« 「いただきます 人が集まるときに」 | トップページ | エコ×風流 昔ながらの涼感生活 »

2015年8月16日 (日)

おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」

 昨日、パソコンをシャットダウンしようとしたら「更新してシャットダウン」しかシャットダウンする方法がなかった・・・強制的に更新されるのですね!!!

 パソコンを起動したら、なかなか起動しない・・・また例の「無限ループか?」と思ったが、しばらくして何とか動いてくれた。
 「今すぐAcerデフォルトイメージバックアップを作成してください」とメッセージが出たが、これは何なんだ!???

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 映画「社長シリーズ」「駅前シリーズ」などの俳優三木のり平さん(一九二四~九九年)の元に、召集令状の赤紙が届いたのは四五(昭和二十)年の夏だった
▼国のために死ぬ覚悟さえ固めていたが、結局、兵隊にとられることはなかった。入隊予定日が終戦の三日後の八月十八日だったためである。「戦争に行かなくていいのか」
▼七十年前の終戦日を国民はどう受け止めたか。<戦争は終わった 私は心中「シメタ!」と思った>(小沢昭一さん『わた史発掘』)<終わったーっ 生きているぞ 生きのびたんだ>(手塚治虫さん『紙の砦(とりで)』)
▼戦争終結を知った喜びや安堵(あんど)感は想像できる。されどその夜、じわじわと襲ってきたのはむしろ「これからどうなるか」の不安だったのではないか
▼実際、終戦直後は戦時中よりも食糧や生活物資の入手は困難で、焼け跡での食うや食わずの生活が続く。終戦、そしてその後の平和な日本。これはあまりにはしょり過ぎた歴史であり、焼け跡での壮絶な苦しみが十五日以降に待つ。それも、やはり戦争の「罪科」なのである
▼のり平さんは十五日夜、ひそかに家を出て隅田川にある荷物を沈めた。千人針や軍人手帳などを詰めた袋。これからやって来る米兵に見つかれば、殺されると考えた。のり平さんの得意の文句ではないけれど戦争が終わっても平和は「パーッと」は来なかった。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015081602000094.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「水郷どりイタリアンローストチキン」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/italian/?scid=rm_197493
 「越前がに・とらふぐ「喰てみ亭」」より、楽天メール。「天然岩ガキ」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/junjun/c/0000000187/?scid=rm_193917

 昨夜のテレビ、「報道特集」で、「戦争を忘れた東京の70年」をやっていた。
http://www.tbs.co.jp/houtoku/
「ナパーム剤」
 元々は、ナフテン酸とパルミチン酸を混合したアルミニウム塩のこと。このナパーム剤を油脂(ガソリンなど)に添加するとゼリー状に効果する性質を持つ。
 転じて、ナフサとパーム油に可燃性の添加剤を混ぜ、それにナパーム剤を添加しゲル状にさせたものを使った焼夷弾のことを指すことになった。
 一般的な燃料や火薬・爆薬に比べてきわめて高温で燃焼するため(900度~1300度程度)、爆薬ほどの衝撃・威力が無くとも広範囲を焼き尽くすことが出来る。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%D1%A1%BC%A5%E0

 NHK「目玉焼きの黄身いつつぶす?」。
http://www9.nhk.or.jp/anime/medamayaki/
〔第1夜〕
・目玉焼きの黄身 いつつぶす?
・とんかつのキャベツ いつ食べる?
〔第2夜〕
・カレーのルー どうかける?
・ライス どうやって食べる?
〔第3夜〕
・みかんの皮 どうやって剥(む)く?
・納豆 ご飯にいつかける?
〔第4夜〕
・ちらし寿司(ずし)にワサビ醤油(じょうゆ)かける?
・ショートケーキの苺(いちご) いつ食べる?

 「ごはんジャパン」は、「岐阜 関市 長良川 天然鮎」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
《アクアパッツァ》
・イサキのアクアパッツァ
・炙りイワシを浮かべたガスパチョ
《天然鮎料理 鵜匠の家 岩佐》
〔日本三大清流〕
◎長良川(岐阜県)
◎四万十川(高知県)
◎柿田川(静岡県)
・長良川天然鮎塩焼き
・鮎の甘露煮
・鮎の魚田
・鮎雑炊
①生米から鮎と一緒に煮込む。
②鮎に火が通ったら、ほぐして骨を取り除き、塩と薄口醤油で味を付ける。
☆鮎のリゾット
①鮎の塩焼きを骨と身に分ける。
②野菜と骨を一緒に煮込んでブイヨンを作る。
③生米をバターで炒める。②を入れて煮込む。そこにほぐした①を入れる。
<鮎のフリット>
①小麦粉をまぶした鮎を油で揚げる。
②鮎の肝にバルサミコ酢などを加えたソースを①に絡める。
 鮎のリゾットにのせる。
☆鮎のコンフィ(オイル煮)

①鮎を90度で約6時間煮込む。
②フライパンで焼き、ラルド(豚の背脂)をのせる。

 買い物に出掛ける。杏林堂で、売り出しの「明治 男の絶品旨辛カレー」「明治 男の極旨黒カレー」各162円を買う。
 さらに「静岡麦酒」6缶1078円を買う。
おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」

静岡県でしか飲めない生ビールを、今だけ。
 ふじのくに限定 SHIZUOKA BAKUSYU
おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」

静岡工場謹製
 「静岡麦酒」とは 静岡県の「食」や「風土」との相性を追求し、静岡県のおいしいと調和することを目指したビールです。
 普段は静岡県内の飲食店でしか飲めない「静岡麦酒」を今だけ、ご家庭でもお楽しみください。
静岡が好きだから、静岡育ち★サッポロビール
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
TEL 0120-207800

 ジャスコに向かう。WAONポイントプレゼントをもらい、「小粒納豆」48円を買う。
 「KALDI」に寄る。チリ産ワインが500円!メルローだったから買いたい気もしたが、お金がないんです・・・↓
http://www.kaldi.co.jp/

 フリーマガジンをもらって帰宅。

 石川の旅の会計を届けに出掛ける。

 テレビの「噂の!東京マガジン」で、「サザエのつぼ焼き」をやっていた。
(船宿割烹 汐風 大将 細山 和範さん)
【サザエのつぼ焼き】
『材料』
・サザエ 1個
・酒 適量
・醤油 適量
『作り方』
(1)サザエのふたがつかる程度 酒をたらして焼く
(2)沸騰してきたら酒と同量の醤油を入れ、ぐつぐつ沸騰したら完成
※身を取り出す簡単な方法
・2分程度サザエを茹でてから酒を入れて焼くと身が取り出しやすくな
【細山流サザエと大和芋のつぼ焼き】

・サザエ 1個
・大和芋 100g 
・濃い目に割っためんつゆ 大さじ 3
・一味とうがらし 少々
『作り方』
(1)サザエを5分程度 茹でる
(2)身を取り出し、肝を切り、じゃりじゃりする部分を取り除く
※白い身から渦巻の部分の間を取り除くとよい
(3)身を食べやすい大きさに切る
(4)肝をこし器の上ですりつぶし、こした肝をヘラなどで取る
(5)すった大和芋と肝を混ぜてめんつゆをたらしてすり鉢で混ぜ合わせる
(6)サザエの殻に(5)を半分入れ、身を入れたあと残りの半分を入れて網で焼く
(7)ぐつぐつ沸いてきたら完成
ポイント
※肝を嫌がって捨ててしまう人もいるが、このレシピなら肝の臭みが無く、肝の旨味を活かしたつぼ焼きが味わえる

http://www.tbs.co.jp/uwasa/try/

 包丁を研ぐ。

 夕方は、「焼うどん」で一杯♪
おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」

 肉は、昨日買った「アメリカ産豚肉ロースしゃぶしゃぶ用」。
おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」

 うどんは「匠のおいしさ うどん」。
東播麺業
 なめらかで腰があり、煮くずれや茹でのびしにくい特徴をもつ麺です。
200g
藤本食品株式会社
和歌山県岩出市中島928
TEL 0120-88-7704

 ここで、『くらし良好』2015年8月号の「おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」」の引用♪
・今こそ食べたい旬のこと
 唐辛子の仲間のピーマンは、熱帯アメリカ原産で、本来の旬は夏。夏野菜の代表で栄養価が高く、ビタミンCやβカロテンが豊富です。特にピーマンに含まれるビタミンCは、熱に弱いのが特徴。油と一緒に摂ると、βカロテンの吸収率も高まります。
・目利きと保存のコツ
 ピーマンの花びらは成長するとヘタになります。基本の花びらは五枚ですが、栄養状態がよいほど数が増えるため、ヘタが五角形より六、七角形のものを選ぶのがおすすめ。保存の際は、洗って水けをふき、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ。
・知っておいしい豆知識
 種を取って使うピーマン。種とヘタを一度に取ろうとすると、食べられる部分も取れてしまいがち。まず半分に切ったら、ヘタを内側に押し込むようにするとヘタだけがきれいにポロリと取れます。次に種を取ると、実のムダがないので、ぜひお試しを。
【たっぷりピーマンのドライカレー】(685kcal)
ピーマンのシャキシャキ&コーンの甘みで、食慾モリモリ。
『材料』(2人分)
・ピーマン・・・4個
・合いびき肉・・・150g
・タマネギ(みじん切り)・・・1/2個
・ショウガ(みじん切り)・・・5g
・トウモロコシ(むき実、または缶詰)・・・40g
・A
 カレー粉・・・大さじ1と1/2
 ウスターソース・・・大さじ1
 カットトマト(缶詰)・・・1/2カップ
・サラダ油・・・適量
・塩、こしょう・・・各少々
・ごはん・・・400g
・パセリ(みじん切り)・・・適量
・ゆで卵(輪切り)・・・1個分
『作り方』
①ピーマンは1.5cm角に切る
②フライパンにサラダ油を熱してショウガを炒め、香りが出たらタマネギを炒め、しんなりしたら合いびき肉を加えて炒める。さらに、トウモロコシ、Aを加えて炒め、汁けが少なくなったら①も加えてさっと炒め、塩、こしょうで味をととのえる。
③ご飯を丸く形を整え、②をかけ、ゆで卵を添え、パセリをふる。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」(大阪府)より、「にしん昆布巻」の引用♪
手巻き、直火、無添加
 大阪は全国の食材が集まったことから、”天下の台所”と呼ばれる商都である。
 江戸時代から明治時代にかけて、日本海経由で大阪と北海道を往来した北前船で大量に運ばれたのが昆布やニシン。大阪にそれらを扱う問屋た多数出現。昆布巻きなど多くの昆布製品が生まれた。
 1912(大正元)年創業の山本の看板商品「にしん昆布巻」もそんな風土に育まれた甘露煮風の贅沢な惣菜だ。
 黒々と照りのある昆布は厚手なのに滑らかで軟らかく、適度に脂ののったニシンからは滋味が滲み出す。これにからんだ秘伝のタレが素材の旨味をまろやかな甘辛さに仕立て上げている。
 「タレは毎回減った分を足し増しするので素材から出るエキスが蓄積、凝縮される」と営業の山本裕三さん。
 こだわりは、北海道産棹前昆布(若い昆布)でニシンを1本1本手巻きして耐火煉瓦で組み上げた昔ながらの直火窯でじっくり、ふんわりと炊き上げること、着色料・保存料を使わないことという。
 ニシンとともに農林水産大臣賞受賞のウナギ、紅鮭のほかホタテ貝、牛肉などの昆布巻もお薦めできる。
【取り寄せ先】
株式会社 山本
大阪市東成区東中本1の14の4
TEL 06(6971)4197
FAX 06(6971)4198
日曜・祝日休
にしん昆布巻(中) 1袋 税込み820円
※大・中・小サイズあり、他との組み合わせも可

http://www.rakuten.co.jp/tukudani/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「トウモロコシ」の引用♪
ハレの日も日常食にも
・和名:玉蜀黍 イネ科トウモロコシ属
・英名:sweet corn
・食べられる部分:実
・注目の栄養素・機能性成分:タンパク質、ビタミンB1、食物繊維、カリウム、アスパラギン酸
 夏休みのおやすには熱々の茹でたてを。バーベキューでは炭火でこんがりと焼いて。夏祭りの屋台から漂う匂いも香ばしい。トウモロコシは日本人にとって、楽しい夏の行事と結びついた野菜といえよう。
 世界的に見れば、トウモロコシは小麦や米と並ぶ三大穀物の一つであり、飼料用や工業用も多く生産されている。
 日本で野菜として食べられているのは甘味種というタイプで、スイートコーンと呼ばれるもの。名の通りもともと甘みが強いが、近年は品種改良でさらに甘みが増しているようだ。粒色も、黄色や、黄と白のバイカラーに加え、白い品種も増えている。かつて有名品種h「ハニーバンタム」くらいだったが、今では濃黄色の「ゴールドラッシュ」、真っ白な「ピュアホワイト」、バイカラーの「ゆめのコーン」など多彩。これらはまた、やわらかくて生食もできる。
 加熱する場合も火が通りやすい。茹でるなら沸騰後、強火で5分弱でOK。ちなみに水から茹でるとぷっくり、熱湯からだとしゃっきりした食感になる。焼くならガスレンジの魚焼きグリルが便利だ。生のまま強火で約10分、醤油を塗りさらに2分ほどで香ばしく焼き上がる。
 1本丸ごとが食べにくかったらカットして。余ったら実の部分を削り取ってスープにしてもおいしい。サラダや炒め物に合わせるのもいい。トウモロコシはイベントだけでなく、日常の料理にも楽しい野菜なのだ。

本日のカウント
本日の歩数5,696歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:50.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「いただきます 人が集まるときに」 | トップページ | エコ×風流 昔ながらの涼感生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62094234

この記事へのトラックバック一覧です: おいしい旬を、めしあがれ。今月の食材「ピーマン」、そして「にしん昆布巻」:

« 「いただきます 人が集まるときに」 | トップページ | エコ×風流 昔ながらの涼感生活 »