」【枝豆たっぷりみそだれ冷やっこ】:

« 「チキンと夏野菜のスープカレー」「焼肉のっけカレー」「サラダカレー丼」「ベジタブルカレー(夏)」「豚肉とトマトの夏カレー豆腐」 | トップページ | 「古本と珈琲 八月の鯨」、「無農薬三方原じゃがいもコロッケ」、そして「サバタケ」 »