« 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 | トップページ | 舞阪港朝の活気「えんばい朝市」、そして「5月の旬「初がつお」」 »

2015年5月 6日 (水)

「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」

 「えんてつカード」より、メール。「えんてつピアバイキング」の案内。5/8~9/23まで。3,800円のところ300円引きクーポンの案内♪これから、ビアガーデンがいい季節ですね↑↑↑
https://cards.entetsu.co.jp/card/images/mail_magazine/special/000197/camp.htm
https://cards.entetsu.co.jp/card/
 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「一升瓶麦酒」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/11titi_mugi/?scid=rm_198862

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用♪
 インドでサルが感電し、意識を失った。仲間のサルが失神したサルを叩(たた)いて、意識を回復させた。昨年末の話である。映像を覚えている方もいるか
▼ところがである。決して介抱しているわけではないという専門家の見方もある。失神したのはボスザル。仲間が叩いているのはボスが本当に死んだかどうかを確かめているためという。真相はサルのみぞ知るだが、同じ事象も人によって異なる印象が残るということは歴史において、しばしば起こる。しばしばどころか、それが人の歴史かもしれぬ
▼三池炭鉱、八幡製鉄所など八県二十三件で構成する「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録される見通しとなった。その経済効果は高く、疲弊する地方にとって登録は大きな宝となる。素直に喜びたい
▼構成資産はいずれも近代化の道を開き、現在の日本の礎となった。これが歴史の光の部分だとすれば、影もある
▼韓国が二十三件の中には植民地時代の強制労働と関係がある施設が含まれると登録に反対している。韓国側には日本の近代化は負の歴史に映る。日本人にしてもかつての炭鉱での労働は過酷で、苦い記憶もあろう
▼技術革新、富国強兵。歪(ひず)んだ資本主義。近代化には光と影が複雑に入り交じる。光のみを喜び、影を忘れるのではなく、両方を見る。知る。考える。「遺産」を受け継ぐとはそういうことであろう。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015050602000106.html

 今日は立夏、そしてゴールデンウィーク最終日。特にやることもないので、録画しておいたビデオを見る。もう、ビデオばかり見ているね!
 「バナナマンのせっかくグルメ」。場所は、石川県能登島だった。
http://www.tbs.co.jp/sekkaku-g/
https://twitter.com/sekkaku_tbs
http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=46591/category=gourmet/
<道の駅のとじま交流市場>
・オオバ(真イワシ)
・サゴシ(サワラの若魚)
≪大漁屋≫
・能登島丼 2500円(税込)
≪生き活き工房 ねねの会≫
・赤土ジャガイモたこ入りコロッケ
<能登島 ひょっこり温泉 島の湯>
≪島の湯食堂≫
・のとじまバーガー 白 500円(税込)
・のとじまバーガー ふぐ 500円(税込)

 テレビを見ていたら、Instagramなるものを初めて知った。
 インスタグラム(英語: Instagram)は、無料の画像共有(英語版)アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、Facebook、Twitter、foursquare、Tumblr、Flickr、ポスタラス(英語版)といった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する。
https://instagram.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/Instagram

 職場にちょっと行き、印刷をする。これで明日の仕事がちょっと楽になる。

「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」

 そのまま「おむすびのお店 はせがわ」に行く。前から気になっていたお店なんだよね。かとうさんの好きそうな健康に良さそうなものばかり集めたお店でした。
 「塩むすび」と「玄米むすび」各90円を買う。注文があってから握るんですね。コンビニのおにぎりよりもよさそうだ。でも、たくさん買うなら電話で予約しておいてから行った方がよさそうだね。
農家直送
むすびたて
無添加素材
天日古代塩
浜松市中区鴨江3-76-15 アスモ第2ビル 1階
053-522-8855

http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22018526/
http://www.at-s.com/gourmet/detail/387.html

「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」

 昼食は、買ったばかりの「おむすび」。なかなか美味しいですよ↑↑↑

 夕方は、だいぶ前の『ふれ愛交差点』に載っていた「秋鮭の味噌バター鍋」の鮭を鶏肉に変えたもので一杯♪「とり野菜みそ鍋」みたいだね。でも、コクが違うか・・・。
 だし汁がポイントだね。
・だし汁・・・2と1/2カップ(500ml)
・味噌・・・大さじ5(90g)
・A
 みりん・・・大さじ2(30ml)
 酒・・・大さじ1(15ml)
 しょうゆ・・・少々
・バター・・・20g

http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2014/01/post-054a.html
http://www.hisama.net/
「とり野菜みそ」
http://www.toriyasaimiso.jp/

「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」

 鶏肉は先日買った「静岡美味鳥ムネ肉」100g84円のもの。

「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」

 バターは先日買ったもの。
北海道バター
CGC HOKKAIDO BUTTER
北海道十勝産生乳使用
150g
製造者:よつ葉乳業株式会社 十勝主管工場
北海道河東郡音更町新通20丁目3番地
販売者」株式会社シジシージャパン
東京都新宿区大久保2-1-1
03-3207-0704

http://www.cgcjapan.co.jp/

 4月12日の「土井善晴の料理は楽し」は、「鶏胸肉の串揚げ」(286kcal)だった。
新星 ふっくら絶品のフライ
 サクッと軽い揚げものを、春は食べたい気分。低カロリーで安価な鶏むね肉が、軽くたたいて揚げるテクニックで、ふっくらとして春らしく軽やかなおいしさに。
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・1枚(180g)
・塩・・・少々
・小麦粉、溶き卵、パン粉・・・各適量
・揚げ油・・・約1カップ
・ウスターソース、キャベツ・・・適宜
『作り方』
①鶏肉をそぎ切りにする
 鶏むね肉は皮をむく。縦に包丁を入れてそぎ切りにし、むね肉1枚を7本ぐらいに切り分ける。
②肉をたたいて薄くし、竹串を打つ
 肉たたきは、ビール瓶などで鶏肉を軽くたたいて薄くする。軽く塩を振り、縫うようにしてむね肉の2カ所に竹串を通す。
③衣をつけて揚げる
 フライパンに揚げ油を入れて、160度(乾いたさい箸を油に入れると、さい箸から静かに泡が出てくる温度)に温める。鶏肉に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて油の中に入れる。
 「家庭の揚げものはカップ1杯程度の少ない油で行い、そのつど使い切るほうが新鮮でヘルシーです。ただし、量が少ないと油の温度はすぐに変化します。炎の大きさで火加減を調整してください」
 冷たい材料を入れたら油の温度が下がるので強火にする。揚げていくうちに、油の量が少ないので温度はすぐに上がる。いい感じの(温度が上がって)泡立ちになれば火を弱めること。
④キツネ色に揚げ、盛る
 返しながら揚げて、全体がこんがりとキツネ色になったら、引き上げて油を切る。ウスターソースを添えて、手でつまんで食べやすいように切ったキャベツとともにすすめる。
●手づくりパン粉がおすすめ
 「フライの味の決め手はパン粉にある、といっても言いすぎではありません。手づくりをおすすめします。目のつまったおいしい食パンを耳ごとちぎって、フードプロセッサーにかけるだけで、自家製パン粉のできあがり」
≪食のこころ≫
 食べてびっくり。ふっくらとやわらかく、肉の甘さと香ばしさが口の中に広がって・・・。「むね肉って、こんなにおいしかったの!?」の言葉が思わず口を突いて出る。「そうでしょう。むね肉をどうしたらおいしく食べられるかということを、私なりに一生懸命に考えたんです」と土井さん。
 そうでなくてもパサつくむね肉をたたいて薄くすれば、さらにパサパサになりそうなのに、さにあらず。肉の表面積が広くなり、繊維も適度に崩れて、そこへ油のうまみが染み込むせいか、むね肉がジューシーな肉に変身する。薄いから短時間で揚がるため、ほどよく火が通って、とびきりのやわらかさに仕上がるのだ。
 「鶏肉は切り立てがおいしいので、切ったらすぐに衣をつけて揚げることが大事です。そして手作りのパン粉で、新鮮なきれいな油で揚げること。軽くて、後味のすっきりとした串揚げは家庭だから作れるもの。ご家族にぜひ、味わわせてあげてください」

本日のカウント
本日の歩数5,870歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 | トップページ | 舞阪港朝の活気「えんばい朝市」、そして「5月の旬「初がつお」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61548281

この記事へのトラックバック一覧です: 「おむすびのお店 はせがわ」「とり野菜みそもどき」、そして「土井善晴の料理は楽し」(4-2)「鶏胸肉の串揚げ」:

« 「食育 後藤加寿子先生に教わる きちんと和食【牛肉のたたき】【和風サラダ】」 | トップページ | 舞阪港朝の活気「えんばい朝市」、そして「5月の旬「初がつお」」 »