« ほたるいかの辛味噌 | トップページ | 秘密の路地で絶品ピッツアに出会った »

2015年6月 3日 (水)

子どもも喜ぶ! 魚のおかず

 「よなよなの里」より、楽天メール。「父の日ギフト」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000404/?scid=rm_100064#top
 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「父の日晩酌セット」の案内(^^♪
http://m3.rakuten.co.jp/e8010/bansyaku-01/%253fscid%3drm_191968/-/2/444g/afsgx/6/76mi0/
 「キリンシティ」より、メール。「季節素材のおすすめ料理」♪
http://m.kirin.co.jp/pg/cl.php?qIds=7VofCjmfkDd7lUzCzWwXDofL5d&2

 今日の仕事・・・。
 「高校受験ナビ」なるページを発見・・・信頼度は!?
http://www.zyuken.net/ad_admin/
 管理職に呼ばれた・・・あなた、それで1時間やってみなさいよ・・・できるの???・・・お守りじゃないんだから!!!仕事のできる方々の考えていることって分からないな!!!

 仕事を定時に終え、帰宅。
 帰宅途中、スーパーに寄る。売り出しの「刺身用マグロ」100g98円は売り切れだった・・・。「フライビンズ」158円、「もやし」17円、「木綿豆腐」38円、158円のところ30%引きの「背黒いわし」30%引きで110円、「国産味付生ホルモン」半額の149円を買い帰宅。

子どもも喜ぶ! 魚のおかず

 帰宅して、今日買った「大阪府産 背黒いわし」で【イワシのかば焼き丼】を作って一杯♪これが、なかなか旨い!!!「セグロイワシ」ではなくて「マイワシ」ならもっと美味しいかもしれない・・・。

 『Clife』2015年6月号に「子どもも喜ぶ!魚のおかず」が特集されていた。
 これがなかなか旨い♪♪♪
 「においが気になる」「骨が面倒」「子どもが食べない」などの理由で敬遠されがちな魚料理。魚が苦手な方でも食べやすいように、味付けや調理法を工夫しました。毎日の献立に加えて、レパートリーを広げましょう。
【イワシのかば焼き丼】(617kcal)
好みでさんしょうを振れば、大人向けの味に
 たまりしょうゆを使うと色、味、粘りなどがウナギのタレに近づきます。なければ、普通のしょうゆでも十分おいしくできます。
『材料』(4人分)
・イワシ(中)・・・12尾
・ショウガの搾り汁・・・大さじ1
・薄力粉・・・少々
・サラダ油・・・適宜
・酒・・・大さじ2
・A
 たまりしょうゆ・・・大さじ5
 みりん・・・大さじ5
 砂糖・・・大さじ2
・ごはん・・・4人分
・ショウガ(千切り)・・・2片
・青ジソの葉(千切り)・・・20~30枚
・白ごま・・・適宜
・さんしょうの粉(好みで)・・・適宜
『作り方』
①イワシは手開きにして、ショウガの搾り汁をかけておく。
②イワシに薄力粉を付け、余分な粉ははたき落す。フライパンに油を熱してイワシを入れ、両面に焼き色を付けてパリッと焼く。
③フライパンに残っている油はペーパータオルで吸い取り、酒を回しかけて臭みを取り除く。Aを加えて少し煮て、タレをからめる。
④ごはんを器に盛ってタレをかけ、ショウガを散らす。周りに青ジソをのせ、イワシ1尾を3~4つに切って盛り、ごまを振る。好みでさんしょうを振る。
≪イワシの手開き≫
(1)ウロコを取り、頭と腹のかたい部分を切り落とす。
(2)水洗いして内臓と血合いを取り、ペーパータオルで水気をきれいに拭き取る。
(3)右の親指を中骨の上の身に突き入れ、頭の方に開く。続いて左の親指を同じ所に入れて尾の方へ開く。
(4)身をしっかり開いてから、中骨を尾のところから折り、身から外す。(左手で、身が付いてこないよう押さえながらゆっくり外す。このときできるだけ腹骨も一緒に取り除けるようにするとよい)
(5)尾を切り落とす。

 その他のレシピも引用しておきます♪♪♪
【サバのショウガ焼き】(250kcal)
ショウガの香りを効かせ、カリっと焼きました。サバの臭みが苦手な方にもおすすめ!
『材料』(4人分)
・サバ(三枚下ろし)・・・1尾分
・ショウガ・・・30g
・A
 酒・・・大さじ2
 しょうゆ・・・大さじ4
 砂糖・・・大さじ3~4
・サラダ油・・・適宜
・モヤシ・・・1袋
・塩・コショウ・・・適宜
・小松菜・・・1/2把
・薄力粉・・・少々
『作り方』
①サバは食べやすい大きさにそぎ切りにする。
②ショウガは皮ごとすりおろし、搾り汁大さじ1をサバにかけ、残りはAと混ぜ合わせてタレを作る。
③フライパンに油を熱してモヤシを炒め、軽く塩・コショウを振って取り出す。小松菜は3cm長さに切り、同様にして炒める。混ぜ合わせて器に盛る。
④サバの水気を拭いて薄力粉を付け、余分な粉ははたき落す。フライパンに油を熱して中火で両面を焼き、焼き色を付けて取り出す。
⑤フライパンをペーパータオルで拭いてサバを戻し入れ、②のタレを加えてからめる。③の上にタレごとのせて、盛り付ける。

【サバの甘酢炒め】(211kcal)
野菜がたっぷり入った、酢豚風のおかず
『材料』(4人分)
・サバ(切り身)・・・200g
・A
 しょうゆ・・・小さじ1
 酒・・・小さじ1
・レンコン・・・70g
・タマネギ・・・120g
・ピーマン・・・中2個
・赤パプリカ・・・1/2個
・B
 薄力粉・・・大さじ1
 片栗粉・・・大さじ1
・サラダ油・・・適宜
・コーン・・・大さじ4
・C
 ケチャップ・・・大さじ2
 オイスターソース・・・小さじ1
 しょうゆ・・・小さじ2
 酢・・・小さじ2
 砂糖・・・大さじ1
『作り方』
①サバは一口大に切り、Aで下味を付けておく。野菜も一口大に切る。
②サバの水気を拭き、混ぜ合わせたBを付ける。
③フライパンに油を熱してレンコンを炒め、タマネギも加えて一緒に炒めて取り出す。次にピーマン、パプリカを炒め、コーンも入れて炒め、取り出す。
④フライパンに油を足し、サバを皮目から入れて両面焼き、取り出す。
⑤フライパンをきれいにしてCを入れ、かき混ぜながら煮立てる。③④を戻し入れて混ぜ合わせる。

【サケのみそバター焼き】(365kcal)
みその甘みとバターのコクが効いた、簡単メニュー
 バターの量は好みで加減してください。多めにすると味にコクが出ます。
『材料』(4人分)
・生ザケ(切り身)・・・4切れ(400g)
・塩・コショウ・・・少々
・キャベツ・・・3枚
・タマネギ・・・1個
・ピーマン・・・2個
・赤パプリカ・・・1/2個
・カボチャ(輪切り)・・・8切れ
・ナス・・・小1個
・バター・・・20~40g
<みそダレ>作りやすい分量
・A
 合わせみそ・・・100g
 砂糖・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
 酒・・・大さじ3
 ニンニク(すりおろし)・・・1/2片
『作り方』
①サケに軽く塩・コショウを振り、しばらく置く。
②キャベツはざく切り、タマネギはくし型切り、ピーマン、パプリカは1cm幅の細切り、カボチャは薄切り、ナスは縦8つに切る。
③Aを混ぜ合わせて、みそダレを作る。
④ホットプレートを250℃に熱してバター少々を塗る。サケの水気を拭き、皮目を下にして並べる。焼き色が付いてサケの身の半分ほど火が通るまで焼く。
⑤サケの周囲に火の通りにくい野菜を置き、キャベツはサケの上に広げてのせ、バターを所々に置く。温度を160℃に下げ、ふたをして5分ほど焼く。
⑥ほぼ火が通ったら、③のみそダレを大さじ4ほどかけ、ふたをして2分ほど焼く。
⑦サケをほぐし、野菜と混ぜて取り分ける。

【サケとアスパラのグラタン】(341kcal)
ホワイトソースを作らず、生クリームを使った簡単グラタン。サケのおいしさが引き立ちます
『材料』(4人分)
・生ザケ(切り身)・・・2切れ(200g)
・塩・コショウ・・・少々
・サラダ油・・・適宜
・タマネギ(薄切り)・・・250g
・グリーンアスパラガス・・・1束
・生クリーム・・・150ml
・溶けるチーズ・・・60g
・パン粉・・・適宜
・粉チーズ・・・少々
『作り方』
①サケは一口大に切って、塩・コショウを振る。
②フライパンに油を熱し、タマネギを薄く色付くくらいに炒め、塩・コショウを振って取り出す。
③フライパンに油を足して、サケを焼く。
④耐熱容器に、タマネギ、サケ、タマネギと重ね、アスパラガスを3cm長さに切ってのせる。
⑤生クリームをかけて溶けるチーズを散らし、パン粉、粉チーズを振る。200℃のオーブンで10分ほど焼く(またはオーブントースターで焼き色が付くまで焼く)。

【フィッシュコロッケ】(306kcal)
さっぱりした味わいのコロッケは、フレッシュトマトのソースとよく合います
『材料』(4人分)
・ジャガイモ・・・400g
・白身魚(切り身)・・・2切れ(200g)
※冷凍魚でも大丈夫です。
・酒・・・小さじ2
・塩・・・少々
・サラダ油・・・少々
・タマネギ(みじん切り)・・・100g
・A
 塩・・・小さじ1/4
 コショウ・・・少々
・牛乳・・・適宜
・薄力粉・・・適宜
・卵・・・適宜
・パン粉・・・適宜
・揚げ油・・・適宜
・B
 トマト(5mm角切り)・・・1個(200g)
 タマネギ(みじん切り)・・・大さじ3
 オリーブオイル・・・小さじ1
 塩・酢・・・各少々
・ベビーリーフ・・・1袋
『作り方』
①ジャガイモは皮をむいてゆで、熱いうちにつぶす。
②魚に酒と塩を振り、ラップをかけて電子レンジで火を通す。骨を取り、身をほぐす。
③フライパンに油を熱してタマネギを炒め、②を加えて炒めてAを調味する。①と混ぜ合わせ、パサパサしていたら牛乳でかたさを調整し、冷ましておく。
④好みの形に成形し、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に付けて揚げる(またはフライパンで揚げ焼きにする)。
⑤器に盛り、Bを混ぜ合わせたソースとベビーリーフを添える。

【メバルの煮付け】(180kcal)
ホロリとくずれるやわらかい身に、甘辛の煮汁が絶妙の組み合わせ
『材料』(4人分)
・メバル(尾頭付き)・・・4尾
・A
 しょうゆ・・・大さじ4
 みりん・・・大さじ4
 酒・・・大さじ4
 砂糖・・・大さじ1~2
・水・・・適量
・シシトウ・・・8本
『作り方』
①フライパンに、メバルを表になる方(頭を左、腹手前)を上にして、重ならないように互い違いに並べる。Aを入れ、さらに魚の高さの半分くらいの量になるように水を加える。
②強火にかけ、落としぶたをして煮る。煮立ったら、沸騰が持続する火加減に調節する。
③火が通ったら(目が白くなる)、ふたを取って煮汁をかけながら煮る。煮汁は少し煮詰め、艶よく仕上げる。シシトウも入れて一緒に煮る。

【魚の衣揚げケチャップソース】(271kcal)
ふわふわの衣の中はとってもジューシー!子どもが大好きなケチャップソースで
 サバ、タラ、サケ、メカジキなどでもおいしくできます。辛いのが好きな人にはCにラー油や唐辛子を加えて、チリソース風にしてもおいしいです。
『材料』(4人分)
・サワラ(切り身)・・・300g
・A
 塩・・・小さじ1/4
 酒・・・小さじ2
 コショウ・・・少々
 ネギ(みじん切り)・・・大さじ2
 おろしショウガ・・・大さじ2
・B
 薄力粉・・・1/2カップ
 片栗粉・・・大さじ1
 卵・・・1個
 水・・・大さじ2~3
・C
 ネギ(みじん切り)・・・大さじ2
 ショウガ(みじん切り)・・・小さじ1
 トマトケチャップ・・・大さじ5
 砂糖・・・大さじ3
 しょうゆ・・・大さじ1
 酢・・・大さじ1
 水・・・大さじ2
・レタス・・・適宜
・水菜・・・適宜
『作り方』
①魚は細長く切り、混ぜ合わせたAに漬けて下味を付ける。
②Bを混ぜ合わせて衣を作り(てんぷらの衣より少しかため)、①に付けて中温の油で揚げる(あまり色が付かないように揚げる)。
③Cを混ぜて軽く煮立て、ケチャップソースを作る。
④レタスは千切り、水菜は3cmに切り、②とともに器に盛る。③のソースをかけていただく。

【メカジキ南蛮】(353kcal)
野菜たっぷりのタルタルソースで、さっぱりといただく
『材料』(4人分)
・メカジキ(切り身)・・・4切れ(300g)
・塩・コショウ・・・少々
・A
 しょうゆ・・・大さじ2
 酢・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ2
・タマネギ・キュウリ・セロリ(粗みじん切り)・・・合わせて1カップ
・塩・・・ひとつまみ
・薄力粉・・・適宜
・卵・・・1個
・サラダ油・・・適宜
・B
 マヨネーズ・・・50g
 砂糖・・・小さじ1/2
 マスタード・・・小さじ1/2
・キャベツ(千切り)・・・適宜
・プチトマト・・・適宜
『作り方』
①メカジキは1ひれを2~3つに切って、軽く塩・コショウを振る。
②Aを混ぜ合わせて、甘酢ダレを作る。
③粗みじん切りにした野菜に、塩ひとつまみを混ぜておく。
④メカジキに薄力粉をしっかり付ける。フライパンに多めの油を熱し、溶き卵をからめながら入れ、両面に焼き色が付くまで揚げ焼きにする。火が通ったらペーパータオルに取り出して表面の油を取り、熱いうちに②にからめる。
⑤③の野菜をさっと水洗いしてぎゅっと絞り、Bと混ぜてタルタルソースを作る。
⑥器に千切りキャベツを敷き、④とトマトを盛ったら、⑤のタルタルソースをかける。

【赤魚のカレースープ】(187kcal)
アサリのだしとカレー粉が効いた、ブイヤベース風スープ
『材料』(4人分)
・赤魚(冷凍切り身)・・・3切れ(300g)
・塩・・・少々
・アサリ(殻付き)・・・200g
・トマト・・・1個(200g)
・ジャガイモ・・・120g
・A
 水・・・600ml
 チキンコンソメの素(固形)・・・1個
・オリーブ油・・・大さじ1/2
・ニンニク(みじん切り)・・・1片
・タマネギ(薄切り)・・・120g
・絹サヤ・・・12枚
・B
 カレー粉・・・小さじ1~
 塩・コショウ・・・少々
・C
 マヨネーズ・・・大さじ2
 ニンニク(すりおろす)・・・1/4片
『作り方』
①赤魚は解凍して食べやすい大きさに切り、軽く塩を振る。アサリは砂抜きをし、殻をこすり合わせて洗う。トマトはヘタを取り8等分する。ジャガイモは皮をむいて8つに切り、電子レンジで火を通す。
②Aを鍋に煮立てて魚を入れ、火が通ったら取り出す。次にアサリを入れ、口が開いたら取り出し、煮汁をペーパータオルでこす。
③空いた鍋に油を熱してニンニクとタマネギを炒め、タマネギが透き通ったらトマトを加えて炒める。トマトの皮がめくれてきたら取り除く。
④③に②のスープを入れ、ジャガイモを加えて煮る。
⑤魚とアサリを戻し入れ、絹サヤも筋を取って加える。Bで味を調える。
⑥器に盛り、混ぜ合わせたCを添える。

子どもも喜ぶ! 魚のおかず

 デザートは、頂いた「MILK COOKIE」。
旅行に行ってきました。
 でも、どこに行ってきたのか記載がない・・・八丈島らしいが・・・。

本日のカウント
本日の歩数10,095歩
(本日のしっかり歩数:822歩)
本日:53.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« ほたるいかの辛味噌 | トップページ | 秘密の路地で絶品ピッツアに出会った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもも喜ぶ! 魚のおかず:

« ほたるいかの辛味噌 | トップページ | 秘密の路地で絶品ピッツアに出会った »