« 「浜松祭り」、そして「天の橋立かきくん製油づけ」 | トップページ | 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 »

2015年5月 4日 (月)

ほのぼの

 今日は、5月4日、「みどりの日」。「みどりの日」って、ちょっと前は、4/29だったと思うけど、いつ変わったのだろう???まあ、とりあえず、旗日。

 録画しておいたビデオを見る。まず「ごちそうカントリー」。「菊川茶」だった。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
・コーヒーの粉茶入れ
・粉茶入りパウンドケーキ
・粉茶入りチョコレート
・お茶deしゃぶしゃぶ
・お茶のおにぎり
(お茶をだした茶葉の水気をよく取る。それを適当な大きさに刻む。塩こんぶも適当な大きさに刻む。茶葉と塩こんぶにご飯を入れ、よく混ぜる。それでおにぎりを握り、海苔を巻いて出来上がり。)

 次に、「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
<小菅村(こすげ)>
・田舎そば
・旬の野菜の天ぷら
(わさびの葉、しいたけ、かぼちゃ)
<小豆島>
・タケノコとシイタケの煮物
・烏骨鶏の卵かけご飯

 さらに「ごはんジャパン」は、「京タケコノ」だった。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
・骨付き豚とかぶのココットロースト
・生雲丹とマッシュルームのガレット
・活オマール海老の特製スパイス焼き
・タケノコの刺身
<たわわ 朝霧>
「おいしいタケコノの見分け方」
 穂先が黄色いタケノコがおいしい
・焼きタケノコ
 ホリ・・・タケノコを掘る道具
◎竹が2m以上の間隔を保つことがお互いの成長を邪魔しない。
◎芯止め
 笹(枝)が12、13本出た時に竹を揺する。ちょうど(上から)12個目の節で折れる。上への成長を止める事で栄養が地中のタケコノに集まる。
◎土づくり
 藁敷き、土入れ
≪へき亭≫亀岡市
・タケノコのサラダ ~わさびドレッシング~
・タケノコの炊き合わせ
◎タケコノのおいしさを引き出す匠の技①
 あく抜き(堀りたてのタケノコは湯がくだけでえぐ味がなくなる)
◎タケノコのおいしさを引き出す匠の技②
 炊き込む
・京タケノコご飯
☆京タケコノとイカのわさびクリームパスタ
 タケノコをかつら剥きにして、繊維に沿って細切りにする。
☆京タケノコの生ハム巻きフリット
 生ハムでタケノコを巻き、油で揚げる。
☆京タケノコと真鯛のダイ風バター蒸し
 真鯛をバターで焼く、角切りのタケノコを入れる。わかめ、グレープフルーツ、ナンプラーを加える。
≪KIHACHI 青山本店≫
・京タケノコと鴨肉のポワレ

 今日は、雨・・・。車で買い物に出かける。
 まず、ホームセンターを覘く。「殻付き落花生」が380g298円だったが、買うのはやめた。
 スーパーに寄り「納豆」50円、「緑豆もやし」10円、「日清フラワー」750g178円、「木綿豆腐」38円、「フライビンス」158円、「伊藤ハム とんちゃん」258円のところ154円を買う。売り出しの「キャベツ」98円も買いたかったが売り切れだった。安い物は開店と同時に入らないとダメか・・・!

ほのぼの

 昼食後は、お茶を飲む。
祇園辻利の宇治煎茶
Hotel Monterey Kyoto
■宇治煎茶のおいしい飲み方(2人分)
◎この袋のお茶(5g)を全部急須に入れて下さい。
◎いったん沸騰したお湯(2人分約90ml)を2個の湯呑に注ぎ分け、それを急須に移します。(約85℃)
◎急須にフタをして約1分半静かにおいて、濃淡のないようにまんべんなく少しづつ、最後の一滴まで残さず、注ぎ分けます。
☆夏には氷を入れてアイスティー、四季にあわせてお楽しみ下さい。
※熱湯の取り扱いには充分ご注意ください。

■おいしい宇治茶の入れ方(二人分■
1.ポットのお湯を急須に入れてください。
2.急須に入れたお湯を2個の湯呑みに移して下さい。
3.お湯を空けた急須に茶葉(5g)を全部入れてください。
4.2個の湯呑みに入れたお湯を急須に入れて下さい。
5.急須にフタをして1分半静かにおいて、濃淡のないよう、まんべんに少しづつ最後の一滴まで残さず2個の湯呑みに注ぎ分けます。
※お湯が熱いので「やけど」などに充分ご注意下さい。
How to make savory uji tea - an authentic Japanese tea (for two people)
1. Pour hot water into a teapot to warm it up.
2. Pour the hot water trom the teapot into two cups to warm them up and empty the remaining hot water from the teapot.
3. Put some tea leaves (approximately 5g) into the teapot.
4. Pour the hot water from the teacups into the teapot.
5. Put the lid on the teapot and leave it for about 1 and half minutes.
  Pour all the tea into the two cups little by little switching between each cup to make the strength of the tea qual.

 夕方は、「タケノコの煮物の天ぷら」と「野菜のかき揚げ」で一杯♪
ほのぼの

 小麦粉は、今日買ったもの。
日清薄力粉
日清 フラワー 薄力小麦粉
NET 750g
色々な料理にお使いいただけます
・お好み焼き
・天ぷら
・お菓子
・うどん
【スポンジケーキの作り方】(直径18cmのスポンジケーキ型1個分)
『材料』
・薄力粉・・・100g(1カップ弱)
※2~3回ふるう
・卵・・・Mサイズ3個(150g)
※室温に戻して卵黄と卵白に分ける
・砂糖・・・110g(3/4カップ強)
・バニラエッセンス・・・2~3滴
・A
 バター・・・15g
 牛乳・・・10cc(小さじ2)
※バターと50~60℃に温めた牛乳を混ぜる
『作り方』
☆型に紙を事前にセット
☆早めに余熱をスタート
①卵黄を泡立てる
 砂糖1/3量と卵黄を、泡立器で少し白っぽくなるまで泡立てます。
②卵白を泡立てる
 卵白だけをハンドミキサーや泡立器で角が立つまで泡立ててから、残りの砂糖2/3量を少しずつ加えてさらに泡立てます。
③混ぜ合わせる
 ②に①を入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせます。(泡をつぶさないように)
④全てを混ぜ合わせる
 小麦粉を2~3回に分けて加え、ゴムべらで切るように混ぜ合わせ、Aとバニラエッセンスを加えて、手早く混ぜ合わせます。(練らないように混ぜる)
⑤型に入れる
 紙を敷いた型に④を流し込み、生地を均一にするために、型を2~3回トントンと軽く落とします。(時間をおかずにオーブンへ)
⑥焼く
 180℃に熱したオーブンで25~30分間焼きます。焼き上がったら、すぐに型ごと20cmの高さから落とし、型から出して網の上で冷まします。
※完全に冷めてからデコレーションしてください。
「おいしく作りには」
・スピーディに、テンポよく
・小麦粉をきちんとふるっておく
日清フーズ株式会社
東京都千代田区神田錦町1丁目25番地
0120-244157

http://www/nisshin.com

 ここで、『啄木鳥通信』vol.17 春 2015の「暮らしのなかの オノマトペ」より、「ほのぼの」の引用♪
 日本語の豊かな感性を表現するオノマトペ(擬音語・擬態語)。私たちが日常的に使い、四季折々の暮らしのなかに息づいているオノマトペをピックアップして、その物語を探ります。
【ほのぼの】
 うららかな日差しのなか、庭先の景色を眺めて、ほのぼのとした気分になる・・・。「ほのぼの」は春にぴったりのオノマトペです。
 この「ほのぼの」という言葉、もともとは”かすかに””うっすらと”という意味でした。「ほの」は「ほのか」や「ほの暗い」などの言葉からも分かるように、かすかな状態を表しているのです。
 たとえば新古今和歌集には「ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく」という後鳥羽院が詠んだ歌があります。季節の変わり目を空から”気”が降りてくると捉え、かすかに春の気配を感じとったことを詠っています。
 また源氏物語の夕顔の章には、「ほのぼのあやしがる」というくだりがあり、うっすらと妙だな、おかしいなと思っている様子が描かれています。
 時代が進むと、「ほのぼの」は、夜の闇が白んでだんだん辺りが見えてみる夜明けのさまを表す言葉にもなりました。
 そして江戸時代に入ると、「かまどの煙ほのぼのと」とか「ほのぼのと朝飯匂ふ」というように、煙や湯気がうっすらと立ち昇るあたたかさを表すようになり、さらに気持ちで感じるあたたかさへと転じました。
 こうして「ほのぼの」は、今日使われるように穏やかで温もりを感じるさまを表す言葉になり、オノマトペへと変身したのです。
 「ほのぼの」という言葉が遠い昔に持っていた”気”や”気配”といった繊細なニュアンスは、少しずつ近づいてくる春の気配に通じるような気がしてきます。

本日のカウント
本日の歩数3,668歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)えっ?○なの?でも、×

|

« 「浜松祭り」、そして「天の橋立かきくん製油づけ」 | トップページ | 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61537872

この記事へのトラックバック一覧です: ほのぼの:

« 「浜松祭り」、そして「天の橋立かきくん製油づけ」 | トップページ | 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 »