« 「御金神社」「大徳寺」「一文時屋 和助」「清水寺」「京・ちゃぶ屋ばるJo-Jo」、そして「錦市場」 | トップページ | 「はんなり」「褐色の余韻」「白霧島」「かつお土佐造り」、そして「からつき 落花生」 »

2015年4月22日 (水)

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 「京都新聞」の「凡語」より、引用。
 日本画家・三輪晁勢(ちょうせい)の回顧展が34年ぶりに開催されることになり、きのう堂本印象美術館(京都市北区)で開かれた内覧会に出かけた
▼昭和の京都画壇に大きな足跡を残した人である。木屋町の家並みなどを色彩豊かな近代感覚で描き、独自の世界を築いた。そんな画面を目で追いつつ、晁勢が戦時の美術史に名をとどめる人でもあったことを思い出した
▼日本画家では珍しく、軍の委嘱を受けて作戦記録画と呼ばれる公式戦争画を描いた。絵筆で国に尽くす「彩管報国」の意識が強まった時代である。その影響はあったにせよ、晃勢には別の理由もあったようだ
▼長男の三輪晃久さんによれば、当時、晁勢は堂本印象の画塾・東丘社の塾頭として塾生の出征を次々に見送り、戦死者も出た。だが、自らは40代で召集を免れている。その負い目が戦争画に積極的にさせたのではないかという
▼晁勢が戦地の塾生に送った写生帳を以前に見たことがある。絵描きの本分を忘れないようにとの計らいだった。ページを繰ると、中国の自然を背景にした農民の姿などが描かれ、戦闘の合間に画家としての自分を取り戻す塾生の様子が静かに伝わってきた
▼描く自由を奪う世に二度としてはならない。戦後の晁勢の明るく伸びやかな画面が、そう告げている。6月14日まで。

http://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/20150422_2.html

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 朝食は、オレンジジュース&牛乳、フレッシュフルーツ(グレープフルーツ、パイン)、ヨーグルト、フレッシュサラダフレンチドレッシング、京風お惣菜(肉じゃが)、バターロール クロワッサン、ストロベリージャム バター、コーンクリームスープ、スクランブルエッグ、ソーセージソテー、チキンの煮込みトマトソース、シューストリンクスポテトのフライ。

 バスに乗り込み、比叡山に向かう。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 途中の展望台から見る琵琶湖がきれいだった↑↑↑

 比叡山の東塔に到着。比叡山は天台宗のお寺だね。最澄が開いたんでしたよね。鎌倉仏教の、法然、栄西、親鸞、道元、日蓮などが修業をしたんですね。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 大講堂で何か儀式をやっていた。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 根本中堂拝観。「個々が思いやりの心をもって一隅を照らす人になる」すなわち、一人ひとりが相手の立場に立って考え、自分の出来ることを精一杯行なうことが、周りを良くすることにつながる。
 根本中堂の中で、15分ほどの法話を聴いた。
「心を大事にする」
・笑顔
・自分をさげすまない(口から悪いことを言わない)
・困っていたら助ける
 まず実践!

 「不滅の法灯」を見た。「油断大敵」の語源。
南無薬師如来
 ヲン・ビセイビイ・ビセイビイ・ビセイジャサンボリキャテイ・ソワカ
小咒
 ヲン・コロコロ・センダリマトウギ・ソワカ

 境内の売店で「ごま豆腐」540円を買う。

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 昼食は「比叡山峰道レストラン」にてお弁当。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 箸袋を記念にもらってきた。

 「三井寺」に行く。
弥勒菩薩
 おんま いたれや そわか

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 左甚五郎作の龍の彫刻。むかしこの龍が夜な夜な琵琶湖に出て暴れたために、困った甚五郎が自ら龍の目玉に五寸釘を打ち込み静めたと伝えられています。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 「弁慶の引摺り鐘」。
 「三井寺鐘みくじ」なるものがある。くじを水でぬらし、出た番号のおみくじをもらうもの。

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 「三井寺 べんけい ひきづり鐘」をget!お土産用にしよう。
弁慶引摺鐘の由来
 この鐘は昔、俵藤太秀郷が龍神に頼まれて大きなむかでを退治したお礼に三井寺へもろうた鐘です。
 当時、比叡山と三井寺と争いが起こり、弁慶がこの鐘を分捕って比叡山へ引摺って帰らはった。
 比叡山でついてみやはりましたら、鐘の音色が出ませず、ただイノーと鳴った。
 イニたけらイネと怒って弁慶が谷間へ投げたのを後に三井寺へもろ     鐘どす。
株式会社 風月堂商事
大津市園城寺町246

 

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 大津港で「ミシガン号」に乗り、琵琶湖クルーズ♪

「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 港の売店で「まぜちゃい菜」500円を買う。テレビの「ニノさん」で紹介されたらしい。
丸長
-創造力広がる お漬物-

第4回 お漬もの日本一決定戦 T-1グランプリ グランプリ受賞
 滋賀県の伝統野菜「日の菜の葉」を主体にし、日の菜の根・胡瓜・青トマト・青唐辛子・しその葉を風味高い醤油で漬け込みピリッとした味に仕上げました。胡麻を混ぜた歯触りの良いお漬物です。
いろいろなまぜ方例
・基本のご飯とおにぎり
・うどん
・トースト
・たまご焼き
・玉子かけご飯
・パスタ
・チャーハン
 その他のメニューにも混ぜてみてオリジナルの食べ方もお楽しみください。
 いろんなメニューにまぜちゃいなぁ~
株式会社 丸長食品
滋賀県大津市尾花川13-14
TEL:077-524-5055

http://www.otsukemono.jp

 三日目は、物見遊山の買い物・食べ歩きツアーになっている。
 どこで見学、どこで買い物と事前に綿密に計画を立てるべきだ。一日目はまったく買い物ができかかったし、三日目は買い物・食べ歩きツアーだし・・・。
 これじゃあ、計画性がないな。仕事のできる方々が、そんな計画しか立てられないの???
 北海道の染谷幸二氏が「修学旅行は金銭感覚を学ぶ場だ」というようなことを言っている。お金の使い方は、事前に指導するべきではなかったのか!!???
http://www.marimo.or.jp/~someya/
http://fmv2011.blog.fc2.com/

 バスで京都駅に向かう。京都駅で買い物がしたかったな・・・ただ、時間まで待つだけだった・・・↓
 新幹線で帰路に就く。駅に着いて、解散。

 遠鉄百貨店地下の「そうざい屋」の「お惣菜詰め合せ」620円のところ半額の310円を買う。
http://www.endepa.com/
 バスが30分に1本と少ない・・・後1分早く解散していたら、30分も待つことがなかったのにな・・・。
 バスに乗り、帰路につく。
「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」

 帰宅して、今日買った「お惣菜詰め合せ」で一杯♪
(有)花月
TEL:453-4455
浜松市中区東伊場2-3-9

http://www.its-mo.com/c/%E6%96%B0%E8%8A%B1%E6%9C%88/DIDX_DKE,3078346/

本日のカウント
本日の歩数15,242歩
(本日のしっかり歩数:2,929歩)
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「御金神社」「大徳寺」「一文時屋 和助」「清水寺」「京・ちゃぶ屋ばるJo-Jo」、そして「錦市場」 | トップページ | 「はんなり」「褐色の余韻」「白霧島」「かつお土佐造り」、そして「からつき 落花生」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「延暦寺」「三井寺」、そして「ミシガン号」:

« 「御金神社」「大徳寺」「一文時屋 和助」「清水寺」「京・ちゃぶ屋ばるJo-Jo」、そして「錦市場」 | トップページ | 「はんなり」「褐色の余韻」「白霧島」「かつお土佐造り」、そして「からつき 落花生」 »