« 「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」 | トップページ | 「まれ」「いしる」「白川郷」「手打ちそば あらい」、そして「おおだか」 »

2015年8月 7日 (金)

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 今日は8月7日、「夏の節分」。
 「節分」というと、一般的には立春の全日の2/3とされていますが、実は立夏、立秋、立冬の前日も節分です。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 見よ 東海の空明けて 旭日高く輝けば…。国威発揚の歌「愛国行進曲」が大流行していたころ、十代の文学少年だった阿川弘之さんはレコード屋で、「こんなものすぐすたるよ」と言い放って、店員に「そんなら私が一人ででも、未来永遠に歌うてみせたげる」と言い返されたそうだ
▼阿川さんは大戦果を祝う提灯(ちょうちん)行列に参加するよう言われてもすっぽかし、学友に「非国民」と言われるような若者だったが、大学を出て海軍に入った。そして生きて故国に帰ると、小説を書き始める
▼なぜ無謀な戦争を止めることができなかったのか。なぜ同世代の若者は死んでいったのか。文学志望の青年が特攻隊員となる姿を描いた『雲の墓標』や、海軍提督の伝記三部作など、戦争を主題にした作品を世に問い続けた
▼それは戦後、手のひらを返すように、「戦争の歌」を忘れ去ろうとした世の中に対し、「私一人でも、未来永遠に歌ってみせる」ような営みだったのかもしれない
▼阿川さんが少年時代から敬愛し続け、戦後はじかに教えを受けた志賀直哉は遺言に「名を残す事は望まず」と記したそうだ。「紀念碑の類は一切断る事、名は残す要なし、作品の小さな断片でも後人の間に残つてくれゝば嬉(うれ)しい」
▼この師の遺言に倣(なら)いたいと阿川さんは願っていたという。戦争の重い「断片」を私たちに残し、作家は九十四歳で逝った。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015080702000111.html

 朝のテレビで「ミクチャ」というのをやっていた。「Mix Channel」ということらしい。若者のデートの定番!?

 朝食はおにぎり助六寿司。

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 旅の2日目。「なめりかわ ほたるいかミュージアム」に向かう。ちょっと、遠かったね。ナビの案内通りに行ったら、すごい山道を通ったし・・・。小型ヘリによる農薬の散布を始めてみたよ。
 600円のところJAFで50円引き。
 「龍宮ホタル」なんて光るものも生息しているんですね。ひょっとしたらホタルイカの光るのは、リュウグウホタルを食べているからなか・・?
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 クイズに答えてキャンディーを貰う
「初級編」
1 ホタルイカ
2 ガザミ
3 アオリイカ
4 マダコ
5 ベニズワイガニ
6 マダイ
7 トビウオ
8 スルメイカ
9 アンコウ
10 トラフグ
「中級編」
1 トヤマエビ
2 ブリ
3 クロウシノシタ
4 アカアマダイ
5 マダラ
6 マイワシ
7 クロダイ
8 クロマグロ
9 バショウカジキ
10クルマエビ

 売店の試食美味しかった!いろいろなホタルイカの調味があるんだね♪

ほたるいかってなあに?
 春になると産卵のために富山湾沿岸に集まり、青く美しく光を放つほたるいか。ほたるいかが多く集まる滑川の海面は、国の天然記念物に指定されています。
発光のひみつ
 ほたるいかが光る理由は3つ。1つは、腕の発光器を光らせて敵を驚かす役目。2つめには、敵に見つからないようにするカモフラージュ効果。3つめは、仲間とのコミュニケーション。こんなふうに上手に体を光らせて生活しています。
ほたるいかの一生(一年間の命の流れ)
・春(産卵期)
 産卵後、メスは一生(寿命12~13ヶ月)を終える。1尾につき約1万個の卵をもち、4~5回に分けて産む。
・春~夏(仔稚期)
 水深50~70m層で成長し、海流により富山湾以北の沖合へ移動する。
・春~冬(未成体期)
 主に日本海沖の水深200~300m層に生息している。10月頃から富山湾への移動がみられる。
・冬~春(成体期)
 オスは胴長4.0~4.5cm、メスは胴長5.5~7.0cmに成長する。オスは交接(子孫を残す行動)後、一生(寿命11~12ヶ月)を終え、メスは産卵期に入る。メスは海岸近くに浮上し産卵する。
※滑川では3月1日からほたるいか漁解禁(定置網)
富山県滑川市中川原410
TEL 076-476-9300
FAX 076-476-9301

http://hotaruikamuseum.com/museum

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 昼食は「8番あらーめん」。料理が、お盆に乱雑にのってきて、美しくない・・・盛り付けに気をくばれないかな・・・。自分で整頓して写真を撮った・・・。(気を付けていたんだけど、間違って、餃子の鉄板を触ってしまって、やけどをしてしまったよ・・・「8番らーめん」さん、美しく提供してください!!!)
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

・8番セット(野菜らーめん、8番餃子)842円
 ラーメンは塩(574kcal)を頼んだ。
 他にも味噌(648kcal)、醤油(612kcal)、とんこつ(629kcal)、バター風味(746kcal)がある。
 単品で頼むと、「野菜らーめん」604円、「8番餃子(6個)」(267kcal)259円
「呉羽本郷店」
TEL 076-427-2022

http://www.hachiban.co.jp/

 「のとじま水族館」に向かう。
http://www.notoaqua.jp/

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 しかし、やめて「能登 食祭市場」に行く。道の駅なんだね。浜焼きコーナーは行列だったよ。
七尾市フィッシャーズ・ワーフ
1F 食の祭りの食祭劇場
 新鮮な海の幸がずらりと並ぶ「生鮮市場」や、選りすぐりの味と技を一堂に取り揃えた「銘産・工芸館」。「見る」「買う」「食べる」、五感で味わう食のライブ劇場です。
獲れたてを味わう。海鮮 浜焼きコーナー
 新鮮な魚介類をその場で焼いてお楽しみいただけます。また、館内の魚屋でお好きな魚介類を買って、焼いて食べる事もできます。
2F 旬と瞬の美味しさを楽しむ
 世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」。「2階グルメ館」では、この地で育まれた食材を使った種類豊富なお食事をお楽しみいただけます。
石川県七尾市府中町員外13-1
TEL 0767-52-7071
FAX -767-52-7072

http://www.shokusai.co.jp/

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 「和倉昭和博物館とおもちゃ館」に行く。700円のところ、JAFで100円引き。懐かしいものがいっぱいあったよ。ここは、面白かった!!!「Always 三丁目の夕日」だねぇ~♪
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 「しんせい」というタバコ・・・子どもの頃よく、おつかいで買いに行ったっけ。
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 「かき氷機」、昔は、駄菓子屋で、1杯10円でかき氷が食べられたよ。
1F 和倉昭和博物館
 懐かしの昭和の暗しを再現
2F おもちゃ館 おもちゃが宝物だった時代・・・昭和の世界へタイムスリップ
 メンコがいっぱいに詰まった箱が宝物だった。ブリキのロボットが憧れだった。あの頃夕暮れまで遊んだ空き地や路地は、今はどうなっているのかなあ。
 お小遣いを握りしめて通ったあの駄菓子屋。小さなちゃぶ台を家族で囲んだあの茶の間。冷蔵庫や洗濯機、テレビにマイカー、日本が少しずつ豊かになっていったあの頃。思い出の昭和の風景がここに。
 約10,000点を常時展示。
石川県七尾市和倉町九20-1
TEL 0767-62-1161

http://toymuseum.jp/

 そして、ホテルに戻る。
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 2日目の部屋のお菓子は、「合わせ焼き 能登乃國」、これがモチモチしていて美味しい♪

 温泉に入る。

「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 夕食は、「無国籍料理 櫓(やぐら)」にて。(住所に「町」が2つ続くけどどうして???住所にカタカナが入るもの珍しいな。)
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 いろいろ頼んだが、すべて美味しかった。「おこぜ」の刺身と空揚げが、特に美味しかったぞ!!!
「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」

 「カポナータ」なんて料理も初めて食べたね。
カポナータとラタトゥイユの違いって?
 カポナータはイタリア料理で、揚げたなすを白ワインビネガーと砂糖で味付けをするいわゆる甘酢漬けのようなもの。
 一方のラタトゥイユはフランス料理で、なすよりもズッキーニが主役。同じくトマトで味付けをするけれど、カポターナのように白ワインビネガーと砂糖は入れません。

http://cookpad.com/articles/7773
 最初はビールだったが、「赤霧島」にチェンジ!
石川県羽咋郡志賀町高浜町ツ44-5
0767-32-5589

http://loco.yahoo.co.jp/place/g-XQnBhi5NGlw/
http://spooon.info/a17/jm258/

 ホテルに戻り、もうちょっと飲んで就寝。

本日のカウント
本日の歩数:7,272歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:3本
本日の餃子消費量:8個

|

« 「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」 | トップページ | 「まれ」「いしる」「白川郷」「手打ちそば あらい」、そして「おおだか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/62087307

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほたるいかミュージアム」「能登 食祭市場」「和倉昭和博物館とおもちゃ館」、そして「櫓(やぐら)」:

« 「大宮亭」「越前 丸岡城」「曹洞宗 大本山總持寺祖院」「ビタミンちくわ」、そして「能登ロイヤルホテル」 | トップページ | 「まれ」「いしる」「白川郷」「手打ちそば あらい」、そして「おおだか」 »