« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「静岡麦酒」 | トップページ | 「牛鶏やわらかニンニクの芽炒め」、そして「料理上手の白みりん」 »

2015年4月16日 (木)

腎臓病食、グランプリのレシピを紹介

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 七十年前に欧州で大戦が終わった直後、ドイツの少年兵だったギュンター・グラスさんは捕虜として収容所にいた。そこには奇跡的に生き延びた東欧のユダヤ人もいたが、彼らが分かるドイツ語と言えば、こんな言葉だけだった。「出て行け! ガス室へ行け!」
▼自分も一員だったナチスの親衛隊が、ユダヤ人を絶滅させようと強制収容所で何をしたのか。グラスさんは八十歳を前に出版した自伝『玉ねぎの皮をむきながら』で事実に向き合う重みを告白した
▼<自分が知らないあいだに、もっと厳密には、何も知ろうとせずに、犯罪へ加担したことをおずおずと認め始めるまでには、時間がかかった。その犯罪とは年とともに小さくなるものではなく、時効になろうともせず、相変わらず私を苦しめている>
▼「知ろうとしなかった責任」を果たすため、『ブリキの太鼓』など小説を書くだけでなく、政治にも関わった。そのため激しく非難されもしたが、禁忌とされる問題にも殻をかみ砕くように取り組んだ
▼彼はこんな詩を残した。<胡桃(くるみ)一袋と一緒に/ぼくを埋葬してもらいたい。/つくり立ての入れ歯も入れてもらいたい。/やがて、棺の中で/パチンという音がしたら、/こう思ってくれていい-/やつだ、/やつが割っているんだ>(『本を読まない人への贈り物』)
▼八十七歳で逝った作家の辞世の句だろうか。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015041602000108.html

 「遠州日の丸会」というページを見つけた。
http://hinomarukai.hamazo.tv/e6029558.html
http://townwork.net/detail/clc_0485598001/joid_19168960/

 今日の仕事・・・
 手の脂が少なくなったのか・・・紙をうまく数えられない・・・色は分からないし・・・。

 仕事をちょっと遅く終え、帰宅・・・突然、前の車が道路の真ん中で止まりそうになった・・・???何なんだ???

腎臓病食、グランプリのレシピを紹介

 帰宅して昨日買った「台湾産太平洋 刺身用びんちょうまぐろ」100g98円、306g299円のもので一杯♪
 目利きがよかったねぇ~。脂がのっていておいしいよぉ~♪
 「おろし 生わさび」が付いている。
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

 ここで、2015年3月18日の朝刊より、「腎臓病食、グランプリのレシピを紹介」の引用。
 腎臓病患者は塩分やタンパク質、カリウムなどの摂取に制限があり、食事作りに苦労する患者や家族が多い。製薬会社バイエル薬品(大阪市)が、患者の生活の質の向上のため開いている献立コンテストから、学生を対象にした部門でグランプリを受賞した至学館大(愛知県大府市)健康科学部三年、田中利奈さん(21)の献立を紹介する。
 この部門のコンセプトは、腎臓の機能がまだ残っている患者が、機能を保ちながら病気の進行を遅らせるための食事(保存期腎不全食)。
 田中さんは、しょうがご飯とロールキャベツ春巻き、カレースープ、さっぱりゆずゼリーの四品を考案した。食感に特長がある低タンパクご飯をおいしく食べられるように工夫し、塩分を控えめにするため、香辛料やショウガを効果的に使用。キャベツやタマネギはゆでこぼし、カリウムを減らした。油で揚げたり炒めたりして、こくやエネルギーも補った。
 入賞作品十五点の献立は、三月下旬からウェブサイト「長寿リン・jp-透析患者さんの毎日を応援する情報サイト」(「バイエル」「透析」で検索)で見られる。
 (佐橋大)
◆田中さん考案の献立レシピ(いずれも1人分)
【しょうがご飯】
『主な材料』
・低タンパクご飯180グラム
・ショウガ5グラム
『作り方』
<1>ショウガは皮をむき、粗みじん切りにする。
<2>温めた低タンパクご飯に、かつおだし汁10グラム、酒2グラム、しょうゆ4グラムと(1)を混ぜ合わせる。
<3>盛り付けて、みじん切りにした生パセリ0.2グラムを散らす。
【ロールキャベツ春巻き】
『主な材料』
・キャベツ80グラム
・タマネギ20グラム
・牛ひき肉20グラム
・春巻きの皮2枚
・サラダ菜5グラム
・トマトソース10グラム
『作り方』
<1>タマネギはみじん切りにし、ゆでて水気を切る。キャベツはゆでて冷ます。
<2>ボウルに、ひき肉、タマネギ、食塩0.5グラム、白こしょう0.3グラム、ナツメグ0.2グラムを入れ、混ぜる。
<3>キャベツの水分をキッチンペーパーでふき、2等分した(2)を載せて巻く。
<4>(3)を電子レンジで30秒加熱する(600ワット)。
<5>(4)の水気をキッチンペーパーで取り、半分に切った春巻きの皮で巻く。
<6>(5)を油で揚げる。
<7>皿にサラダ菜を敷き、(6)を盛り付け、銀カップにトマトソースを入れ、添える。
【カレースープ】
『主な材料』
・ベーコン10グラム
・ニンジン15グラム
・レタス40グラム
・ハクサイ40グラム
・水150ミリリットル
『作り方』
<1>ベーコンは1センチ角、ニンジンはさいの目、レタス、ハクサイは5センチ角に切る。
<2>鍋に油を引き、ベーコンを炒め、ニンジン、ハクサイ、レタスの順に炒める。
<3>(2)に水、カレー粉1.5グラム、コンソメ1グラムを入れ、煮込む。
【さっぱりゆずゼリー】
『材料』
・ゆず果汁10グラム
・リンゴ20グラム
・ハチミツ5グラム
・寒天0.6グラム
・砂糖8グラム
・水100ミリリットル
『作り方』
<1>リンゴは皮をむいてすりおろし、ゆず果汁と混ぜる。
<2>鍋に水と砂糖、ハチミツ、寒天を入れ、沸騰したら火を止め、(1)と合わせる。
<3>(2)を容器に流し入れ、冷やす。
★1人分のエネルギー737キロカロリー、タンパク質14.4グラム、リン161ミリグラム、カリウム599ミリグラム、塩分1.8グラム

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2015031802000003.html

本日のカウント
本日の歩数9,442歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「静岡麦酒」 | トップページ | 「牛鶏やわらかニンニクの芽炒め」、そして「料理上手の白みりん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓病食、グランプリのレシピを紹介:

« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「静岡麦酒」 | トップページ | 「牛鶏やわらかニンニクの芽炒め」、そして「料理上手の白みりん」 »