« 「葉しょうがの肉巻き」、そして「ハムで作る花」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 »

2015年5月16日 (土)

「鶏の紅茶煮」

 今日は、JRさわやかウォーキングに参加しようと思っていたが、雨のためやめる。
http://walking.jr-central.co.jp/

 今朝のコラム欄より、引用♪
 「ブルースの王様」B・B・キングさんは、米南部で奴隷生活も経験した曽祖母から、こんな昔話を聞かされて育ったそうだ
▼まな娘が黒人と親密になったと知った白人の農場主が激怒し、相手を焼き殺そうとする。娘は父にすがり「彼は悪くない」と言う。「どうしてほしい」と問う父に、娘は「彼を苦しめないでほしい」と答える。「銃で撃ったほうが親切だわ」
▼過酷な労働と、人としての尊厳を踏みにじられ続ける日々。そんな暮らしが生んだ音楽ブルース。それは単なる憂さ晴らしの音楽ではない。農場主らが近づいていることを歌に託して仲間に伝え、身を守るよう促す警報の役目も果たしたという
▼「歌があったからこそ毎日やっていけた」「悲しみのことを歌えば魂の重荷は解かれる」と語る曽祖母の話を聞いて、少年はこう思ったそうだ。「ブルースって、生き残るために役立つものなんだ」(自叙伝『だから私はブルースを歌う』)
▼家族を相次いで亡くし、孤独だった少年時代に農場主に借金をしてギターを買って以来、彼は美しい曲線を持つ楽器とともに歌い続けた。ギターを一人の女性として扱い、「ルシール」と名付けて生涯の伴侶にした
▼世界中に「生きるための音楽」を響かせてきた八十九歳の王様はおととい、睡眠中に安らかに逝ったという。愛するルシールにみとられての最期だったろうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015051602000105.html

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「北海道をお試しセット」が美味しそうだ。
http://item.rakuten.co.jp/rebun/shos01/?scid=rm_198862#shos01

 録画しておいたビデオを見る。まず「深夜食堂2」の「第13話 あさりの逆蒸し」。
http://past.meshiya.tv/
http://www.meshiya.tv/
 『あさりの酒蒸し』(福原希己江)
 たかのつめ、ニンニクを炒めて
 あさりと酒を入れてふたをする
 バターを入れる 醤油を入れる
 ネギをちらす

 「ごちそうカントリー」は、「三方原馬鈴薯」だった。
http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/
・ふかしいも
 (バターをつけて食べる)
・マグロと馬鈴薯のカルパッチョ風サラダ
 洗ったジャガイモを皮ごとスライスする(千切りにする)。水を沸騰させた鍋に入れ、15秒ほど湯がく。ザルにあけ、氷水でしっかりしめる。水分を切り、塩コショウで味付け。
 まぐろの刺身とサラダパセリを切って盛り付ける。
<ドレッシング>
 オリーブオイル、マスタード、レモン汁、塩コショウを混ぜて出来上がり。
・馬鈴薯のポトフ
 馬鈴薯、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ウインナー、エリンギ、シイタケなどをざく切りにしてシリコン製の容器に入れる。
 材料がひたるくらいの水を入れ、コンソメを入れ、レンジで6分チンする。
・揚げだしジャガ
 ジャガイモを素揚げにする。
 水、本だし、白だし、麺つゆ、お酒を入れ、水溶き片栗粉を入れ、とろみが出るまでかき混ぜる。
 素揚げしたジャガイモにかければ出来上がり。

 次に「英国一家、日本を食べる」は、「第五の味覚(The Fifth Taste)」だった。
http://www9.nhk.or.jp/anime/sushi/
・鹿節
<藤井さん>
・ひもの
 アジをさばく。
 海水くらいの塩分で25分漬ける。つけながらよけいなものはブラシで落とす。
 4時間干す。
≪おにぎり 宿六≫
・おかか 270円
・昆布 270円

 次に「せっかくグルメ」。能登島の後編。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
≪生そば 槐(えんじゅ)≫
・挽きぐるみ 1080円(税込)
・更科 1620円(税込)
≪能登 島宿せがわ≫
・能登島郷土料理
 イワシの甘露煮、イイダコの煮付け、コハダとノビルの酢味噌和え
<第三十勝尾丸>坂本一之さん
・とれたてカワハギの丸焼き
・とれたてイワシの刺身

 「ごはんジャパン」は、「萩のアマダイ」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/
≪アルポルト≫東京・西麻布
・春野菜とハマグリのスパゲティ
・冷製カッペリーニケッカ風トマトのスプーマを添えて
 アマダイを炙ると甘味が増す。
<道の駅 萩しーまーと>
≪割烹 千代≫萩市
・ふみ御膳
・アマダイの土鍋ご飯
・三種のアマダイの姿造り
 ①普通の刺身②皮霜造り 平造り③昆布締め
 昆布締めの炙り
・アマダイの石焼(ウロコ付き)
☆アマダイと萩産野菜の彩りパスタ
☆アマダイのウロコ焼き 3種のソース

 「イチから住 ~前略、移住しました~」。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/
・こんにゃくの甘辛煮
・ニジマスの塩焼き

 「おにぎりあたためますか」。
http://www.htb.co.jp/onigiri/
「室蘭3大グルメ」
①室蘭やきとり
②カレーラーメン
③クロソイ
≪懐石料理さくら亭 そのべ≫
・クロゾイの活き造り 3人前 2500円(要予約)
・欄の舞
・クロゾイのあら汁 800円(要予約)
・ソイ飯 800円(要予約)
・クロゾイのみぞれあんかけ 800円(要予約)
・クロゾイの焼き物 800円(要予約)
室蘭市中島町2丁目24-18
TEL 0143-47-8822
≪きつつきカナディアンクラブ≫
・レッドポーク 1575円
・あか毛和牛のやわらか煮込み 1575円
 「カボチャのスープ」(恋するマロン)
洞爺湖町月浦8-1
TEL 0142-75-2228

 買い物に出かける。ジャスコで「もやし」19円、「納豆」48円、「明治ブルガリアヨーグルト」138円、それに値引きの「コロコロホルモン」328円を買う。「千葉県産かつお」が1尾11590円だった。買いたかったがお金がない・・・。フリーマガジンをもらい、帰宅。

 散歩に出かける。コンビニでTOTO BIGを買う。そして、スーパーを覘くが何も買わずに帰宅。

 「鶏の紅茶煮」を作る。鶏肉を紅茶で煮たけど、水煮にしたら、残ったスープでラーメンが作れそう!
「鶏の紅茶煮」

 紅茶で煮る時に砂糖は入れないよ!
CEYLON BLEND TEA
Hotel Monterey Group

「鶏の紅茶煮」

 夕方は、「冷奴」で一杯♪
濃厚しっかり 木綿豆腐
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

 さらにお昼ぐらいに作り、冷蔵庫で寝かしておいた「鶏の紅茶煮」♪これが、なかなか美味しいよ↑↑↑また作りたくなる美味しさ♪♪♪
【鶏の紅茶煮】377kcal
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚
・紅茶(ティーバッグ)・・・1袋
・ゆで卵・・・2個
・白髪ねぎ・・・10cm分
・A
 しょうゆ・・・大さじ2
 砂糖、酢・・・各大さじ1と1/2
 ごま油・・・小さじ2
『作り方』
①鶏肉は余分な脂を取り、皮目の全面にフォークで穴を開ける。
②鍋に①、紅茶を入れてひたひたの水(材料外)を加え、強火にかける。沸騰したら弱火にし、水(材料外)を加えながら約20分煮る。
③鶏肉を取り出し、暑いうちにAを合わせた保存袋に漬ける。ゆで卵も一緒に加え、1時間以上冷蔵庫で漬け、食べやすく切って器に盛り、白髪ねぎを添える。

 他に「甘酒風味のてり焼きチキン」「から揚げ」「とり天」「手羽先のとろ~り角煮風煮込み」「鶏チャーシュー」のチキン料理のレシピも載せておこう!
【甘酒風味のてり焼きチキン】309kcal
『材料』(2人分)
・鶏もも肉・・・1枚
・にんにく、しょうが(すりおろし)・・・各小さじ1/2
・A
 甘酒・・・大さじ4
 しょうゆ・・・小さじ2
・サラダ油・・・大さじ1/2
『作り方』
①鶏肉は厚みに包丁を入れて均一にし、皮目全体をフォークで刺す。
②Aをポリ袋に入れて、にんにく、しょうが、①を加えてよくもみ込む。空気を抜いて口を閉じ、約1時間漬ける。
③熱したフライパンに油を入れ、②を皮目から入れて弱めの中火で両面に焼き色をつけ、漬け汁を加えて弱火にし、ふたをして約10分焼く。
④食べやすく切って器に盛る。
※お好みでベビーリーフ、切ったミニトマトを添える。

【から揚げ】
鶏のうまみを逃がさずジューシーに
『材料』(2~3人分)
・日清 からあげグランプリ最高金賞店監修 から揚げ粉・・・1袋(100g)
・水・・・100cc(1/2カップ)
・鶏肉・・・約500g(もも肉なら2枚分)
『作り方』
①から揚げ粉、水を混ぜ合わせる。
②ひと口大に切った鶏肉を入れて、よくからめ、30秒間よくもみ込んで10分間おく。
③170~180℃に熱した油で約4分間揚げる。
※一度に多くを揚げると油の温度が下がり、油切れが悪くなります。火力を調節して、揚げ温度を保ってください。

【とり天】
「サクッ」とおいしい
『材料』(4人分)
・日清 コツのいらない天ぷら粉・・・100g
・水・・・130cc
・鶏ささみ(3等分の斜め切り)・・・8本(400g)
・A
 しょうが(すりおろし)・・・小さじ1
 塩・・・小さじ1
・日清オイリオ ヘルシーオイル・・・適量
・すだち・・・お好みで
『作り方』
①鶏ささみはAをまぶして揉む。
②ボールに天ぷら粉と水を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
③フライパンに1cmていどサラダ油を入れ、160~170℃に熱する。①を②にくぐらせ、油に落とし入れて揚げ、色づいてきたら裏返してさらに揚げる。
④お好みですだちを添える。

【手羽先のとろ~り角煮風煮込み】
『材料』(2人分)
・手羽先・・・4本
・サラダ油・・・適量
・酒・・・大さじ1
・赤ワイン・・・大さじ2
・砂糖・・・大さじ1 1/2
・しょうゆ・・・大さじ2
・タケノコ水煮・・・60g
・シイタケ・・・2~3枚
・水・・・400cc
・ゆで卵・・・2コ
・ショウガ・・・少々
・黒コショウ・・・少々
・酢・・・少々
・チンゲンサイ・・・1/2株
『作り方』
①鶏手羽先は先の部分をカットし、キッチンばさみで2本の骨の間の筋を切り、太い骨に沿ってはさみを入れて身と骨をはずす
※下処理をすることで、身と骨が簡単に外れて食べやすくなる
②フライパンにサラダ油をしいて熱し下処理した鶏手羽先を入れて焼き目をつける
※切り落とした鶏手羽先の先の部分も捨てずに一緒に焼くことでコラーゲンと旨みを引き出す
③鶏手羽先を焼いている間に合わせ調味料の準備 酒、赤ワイン、砂糖、しょうゆを混ぜる
※酒だけでも良いが赤ワインを入れることでコクと酸味がプラスされる
④フライパンにカットしたタケノコ水煮とシイタケを入れてサッと炒め、先ほど準備した合わせ調味料を加えてなじませたら、水を加えて強火で一気に沸騰させる
⑤沸騰したらゆで卵、スライスしたショウガを入れてふたをし、中火で20~25分煮込む
⑥仕上げに酢をまわしいれたら、茹でたチンゲンサイをしいたお皿に盛りつけ、黒コショウを振って完成!

http://www.satv.co.jp/0300program/0010tobikkiri/0005cooking/2015_03/2015-0324.html

 2015年4月20日の朝刊「いただきます 作り置きおかず」より【鶏チャーシュー】(228kcal)。
『主な材料』(4人分)
・鶏もも肉・・・2枚(500g)
・ニンニク・・・1片(10g)
・ショウガ・・・1かけ(10g)
『作り方』
①鶏肉は厚い部分を切り開いて、厚みを均一にする
②深めのフライパンに砂糖・しょうゆ・酒・酢 各大さじ3を合わせる。ニンニク、ショウガをするおろして加える
③②を中火にかけ調味液が煮立ったら、鶏肉の皮を下にして入れる。肉に時々煮汁をかけながら、中火で約10分、ふたをせずに煮る。肉を裏返し、同様に約10分煮る
④もう一度肉を裏返す。少し火を強め、煮汁が少なくなって皮に照りが出るまで煮つめる。食べやすい大きさに切る。冷蔵で5日ほど保存可。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数9,812歩
(本日のしっかり歩数:3,809歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)○のようで×

|

« 「葉しょうがの肉巻き」、そして「ハムで作る花」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61597638

この記事へのトラックバック一覧です: 「鶏の紅茶煮」:

« 「葉しょうがの肉巻き」、そして「ハムで作る花」 | トップページ | JRさわやかウォーキング「旧東海道の史跡と太平洋の潮風」、そして「コロコロホルモン」「万鐘黒糖肉みそ」 »