« 「人間ドック」、そして「夏はやっぱりうなぎ」 | トップページ | 「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」 »

2015年8月 6日 (木)

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 今日は、8月6日「ハムの日」です。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 広島生まれの山田みどりさんは、七人きょうだいの末っ子。誕生日は一九四九年の八月十五日だ。戦後生まれの新たな命をみんなで大切に育もう。年の離れた姉たちが、そんな思いを込めて、「みどり」と名付けたという
▼そのみどりさんが、一編の詩を書いた。出版されたばかりの『平和をとわに心に刻む三〇五人詩集』(コールサック社)に収められた「少年」は、こういう物語である
▼…十三歳の少年は七十年前の八月六日、地獄を見た。級友たちと家屋の取り壊しに動員されている時に被爆し、下敷きになった。炎が迫り、友と励まし合いつつ懸命にもがいた。何とか抜け出したその時、炎が級友らをのみ込んでいった
▼少年は家に帰ると、目にしたことをひたすら話し続けた。そして三日目の夜に倒れ、生死の境をさまよい続けた。三カ月後に奇跡的に意識を取り戻したものの、生来の陽気さは消えていた。それからは口を一切つぐんでしまった…
▼「少年」はこう結ばれる。<二〇一一年三月一一日フクシマ/八〇歳を前に少年は再び悲しみを知ることになった/語ることから逃げてきた自分への責めなのだろうか/閉ざし続けてきた重い口を開いた/あの日少年の見た「地獄」が語られ始めた/それは、級友たちへの祈りのようにもみえた/少年、それは私の兄>
▼みどりさんはきょう、広島で祈りを捧げるという。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015080602000110.html

 朝、録画しておいたビデオを見る。まず、「英国一家、日本を食べる」は、「KAISEKI」。
http://www9.nhk.or.jp/anime/sushi/
きむら さだひろ
・織部焼
・九谷焼

 8/5の「昼めし旅」は、「中山道 埼玉県 上尾市」。
http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=46079/
<新井屋>鐘馗様
≪河村屋≫
・大江戸しば漬け 480円(税込)
・玉ねぎのお漬け物 580円(税込)
・大福神漬(小) 580円(税込)
・漬け物バーガー 300円
①フライパンでニンニクを炒め、豚バラ肉を細かくしたものを入れ、弱火で炒める。
②吟醸味噌漬(生姜の漬物)を入れる。豚肉がお味噌色になるまで炒める。
③②をおにぎりの中に入れる。味噌、マヨネーズ、砕いたクルミで特製ソースを作り、おぎにりの上に塗る。
④チーズ、トマトをのせ、レタスでくるめば完成。
・肉味噌茶漬け
≪台湾料理 パンダ≫
・頂天麻婆豆腐 780円(税込)
≪カフェ ソラリス(SOLARIS)≫
・至福の一杯 ソラリスブレンド 460円(税込)
・ボロネーゼ 760円(税込)
≪Seven Colores≫
・自家製ソーセージのグリル 800円(税別)
・特製ラザニア 1100円(税別)
世田谷区北沢2-14-2 Jow3ビル3F
「おやじ飯」【カレー風味のチキンカツレツ】
①包丁の背で鶏肉をたたき、塩、コショウで下味を付ける。
②小麦粉にカレー粉をまんべんなく混ぜて、①にまぶす。溶き卵をからめて粉チーズを混ぜたパン粉をまぶす。
③180℃の油で約6分揚げる。
④フライパンにオリーブオイルを熱し、刻んだタマネギ、トマトを加える。醤油、水を加えて軽く煮詰めればソースの完成。③を加え、ミックスチーズをのせて溶かせば完成。

 今日から、山中湖に行くというplanもあったが、例年通り、石川県に変更。
菱電商事株式会社 山中荘
〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中248-1
TEL 0555-62-1057

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-4OYEtO9K8QE/?prop=search
「リョーコーのホームページ」
http://172.21.80.21/intrark/101_hoyojo/1_yamanaka/1_yamanaka.htm

 この間、Amazonで買った「氷の世界」(井上陽水)を持って出かける。

 高速道路は、事故渋滞・・・↓

 予定よりだいぶ遅れて「丸岡IC」を出る。
「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 「丸岡二八そば 大宮亭」にて昼食。福井といったら「おろしそば」&「福井名物ソースカツ丼」だね。そのセットを食べることにした。
 あれっ!?キャベツが敷いてないぞ!でも、なかなか美味しかったな↑↑↑
「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

・かつ丼セット(ソース) 1300円
味と素材へのこだわりが当店の信念です。
 大宮亭は契約そば畑を保有しています。
石臼自家製粉加工
 当店では、地元丸岡産のそばを、余分な不純物を取り除くみがき作業を経て、粒の大きさ、割れなどを選別し、脱皮します。これを丸抜きそばと言いますが、この丸抜きそばと玄そばを石臼で挽いて季節により30~60メッシュでふるってそば粉にしています。最高の素材を石臼自家製粉加工した、当店が自信を持ってお薦め出来るそばです。
丸岡へのこだわり
 福井県は「越前そば」の名で知られる、全国有数のそばの生産地であり、消費県です。その中でも、丸岡産のそばは、味、品質とも非常に良く、ほとんどが県外へ流れています。その貴重な丸岡産そばをさらに厳選し、石臼自家製粉で皆様に味わっていただけるのが「大宮亭」のこだわりであり特徴です。
最高の味を楽しんでもらう事がテーマです。
 大宮亭は誰もが食を楽しめる空間です。
食を通した人の交流の喜びを。
 友人知人・同僚・家族・親戚など、親睦の場、語らいの場としてご利用下さい。人と人がふれあい、美味しいそばを食しながら、和を深める。それが大宮亭の願いです。
車椅子が利用出来るバリアフリー。
 駐車場に2台分の身体障碍者用の広めの駐車スペースをご用意し、車椅子のままトイレに入れるバリアフリー設計です。(一部要介護)
「大宮亭」MARUOKA 28SOBA
坂井市丸岡町里丸岡3-10
TEL 077-66-8787
TEX 077-67-1055

http://www.oomiyatei.com

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 日本最古の天守閣が残っているという丸岡城に行く。300円なり。
 ちなみに、犬山城の方が古いという説もあるね。
 戦国時代以前の中世の城は山城といわれ、数十から数百m位の山の上に作られた、防御的機能に重点を置いたものが多く、城下町の発達も余りみられませんでした。また、天守閣というような大きな建物もなく、現在の遺跡としてもあまり見るべきものが残っていません。旅先で見かけるのは、安土桃山時代以降の城で平城、平山城と呼ばれ、平地に聳え、軍事、政治の中心となっていたものです。規模も大きく、当時は石垣や土塁の上に天守閣や櫓が立ち並び、周囲を威圧していました。しかし、現在でも城の威容を保っているものはあまりありません、江戸時代には170余もあったのですが、今でも昔のままの天守閣が聳えているのは、12城にすぎません。
・弘前城
・松本城
・丸岡城
・犬山城
・彦根城
・姫路城
・松江城
・備中松山城
・丸亀城
・松山城
・宇和島城
・高知城

http://www013.upp.so-net.ne.jp/gauss/tensyu1.htm

 まず、案内所のビデオを見てからgo!階段がすごく急だね!!!姫路城の階段が急だと思っていたが、メじゃなかったね!
丸岡城(霞ヶ城)
 今から440余年前の天正3(1575)年、織田信長は越前の一向一揆を平定するための大軍を派遣し、当時丸岡の東北4kmの山中にあった豊原寺を攻略し寺坊を悉く焼き払った。信長はこの恩賞として柴田勝家に越前之国を与え、北ノ庄(今の福井市)に築城を命じた。勝家は甥の勝豊を豊原に派遣し豊原城を構えたが、翌天正4(1576)年豊原から丸岡に移り城を築いた。これが現在の丸岡城である。勝豊以後、安井家清、青山修理亮、同忠元、今村盛次、本多成重以下4代、有馬清純以下8代の居城を経て明治維新となった。大正中期より昭和初期にわたり濠(ほり)は埋められ、現在は本丸と天守閣と僅かに石垣を残し城域は公園となっている。昔の城郭は五角形の広い濠を有し外郭に侍屋敷を配置し、さらに河川を利用し外濠を設け寺院民家を包容し城下町を形成していた。丸岡城は現存する天守閣の中で最も古い建築で、外観は上層望楼を形成して通し柱がなく、一層は二階三階を支える支台をなし、屋根は二重で内部は三階となっている。又、屋根が全部石瓦で葺かれているのが全国にも稀な特徴である。このような古調に富んだ望楼式天守閣は後の時代の松本城、彦根城、姫路城など層塔式天守閣と比較すると、いかに城郭建築の初期のものであるかがうかがえる。昭和9年国宝に指定されたが、昭和23年福井大震災により倒壊した。昭和25年重要文化財の指定を受け、昭和30年に修復再建された。

丸岡城歴代城主
・柴田 勝豊 天正4年~天正10年(1576~1582)
・安井 左近家清 天正10年~天正11年(1582~1583)
・青山 修理亮 天正11年~天正15年(1583~1587)
・青山 忠元 天正15年~慶長5年(1587~1600)
・今村 盛次 慶長5年~慶長17年(1600~1612)
・本多 成重 慶長17年~正保4年(1612~1647)
・本多 重能 正保4年~慶安2年(1647~1649)
・本多 重昭 慶安2年~延宝4年(1649~1676)
・本多 重益 延宝4年~元禄8年(1676~1695)
・有馬 清純 元禄8年~元禄15年(1695~1702)
・有馬 一準 元禄15年~享保18年(1702~1733)
・有馬 孝純 享保18年~寛延3年(1733~1750)
・有馬 允純 寛延3年~安永元年(1750~1772)
・有馬 誉純 安永元年~天保元年(1772~1830)
・有馬 徳純 天保元年~天保8年(1830~1837)
・有馬 温純 天保8年~安政2年(1837~1855)
・有馬 道純 安政2年~明治2年(1855~1869)

データでみる丸岡城
・天守閣の高さ/12.6m
・石垣の高さ/6.0m
・鯱の高さ/1,66m
・城山の高さ/17.0m
・石瓦の重さ/約20~50kg(1枚)
・石瓦の枚数/約6,000枚 重さ約120t

「一筆啓上」書簡碑
 徳川家康譜代第一の功臣で鬼作佐(おにさくざ)の勇名をとどろかせた本多作左衛門重次が陣中から妻あてに「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」と書き送った話は有名である。文中のお仙とは嫡子仙千代で、後の福井城主松平忠直に仕え、数度の戦いに武勲を立て丸岡城6代目の城主となった本多成重のことである。この書簡碑は天守閣石垣の東北端に建てられている。

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 「神龍井雲」

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 隣接の「歴史民俗資料館」にも行ってみる。

 『JAF Mate』2015年8・9月号の「歴史を探訪!中部のお城」viol.4に「質素にして端正な佇まい 越前丸岡城」というのが載っていた。
 建てられた当時の天守閣が現存する城は、全国にわずか12城。その最も古い天守として知られるのが、坂井市にある丸岡城です。
 北陸自動車道・丸岡ICから約5分、小高い丘の上にそびえ立つ丸岡城は、質素で小ぢんまりとしながらも、歴史の風格をまとった佇まいが美しい平山城。越前一向宗の動きににらみを利かせたい織田信長が築かせた防衛拠点である、「石落とし」は「狭間(さま)」など、外敵を迎え撃つための備えが今も城の随所に見られます。
 最上階の天守3階からは四方を見渡せ、福井市内はもちろん、天気が良ければ、遠く東尋坊のある三国まで望むことができます。
 さて丸岡城下は、史跡や資料館をはじめ、地元の特産品を扱う「一筆啓上茶屋」など見どころも多く、そぞろ歩きに最適です。
 北陸自動車道を挟んで東側の竹田地区には、江戸時代初期の古民家「千古の家」も現存、爽やかな風が気持ちいい山中で、400年の時をさかのぼるうちに暑さも忘れてしまいそうです。
 福井といえば越前そばも有名。つるっとのど越しのいい地元グルメ。”辛み蕎麦”で腹ごしらえしたら、一路、日本海めざして北上。ガラス張りになった水槽の上を歩いたり、ペンギンが頭上を泳ぐ水中トンネルなど、見どころ盛りだくさんの水族館でしばしクールダウンを。
 毎年8月11日、水族館からほど近い三国サンセットビーチでは、絢爛豪華な花火大会も開催されています。
「丸岡城」
現存する最古の天守閣
 天正3年(1575)、織田信長が越前の一向一揆を平定後、柴田勝家の甥、勝豊が豊原から丸岡に移り、この城を築きました。野積みの石垣の上に建つ天守閣は、現存する日本最古のもので、通し柱がなく、1階を土台に、その梁の上に2階、3階の望楼部をのせた、特殊な二層3階構造となっています。また越前の笏谷石(しゃくだにいし)を使った石瓦6000枚で葺かれた屋根を持つ城は、日本でも唯一ここだけ。縄をたぐって登る角度の急な天守階段など、見どころも多く、国の重要文化財に指定されています。
開館時間/8:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日/年中無休
入城料/大人300円、小中学生150円(歴史民俗資料館と共通)
駐車場/約120台(無料)
問/TEL 0776(66)0303(霞ヶ城公園管理事務所)
「丸岡町歴史民俗資料室」
歴史城主ゆかりの品々が勢ぞろい

 丸岡城築城400年を記念し、旧城郭内に開館した資料館。本多氏や有馬氏など、歴代城主ゆかりの甲冑や刀剣、調度品、掛け軸など、多数の貴重な品々が展示されています。また、丸岡城下町の古地図や模型などの展示もあり、お城の周囲に点在する数々の史跡と合わせて、いにしえの面影をたどってはいかがでしょうか。
ご当地グルメ「辛み蕎麦」
 坂井市は、蕎麦どころ福井県下最大級の栽培面積を誇るそばの一大産地。ピリリと辛い「越前辛味大根」のおろし汁をダシと合わせた独特のつゆで食べるのが坂井市流で、この「越前坂井辛み蕎麦」は、辛さの度合いが3段階に分かれたご当地グルメとして、市内14店舗でオリジナルな辛み蕎麦が味わえます。冷たいけれど汗がふき出す、爽やかな辛さの蕎麦を食べ歩くのもおすすめです。
問/TEL 077(66)5880(そば処 一筆啓上)
・手打ち辛みそば 700円

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 大きく移動し、「曹洞宗 大本山總持寺祖院」に向かう。到着したけど、夕方なので入るのはやめたね。
http://www.wannet.jp/noto-soin/

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 「アスク」に寄り、「ビタミンちくわ(2本入り)」105円を買う。
 前のオバチャンがレジのお金を払うところで買った物を袋に入れ始めた・・・後ろの人が動けない・・・お金を払ったら、詰めるテーブルに移動すればいいのに・・・?石川の人は、レジで荷物を詰めるの???
「アスク トミクル」
川県羽咋郡志賀町富来領家町甲26-1
TEL 0767-42-1500

http://www.its-mo.com/c/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BB%E9%A3%9F%E5%93%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC/DIDX_DKE,6990466/

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 「能登ロイヤルホテル」にチェックイン!
石川県羽咋郡志賀町矢蔵谷ラ-1
TEL 0767-32-3111
FAX 0767-32-3120
ご予約TEL 0767-32-4000

http://www.daiwaresort.jp/noto/

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 部屋のお菓子は、「のと一番 煎餅」。ピーナッツが美味しいね♪

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

「煎茶」
GREEN TEA BAG
DAIWA ROYAL HOTEL
「黒胡椒入り ごぼう茶」
コラーゲンペプチド配合
BURDOCK TEA

 ガソリンスタンドで給油。リッター143円也。
ゼネラル
株式会社 伴長商店
羽咋郡志賀町字高浜町ク28-6
TEL 0767-32-0408

 例年通り「どんたく」に行き、食材の買い出し。例によって「フクラギ」を置いている。「ブリ」がよく獲れるんだろうね。
http://www.zukan-bouz.com/aji/buri/buri.html
羽咋郡志賀町字高浜町ヤの251
TEL 0767-32-8180

http://www.dontaku.co.jp/

「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」

 そして、夕食・・・というか飲み会。「ビタミン生ちくわ」を始めて食べたね♪
ビタミンA・ビタミンE入り
能登半島発
栄養機能食品(ビタミンA・ビタミンE)
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
ヘルシー&ハッピー
スギヨ
SUGIYO CO., LTD.
なぜビタミンちくわ?
 戦後、国民の食生活でビタミン不足が話題になり始めたころである。そこで、サメから取れるビタミンを利用して消費者に少しでもビタミンを摂取してもらうため、竹輪にビタミン油を入れて製造することを考案、これを機会に従来の「能登特産紙巻竹輪」を「能登特産ビタミン竹輪」と商品名を変えて販売、これが大ヒット、売り上げも飛躍的にアップした。これがビタミンちくわのはじまりです。
製造者 株式会社スギヨ SG5
石川県七尾市府中町員外27-1
TEL 0120-798770

http://www.sugiyo.co.jp

 「「志賀の郷」温泉」に入る。中湯より露天風呂の方がちょっと熱いかな。
日本海・能登の湯で身体を癒す

 温泉から出て、ビールを飲み就寝。

本日のカウント
本日の歩数:7,736歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.4kg
本日の割箸使用量:2本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「人間ドック」、そして「夏はやっぱりうなぎ」 | トップページ | 「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」:

« 「人間ドック」、そして「夏はやっぱりうなぎ」 | トップページ | 「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」 »