« 「土井善晴の料理は楽し」(6-1)「新もの野菜と牛肉の煮物」 | トップページ | アロマで暮らしをリフレッシュ »

2015年7月 5日 (日)

「幕の内弁当(あじ)」「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」、そして「真空パック入りやき蛤」

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「トンデンファームソーセージギフト」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/td_ngb1/?scid=rm_198862
 「8010のとりやさん」より、メール。
梅雨の頭痛対策7つです!
1)身体を冷やさない
2)水分を取り過ぎない
3)規則正しい生活を送る
4)寝る前に光を見ない
5)ゆっくりとお風呂に浸かる
6)適度な運動をする
7)ストレスを貯めない

http://www.rakuten.co.jp/e8010/

 今朝の朝刊の折り込みチラシ「しごと情報 アイデム」より、引用。
http://www.aidem.co.jp/
・95%の方が未経験スタート 休日に左右されない安心の固定月給制
 正社員採用にこだわり続けて20年 UTエイムは全員正社員採用。
男女製造技術職:新型タッチパネル、自動車部品、航空機、ロケット、ヘリコプター、スマホ部品、住宅建材など、様々な製品の製造業務¥(組立、加工、検査、機械操作など)
給与:月給17000円~32000円
「UTエイム株式会社」
浜松市中区大工町125
TEL 0120-453-816

http://www.ut-aim.co.jp/

 昨夜のテレビ「ノブナガ」。
http://blog.hicbc.com/weblog/iemeshi/
≪居酒屋だんない亭≫
大阪府岸和田市宮本町13-12
TEL 072-437-2534

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」は「科学者たちの田舎暮らし」だった。
http://www.ntv.co.jp/megaten/
・ネギ植え(肥料 窒素1:リン酸1:カリウム1)
・サツマイモ→水平植え(肥料 窒素1:リン酸2:カリウム3)
 ベニマサリ→焼き芋にするとおいしい
・カボチャ(プリメラ115→1年中採れる、黒川カボチャ)
・ササゲ
・サトイモ
・ラッカセイ
・大豆(津久井大豆→豆腐や味噌にするとおいしい)
・田植え(もち米)縦24cm、横30cm間隔に植える
・マコモ→マコモダケ

 今日は、準仕事。身支度をして出かける。う~ん、スリッパが必要だったのかぁ~。しまった、それに、座布団を忘れた!これじゃあお尻が痛いぞ!

「幕の内弁当(あじ)」「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」、そして「真空パック入りやき蛤」

 昼食は「幕の内弁当(あじ)」。
(株)鳥善 一水庵
浜松市中区高丘西2-15-14
TEL 053-436-0080

http://www.torizen.co.jp/
http://www.torizen.co.jp/catering.html

 う~ん、手際が悪い・・・終わってから40分以上待たされた!!!時間の使い方がうまくないんだろうね。同時進行をやっていない。何もすることが無くて待っている人がたくさん出ている。

 仕事を終え、帰宅途中、LAWSONに寄る。「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」498円と「レターパックプラス」510円を買う。
http://www.lawson.co.jp/index.html

「幕の内弁当(あじ)」「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」、そして「真空パック入りやき蛤」

 帰宅して「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」で一杯♪。底上げがしてあるな・・・。
「幕の内弁当(あじ)」「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」、そして「真空パック入りやき蛤」

瀬戸内産海苔 二層仕立て
ヨード卵・光の玉子焼
こだわりの食べ方
・其の一
 新潟コシヒカリと海苔の旨さを味わう
・其の二
 ごはんに本枯れ節とだし醤油をかけ風味を味わう
※鮭の骨に注意してお召し上がりください。
日本クッカリー(株)小牧工場
TEL 0120-026-599
愛知県小牧市大字河内屋新田字上岩倉杁630

 「特製 国産だし しょうゆ」が付いている
化学調味料不使用
キッコーマン食品株式会社 HW
千葉県野田市野田250

 「鹿児島県枕崎産 本枯れ節」も付いているね。
 長期熟成した本枯れ節の芳醇な香りをごはんにかけてお楽しみ下さい。
マルトモ株式会社 A
愛媛県伊予市米湊1696番地
TEL 089(983)3888

 デジカメの写真が何で縦に取り込まれるのだろう???横に写したはずなのに・・・???

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より「真空パック入りやき蛤」の引用♪
酒肴から お重まで
 九十九里浜や木更津など千葉の海岸は春から夏にかけて潮干狩りの好スポット。よく採れるのがアサリ、ハマグリ、バカ貝などである。
 人気のハマグリの中で評価が高いのは、大粒で身がふっくらしている軟らかな九十九里産。これを現地に出向き直に買い付けている創業69年の小田原屋の売れ筋商品の一つが「真空パック入りやき蛤」である。
 「当日中に殻むき、串刺し、焼き、タレ漬けする」と語る社長の村田裕延さん。鮮度はもちろん、発酵、熟成に成功した極秘のタレにも自信があるという。
 タレは甘さも辛さも控えめだが、かむほどに磯の香と炭火の焦げ香が相まって、濃厚な旨みがじわりと長く口の中に留まる。
 そのままでも酒の肴やご飯のおかずにもってこいだが、アルミホイルに包んで焼いたり、袋のまま湯せんしたあと備え付けのタレを掛けるとひと味増す。
 ご飯の上に刻みのりを敷き、串を外したハマグリをのせて備え付けのタレを掛けるとおいしい焼蛤重ができる。合成保存料、着色料など添加物不使用なのもいい。
【取り寄せ先】
焼き蛤の小田原屋
千葉県中央区栄町137の7
TEL 043(222)2463
FAX 043(227)5741
日曜休
真空パック入りやき蛤 1袋(5串入り)税込み1100円

https://kokusanhamaguri.com/

 さらに「旬の野菜遊び・私流」より、「レタス」の引用♪
高原の清冽な贈り物
・和名:萵苣(ちしゃ) キク科アキノノゲシ属
・英名:lettuce
・食べられる部分:葉
・注目の栄養素・機能性成分:ビタミンK、葉酸、カリウム、食物繊維
 いつの頃からだろう、レタスがすっかりなじみになったのは、野菜を食べましょうといわれれば、生レタスを食べればよい、みたいなことになっている感さえある。洋食の添え物としてもおなじみだし、カットして冷蔵庫に常備なんて話も聞く。
 それはそれでいいのだけれど、と思いつつ、ちょっと首を傾げる。レタスの真のおいしさは、どれほど知られているのだろう。
 露のおりた早朝の畑から直行してきたレタスのみずみずしさ、力強さ。手で割ると水しぶきが弾け飛ぶようで、歯を立てるパリパリと響くようで、生命の息吹を感じる。そして、かすかな苦味を伴う清冽な旨み。
 夏に嬉しい野菜だが、レタス自体は暑さに弱い。夏に収穫できるのは冷涼な土地だけ。夏のレタスは、高原や北の大地の気候風土が生み出す、特別な贈り物なのだ。
 一方で、土や太陽なしで生まれるレタスも増えている。一般にレタスを呼ばれるのは葉が結球するクリスプヘッド型の玉レタスが主だが、結球しないリーフレタスや半結球のタイプもあり、これらは水耕栽培や人工光での栽培が容易。品種改良も盛んで、やわらかな緑色の、まるで花束のようなレタスが次々に誕生しているのだ。
 その名も、プリーツレタス、フリルアイス、ピュアヴェール、グリーンカールなど麗々しい。味は淡泊でどれもさほど変わらないが、見た目に美しく、レタスのもうひとつの楽しみといえよう。

本日のカウント
本日の歩数4,676歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(6-1)「新もの野菜と牛肉の煮物」 | トップページ | アロマで暮らしをリフレッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「幕の内弁当(あじ)」「新潟コシヒカリ紅鮭弁当」、そして「真空パック入りやき蛤」:

« 「土井善晴の料理は楽し」(6-1)「新もの野菜と牛肉の煮物」 | トップページ | アロマで暮らしをリフレッシュ »