« 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 | トップページ | エクソダス 神と王 »

2015年3月 6日 (金)

フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ニュースの言葉遣いにもお国柄があって、英米の報道ぶりで目立つのは、「納税者」という言葉を実によく使うことだ
▼日本の新聞なら、「経営危機に陥った銀行を政府が国有化」と書くところを、「…銀行を納税者が救済する」と表現する。原発事故後に東京電力が実質国有化されたことを、英紙は「日本の納税者は東電を救わざるを得なかった」と書いていた
▼なるほど「公費投入」「政府の支援」と報じるより、「納税者が…」と伝える方が、その金の出所が結局は私たちの懐であることが明確になる。「代表なくして課税なし」との言葉に象徴されるように、納税者意識の高まりが議会制民主主義を育んできた。そんな歴史がにじんだ言葉遣いなのだろう
▼いま国会では、政治とカネをめぐる論議が続いている。政府の補助金を受け取る企業が、首相ら多くの国会議員に献金をしていた。言い換えれば「納税者の代表として税の使い道に目を光らせるべき人々が、納税者に助けを乞う会社から金をもらっていた」という問題だ
▼政治資金規正法は原則的にそういう献金を禁じているが、議員が「その会社が補助金を受け取ったとは知らなかった」場合は違法とはならない。随分大きな穴の開いた規制の網だ
▼私たちは「納税者の代表」に法を作る権限も託している。網の穴を繕うのに十分な針も糸も渡してあるはずなのだが。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2015030602000107.html

 今日の仕事・・・頼んでおいた賞のメダルが届く。各部署の担当者に名前が合っているか確認してもらった。1人違っていると言われた・・・以前に確認してもらった名簿を示すと、名簿が違っていると言われた。挙句の果てに、「名簿を確認した時は、賞に該当するか確認しただけで、名前の漢字は確認しなかった」と、のたもうた!!!!!名簿で確認をお願いしているんだから、名前の字だって確認するのは当然でしょう!!!仕事のできる方々が、そんな仕事しかしないんですか???

 仕事を定時に終え、帰宅途中、ドラッグストアーに寄る。売り出しの「GOLD BLEND レギュラーソリュブルコーヒー」429円、「金ちゃんヌードル96円を買い帰宅。

 夕方は、「オークラ アクトシティホテル」で仕事の飲み会。
http://www.act-okura.co.jp/

 「気分爽快」(高森千里)を思い出すね・・・。
やったね おめでとう
いよいよあいつとデートか
まったく やるわね 私の知らないうちに

2人して 彼に憧れてたから
辛いけど OK ビールで乾杯

飲もう 今日はとことん盛り上がろう
聞かせてよ 彼との出会い 遠慮せず
飲もう 今日はとことん付き合うわよ
私もさ 好きだったんだから

まさか あなたが 彼を射止めるなんてさ
まいったな 私は 正直ちょっぴりショック

人生だわ これも巡り合いなのね
ありがとう ちゃんと話してくれて

明日 明日デートだね頑張って
公園や海をドライブ 妬けるわね
明日 明日私は何しよう
私のぶん 楽しんできてよ

出来るなら 今夜帰りたくないな
泣き虫な私 早く恋しよう

飲もう 今日はとことん盛り上がろう
だけどまだ 彼の自慢は 後にして
飲もう 今日はとことん付き合うわよ
今私 気分爽快だよ

明日 明日デートだね頑張って
手をつなぎ ほら肩よせて この野郎
明日 明日私はだいじょうぶだよ
不思議だね 気分爽快だよ

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=39534

 傘を持ち、バス停に向かう。バスに乗り込む。時間が早かったので、途中で降りて、歩いて会場に向かう。
 本屋に寄る。「ピケティー」が売れているのは有名だが、「アドラー心理学」の本もブームなんですか?たくさんありましたよ!
フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る

 本屋さんで時間を潰したので丁度いい時間に会場に着いた。
フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る

 席順は、くじ引き。今回は「Asahi MINTIA」が使われていた。
ミンティア 50tablets
SUGARLESS
情熱フルーツミックス
すっぱくて爽やか!
2つのフレイバーチップでカラフル!
アサヒフードヘルスケア(株)FFT
東京都墨田区吾妻橋1-23-1
0120-630611

http://www.asahi-fh.com

フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る

 ちょっと遅れて開宴かな。ビールが「Asahi」だったのは閉口・・・↓おいしいビールを出してくださいよ!!!

 そして、会もお開きになる。雨がポツリポツリ・・・傘を持ってきて良かった!バスに乗り帰路に就く。
 コンビニに寄り、「チョコモナカ ジャンボ」130円を買い、食べながら帰宅。飲んだ後のアイスってどうしてこんなに美味しいんでしょう↑↑↑

 ここで、2014年4月11日のオマケの新聞より、引用♪
「フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る」
 正式な料理であれば、日本料理でも中華料理でもイタリア料理でも伝統のマナーというものがあります。特にフランス料理は作法に厳しいイメージではないでしょうか?しかしそのイメージでおいしいものをいただく機会を逸するのは非常にもったいないことですし、いずれ嫌でもその場に出なくてはならない場合もありますので、一般的なマナーは覚えておいて損はありません。まず、コースの流れは下記のとおりです。
★アミューズ:
 一口の小さな料理でカナッペ、小さなキッシュなど。
★オードヴル(前菜):
 塩味や酸味のきいた軽い料理が出てきます。
★スープ:
 国によって違うようですが、奥から手前にすくうのがフランス流。スープが少なくなったら片側を持ち上げて。
★魚料理:
 まるごとの魚料理では「魚は裏返さない」でフォークとナイフで食べます。やわらかい切り身の場合には、スプーンで食べることも。エビやカニなど殻付きのものと一緒にフィンガーボウルが出てきたら、手を使ってもよいでしょう。
★肉料理:
 牛、豚、鶏などが馴染みですが、鹿や鴨・猪など野性のもの(ジビエ)も食卓に登場します。肉料理は、先に一口大にカットしてから順に食べていくのは×。肉汁が流れ出したり、冷めるのが早くなってしまうので少しづつ切り出していくのが良いでしょう。骨付きの肉などが供されて、同時にフィンガーボウルが出てきたら直接手で持ってもOKです。
★チーズ:
 デザート前にワゴンサービスなどで供されます。はちみつやジャムをつけていただくのも。
★デザート:
 食事の締めです。ワゴンサービスで多種から選ぶスタイルもありましたし、専門のパティシエがいるレストランもあります。
 他にもこんな注意点が。
【アラカルトの場合】
 オードブル(前菜)はメインと素材を重ねないように選びましょう。
【ワインを注いでもらうとき】
 ワインなどの飲み物をウエイターさんに注いでもらう時はグラスを持ち上げないようにしましょう。
【お皿が空になったら】
 ナイフは刃を内側にむけて、フォークは背を下にして平行に置きます。八の字に置くのは「まだ食事中」の合図です。サラダやサイドデッシュなど、無理にフォークの背で食べなくても裏表逆にして持ち替えてもかまいません。料理をナイフで切り終わった後にナイフを置き、フォークを右手に持ち替えて食べるのはカジュアルなレストランだったらOK。
 基本的には固くならずにゆったりした気分で楽しむのが一番です。スタッフがフォローしてくれます。ぜひいろいろな料理を臆せずに楽しんでみてください。

 さらに、2014年10月10日のオマケの新聞。
「フレンチ料理名って複雑・・・良く見る専門用語をチェック」
 フレンチレストランは一般的に敷居が高いと認識されています。敷居の高さはテーブルマナーだけでなく、料理名が分かりづらいということもあるのでは。「マルセイユ風」とか「スズキのポワレ」といってもいったいどんな料理なのか分からないから、楽しめない、行かない、ではもったいない!今回はフレンチの料理に使われる名称を少し紹介します。
【魚料理】
・エスカベーシュ

 小魚などを油で揚げてから酢漬けにしたもの。切り身にした魚や海老などの甲殻類も用いることもある。各種の香辛料や香草、タマネギ、ニンジン、セロリなど野菜とともに漬け込むことも。
・ブイヤベースマルセイエーズ
 基本的には魚の煮込み。マルセイユ風はカサゴやタラ、アナゴ、ホウボウなどを使用。トマト、ニンニク、サフラン、オリーブ油などを使います。野菜だけのものもあるそうで、さまざまな定義があるといいます。
・マリニエール
 白ワインと魚介のだし汁、エシャロットを煮込み、バターを加えた料理。ムール貝などがよく使われます。
【肉料理】
・クレピネット

 豚の内臓を覆っているクレピーヌという皮膜で包んで仕上げた料理のこと。
・アンドゥイエット
 仔牛や豚の腸にバラ肉などを詰めたもの。大腸に詰めたものはアンドゥイユ、小腸に詰めたものはアンドゥイエットといいます。
【野菜料理】
・シュークルート

 キャベツを千切りにし、塩を加えて発酵させたもの。ドイツのザワークラフト。
・ラタトゥイユ
 タマネギ、ズッキーニ、ピーマン、ナスなどをオリーブ油で炒めた野菜料理。
【スープ】
・ガスパチョ

 トマトやキュウリやニンニクなどを使った冷製スープ。
・ビスク
 甲殻類のスープ。ビクス湾から由来した名という説もあるそう。
【調理法】
・ポワレ

 切り身状のものを、鍋に入れた状態で鍋を動かしながら焼き色をつけ、両面を加熱する調理方法のこと。
・ロティール
 肉(もしくは魚)をオーブンの中で焼く調理法。
・グリエ
 直火にかざして焼く意味があります。調理器具によってついた網状の焼き跡が特徴になります。
・ソテー
 フライパンや鍋で、素材を鍋の中で混ぜながら炒める調理方法。
  ◆◆◆
 いかがでしたか?調理法も細かく分かれており、それぞれの名称が分かると一層フレンチに親しみが湧くかもしれませんね。

本日のカウント
本日の歩数20,138歩
(本日のしっかり歩数:11,399歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)

|

« 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 | トップページ | エクソダス 神と王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス料理の一般的なテーブルマナーを知る:

« 美食同源(31)歯周病予防に!「芽キャベツ」と「イチゴ」 | トップページ | エクソダス 神と王 »