« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「お濃茶ラングドシャ「茶の菓」」 | トップページ | 「国産豚味付けホルモン(白モツ)ガツンと辛旨」「肉!肉!肉!な気分の時はココへGO」、そして「白えびかまぼこ」 »

2015年4月25日 (土)

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 <このごろのお若い方達は腕時計とにらめっくらのようで、始終機械のように動いておられるのを見ましても、あの当時の書生さん達のゆったりさかげんが思い出されるばかりです>
▼幕末の蘭学者・桂川甫周の娘・今泉みねが、『名ごりの夢』で活写したのは、福沢諭吉らの若き日の姿である。<まったく日のかんじょうも時のかんじょうもなく、人のものか我がものかの区別さえも超然として、頭にはただ書物あるばかり…>
▼書生に限らず当時の人々は悠然としたもので、来日した西欧人が「日本人の悠長さといったら呆(あき)れるくらいだ」と書き残しているのだが、今はその日本人が海外で「この国の人の悠長さは」と嘆いているのだから、面白い
▼ただ、<このごろのお若い方達>は、腕時計ではなくスマホとにらめっくら。きのう世界で一斉に発売された腕時計型端末のような機器が広まれば、何でもかんでもデータが記憶、管理され、<始終コンピューターのように動いておられる>ようになるのかもしれない
▼現代を代表するピアニストの伝記『マルタ・アルゲリッチ 子供と魔法』に、愉快な言葉がある。南米出身のアルゲリッチさんが、彼女の悠長さにいら立つスイス出身の指揮者に言ったひとことだ
▼「あなたたちスイス人は時計を持っているのよね。アルゼンチンの人間は、時計はなくても時間があるのよ!」

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015042502000098.html

 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「紅法華スティック」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/rebun/bhk_s4/?scid=rm_198862#bhk_s4

 「JRさわやかウォーキング」に参加。
http://walking.jr-central.co.jp/

 浜松駅に7:50頃到着。駅のラックにマップはあったが、スタート時に先着2000名様に「出世大名家康くんオリジナルサンバイザープレゼント」ということなので、列につながって待つことにした。
 8:19受付開始。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 サンバイザーをもらう。これがサンバイザー?なんていう紙でできたシロモノ。それに「浜松なかまち うまいもんマップ」「浜松 家康の散歩道」のリーフレットをもらう。

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「心造寺」に到着。
 徳川家康は1580(天正8)年7月に秀忠の産土神として五社神社を浜松城内から常寒山へと移し、北側の隣接地に心造寺を開きました。秀忠の母である西郷局が奉納した鉄灯篭が寺宝として伝えられていますが、戦災で片方が失われ現在は1つだけ残されています。

 途中、緊急事態・・・出雲殿にてトイレを借りる。(感謝します)

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「秋葉神社」に「た」の文字があった。今日は「キャラクター看板をさがそう!」をやっているのです!

 「犀ケ崖古戦場」到着。資料館は建て替えたんだね。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 ここには「か」の看板があった。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 三方ヶ原の戦いでの大敗は、家康公にとって人生最大の敗北でした。犀ヶ崖古戦場は、敗退した徳川軍が野営していた武田軍に奇襲をかけて打ち勝ったといわれる場所です。犀ヶ崖で戦死した武士の魂を慰める念仏が起源とされる遠州大念仏が現在まで伝わっています。

 ポールを2本突きながら歩いている人がいるけど、危ないな・・・後ろの外に広がるように突いているから後ろの人の邪魔になっているのです!!!

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「浜松八幡宮」到着。「が」の看板があった。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 多くの樹木が繁茂する鎮守の森に鎮座し、約4500坪の境内地を有しています。三方原合戦に破れ武田軍に追われた家康が、洞穴に潜んだと言われる樹齢1100年の御神木は「雲立の楠」と呼ばれ静岡県の天然記念物に指定されています。

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「徳川秀忠公誕生の井戸」到着。工事中でした。
 徳川秀忠は、徳川家康の第3子で、徳川二代将軍です。1579年、家康公の側近で秀忠の生母、西郷局(さいごうのつぼね)が、秀忠出産の際に、産湯としてこの辺りにあった井戸水が使われたという伝承をもとに作られた井戸です。
※現在工事中のためパネルの展示となります。

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「浜松東照宮(引間城跡)」に到着。「り」の文字があった。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 すごい人混みだと思ったら、このあいだテレビに出て徳川家康について解説した人がマイクで話していた!!!
 浜松城の前身である引間城跡にある浜松東照宮は、権現様(家康公)をまつる神社です。社殿には徳川家の家紋「三つ葉葵」があり、境内にはかつて引間城があったことを示す「引間城跡」と刻まれた史跡碑もあります。

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 浜松城公園で「家康楽市」をやっている。いろいろな出店が出ていて楽しいね♪♪♪「あさり」が500円だった・・・安い!買いたかったが、荷物が重くなるので断念・・・↓
 「忍冬酒」のブースを探す。会場を探しまわって「ドリンク」なんて書かれていた所にあった・・・家康の好んだ酒という表示もない、呼び込みもない・・・「かとうさん」、これじゃあ、売れませんよ!次の機会までに「のぼり」を作るとかしませんか!!!

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「浜松城」到着。
 遠江の経路拠点としては引馬城が手狭であったことから、家康公は西南の丘陵地に大規模な築城を行いました。1570(元亀元)年に家康公が浜松城に入城した際に、引馬を浜松と改めたといわれています。現在残っている遺構は天守曲輪を中心とする一帯で、荒く組まれた野面積み(のづらづみ)の石垣は、ほぼ戦国時代のままの姿で残っています。現在の天守閣は昭和33年に、天守門は平成26年に建てられました。
「家康トリビア」
 出世スポットは全国にいろいろありますが、家康公が29歳から16年間を過ごした浜松城は、最強の出世スポットのひとつといわれています。家康公はここを拠点に領土拡大の足固めを行い、出世街道を遭遇したからです。家康公が去ってからも浜松城主になると幕府の要職に登用される者が多かったことから「出世城」と呼ばれるようになりました。
「家康公トリビア 地名や名字に残る家康公の伝説」
 浜松には家康公が三方ヶ原合戦に敗れて浜松城に逃げ帰った時についた地名や名字の話が多く残っています。現在の「小豆餅(あずきもち)という地名は、逃げる途中に茶店で小豆餅を食べたとされる場所です。この時、武田軍が追って来たため慌ててお金も払わず逃げてしまった家康公を茶店のお婆さんが追いかけて小豆餅の代金を受け取った場所が「銭取(ぜにとり)」の地名となったといわれています。

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 「やらまいかショップ」に寄る。へぇ~、こんなお店があったんだ。いつできたんだろう???
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 先着500名に「おでん」1本サービスをもらう。(かたじけない)

 銀行に寄る。

 そして、ゴール!約9kmのコースでした。受付にはサンバイザーがなくなっていたから、2,000人以上の参加者があるんだね。
JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 バッジをもらった。

 帰宅して、録画しておいたビデオを見る。まず「ごちそうカントリー」。函南町丹那地区の牛乳だった。
≪レストラン オラッチェ≫
・丹那クリームときのこのスパゲティー 930円(税込み)
・ヒレカツと丹那クリームコロッケ 1,300円(税込み)
055-974-4192

http://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/

 「タモリ倶楽部」は、「金鶴食品製菓株式会社 潜入ナッツ工場!ウイスキー片手に海外乾き物の絶対王者とナッツバトル!?」だった。
・マルトク ミックスナッツ
(アーモンド、カシューナッツ、くるみ、珍豆、グリーンレーズン、ジャイアントコーン、ガンバルソー、バターピーナッツ、ハニーピーナッツ、スパニッシュピーナッツ)
・男のミックスナッツ
★スパイシー タバスコ カシューナッツ
①カシューナッツをフライパンで軽く熱する。
②バター、塩、胡椒を入れる。タバスコをたくさん入れ、炒める。
・バジル味(イタリアン バジル アーモンド)
・ラー油味
・カレー味(スパイシー カレー カシューナッツ)
<世界のレアナッツ>
・ブラジルナッツ
<秘密のナッツの食べ方>
 乾燥イチジクを割って、間にアーモンドを挟む。

http://homepage1.nifty.com/rtybido/impre/tvetc/tamokura.htm

 「イチから住 ~前略、移住しました~」は、「香川県小豆島」だった。
http://www.tv-asahi.co.jp/ichijyu/

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 夕方は、昨日半額で買った「味付ベビーとにんにくの芽 スタミナ味」で一杯♪
味付ベビー スタミナ味
フライパンで約3分
120g

JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」

 それに「にがりよせ 木綿」。
有限会社 浜松吉川屋
浜松市東区笠井新田町1482番地1
0120-73-5561

本日のカウント
本日の歩数21,629歩
(本日のしっかり歩数:11,450歩)
本日:52.4kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「お濃茶ラングドシャ「茶の菓」」 | トップページ | 「国産豚味付けホルモン(白モツ)ガツンと辛旨」「肉!肉!肉!な気分の時はココへGO」、そして「白えびかまぼこ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/61491775

この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「〜家康公顕彰400年〜若き日の家康と浜松城出世物語を歩く」、そして「味付ベビーとにんにくの芽」:

« 「燦々鶏 焼鳥」、そして「お濃茶ラングドシャ「茶の菓」」 | トップページ | 「国産豚味付けホルモン(白モツ)ガツンと辛旨」「肉!肉!肉!な気分の時はココへGO」、そして「白えびかまぼこ」 »