« ウナギ?いえナマズ かば焼きの代役に期待 | トップページ | 「いただきます 豆腐が主役」「豆腐のかば焼き」 »

2015年7月24日 (金)

7月の旬「うなぎ」

 今日は、土用の丑。
昔から続く日本の食習慣
 土用の丑にうなぎを食べる習慣は、江戸時代に平賀源内が「丑の日には『う』のつくものを食べると夏負けしない」と、「本日土用丑の日」という張り紙を鰻屋に掲げ、大繁盛したことから始まったとされています。
 また、うなぎだけではなく、うどん、梅干しなど『う』のつくものや、黒豆・しじみ・なすなど黒い食材を食べると健康になると言われています。

 「サッポロビール」より、メール。「うなぎのちらし寿司」のレシピ♪
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000840/index.html?xtor=ES-10340-%5b-150723-%5d
 同じく「照り焼きハンバーグ 大根おろしがけ」のレシピ♪
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000839/index.html?xtor=ES-10340-%5b-150723-%5d

 スーパーの広告に載っていたレシピ♪
【だしかけひつまぶし】
『材料』(4人前)
・ご飯・・・茶碗4杯分
・うなぎのかば焼き・・・2本
・刻みのり・・・適量
・みつば・・・適量
・練りわさび・・・適量
・A
 ヤマキ 割烹 白だし・・・大さじ4
 湯・・・カップ2
『作り方』
①うなぎは電子レンジ(600W)で2分ほど加熱して温める。1cm幅に切り、ご飯と混ぜる。
②茶碗によそい、のり、みつば、練りわさびを添える。
③Aを回しかけ、混ぜながらいただく。
【しじみのお吸い物】
『材料』
・しじみ・・・200g
・白髪ねぎ・・・5ccm分
・水・・・カップ3
・ヤマキ 割烹白だし・・・カップ1/3
『作り方』
①しじみは砂抜きをし、よく洗って水気を切る。
②鍋に①のしじみ、水とだしをいれて火にかけ、アクをとりながらしじみの口を開かせ、火を止める。
③椀に盛り、白髪ねぎをのせる。

・土用餅
 土用の丑の日に「土用餅」を食べると、暑気あたり(夏バテ)を防ぐと言われます。

 ここで、『ふれ愛交差点』2015年7月号の「7月の旬」より、「うなぎ」の引用♪
 天然物のうなぎの旬は、冬を越すために脂肪をたくわえ、身がやわらかくなる10~12月といわれていますが、一年のうちうなぎがもっとも多く食べられるのはやはり「土用の丑の日」。暑さが厳しくなる7月は、夏バテ予防に良いとされるビタミン類を豊富に含むスタミナ食材、うなぎのパワーで乗り切りましょう。
☆選び方と保存方法
 蒲焼きは身が厚く、プリプリしたものを選びましょう。買ってきたらすぐに冷蔵庫へ。冷凍保存をするなら、1枚ずつラップをして、冷凍保存用のポリ袋などに入れてしっかりと空気を抜いて密封してから冷凍庫へ入れましょう。ちらし寿司やひつまぶし用に、あらかじめ細かく刻んでから小分けして冷凍するのもおすすめです。
☆豆知識・栄養
・日本で売られているうなぎは、ニホンウナギとヨーロッパウネギの2種類で占められ、全世界の生産量の約7割、年間12万トンものうなぎを日本人が消費しているといわれています。
・日本では古くからうなぎを料理素材として使用しており、文献に初めて登場するのは奈良時代。「万葉集」にうなぎについての記述があります。
・「土用の丑の日」といえばうなぎ料理ですが、そのきっかけを作ったのは江戸時代の蘭学者 平賀源内といわれています。夏場の売り上げ不振に悩んだうなぎ屋から相談を受けて、「土用の丑の日」にうなぎを食べるアイデアを提案したところ、店が繁盛し、他店にも広まって定着していったといわれています。高たんぱくで消化のよいうなぎは滋養強壮に、また、つまみとして好んで広く庶民に食されるようになり、日本の食文化に定着していきました。
・ビタミンA・B1・B2など、ビタミン類が豊富で、夏バテ予防や疲労回復に効果があるとされ、天然物は秋~冬ですが、うなぎは夏に食べるものと認識されています。
「旬の素材をおいしくいただく!」
 上手に温めたうなぎの蒲焼きで作る2品をご紹介します。
【うな丼】(761kcal)
うなぎの定番メニュー
『材料』(2人分)
・うなぎ(蒲焼き)・・・2尾
・ごはん・・・400g
『作り方』
①下記の方法でうなぎを温める。
②器に盛ったごはんにタレをかけて①をのせる。
※お好みでさんしょうの粉を添える。
【うなぎの山かけ】(137kcal)
山いもと一緒にさっぱりと
『材料』(2人分)
・うなぎ(蒲焼き)・・・1/2尾
・山いも・・・150g
・三つ葉・・・適量
・A
 麺つゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1/2
 水・・・大さじ1
・わさび・・・適量
『作り方』
①下記の方法でうなぎを温め、タレはきってひと口大に切る。
②山いもは皮をむいてポリ袋に入れて麺棒でたたき、粗くつぶす。
③①と②を器に盛り合わせ、合わせたAをかけて、刻んだ三つ葉、わさびをのせる。
≪フライパンでおいしく うなぎ蒲焼きの上手な温め方≫
ふっくら、やわらか、生臭くなく温める方法です
 電子レンジで温めるとかたくなりやすく、オーブントースターだと焦げやすいのでフライパンで温めます。
①蒲焼きの表面についているタレを流水で洗い流す(酒をしみ込ませやすくするため)。
②水けをふいてフライパンに入れ、酒(蒲焼き1尾につき1/3カップ)を加える(酒が生臭さを取って、ふっくら蒸し上げる)。
③強火にかけて煮立たせたら、ふたをして弱火にし、2~3分蒸す。水分が飛ぶと焦げやすいので、途中で様子をみる。
④ほとんど水分がなくなったら添付のタレを加え、火を止める。

 今日の仕事・・・
 「したいこと」「できること」「すべきこと」。
 どうして、あらかじめわかっている、停電とか工事とか伝えないのかね・・・こちらの予定が狂うじゃないですか・・・!!!それが仕事のできる方々のすることですか!!!???

7月の旬「うなぎ」

 今日の昼食は、カレー。
レンジで、おいしい。ボンカレー ゴールド(甘口)
147kcal
フルーツチャツネのやさしい甘さを
 フタを開けて、箱ごと1分40秒
大塚食品(株)
徳島県徳島市川内町平石若松108番地4
TEL 088-665-7131

http://www.otsukafoods.co.jp/

 仕事を提示に終え、帰宅。
 途中、superに寄る。「もやし」18円を買う・・・レジで前の人が、モタモタしている・・・釣銭をなんとかやりくりしようとして分からなくなっているらしい・・・後ろにつながっている人に迷惑だね・・・!!!

7月の旬「うなぎ」

 帰宅して、先日買った「若鶏もも 竜田揚げ」で一杯♪
 しょうが・にんにくのきいた豊かな風味仕上げ
 やわらかジューシーなもも肉使用
ハーブ飼育鶏使用
 オリジナルのハーブ配合飼料で育てました
 油で揚げてあります
プリマハム(株)
東京都品川区東品川4-1-22
TEL 0120-486-086

7月の旬「うなぎ」

 さらに、この間頂いたお菓子も頂く♪これが、海苔味でなかなかおつまみになる!!!

本日のカウント
本日の歩数9,582歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)×

|

« ウナギ?いえナマズ かば焼きの代役に期待 | トップページ | 「いただきます 豆腐が主役」「豆腐のかば焼き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61948735

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の旬「うなぎ」:

« ウナギ?いえナマズ かば焼きの代役に期待 | トップページ | 「いただきます 豆腐が主役」「豆腐のかば焼き」 »