« JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 | トップページ | 「コーンクリームスパゲティ」「あさりのペスカトーレ」「明太子スパゲティ」「ブロッコリーと豚肉のスパゲティ」「あさりとアスパラのごまスパゲティ」「なつかしい定番の味 ナポリタン」 »

2015年5月18日 (月)

<食卓ものがたり> 丹後とり貝

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「一升瓶麦酒」の案内。一人じゃ飲みきれないよね!
http://item.rakuten.co.jp/rebun/11titi_mugi/?scid=rm_198862

 テレビの「深夜食堂2」の第4話「第十四話 煮こごり」。
http://www.meshiya.tv/

 今日の仕事・・・
「ベネッセコーポレーション 中学生からの質問(英語)」
http://chu.benesse.co.jp/qat/6399_e.html

 仕事をちょっと遅く終え帰宅。途中、対向車が自転車を追い抜こうとセンターラインオーバー・・・危ないな。

 カーラジオで「べろべろ(えびす)」という金沢の郷土料理について話していた。
「食材 」(4人分)121kcal
・かんてん・・・1本
・だし汁・・・3カップ
・A
 砂糖・・・大さじ5
 醤油・・・大さじ3
 清酒・・・大さじ3
 塩・・・少々
・鶏卵・・・2個
・しょうが汁・・・小さじ2
『作り方』
①寒天を粗くちぎり、2時間位水に浸けて戻し、よく搾る。
②鍋に寒天とだし汁を入れて火にかける。
③寒天が溶けたら、Aを入れて味を調え、卵液を少しずつ流し入れる。鍋の中をぐるぐる回しながら流し入れて卵液を平均に散らし、しょうが汁を加えて火を止める。
④流し箱に入れて水で冷やし、しっかり固める。
⑤ようかん状に切り、器に盛る。

http://recipe.bioweather.net/recipe.php?rcpid=R001294

<食卓ものがたり> 丹後とり貝

 帰宅して「台湾産太平洋刺身用びんちょうまぐろ」で一杯♪
<食卓ものがたり> 丹後とり貝

 デザートは頂いたチョコ。
<食卓ものがたり> 丹後とり貝

 さらに、「駒牽朱印(こまびき しゅいん)」。
東海道
創業天明二年
備前屋
愛知県岡崎市伝馬通2-17
TEL (0564)22-0234
 0120-234-232

 2015年5月16日の朝刊より、「<食卓ものがたり> 丹後とり貝(京都府舞鶴市)」の引用♪
 出前ずしに入ったとり貝のにぎり。子供のころ、これが苦手だった。かんでもかんでもゴムのようで、なかなか、かみ切れずのみ込むのに苦労した。それが生のとり貝を食べて、目から鱗(うろこ)が落ちた。シャキッとした歯触り、口内に甘みを残し、のどの奥に消えていった。「うまい」。これがとり貝の本当の味だった。
      ◇
 京都府舞鶴市の西舞鶴漁港から船を出してもらい、とり貝の養殖イカダに向かった。約十分で田村正和さん(39)と息子の一騎さん(17)が作業をしているイカダに着いた。今年は天候に恵まれ、順調な成育で、例年より一カ月早く先月二十日から出荷が始まった。引き揚げた籠には、大人のこぶし大のとり貝がごろごろ。一個ずつ定規で測り、大きさ別に仕分けていく。
 周囲を山に囲まれた舞鶴湾は植物プランクトンが豊富で、昔から特大のとり貝が採れた。しかし、天然物は漁獲量も限られ、流通も限定的だった。
 舞鶴漁協に就職以来、とり貝にかかわってきた舞鶴支所長の長谷正和さん(43)は「二十年前に京都府立海洋センターが稚貝の生産に成功、漁協と漁業者が研究会を作り、料理店などの意見を聞きながら、地道に取り組んできた。安定的に供給できるようになり、今年は二十五万個の出荷を予定しています」と話す。
 しかし、消費地への売り込みは苦労の連続。飲食店では湯通ししたとり貝を使っており、生のとり貝は珍しかった。そのうえ、舞鶴のとり貝の大きさは通常の三倍。「まず大きさに驚き、次に、大味じゃないの、ひねて硬いに違いない、と試食するのですが、その後の反応は一様に、『うまい』でした」と長谷さん。
 今では「丹後とり貝」のブランド名で、初夏の味覚として知られるようになった。出荷先は東京が七割、残りが京阪神と名古屋。
 長谷さんは「旬は六月いっぱい。期間限定の味として多くの人に食べていただきたい」と話している。
 (文・写真、松川貴)
◆味わう
 舞鶴市内にあるすし店「一天張屋敷(いってんばりやしき)」はこの20年、「丹後とり貝」にこだわってきた。店主の屋敷静男さん(57)は「生のとり貝の甘み、食感を味わっていただきたい」と、初夏の味覚とり貝を客に勧める。「刺し身でよし、握ってよし。貝ひもは軽くあぶってお出ししています」と屋敷さん。
 舞鶴市や観光地天橋立を抱える隣接の宮津市ではこの時季、旅館や料理店の前に「丹後とり貝」ののぼりが出され、観光の目玉として売り出している。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2015051602000001.html

本日のカウント
本日の歩数7,287歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 | トップページ | 「コーンクリームスパゲティ」「あさりのペスカトーレ」「明太子スパゲティ」「ブロッコリーと豚肉のスパゲティ」「あさりとアスパラのごまスパゲティ」「なつかしい定番の味 ナポリタン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61608915

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> 丹後とり貝:

« JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 | トップページ | 「コーンクリームスパゲティ」「あさりのペスカトーレ」「明太子スパゲティ」「ブロッコリーと豚肉のスパゲティ」「あさりとアスパラのごまスパゲティ」「なつかしい定番の味 ナポリタン」 »