« 「鯖照り焼き弁当」「燦々鶏焼鳥」、そして「土井善晴の料理は楽し」(5-1)「海老水餃子」 | トップページ | ⑦焼津のかつお節 »

2015年5月13日 (水)

MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.7「日々の暮らし編」

 斉藤一人さんの今日のカード。
 人に親切にすると、親切にされる。
 人に笑顔で接すると、笑顔が返ってくる。
 「人にいいこと」をすると、なぜか自分にみんな返ってくるんです。
 「なぜ?」って考える必要はありません。そんなことより、笑顔で毎日を過ごすことです!

http://saitouhitori.jp/ass4/24.html

 今朝の朝刊のコラム欄より引用♪
 <あじっ、あじっ、とんびょん。すずき、すずきっ。すずきにたいっ。かつお、かつお、かつおぅ>。江戸の町には、こんな威勢の良い声が聞こえていたのだろう。魚売りの売り声。「江戸売り声漫談家」の宮田章司さんの本から引いた
▼とんびょんとはトビウオ。最後に三回「かつお」の声が入っているので、初鰹(がつお)が出る今時分の売り声だろう。口調にくすぐられ、高価なかつおにも江戸の人は財布のひもを思わず緩めたか
▼豆腐、煮豆、唐辛子に菓子。かつては一日中、物売りの声があったという。ほぼ毎日売りに来るので、家にいながらにして大概の物を手に入れることができた。商いを超えた人と人の温かい会話も想像する
▼江戸を羨(うらや)んでも詮ないが、最近の「買い物弱者」の実態を聞くにつけ複雑な気分にもなろう。過疎化、高齢化の結果、買い物に困る人が全国に六百万から七百万人いる。人口が減った地域からスーパーが撤退。客は遠くの店に行かねばならぬが、高齢者は体力的にきつい。重い荷物を提げて坂を歩くお年寄りを見れば、江戸の人はどう思うか
▼移動販売車などで対応する地域もあるが、食べ物を買うという人の営みの根本さえ困難な時代を誰も進歩とは呼ばない
▼物売りは消えた。地元商店は大規模店に破壊された。大規模店は損得でいなくなる。<おおまちがいでござい>。そんな売り物はいらぬ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015051302000106.html

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「枝幸(えさし)」という毛蟹の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/10006423/?scid=rm_198862
 同じく「ときしらず」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/tksrz2/?scid=rm_198862#tksrz2
 「焼豚煮豚通販-小豆島お肉の山下屋-」より、楽天メール。「オリーブ燻製ベーコン」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/yamashitaya/c/0000000501/?scid=rm_201838

 今日の仕事・・・。
 「マグネットシート Hoja Imantada 縦297mm×210mm」って、どこに売っているんだろう???
A4 MAGNET SHHET
You can write and erase on the sheet.
書いて消せるタイプ
Appro. 11,7"×8.3"
サイズ:約縦297mm×210mm
マグネットシート 157
DAISO JAPAN
Produced for DAISO JAPAN
KO-13P10
TK-886
(株)大創産業
広島県広島市西条吉行東1-4-14

 「csone」っていうファイルがおかしい・・・このファイルは何なんだ???

 仕事のできる人の考えることって分からないな・・・「半分休みにしろ」だって・・・それじゃあ何のためにやっているのかわかりませんよ!お守りでやっているのですか!!!???
 他人ごとだと思って・・・、無責任な・・・。
 自分の担当のものを半分休みにしてやるのですか???自分のところは、全員参加でやっているでしょう!!!

MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.7「日々の暮らし編」 

帰宅して「お好み焼き風 もやし焼き」で一杯♪♪昨日買った「アメリカ産豚肉肩・肩ロース切り落とし」を入れる。

 ここで、『JAF Mate』2015年5月号の「MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.7」より、「日々の暮らし編」の引用。
 認知症と診断される前段階で、以前と比べて認知機能が低下している状態を、MCI(軽度認知障害)と呼びます。MCIのうちに気が付いて、脳に適切な刺激を与えるなどの対策をとれば、認知症の発症を予防できる可能性があります。
●こんな変化に要注意
 普段から掃除や洗濯などの家事をしている人は、自分でMCIに気付きやすいと言えます。今までにないミスをしたり、中途半端にしかできなくなって、「何かおかしい」と思うことが増えるからです。
 掃除や洗濯などの手順をすぐに思い出せなかったり、複数の作業を同時に効率よくできなくなったりして、以前より時間がかかるのは要注意です。新しい家電製品の操作方法を覚えようとする意欲が薄れるのも、MCIのサインの一つです。
 家族がMCIに気付くきっかけとして多いのは、本人が電話で頼まれた伝言を、たびたび伝え忘れることです。伝言を受けたことすら思い出せないようなら、すでに認知症が疑われます。
 以前は熱中していた趣味への関心が急に薄れる、楽しみにしていたドラマを見なくなるなどの変化にも気を付けましょう。
 しかし、家事などがスムーズにできなくなったからといって、何もしなくなるのはいけません。自分の担ってきた役割をできるだけ続けることが、認知症予防につながります。家族の協力を得ながら、メリハリのある生活を心がけましょう。
 新しい趣味を見つけたり、何かにチャレンジしたりして、刺激のある日々を過ごすことも大切です。また、活動意欲の低下から、長年親しんだ趣味や仲間を失わないよう、仲間に自分の状況を説明し、会合などに誘ってもらう方法もあります。
「テーマ別浦上式チェックリスト」日常生活でこんなことはありませんか?
□電話で頼まれた伝言を忘れることが増えた。
□何を取りに来たのかを忘れることが増えた。(後で思い出す)
□生ごみや腐った食品のにおいに気付かなくなった。
□物を片付けた場所を忘れて探し回ることが増えた。
□部屋が散らかっていても気にならなくなった。
□洗濯物をうまくたためなくなった。
□新しい家電などの使い方をなかなか覚えられなくなった。
□長く続けてきた趣味への関心が薄れてきた。
□いつも見ていたドラマを見る気がしなくなった。
□家族の記念日を忘れることが増えた。
・浦上克哉
 医学博士、鳥取大学医学部保健学科教授、日本認知症学会理事長

本日のカウント
本日の歩数9,567歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「鯖照り焼き弁当」「燦々鶏焼鳥」、そして「土井善晴の料理は楽し」(5-1)「海老水餃子」 | トップページ | ⑦焼津のかつお節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61583770

この記事へのトラックバック一覧です: MCIのうちに見つければ、認知症は予防できる vol.7「日々の暮らし編」:

« 「鯖照り焼き弁当」「燦々鶏焼鳥」、そして「土井善晴の料理は楽し」(5-1)「海老水餃子」 | トップページ | ⑦焼津のかつお節 »