« 「2015年 夏の頒布会 日本珍味列島 美味しいものめぐり 2015」「福乃友 特別純米酒」「いぶり漬大根」 | トップページ | 「本当においしい トリイソース 揚げせん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ「がわ」(静岡県御前崎市)」 »

2015年7月 2日 (木)

「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「すき焼きうどん」

 今日は「半夏生」(はんげしょう)。
 雑節の一つで、太陽が横径100度にある日、夏至から数えて11日目にあたる7月2日頃のことをいいます。この頃から梅雨が明け、水田にカラスビシャク(半夏)が生えるのを目安に田植えの終期とされてきました。関西地方では稲の根がたこの足のようにしっかりと張って豊作になるようにという願いを込め、この日にたこをたべる習慣があります。
 田植えで疲れている時期にタウリン豊富な「タコ」を食べるという事は、とても効果的だったのではないでしょうか。

 今朝食べた「納豆」のパックに、warmがいた・・・納豆って、大豆を煮ているはずだから、冷蔵庫の中で他の野菜についていた虫が付いたのか??

「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「すき焼きうどん」

 不祝儀の「美味逸品 お詰合わせ」。
柳谷本店 鰹詰合せ
・鰹削りぶし 3g×3袋
・和風だしの素 3g×8袋
(株)エヌコーポレーション
愛知県刈谷市大正町2丁目211
TEL (0566)63-7211

 仕事を終え、帰宅・・・ウインカーも出さずに曲がってくる車が・・・そちらが優先なんだからら、ウインカーを出してよ!そうでないと、こちらが出られないんですよ!!!

 スーパーに寄る。売り出しの「オーストラリア産 輸入牛バラ切り落とし肉」100g159円、298g476円のもの、「もやし」19円、「明治ブルガリアヨーグルト」149円、それに「ブナピー」73円を買う。
 前の人のレジでお金がレジに絡んだ・・・!!時間がかかるよ・・・お金を入れるだけでおつりが出るなんて、便利そうに見えても、不便だね・・・。
 『ふれ愛交差点』7月号をもらう。
 スーパーの駐車場で、高校生を乗せようと通路で停めている車あり・・・後ろがつながるよ!!!迷惑だ!!

 無人販売で「トマト」100円を買い帰宅。

 デジカメの写真が取り込めない・・・!!!なぜだ???デジカメをつないでも、インポート画面が自動で出ない。昨日からだ。それまでは、普通に取り込めていたのに・・・???

 帰宅して、2015年6月21日の朝刊「土井善晴の料理は楽し」の「すき焼きうどん」(763kcal)で一杯♪♪これもなかなかおいしいじゃないですか↑↑↑
「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「すき焼きうどん」

 今日買った牛肉(オーストラリア産 輸入牛バラ切り落とし肉)と「HOKUTO ブナピー」を使う♪
「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「すき焼きうどん」

料理に白い彩りを HOKUTO ブナピー
静岡県産100%
美容も健康も、毎日の食事から。
きのこで菌活
「きのこらぼ」

http://kinokolabo.jp/
【きのこの浅漬け】
毎日こまめな菌活に♪おつまみにもぴったり!
『材料』(4人分)
・ブナピー・・・100g
・エリンギ・・・100g
・きゅうり・・・1本
・キャベツ・・・100g
・しょうが・・・1片
・市販の浅漬けの素・・・適量
『作り方』
①ブナピーは石づきを切って小房に分け、エリンギは食べやすく切る。ラップをして電子レンジ(600W)で約3分加熱し、粗熱をとる。
②きゅうりは乱切りに、キャベツはざく切りにし、しょうがは千切りにする。
③ビニール袋に市販の浅漬けの素、①、②を加え軽くもむ。
④③を冷蔵庫に入れて20~30分程漬け込み、器に盛る。
※お好みで漬け時間を調整してください。
 「菌活」ご存知ですか?それは、いつもの食事にきのこを入れるだけ。明日の元気は食事から・・・。ホクトのきのこで毎日「菌活」続けましょう!
 今日の献立てはコチラへ!1600以上のきのこレシピ。材料・ジャンルからお好みのメニューをGET!!

http://www.hokto-kinoko.co.jp/
長野市南堀138-1
TEL 026-254-5333

【すき焼きうどん】
鍋にシメの至福 再現
 ネーミングを見ただけで、おいしさが口の中に広がるはず。こってり甘辛の”あの味”です。作るのも楽しく、男性にもおすすめ。
『材料』(2人分)
・ゆでうどん・・・2玉
・牛肉(切り落とし)・・・150g
・青ネギ(太いもの)・・・1本
・シイタケ・・・4個
・玉ネギ・・・1個(200g)
・サラダ油・・・大さじ2
<合わせ調味料>
 砂糖・・・大さじ4
 しょうゆ・・・大さじ3
 酒・・・大さじ2
 コチュジャン・・・大さじ1
・卵黄・・・適宜
『作り方』
①湯を沸かす
 「うどんは手間をかけずに温かく仕上げるために、湯通しをしてから具材と炒め合わせます。ですから、まずはうどんを温めるための湯を火にかけて、以下の仕事をするとよいでしょうい」
②材料を切る
 牛肉の切り落としは、食べやすく切る。玉ネギは半分に切り、シイタケは石づきを切り落として、それぞれ3mmの厚さに切る。青ネギは斜め切りにする。
③調味料を合わせておく
 合わせ調味料の材料は、あらかじめ混ぜ合わせておく。
④牛肉と野菜を炒める
 フライパンにサラダ油を熱して玉ネギを入れ、強めの火で、できるだけ触らずに火を通す。続いて牛肉を入れて鍋全体に広げ、なるべく触らずに焼き色がつくまで炒める。シイタケを加え、同様に炒める。
 「火の通りの異なる材料を炒め合わせるときは、一度に鍋に入れず、堅めの材料から順番に。火が通ったら次を入れる手順で炒めれば、カラッと仕上がります」
 こうしてしっかり焼いた野菜や肉のうまみが、すき焼きうどんの味のベースとなる。
 合わせ調味料を加えて炒める。
⑤うどんを加えて炒める
 熱湯にうどんを入れてひと煮立ちさせ、ザルに上げて水気をきり、④に加える。サッと混ぜたら、ときどき上下を返して、水分ながくなるまで中火でじっくりと炒める。仕上げに青ネギを加えてひと混ぜし、好みで卵黄を落として、からめていただく。
≪食のこころ≫
 ありそうでなかった一品である。「すき焼きを食べたあとの鍋でうどんを煮るとおいしいでしょう。だから最初から、その味を狙おうというわけです」
 フライパンで作れるので手軽。しかし簡単なようで、炒め物は実に難しい。水っぽくならず、おいしく作るコツを尋ねると土井さんは、「焼き色がつくまで動かさずに待つことです」。
 つまり野菜でも肉でも、さい箸で混ぜたくなるところをグッと我慢して、なるべく触らずに強めの火で焼くのだ。片面に焼き色がつけば返して裏面を焼く。「炒める」というようりも「焼きつける」感覚だろうか。こうすると素材の水分が封じ込められるので、食べたときにみずみずしく、素材の甘みやうまみが感じられる、おいしい炒め物ができる。
 具材を炒めたあとで加えるうどんも、あまり触らずに炒めるのが良し。すると、砂糖やしょうゆのテリがついて、鍋中が見るからにおいししょうな様子に。

本日のカウント
本日の歩数9,620歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:2個
(木)×

|

« 「2015年 夏の頒布会 日本珍味列島 美味しいものめぐり 2015」「福乃友 特別純米酒」「いぶり漬大根」 | トップページ | 「本当においしい トリイソース 揚げせん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ「がわ」(静岡県御前崎市)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「土井善晴の料理は楽し」(6-3)「すき焼きうどん」:

« 「2015年 夏の頒布会 日本珍味列島 美味しいものめぐり 2015」「福乃友 特別純米酒」「いぶり漬大根」 | トップページ | 「本当においしい トリイソース 揚げせん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ「がわ」(静岡県御前崎市)」 »